ジョーン・サザーランドとデニス・ブレインの共演

旅日記にかまけてレビューをお休みしておりました。しばらくレビューから遠ざかっていたので、リハビリを兼ねて、短い曲を取りあげましょう。

Sutherland.jpg
HMV ONLINEicon / amazon

ジョーン・サザーランド(Joan Sutherland)、エイプリル・カンテロ(April Cantelo)のソプラノ、レイモンド・ニルソン(Raymond Nilsson)のテノール、サー・チャールズ・マッケラス(Sir Charles Mackerras)指揮のゴールズブロウ管弦楽団(現イギリス室内管弦楽団)の演奏による、ハイドンの2人のソプラノとテノールのための三重唱"Pieto di me, Benigni Dei"などを収めたアルバム。ホルンの独奏にはなんと、デニス・ブレイン(Denis Brain)が登場。この曲の収録は1956年12月17日、BBCとだけ書かれているのでBBCのスタジオででしょうか、拍手などはありませんが、解説によるとライヴのようです。

久しぶりの歌曲のアルバム。しかもハイドンを歌うというイメージがあまりなかったジョーン・サザーランドの歌。もちろん、サザーランドとハイドンという組み合わせの珍しさから手に入れた次第。

ジョーン・サザーランドは1926年、オーストラリアのシドニー生まれのソプラノ歌手。両親はスコットランド出身とのこと。ソプラノ歌手だった母の影響でソプラノを学び始め、事務職につく傍らシドニー音楽院でドラマティックソプラノの才能を見いだされます。1947年に歌手デビュー、1952年にはロイヤル・オペラ・ハウスで「魔笛」の第一の侍女役でデビューしました。その後リチャード・ボニングにベル・カント・ソプラノの能力を見いだされ、ベル・カントの道を歩み始めました。1952年にリチャード・ボニングと結婚。その後「ランメルモールのルチア」、「夢遊病の女」、「清教徒」、「セラミラーデ」などをレパートリーとしていったそう。イタリアではラ・ステュペンダ(La Stupenda「とてつもない声を持つ女」)と賞賛される存在になりました。1970年代以降は声が衰え始め、1992年にオペラから引退、亡くなったのは2010年と最近のことです。

調べたところ、サザーランドはボニングの指揮でハイドンの「哲学者の魂、オルフェオとエウリディーチェ」のエウリディーチェを歌ったアルバムがあり、手元にもありました。ハイドンとは縁遠いイメージだったのは単なる私の先入観でした。

もう一人のソプラノ、エイプリル・カンテロは1928年生まれとサザーランドと同世代のソプラノ。コリン・ディヴィスの最初の奥さんだったとのこと。

Hob.XXVb:5 / Trio "Pieto di me, Benigni Dei" [Es] (????)
13分ほどのハイドンの晴朗な曲調が特徴の管弦楽伴奏付きの三重唱曲。手元の大宮真琴さんの「新版ハイドン」の曲目リストに曲は載っているものの、作曲年代の表記はありません。マッケラスの振るオケは、精度は粗いものの、オペラのような高揚感があるリズミカルないい伴奏。音程はちょっとふらつき気味ですが、存在感のあるホルンの演奏はデニス・ブレイン。音はモノラルで時代なりのものですが、なぜか雰囲気のあるいい演奏。序奏でのホルンと木管の掛け合いだけでもなかなかの風情。歌はサザーランドのソプラノから入りますが、いきなり艶があり、良く転がる素晴しいソプラノで抜群の存在感。特に高音の声量と伸びは流石です。不思議と歌に余裕があり、華麗な余韻が残ります。この曲では歌手以上にホルンが大活躍。テノールのレイモンド・ニルソンが続きます。サザーランドと似て、転がるようすが滑らかで、若々しい透明感のある美しい声を響かせます。またホルンをはさみ、今度はエイプリル・カンテロのソプラノ。サーザーランドよりも少し陰のある声質。転がるような曲調は一貫していますが、滑らかさはサザーランドに敵いません。後半は3人が絡み合いながら展開していきますが、祝祭感溢れる曲調の部分と、少し陰がさす部分の表現の変化の綾を楽しみます。終盤の3人のアンサンブルは聴き応えがあります。良く聴くと見事な構成感を感じる名曲ですね。最後はテープの伸びか音程がちょっと下がってしまいますが、この演奏の面白さを損なうものではありません。やはりサザーランドの存在感は見事。デニス・ブレインも張り合います。

