作曲家ヨーゼフ・ハイドンの作品のCD、LP、映像などを収集しレビューしています。膨大なハイドンの作品から名盤、名演奏を紹介します。

ルクセンブルク四重奏団のOp.20のNo.5(ハイドン)

0
0
ブログをやっていて本当に良かったと思う事があります。今日はそんなことをじんわり感じた一枚。

Luxembourg20_5.jpg

ルクセンブルク四重奏団(Quatuor de Luxembourg)の演奏によるハイドンの弦楽四重奏曲Op.20のNo.5、ハンス・クラーサ(Hans Krása)、ユレ・クリューガー(Jules Krüger)、ラフマニノフ、ヴェーベルンの弦楽四重奏曲を収めたアルバム。収録は2001年7月16日から18日にかけて、ルクセンブルクのヴィラ・ロヴィニーのホールでのセッション録音。レーベルはJCH PRODUCTIONというルクセンブルクのレーベル。

このアルバム、以前当ブログで取りあげたルクセンブルク四重奏団の第1ヴァイオリンの矢口統(おさむ)さんから連絡をいただき送っていただいたアルバム。まずは以前取りあげた記事を紹介しておきましょう。

2011/10/31 : Haydn Disk of the Month : Haydn Disk of the Month - October 2011
2011/10/02 : ハイドン–弦楽四重奏曲 : ルクセンブルク四重奏団のOp.20 No.2

前記事を読んでいただければわかるとおり、まったく未知であったこの四重奏団の素晴しいハイドンの演奏を聴いたときの衝撃は忘れられません。ハイドンの晴朗なメロディーをそのまま音にしたような伸び伸びとした演奏。以前取りあげたアルバムは2011年10月のHaydn Disk of the Monthにも選定した素晴しいアルバムでした。

前記事ではウェブなどの情報からルクセンブルク四重奏団は活動していないのではないかと書きましたが、矢口さんによれば現在もメンバーが替わって活動しているとのこと。設立から14年目になるそうです。前アルバムの録音が2000年7月。今日取り上げるアルバムの録音が2001年の7月ということで、すぐ翌年の録音ですので、このアルバムの演奏も期待できそうです。メンバーは前アルバムとはヴィオラが替わっています。

第1ヴァイオリン:矢口統(やぐちおさむ)
第2ヴァイオリン:Mihajlo Dudar
ヴィオラ:Kris Landsverk
チェロ:Vincent Gérin

アルバムの構成も前アルバム同様、冒頭にハイドンを置き、その後にルクセンブルクの作曲家を含む歴史のパースペクティヴを感じさせる配置。ハイドンの曲を並べたアルバムもいいのですが、こうしたハイドン以外、特に現代曲を含む配曲は聴く方も感覚が鋭敏になります。

Hob.III:35 / String Quartet Op.20 No.5 [f] (1772)
Op.20でも最も好きな曲。短調のこの曲の陰りよりは、晴朗な響きの方に焦点を合わせた演奏。第1ヴァイオリンの矢口さんの演奏は、実に鮮やかな弓さばきで、ハイドンの名曲のメロディーの自然なヴォリューム感を表現していきます。構えも溜めもなく流れるように自然な演奏。エッジをキリッと立てたり、各楽器の演奏を無理矢理合わせる感じはなく、4人のアンサンブルが自然に溶け合い、じわじわと盛り上がっていく演奏。録音は超自然。デジタル録音の長所が活きた、自然な弦楽器の感触がリアルに伝わります、ほのかな残響と適度な距離感が実に心地よい響きを作っています。
2楽章はメヌエット。矢口さんのヴァイオリンは高音域より中音域の深みのある音色に特徴があり、このメヌエットでは矢口さんの鳥がさえずるような自然かつ洒脱な弓さばきのヴァイオリンの美音が聴き所。アンサンブルは非常にリラックスして演奏を楽しんでいるよう。時折聴かせる弱音の消え入るような響きの美しさも流石です。
つづくアダージョに入っても自然さと軽妙な弓さばきは変わらず、ハイドンの名旋律の魅力をさりげなく聴かせていきます。実に鋭敏な弓さばきによって陰影ではなく、メロディーの美しさが際立ちます。カッチリと弾いてくるクァルテットが多い中、この自然かつ軽妙な弓さばきで全員の息がピタリと合って、音が精妙に重なり合う事で音楽深まります。
フーガ風のフィナーレは音量も表現もかなり抑えて、弓使いの繊細さが極まります。終盤に至って、踏み込んでは来ますが、知情のバランスの適切な範囲まで。このさりげなさが深みにつながっています。

つづくハンス・クラーサの「主題と変奏」はコンゴルド風の明るさと現代性の混在したなかなか面白い曲。ハイドンノフィナーレも次の曲へのつながりを意識しての演奏のように感じます。個人的にはこのハンス・クラーサとヴェーベルンの弦楽四重奏のための緩徐楽章が気に入りました。

ルクセンブルク四重奏団のハイドンのOp.20のNo.5などを収めたアルバムですが、前に紹介したアルバム同様、ハイドンの特にシュトルム・ウント・ドラング期の創意とほの暗さを併せ持つ曲の真髄に迫る、自然な弓使いの妙を楽しめる演奏でした。曲に没入せず、晴朗な心境での演奏なのでしょう、聴いているこちらも穏やかな気持ちで音楽を楽しめる演奏でした。録音も良く、部屋のなかにクァルテットが出現したようにリアルに各奏者の音の重なりの面白さを楽しめます。評価はもちろん[+++++]とします。弦楽四重奏が好きな方にはオススメの一枚です。

ちなみにもう一枚、ハイドンのOp.20のNo.6などを収めたアルバムも手元に届いており、こちらも近いうちにレビューしたいと思ってます。ただし、このアルバム、調べた限りHMV ONLINEをはじめとしてamazon、TOWER RECORDS、iTunesなどでも取扱いがないようです。どちらかの業者の方、輸入できないでしょうね〜。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

0 Comments

There are no comments yet.