作曲家ヨーゼフ・ハイドンの作品のCD、LP、映像などを収集しレビューしています。膨大なハイドンの作品から名盤、名演奏を紹介します。

ヤーノシュ・ローラ/フランツ・リスト室内管の受難、告別(ハイドン)

7
0
最近手に入れた交響曲の名盤。最初に言っておきますが、これは真の名盤です。

Rolla49.jpg
iTunes
icon

ヤーノシュ・ローラ(János Rolla)指揮のフランツ・リスト室内管弦楽団の演奏でハイドンの交響曲49番「受難」と45番「告別」の2曲を収めたアルバム。収録はブダペストの改革派教会でのセッション録音、Pマークが1983年との表記のみで日付はわかりません。レーベルはハンガリーのHUNGAROTON。

このアルバム、フランツ・リスト室内管のメンバーがエステルハーザ宮殿の階段でたたずむ写真がジャケットに使われていますが、エステルハーザ宮殿は現在ハンガリー領にあり、ブダペストからも160キロと、そう遠くありません。彼らにとってハイドンは地元の作曲家ということでしょうから、これは本場物ということになります。加えて、曲がエステルハーザの離宮での夏の長期労働を強いられたオーケストラの団員の希望を侯爵に伝えるために書かれた傑作交響曲告別を含むということで、このオケにとっては渾身の一枚であるはず。残念ながらアルバムは中古以外に流通していませんが、iTunesで聴く事ができます。

ヤーノシュ・ローラはフランツ・リスト室内管弦楽団のコンサートマスター、音楽監督。フランツ・リスト室内管弦楽団は1963年、フランツ・リスト音楽院の教授だったフリギエシュ・シャンドール(Frigyes Sándor)を中心に、音楽院の学生達により設立されたブダペストを本拠地とするオーケストラ。現在はコンサートマスターのヤーノシュ・ローラが芸術監督を務めています。基本的に指揮者を置かず、ローラのリーダーシップにより演奏を行っているそう。フランツ・リスト室内管の演奏は協奏曲の伴奏でこれまで2度取りあげています。

2010/09/14 : ハイドン–協奏曲 : ペレーニの至芸、チェロ協奏曲
2010/06/05 : ハイドン–協奏曲 : ハイドン第2のホルン協奏曲?

どちらのアルバムの演奏もオーソドックスながら、情感の濃いなかなかの演奏だっただけに、この組み合わせでのこの曲は、かなり期待できます。

Hob.I:49 / Symphony No.49 "La passione" 「受難」 [f] (before 1768)
予想どおり、しっとりと情感の乗った響きから入ります。まさにこの曲はこう演奏されべきというようなオーソドックスさ。じっくりじっくりメロディーを音にしていき、まったく外連味なし。録音は少し古びた印象がなくはありませんが、HUNGAROTON特有の石のような響きの癖は感じず、十分優秀。適度な残響がリラックスして音楽を楽しむのにぴったり。1楽章はアダージョ。楽章全体が序奏のような位置づけですが、ハイドンのシュトルム・ウント・ドラング期の名旋律がゆったりと教会に響きわたります。モダン楽器でのこの曲の演奏の王道中の王道を行くような堂々と揺るぎない響き。
2楽章のアレグロ・ディ・モルトは、フランツ・リスト室内管のちょっとザラッとした弦楽器群が抜群のエネルギー感でグイグイ引っ張ります。メロディーの彫りは深く、覇気溢れる峻厳な音楽、室内管とはいっても迫力は十分。木管等に対して弦が圧倒的なプレゼンス。おそらく得意としている曲でしょう、説得力が違います。
メヌエットは意外としなやか。リズムよりもながれを強調した演奏。この郷愁溢れる名旋律をさらりとこなしていくあたりに弾き慣れた貫禄を感じますね。
フィナーレはここ一番の躍動感。慌てるそぶりはなく、じっくりとスピードに乗ってアンサンブルの精度も程々に、各奏者の力が漲ります。弦楽器陣による図太い主旋律が素晴しい迫力。転調や強弱の変化をじつにしっくり表現しながら進みますが、この曲のツボをきちんと押さえているので、アクセルワークが見事。これ以上の表現はないほど。

Hob.I:45 / Symphony No.45 "Farewell" 「告別」 [f sharp] (1772)
つづいて告別。聴き慣れた1楽章ですが、オケはキレまくり。いきなりフルスロットル、入魂の迫力。流石本場と唸らざるを得ません。怒濤の弦楽器群がほの暗さを明るさの綾を見事に描き上げていきます。冒頭から圧倒されっぱなしです。穏やか部分で一度力を抜いて、再びオケが怒濤の迫力へ。鬼気迫るとはこのこと。告別の1楽章が圧倒的な存在感で押し寄せます。これほどのエネルギーだったとは。
2楽章のアダージョはあらためて思いますが、ハイドンの創作意欲の結晶のような音楽。弱音器をつけたヴァイオリンが奏でる静かな音楽の精妙さに聴き入ります。どうしてこのようなメロディーが浮かんでくるのかと思わせる実に不思議で趣き深い、実に深い音楽。それを知ってかヤーノシュ・ローラは音楽を淡々とこなしていきます。ハイドンの創意とローラの実に懐の深い音楽に、ただただ浸るように聴きます。
受難のメヌエットとは異なり、こちらはかなりリズムの面白さを強調した演奏。一貫してゆったりしたテンポながら、時折明るさがパッとさすような変化をを強調して、曲に潜む魅力を実にうまく表現していきます。ホルンのとろけるような響きも最高。これまでホルンや木管は脇役に徹していましたので、音量のコントロールをかなり明確にしているようです。かなり大胆に音量の変化をつけた秀演。
そして、クライマックのフィナーレ。前半は予想通り、怒濤の迫力。弦楽器のエネルギーが素晴しい。これから起こるドラマを予感させるようなざわめきすら感じさせる、極度の緊張感。ほの暗い雰囲気。闇の深さを暗示させるような気配。後半は一人一人去っていく場面。一転して平穏な癒しに満ちた雰囲気に変わります。波のない湖にうつる満月を見るような心境。やはりこの曲、傑作ですね。ヤーノシュ・ローラとフランツ・リスト室内管の入魂の演奏で聴くと、まさにハイドンが描きたかった音楽そのものが存在するよう。深い深い感動。徐々に生気を失っていくように、命が途絶えていくように、音楽が消えていくように、一人一人奏者が去っていきます。音楽が魂になって昇華いくよう。最後に残った楽器も消え入るように音量を落としていきます。

