モーリス・ジャンドロンのチェロ協奏曲1番、2番

今日は湖国JHさんにお借りしているアルバムと先日手にいれたLPを取りあげます。

Gendron1.jpg

モーリス・ジャンドロン(Maurice Gendron)のチェロ、レイモン・レッパード(Raymond Lepperd)指揮のロンドン交響楽団の演奏で、ハイドンのチェロ協奏曲1番、ボッケリーニのチェロ協奏曲を収めたアルバム。収録は1965年7月、ロンドンとしか表記がありませんが、セッション録音でしょう。

もう一枚。

IMG_4701.jpg

モーリス・ジャンドロン(Maurice Gendron)のチェロ、パブロ・カザルス(Pabro Casals)指揮のコンセール・ラムルー管弦楽団の演奏で、ハイドンのチェロ協奏曲2番とボッケリーニのチェロ協奏曲を収めたLP。収録は1960年10月5日から7日、パリの共済組合ホールでのセッション録音。こちらは日本ビクターによるPHILIPSレーベルの国内盤LPです。

モーリス・ジャンドロンは、1920年、フランスのニース生まれのチェロ奏者、指揮者。ニース音楽院でジャン・マンジオ、パリ音楽院でフルニエの師であるジェラール・エッカンに学び、カザルス門下に入ります。その後、デゾルミエール、シェルヘン、メンゲルベルクらから指揮を教わっています。 1947年にプロコフィエフのチェロ協奏曲のヨーロッパ初演を行い、広く知られる存在となりました。演奏家としての仕事の他、教育者としても知られ、1954年からザールブリュッケン音楽大学のチェロ科教授、1970年からはパリ音楽院のチェロ科主任教授となり、後進の育成にも力を注ぎました。
日本との関係では、1960年にチェロ奏者として来日、また、1972年に指揮者として来日して東京都交響楽団を指揮。その後も1980年代には草津夏季国際音楽アカデミー&フェスティヴァルの講師としてたびたび来日し、チェロや室内楽、オーケストラの指揮や指導に携わっていたとのことで、私は知りませんでしたが、日本との関係が深い人でした。1990年8月に亡くなっています。

気になるのはカザルスにチェロを学び、また、カザルス自身が指揮をとったオケでハイドンのチェロ協奏曲を弾いていること。偉大なチェロ奏者カザルスの指揮で、それもチェロ協奏曲の最高峰であるハイドンのチェロ協奏曲を弾くということだけでも、かなり気になります。カザルスが指揮をしたなかでも、チェロ協奏曲の録音はそれまでなく、チェロの門下生を多くもっていたカザルスが、ハイドンのチェロ協奏曲のソリストに指定したということが当時のジャンドロンの立場を物語っているでしょう。カザルスとの演奏は当時話題となったとのことです。

まずは、レッパードとの1番のCDから。

Hob.VIIb:1 / Cello Concerto No.1 [C] (1765-7)
かなり表情の濃いレッパードの伴奏。テンポは標準的ですが、フレーズひとつひとつにはっきりと表情をつけて厚化粧のハイドン。ジャンドロンのソロは、オケの表情の濃さ故か、かなり抑えた大人しいソロ。録音上もオケが強めでソロが弱めのバランス故、一層オケの雄弁さに耳が行きます。渋めの音色で、枯れた表情のチェロ。テンポ感とリズムのキレはよく、味わい深いチェロです。ジャンドロンはこのとき45歳ですが、すでに老練な印象すら感じさせます。カザルス門下という背景から想像するイメージとは異なり、紳士的な印象。オケの濃さとの対比から荘感じさせるのでしょうか。カデンツァに入るとフランス人らしいエスプリの利いた手のこんだもの。えも言われぬ芳香を放つカデンツァ。
アダージョに入るとレッパードのコントロールは癒しを増す方向に変化し、厚化粧というより、自然に滔々と流れるような表情を帯びてきます。オケとチェロの音楽がマッチして、ひじょうにしなやかな表情を見せ始めます。レッパードがだいぶチェロに寄り添い、ジャンドロンもオケに上手く乗って伸び伸びと弾いていいきます。フレーズの表情は非常に柔らかく音楽の響きも深くなります。アダージョはいいですね。大海のうねりに身を任せているような時間が流れます。
フィナーレは、遅めのテンポながらキリリとリズムが引き締まったオケの入り。1楽章とは別人の振るような自然さ。ジャンドロンはゆったりしたオケに身を任せながら、そこここで変化をつけながら、自在に弓をを操り、糸を引くように滑らかにメロディーラインを描いていきます。余裕たっぷりに遊び心さえ感じさせる自由闊達なソロ。フルニエとは異なりますが、醸し出す印象は近いものがあります。

