作曲家ヨーゼフ・ハイドンの作品のCD、LP、映像などを収集しレビューしています。膨大なハイドンの作品から名盤、名演奏を紹介します。

レスリー・ジョーンズ/リトル・オーケストラ・オブ・ロンドンのラ・ロクスラーヌ、78番(ハイドン)

2
0
珍しいLPが手に入りました。

LeslieJones.jpg

レスリー・ジョーンズ(Leslie Jones)指揮のリトル・オーケストラ・オブ・ロンドン(The Little Orchestra of London)の演奏で、ハイドンの「哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェ」 序曲、交響曲63番「ラ・ロクスラーヌ」、交響曲78番の3曲を収めたLP。収録年の記載はありませんが、おそらく1960年代後半から1970年代かと思われます。レーベルはnonesuch。

このLP、ディスクユニオンの店頭で見かけたものですが、手に入れたのは指揮者名を知っているからでも、オケを知っているからでもなく、珍しいnonsuchレーベルのハイドンということで。nonesuchは我々世代には長岡鉄男さんが優秀録音としてかなりのアルバムを取りあげていたので、nonesuch=優秀録音というイメージが出来上がっています。また、クロノス・クァルテットのアルバムをリリースしていることでも知られているでしょう。手に入れてしばらく寝かせておいたのですが、そろそろ取りあげようと、演奏者の情報などを調べ始めたところ、指揮者のレスリー・ジョーンズに関する情報が出てきません。いろいろ調べていて、ようやく突き止めたのが、マックス・ゴーバーマンのアルバムで紹介した、Haydn Houseです。ここにレスリー・ジョーンズのアルバムが大量にありました。

Haydn House:Leslie jones Symphony Series

レスリー・ジョーンズ指揮のリトル・オーケストラ・オブ・ロンドンの演奏でザロモンセットなどを含むハイドンの交響曲やオペラの序曲が、都合CD12枚分に渡ってリリースされています。ここはLPからの所謂板起こしをしているレーベルですので、原盤はLP、いろいろ検索してみると、過去はnonesuchレーベルからLPがリリースされていたようです。今回手に入れたLPはなんと未開封の新品。コンディションは最高。最上のnonesuchレーベルのキレとまではいきませんが、スクラッチノイズはほとんどなく、素晴しく良いアルバム。

レスリー・ジョーンズの略歴などもネットを探してみたものの、同名の他の有名人の情報が多く、なかなか見つかりません。ということで、ライナーノーツを含めて彼らの情報はほとんどありません。ご存知の方がいらっしゃったら是非教えていただきたいと思います。

ここは得意の、情報なしで虚心坦懐にレスリー・ジョーンズの演奏を聴いてみたいと思います。

Hob.XXVIII:13 / "L'anima del filosofo, ossia Orfeo ed Euridice" 「哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェ」 (1791)
録音は少々粗さはあるものの鮮明。ビシッとオケが定位するあたりは流石nonesuch。古いタイプの演奏であることは間違いありませんが、序奏に続いて活気溢れるオケがグイグイドライブをかけていくところは痛快。異常に鮮明にハープシコードの響きが録られています。ドラティやゴーバーマンに通じる、筋骨隆々、快刀乱麻の演奏。小規模オケだと思いますが低音弦の迫力、引き締まった音像、沸き上がるエネルギー、どれをとっても素晴しい演奏。4分の曲ですが、LPの冒頭を飾るに相応しい高揚感。これは来ますね。

Hob.I:63 / Symphony No.63 "La Roxelane" 「ラ・ロクスラーヌ」 [C] (before 1781)
つづいて交響曲63番、というより1楽章は歌劇「月の世界」序曲としてのほうが有名でしょう。前曲と異なる録音セッションなのか、テープのコンディションなのか、ピッチがほんのちょっと下がり、最初の入りに違和感がありますが、すぐに慣れてしまいます。音響の鮮明さは変わらず、タイトかつ鮮明な響き。このおとぎ話のような喜劇の幕開けに相応しい、躍動感溢れる演奏。グイグイオケを煽って祝祭感抜群の盛り上がり。
一転して短調のアレグレット。独特なメロディーをあえて淡々と進めることでさっぱりとしながらも陰りのある情感をうまく引き出しています。途中音程が微妙にふらつくところがありますので、やはりテープのコンディションに原因があるのでしょう。
続くメヌエットも前楽章の雰囲気とテンポをそのまま引き継ぎます。このあたりになると、すこしひねりと言うか演出が欲しいところ。ハイドンのメヌエットを道演奏するかは指揮者の手腕の見せ所。ジョーンズは非常に素直に音楽を創っていきますが、フレーズごとにもう少し表情の変化やアクセント等をつけたくなります。
フィナーレも同様。タイトでエネルギーに満ちた演奏なんですが、2楽章以降、楽章感の対比と言うか、メリハリというか、変化の幅が小さく、少し単調な印象を与えてしまっているのが惜しいところ。

Hob.I:78 / Symphony No.78 [c] (1782?)
レコードを裏返して、78番。パリセットでハイドンの創意が炸裂する寸前の時期の素朴な良さをもった交響曲。イギリスでの演奏を目的として作曲されたそうですが、この時はハイドンのイギリス訪問は実現していません。地味な曲ながら1楽章は次々と変化するメロディーの展開の面白さが印象的な曲。こうゆう曲ではレスリー・ジョーンズの素直な解釈が少し良い方向に働きます。メロディーの面白さに集中できるじつに素直な演奏。つづくアダージョそしてメヌエットに入っても同様、じっくりと音楽に浸る事が出来ます。大きな構成よりも、旋律を上手く鳴らしながら、音楽をさらりと流していくのが信条でしょう。フィナーレは聴くと様々な機知が凝らされた曲ですが、やはり演奏の変化の幅が物足りなさを残してしまうのが正直なところ。

レスリー・ジョーンズ指揮のリトル・オーケストラ・オブ・ロンドンの演奏。ハイドンの交響曲をかなりの数録音しているだけあって、古典的均衡のとれた正統派の演奏です。演奏の質、響きの美しさ、ディティールの正確さなどは文句のつけようがないのですが、大きな構成感というか表現の幅にもう一歩踏み込みがあればというのが率直なところです。この知る人ぞ知るレスリー・ジョーンズをHaydn Houseが目をつけるのは流石と言うところでしょう。評価は「哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェ」 序曲は[+++++]、他2曲は[++++]とします。

追伸)
湖国JHさん、全く偶然にも月曜からこのアルバムを聴き始めて、記事書きかけてました。偶然とは恐ろしいものです、、、 赤い糸でしょうか(笑)

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

2 Comments

There are no comments yet.

小鳥遊

ご無沙汰です。

私は、前にロンドン・セットをLPで聴きましたが...なんか怪しい演奏だったという記憶が微かに(笑)

聞き直そうかなと思います。

Daisy

Re: タイトルなし

小鳥遊さん、おはようございます。
記事を書いてからいろいろ検索してみると、nonesuchからリリースされていたアルバムのジャケットなどもebayなどでいくつかみつかりました。ロンドンセットなどはそれなりに出回ったのかもしれませんね。このアルバムを聴く限り、それほど変な演奏ではありません。特にオペラの序曲は気合の乗ったいい演奏です。それにしてもネットでもあまり情報がないのが不思議です。探し方が悪いのかしら、、、

  • 2013/07/17 (Wed) 07:30
  • REPLY