Hob.XXVIII:13 / "L'anima del filosofo, ossia Orfeo ed Euridice" 「哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェ」 (1791)
つづいて、解説によれば歌劇「哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェ」からの一節"Se ti perdo"。こちらはサザーランドとオーケストラによる演奏。前曲のテンポのよい感じから一転、まさにオペラの一場面。マッケラスの棒はなかなか劇的。サザーランドのソプラノが時に鋼のような強さで刺さります。流石に名ソプラノと言われただけの人。強さ、しなやかさ、輝きとどれをとっても圧倒的。オペラ好きの人が唸るわけがわかります。ただただサザーランドの美声に打たれます。

ハイドンの曲を集中して聴いていましたが、このアルバムには他にモーツァルトの「エクスラーテ・ユビラーテ」、「後宮からの逃走」からの一節、ベルリーニの「ノルマ」からの一節、ヘンデルの「アルチーナ」からの一節、ドニゼッティの「ランモルメールのルチア」からの一節などが収められており、念のため他の曲を聴き始めてあまりのソプラノの輝きに腰を抜かしました。「ノルマ」や「アルチーナ」、「ルチア」はサザーランドのソプラノのパワーが炸裂。ソプラノとはこれほどの輝きのあるものなのかと衝撃を受けるような圧倒的な歌唱。むせ返るような香しさ。花の香りにに包まれるような幸せな時間。人の声の美しさの極限を聴いたような気分にさせられます。オペラ好きな人をノックアウトする破壊力。「アルチーナ」、「ルチア」の最後には熱狂しすぎて半狂乱となった観客の嵐のような拍手とブラヴォーが収められています。まさに事件のようならライヴ。

ハイドンの曲も素晴しいのですが、やはり20世紀最高のソプラノと言われただけあって、このアルバムに収められた曲はどれも素晴しいものです。ハイドンやモーツァルトは他の曲を聴いてから聴くと、牙を剥かない、古典の秩序を守った貞操あるサザーランドの姿だったことがわかります。これはこれで素晴しいものです。ハイドンの2曲の評価は[+++++]をつけます。また一枚家宝となるアルバムに出会えました。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 歌曲 オペラ ヒストリカル

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ピエタは、音源があったのですね。
ハイドンの曲で、音源化している曲はほぼ全て所有
していると自負してましたが、まだ、私の知らない
音源化している曲がある事をうれしく思います。

早速HMVに注文してしまいました。
在庫がないので、半月ほどかかるようですが。
どんな曲か、配送されてくるのが楽しみです。

いつもハイドンの音源情報をありがとうございます。

Re: No title

Haydn2009さん、コメントありがとうございます。
この曲、何気に名曲だと思います。録音もモノラルですし、状態が良い訳ではありませんが、この演奏から伝わってくる熱気は素晴しいものです。この曲の録音が増えないのは楽譜が流通していないからなのでしょうかね。こう言ったマイナーなハイドンの曲は研究者でもなければ、その成り立ちや位置づけを知る事は出来ないのでしょうが、楽しむと言う視点では十分にハイドンの魅力を感じられる素晴しい曲だと思います。
ネットをちょっと調べても他の音源はないようですね。もしかしたら貴重な録音なのかもしれません。
プロフィール

Daisy


Author:Daisy

ハイドン(Franz Joseph Haydn)の膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。私はなぜハイドンにはまったのか?