つづいてカザルスとの2番LP。

Hob.VIIb:2 / Cello Concerto No.2 [D] (1783)
カザルスらしい、太い筆での個性的な書のような風格ある序奏。レッパードの流麗さとは異なり、いきなり孤高の響き。2番の穏やかな表情を味わい深く描いていきます。オケに合わせるようにジャンドロンも芸術的な弓使い。こちらはカザルス門下というイメージに近い印象。1番より5年前という録音時期と、伴奏がカザルス自身であるということの影響でしょうか。チェロの音階の描き方は、カザルスのバッハの無伴奏チェロ組曲のゴリゴリした表情に近く、前曲の弓使いとかなり印象が異なります。オケも曲の真髄にせまるアーティスティックさを醸し出します。録音はやはり少し古さを感じさ、もうすこし潤いがあればと感じさせますが、それが味わいを増すように働き、悪くはありません。1960年の録音ですがステレオです。ジャンドロンのソロは流石にカザルスが選んだだけあって燻し銀の至芸を聴かせます。カデンツァは円熟の極み。間を活かした非常に集中力の高い演奏。心技体が一体となった素晴しい演奏。カザルスも聴き惚れている事でしょう。
アダージョはソロもオケも枯れた表情が印象的。オケも音量を落としてチェロのソロを引き立て、ソロはかすれた表情を隠さず、唯我独尊の域。オケとのせめぎ合いも随所に見られ、沸き上がる感興。
フィナーレは独特の郷愁が秋晴れの空のような突き抜けた爽やかさをもたらします。ジャンドロンとカザルスの音楽がピタリと一致して、表現がぐっと踏み込んできます。荒削りなところまで計算したような踏み込み方。ソロは引きずるような表情を見せながら起伏を大きくして、クライマックスに向かいます。最後は大きく踏み込んでフィニッシュ。

モーリス・ジャンドロンがチェロを弾いた2種のアルバムを聴きましたが、指揮者によって表情を大きく変える器をもっているのか、指揮者がソロを含めて音楽を支配しているのか、本当のところはどちらかわかりませんね。レパードとの1番は、1楽章のオケの非常に濃い表情が特徴でしょう。2楽章以降は自然な表情にもどり、非常にしっとりとしたいい演奏ですが、それだけに1楽章の特殊な印象が気になってしまいます。カザルスとの2番は師匠の前での演奏故、ジャンドロンも気合いのノリがちがいます。レッパード盤では演奏を楽しむ余裕のようなものすら感じられましたが、カザルス盤ではもの凄い集中力での真剣勝負の趣。まあ、こういったところが協奏曲を聴く楽しみでもあるわけですね。評価は1番が1楽章の分ちょっと減点で[++++]、2番は[+++++]とします。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : チェロ協奏曲 ヒストリカル LP

コメントの投稿

非公開コメント

No title

チェロ協奏曲第1番は大好きでいろいろ聴きましたが、デュ=プレ/バレンボイムが傑作ですね。古楽なら鈴木秀美/クイケンもいいと思います。
ジャンドロンは気になってるものの未聴です。バッハの無伴奏などの録音もありますか?
レッパードはグリュミオーのハイドンのヴァイオリン協奏曲の伴奏指揮者でしたね。あれは溌剌としたノーブルな音楽で大好きです。

Daisyさんのこのブログ、大好きです。ハイドン以外も楽しく拝見しています。私もハイドン好きのはしくれ、ぜひアニキと呼ばせてください(笑)

Re: No title

トトラさん、コメントの返信もれておりました、すみません。
いつもコメントありがとうございます。
チェロ協奏曲は名曲故名演奏が多く、みなさんこれぞというアルバムがあると思います。デュプレ盤もファンの多いロマンティックな演奏ですね。ジャンドロン、バッハの無伴奏のアルバムありますね。amazonでも出てきますので入手は容易だと思います。
ちょっと番外で暴走気味なときもありますが、それも含めて(笑)よろしくお願いします。どのような呼称でもOKです(笑)
プロフィール

Daisy


Author:Daisy

ハイドン(Franz Joseph Haydn)の膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。私はなぜハイドンにはまったのか?

