作曲家ヨーゼフ・ハイドンの作品のCD、LP、映像などを収集しレビューしています。膨大なハイドンの作品から名盤、名演奏を紹介します。

トーマス・ビーチャム/ロイヤルフィルの93番(ハイドン)

4
0
いままで取りあげていなかった有名盤。

Beecham1.jpg
HMV ONLINEicon / amazon / TOWER RECORDS / iTunesicon

サー・トーマス・ビーチャム(Sir Thomas Beecham)指揮のロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団の演奏で、ハイドンのザロモンセットの前半6曲を収めたアルバムから、今日は93番を取りあげます。収録は1957年10月4日、パリのサレ・ワグラムでのセッション録音。レーベルはEMI CLASSICS。

ビーチャムのハイドンは古くから名盤として親しまれていますが、なぜか交響曲をこれまで取りあげてきませんでした。これまでレビューしたのは四季のみ。しかも非常にあっさりと取りあげたのみ。

2012/09/02 : ハイドン–オラトリオ : トーマス・ビーチャム/ロイヤル・フィルの四季

ビーチャムの紹介は上の記事をご参照ください。ビーチャムのハイドンはまさに古き良き時代のハイドンの演奏というのがぴったりでしょう。鳴らしすぎず、踏み込みすぎず、こだわらずという一貫した姿勢でハイドンの交響曲をこなしていきますが、そこには、ジェントルで高雅な雰囲気が漂い、えも言われぬ雰囲気を醸し出します。まさに奏者たちが余裕をもって楽しんでいるような演奏です。

わたしは、たまにではありますが、ビーチャムのようなハイドンが無性に聴きたくなることがあります。峻厳なドラティの演奏とはまた違った魅力があるわけです。

Hob.I:93 / Symphony No.93 [D] (1791)
しっかりと芯のある響き。1957年とは思えない程よい鮮明さ。ゆったりと雄大な序奏から入ります。この曲の刷り込み盤となっている、カレル・アンチェル盤の狂気に近いザクザクとした展開とは異なり、あくまでも穏やかかつ中庸を保った演奏。ただ良く聴くと、ヴァイオリンのボウイングには力が宿り、高音域のキレもそこそこあり、この曲に内在する迫力の片鱗を感じさせます。1楽章は穏やかなテンポに乗った燻し銀の出来。踏み込みが足りない印象は微塵もなく、テンポ設定、デュナーミクのコントロール、フレージングのすべてが高次のバランスで成り立つ完成度の高い演奏。簡単に真似の出来るものではありません。
素晴しいのが続くラルゴ・カンタービレ。穏やかさは変わらないのですが、穏やかな中にもキリリと引き締まった風情があり、音楽が進むにつれて要所をわきまえたアクセントと休符で、クッキリとしたメリハリがつきます。まさにジェントルな演奏。
メヌエットは記憶のなかのビーチャムの演奏とは少し印象が異なり、ヴァイオリンの鋼のような張りのある音色にちょっと驚かされます。これまでの楽章よりもテンションが上がり、やはり穏やかながら、クッキリ度がまた一段上がります。
そしてフィナーレは、高貴さの範囲での盛り上がり。髪のセットが乱れないスタイリッシュな盛り上がり。イギリス紳士の矜持を一番感じる楽章。燃え上がるような爆発も聴きたいのですが、ビーチャムのような粋な盛り上がりも良いものです。歌舞伎の型にはまった荒事が粋なように、ビーチャムのハイドンもビーチャム独特の美学の上に成り立つもの。最後は音量ではなく、テンポを一段ギアチェンジして高揚感を演出。

ビーチャムのハイドンの交響曲の演奏。何度聴いても素晴しい完成度。先日聴いたパイヤールの演奏でも感じた、古き良き時代のハイドンの典型的なイメージの演奏です。伝え聞くところではビーチャムのリハーサルは通しの演奏を好み、細かいところをさらう事は嫌ったそう。音楽全体のつくりにコントロールのポイントがあり、細かいつくりはオケにゆだねているからこそできる、このバランスなのではないかと想像しています。踏み込みすぎず、さりとて踏み込み足りないところはない絶妙な音楽。これぞハイドンです。評価は[+++++]とします。ザロモンセットのアルバムとしても、お薦めできる良い演奏です。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

4 Comments

There are no comments yet.

トトラ

Daisy兄貴っ、毎度!(笑)

ビーチャムのハイドンって「ウィットがある」ってよく言われますよね。
私、廉価BOXの赤い箱のロンドンセット、四季、モーツァルトの交響曲を持ってるのですが、音質がもさっとしてて、演奏も何の創意工夫もなく、退屈凡庸です。
EMIだから盤によって感じ方がわかってくるのでしょうかね、、

  • 2013/07/25 (Thu) 21:45
  • REPLY

Daisy

Re: タイトルなし

トトラさん、こんばんは。
知らぬ間に兄貴になってましたね(笑)
ボックスセットの方は手元にないので音質はわかりませんが、EMIの場合、パッケージによって結構音質が変わる場合も少なくないので、ご指摘どおりなのかもしれませんね。聴き方によっては退屈な演奏かもしれません。手元のアルバムでも、93番は覇気があるのですが、驚愕などはすこし型にはまった印象もあり、評価も人によって変わると思います。

  • 2013/07/26 (Fri) 00:00
  • REPLY

Rocky

No title

はじめまして。
こちらのブログを知ってから約1年半の読者です。
ビーチャム卿のザロモン・セットは後半の6曲しか聴いたことがありませんが、国内盤と海外盤では音が相当違います。
小生は最初に国内盤を図書館から借りて聞いた後に、輸入盤(廉価盤)を入手したのですが、あまりに印象が違うことに驚き、すぐ手放してしまいました。
国内盤はとかく評判の良くないO氏のリマスタリングですが、これに限っては演奏の迫力をとらえるのに成功しているように思えます。
話は飛びますが、昨日は一日家にいたのでふと手にとったアンセルメのパリ・セット(デッカのスタジオ録音)を聴き始めたら、全く久し振りだったこともあって全曲を半日かけて聴いてしまいました。
いかにもオールド・ファッションドな演奏なのに、上のビーチャムもそうですが、昔の大指揮者は「おれはこうだ!」という確固たるスタイルを持っているので、つい説得されて(?)しまうのかもしれません。(daisyさんの評価はあまり高くないようですが…)

Daisy

Re: No title

Rockyさん、コメントありがとうございます。
ビーチャム盤、リリースによってかなり音が異なるわけですね。手元の輸入盤はかなり古いものなので、国内盤とくらべてどうかわかりませんが、少なくとも鑑賞には問題ありません。リリースによってここまで音質が異なるのも困ったものですね(笑)
ちなみにアンセルメですが、私は基本的にかなり好きな指揮者です。ブログでも何回か触れましたが、特にファリャの三角帽子はアンセルメを超える演奏は未だにないのではと思ってます。やはりアンセルメの素晴しい演奏を知っているだけに、ハイドンの方は、少し辛めの評価かもしれませんね。

ブログの方、気長にやっていきたいと思いますので、今後とも末永くよろしくお願いいたします。

  • 2013/08/04 (Sun) 19:37
  • REPLY