最新記事
カテゴリ
ハイドンディスコグラフィ
Joseph Haydn Discography
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものはリスト冒頭に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

登録曲数:1,368
登録演奏数:11,793
(2019年12月31日)
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

ヴィヴィアーニバリトン三重奏曲四季ライヴ録音ロンドンピアノソナタXVI:39ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:37ベートーヴェンピアノソナタXVI:19ピアノソナタXVI:23先生と生徒古楽器音楽時計曲ピアノ四重奏曲ヴァイオリン協奏曲協奏交響曲オルガン協奏曲XVII1:1ピアノ協奏曲XVIII:4軍隊交響曲70番ヒストリカル交響曲93番交響曲81番ピアノ協奏曲XVIII:11交響曲80番トランペット協奏曲ヴァイオリンとピアノのための協奏曲XVIII:6悲しみモーツァルト交響曲4番ヨハン・クリスチャン・バッハオックスフォード豚の去勢にゃ8人がかりピアノ三重奏曲ピアノソナタXVI:51十字架上のキリストの最後の七つの言葉ラモースカルラッティヘンデルバッハショスタコーヴィチ驚愕シェーンベルク弦楽四重奏曲Op.76ドヴォルザーク交響曲75番チェロ協奏曲ホルン協奏曲時計弦楽四重奏曲Op.50アンダンテと変奏曲XVIII:6弦楽四重奏曲Op.20弦楽四重奏曲Op.64弦楽四重奏曲Op.54天地創造レスピーギヴォルフヨハン・シュトラウスリゲティタリスリヒャルト・シュトラウス交響曲10番ピアノソナタXVI:49迂闊者交響曲54番ネルソンミサトマジーニピアノソナタXVI:52交響曲2番ピアノソナタXVI:46皇帝日の出弦楽四重奏曲Op.71交響曲88番ブルックナーベルリオーズウェーベルンナッセンベンジャミングリゼーメシアンヴァレーズシェルシOp.20弦楽四重奏曲交響曲65番交響曲9番交響曲67番交響曲39番交響曲73番交響曲61番狩りリームピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:6アンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:20交響曲全集リムスキー・コルサコフラヴェルピアノソナタXVI:44ピアノソナタXVI:45第九太鼓連打交響曲99番ボッケリーニシューベルト交響曲5番チャイコフスキーストラヴィンスキーライヴ弦楽四重奏曲Op.2序曲ヴィヴァルディオペラ序曲パイジェッロアリア集ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6すみだトリフォニーホールピアノソナタXVI:34ブーレーズサントリーホール弦楽四重奏曲Op.74アルミーダチマローザ無人島変わらぬまこと哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェ騎士オルランド英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:1ピアノ協奏曲XVIII:3ラメンタチオーネアレルヤ交響曲79番交響曲3番チェロ協奏曲1番交響曲19番交響曲58番交響曲27番紀尾井ホールドビュッシーミューザ川崎LPオーボエ協奏曲ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:38ピアノソナタXVI:29スタバト・マーテルマーラー告別交響曲90番交響曲97番奇跡交響曲18番ひばりフルート三重奏曲交響曲102番交響曲86番哲学者ニコライミサ小オルガンミサミサブレヴィス交響曲95番交響曲78番王妃SACD武満徹交響曲21番マリア・テレジアクラヴィコードBlu-ray東京オペラシティ交響曲11番交響曲12番交響曲15番交響曲37番交響曲1番ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:3ディヴェルティメント東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:7ライヒャロッシーニドニぜッティ弦楽三重奏曲東京文化会館フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ピアノソナタXVI:31ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:26バードアレグリパレストリーナモンテヴェルディ美人奏者ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンスコットランド歌曲ヴェルナーガスマンピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲46番交響曲35番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3ラ・ロクスラーヌ帝国ハイドンのセレナードラルゴ五度ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス時の移ろい交響曲42番ベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏冗談ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:9ピアノ協奏曲XVIII:5ヴァイオリンソナタ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオモテットドイツ国歌オフェトリウムカノンよみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ベルク主題と6つの変奏オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲交響曲50番交響曲89番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲77番交響曲34番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:11ピアノ小品ピアノソナタXVI:47bisカートリッジ雅楽プロコフィエフサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭変奏曲XVII:7ピアノソナタXVI:22天地創造ミサジャズ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャ交響曲56番マリアテレジア2つのホルンのための協奏曲展覧会弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲108番交響曲107番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽ピアノソナタ

タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
52位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
7位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

大家さんFC2のクラシックブログランキング。

おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)






twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