最新記事
カテゴリ
ハイドンディスコグラフィ
Joseph Haydn Discography
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものはリスト冒頭に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

登録曲数:1,368
登録演奏数:11,793
(2019年12月31日)
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

ヴィヴィアーニバリトン三重奏曲四季ライヴ録音ロンドンピアノソナタXVI:39ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:37ベートーヴェンピアノソナタXVI:19ピアノソナタXVI:23先生と生徒古楽器音楽時計曲ピアノ四重奏曲ヴァイオリン協奏曲協奏交響曲オルガン協奏曲XVII1:1ピアノ協奏曲XVIII:4軍隊交響曲70番ヒストリカル交響曲93番交響曲81番ピアノ協奏曲XVIII:11交響曲80番トランペット協奏曲ヴァイオリンとピアノのための協奏曲XVIII:6悲しみモーツァルト交響曲4番ヨハン・クリスチャン・バッハオックスフォード豚の去勢にゃ8人がかりピアノ三重奏曲ピアノソナタXVI:51十字架上のキリストの最後の七つの言葉ラモースカルラッティヘンデルバッハショスタコーヴィチ驚愕シェーンベルク弦楽四重奏曲Op.76ドヴォルザーク交響曲75番チェロ協奏曲ホルン協奏曲時計弦楽四重奏曲Op.50アンダンテと変奏曲XVIII:6弦楽四重奏曲Op.20弦楽四重奏曲Op.64弦楽四重奏曲Op.54天地創造レスピーギヴォルフヨハン・シュトラウスリゲティタリスリヒャルト・シュトラウス交響曲10番ピアノソナタXVI:49迂闊者交響曲54番ネルソンミサトマジーニピアノソナタXVI:52交響曲2番ピアノソナタXVI:46皇帝日の出弦楽四重奏曲Op.71交響曲88番ブルックナーベルリオーズウェーベルンナッセンベンジャミングリゼーメシアンヴァレーズシェルシOp.20弦楽四重奏曲交響曲65番交響曲9番交響曲67番交響曲39番交響曲73番交響曲61番狩りリームピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:6アンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:20交響曲全集リムスキー・コルサコフラヴェルピアノソナタXVI:44ピアノソナタXVI:45第九太鼓連打交響曲99番ボッケリーニシューベルト交響曲5番チャイコフスキーストラヴィンスキーライヴ弦楽四重奏曲Op.2序曲ヴィヴァルディオペラ序曲パイジェッロアリア集ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6すみだトリフォニーホールピアノソナタXVI:34ブーレーズサントリーホール弦楽四重奏曲Op.74アルミーダチマローザ無人島変わらぬまこと哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェ騎士オルランド英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:1ピアノ協奏曲XVIII:3ラメンタチオーネアレルヤ交響曲79番交響曲3番チェロ協奏曲1番交響曲19番交響曲58番交響曲27番紀尾井ホールドビュッシーミューザ川崎LPオーボエ協奏曲ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:38ピアノソナタXVI:29スタバト・マーテルマーラー告別交響曲90番交響曲97番奇跡交響曲18番ひばりフルート三重奏曲交響曲102番交響曲86番哲学者ニコライミサ小オルガンミサミサブレヴィス交響曲95番交響曲78番王妃SACD武満徹交響曲21番マリア・テレジアクラヴィコードBlu-ray東京オペラシティ交響曲11番交響曲12番交響曲15番交響曲37番交響曲1番ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:3ディヴェルティメント東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:7ライヒャロッシーニドニぜッティ弦楽三重奏曲東京文化会館フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ピアノソナタXVI:31ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:26バードアレグリパレストリーナモンテヴェルディ美人奏者ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンスコットランド歌曲ヴェルナーガスマンピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲46番交響曲35番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3ラ・ロクスラーヌ帝国ハイドンのセレナードラルゴ五度ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス時の移ろい交響曲42番ベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏冗談ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:9ピアノ協奏曲XVIII:5ヴァイオリンソナタ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオモテットドイツ国歌オフェトリウムカノンよみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ベルク主題と6つの変奏オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲交響曲50番交響曲89番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲77番交響曲34番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:11ピアノ小品ピアノソナタXVI:47bisカートリッジ雅楽プロコフィエフサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭変奏曲XVII:7ピアノソナタXVI:22天地創造ミサジャズ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャ交響曲56番マリアテレジア2つのホルンのための協奏曲展覧会弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲108番交響曲107番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽ピアノソナタ

タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
52位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
7位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

大家さんFC2のクラシックブログランキング。

おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)






twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