絶品です。ハイドンの偉大さに直接触れるような名演奏。言葉になりません。

このアルバム、多くの人に聞いていただくべき名盤中の名盤ですね。評価は両曲とも[+++++]です。告別は決定盤と断じます。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

7 Comments

There are no comments yet.

ライムンド

No title

おはようございます。ローラ指揮というのは他の作曲家でも見たことがありません。
記事を読むと聴いてみたくなり、入手困難なのが残念です。
フンガロトン・レーベルのようなので、ハイドンの交響曲を他にも録音していそうなの
で名前をチェックしておこうと思います。あとブダペストにも、オーケストラの録音がで
きる規模のカルヴァン派の教会堂があるのに感心します。

  • 2013/06/23 (Sun) 11:05
  • REPLY

Daisy

Re: No title

ライムンドさん、コメントありがとうございます。
おそらく指揮といってもコンサートマスターとしてコントロールしていると言う事だと思います。ジャケット表面にはフランツ・リスト室内管とだけの表記で、裏面にはderected by Já Rollaと表記されているので、指揮者と記載しました。Naxosでハイドンの交響曲の名盤をリリースしているニコラス・ウォードなどとともに地味ながら実力あるひとなのだと思ってます。
録音会場はReformed Church, Budapestとだけ記載されていますが、いつもGoogleなどで検索して場所や雰囲気を確認するようにしていますが、今回は複数出てきてどれだか特定できません。録音会場はなんとなくいつも気になるものですので。

  • 2013/06/23 (Sun) 11:20
  • REPLY

michael

No title

こんにちは
ローラ&フランツ・リスト室内管はほんとに良いですね、協奏曲のバックを聴いただけでもゾクゾクしますから。
かなり前、我が超ローカルな街にも来てくれたことがあります。バッハを含むプログラムだった記憶ですが、まだ何も知らずに第一級の演奏を聴いていたわけです。

Daisy

Re: No title

michaelさん、いつもコメントありがとうございます。
ローラとフランツ・リスト室内管、生で聴かれた事があるんですね。それはうらやましい。やはり好きな演奏家は一度は生で聴いてみたいものです。
michaelさん、超ローカルな街にお住まいだったんですね、、、どちらなんでしょう(質問ではありません! 笑)

  • 2013/06/24 (Mon) 00:15
  • REPLY

ドラ吉くん

我が意をえたりです

今までこのサイトに気づかず見過ごしてました。リスト室内管(本当は弦楽器だけの編成なので管弦楽団というのはおかしい)の大ファンです。もちろんこのCDも愛聴盤ですが余り知られていないのが残念だったので我が事のように嬉しくなりました。とにかく広いレパートリーで膨大なアルバムがあり、C.P.E.バッハやランパルが指揮!したモーツァルトの29番の交響曲なども聴いてみてください。最近レコーディングから遠ざかっていますが、活動はしているようで5年ほど前にサントリーホールで聴きました。

  • 2020/05/03 (Sun) 23:54
  • REPLY
Daisy

Daisy

Re: 我が意をえたりです

ドラ吉くんさん、はじめまして。コメントありがとうございます!

フランツ・リスト室内管の大ファンとは酔眼ですね。この深い情感漂う演奏はメンバー一人一人の深い音楽性に裏付けられた演奏だと思います。私の方はハイドンをキーに色々聴いていますが、このオケの他の演奏にも大変興味あります。モーツァルトなどはさぞかし良かろうと想像しています。
ちなみにランパル指揮の29番、レーベルはどちらでしょうか? ちょっと検索してみても見つからないものですから、、、




  • 2020/05/04 (Mon) 11:04
  • REPLY

ドラ吉くん

To Daisyさん

オリジナルがどこか分からないのですが私の所有しているのはハルモニア・ムンディでHMP3903013,1993発売です。32,29,33番の3曲が入ってます。HUNGAROTNと提携していたらしくシューベルトの「死と乙女」マーラー編曲版やチャイコフスキーの弦楽セレナードなんかも出てました。FLCOはとにかくべらぼうに発売点数があり100枚以上所蔵してますがどうしても入手出来ないモノが多数あります。メンデルスゾーンの弦楽のための交響曲やマタイ受難曲(ヨハネは所有)などです。

  • 2020/05/04 (Mon) 14:09
  • REPLY