作曲家ヨーゼフ・ハイドンの作品のCD、LP、映像などを収集しレビューしています。膨大なハイドンの作品から名盤、名演奏を紹介します。

カラヤン/ベルリンフィルの「軍隊」

0
0
前記事でスヴェトラーノフによるベルリンフィルの雄々しい響きを聴いて、これを久しぶりに聴いてみたくなりました。

Karajan.jpg
HMV ONLINEicon / amazon / TOWER RECORDS

ヘルベルト・フォン・カラヤン(Herbert von Karajan)指揮のベルリンフィルの演奏で、ハイドンのパリセットとザロモンセットを収めたアルバム。今日はこの中から交響曲100番「軍隊」を取りあげます。軍隊の収録は1982年1月、ベルリンのフィルハーモニーでのセッション録音。レーベルは名門Deutsche Grammophon。

スヴェトラーノフとのライヴが1989年3月でしたので、その約7年前の録音ということになります。筋骨隆々のベルリンフィルをスヴェトラーノフが振ると、やはりもの凄いパワーを秘めた煮えたぎるマグマのような迫力を帯びていきますが、やはりカラヤンが振ると、レガートを効かせたカラヤンの音楽になります。カラヤンのハイドンは世評は高いものの、特にこのDGの晩年のベルリンフィルとの録音については、ちょっと人工的ですらあるカラヤン一流の磨き込まれた音楽が、ハイドンの交響曲の演奏として相応しいかどうかと言われると、個人的にはちょっと冷静な立場になるのが正直なところでした。その辺は過去の記事にも書いてあります。

2012/06/18 : ハイドン–交響曲 : カラヤン/ベルリンフィルの86番
2011/02/10 : ハイドン–交響曲 : カラヤン/ベルリンフィルのロンドン旧録
2011/01/18 : ハイドン–交響曲 : カラヤン/ウィーフィルのロンドン
2010/12/16 : ハイドン–交響曲 : カラヤン/ウィーフィルの太鼓連打
2010/02/10 : ハイドン–交響曲 : カラヤンのハイドン再考

ただし、いろいろな演奏を聴きつつ、聴く耳も心も変化していきます。スヴェトラーノフが描いた軍隊を、カラヤンは同じオケでどのように描いたのかという興味も湧いてきたので、久々にカラヤンの軍隊を聴いてみたくなった次第。何か発見があるかもしれませんね。

Hob.I:100 / Symphony No.100 "Military" 「軍隊」 [G] (1793/4)
テンポの遅さはスヴェトラーノフと同様ですが、こちらはカラヤン。序奏から美しく磨き込まれたビロードのような手触りの演奏。流麗な演奏とはこのこと。すぐにダイナミックレンジの幅一杯にクレッシェンドして、ベルリンフィルがフルスロットルで威力を見せつけます。主題に入ると、スタイリッシュにメロディーを刻んでいきますが、流石ベルリンフィルだけあって合奏精度は見事なもの。ロンドンではカラヤンらしさが過ぎて、ちょっと鼻につくところもありましたが、軍隊では不思議とそう感じません。やはりベルリンフィルの威力はただものではありませんね。強奏部分の力感と、カラヤンのダイナミックな音量変化に余裕たっぷりでついてくるところは流石です。特に低音弦の唸るような迫力はベルリンフィルならでは。力でねじ伏せる感じです。
2楽章のアレグレットはレガートを効かせたカラヤン流の演出。今聴くと意外とメロディーラインの演出は単調というか、意識は完全に音量のコントロールに行っているようです。打楽器群の爆発はスヴェトラーノフよりも迫力がありますが、曲として聴くと、スヴェトラーノフの方が迫力があるように聴こえるのが不思議なところ。カラヤンの演奏は完全にコントロールされたもので、スヴェトラーノフのようにスリリングな印象がないからでしょうか。オケは気持ち良く響き、演奏も楽天的ですらあるように安定したもの。もちろん大爆発。
メヌエットに入ってもカラヤンはフレージングはあまり凝らず、磨き込まれた力感を重視しているよう。堂々とした立派なメヌエットですが、音楽の面白さはメロディーラインの表情やリズムの変化などいろいろな要素で成り立っているのに、堂々とした迫力に偏ってしまっているようにも聴こえます。
フィナーレはベルリンフィルのテクニックとパワーをカラヤン流にまとめてスタイリッシュな迫力を演出。前半はすこしセーブ気味にすすめて、終盤の爆発に備えているのでしょうか。カラヤンは極めて冷静にオケをドライブしていき、オケもそれに応えますが、終盤に至り、凝縮されたパワーが炸裂します。カラヤンの好みか、この曲の迫力を担うグランカッサがほとんど聴こえません。弦楽器のレガートを効かせた分厚い音色の迫力で押し通した感じです。

カラヤンの軍隊をあらためて聴き直すと、これまで抱いていた先入観よりはカラヤン流の演出がくどくかんじることはなく、意外と流れのよい演奏に聴こえました。やはりダイナミクスのコントロールは流石カラヤンとベルリンフィルというところでしょう。それでもやはりカラヤンのハイドンという面が強いのは正直なところで、ハイドンの書いた音楽の演奏としては、かなり個性的なものであるのは間違いありません。おそらくベートーヴェンのほうがカラヤンのこういった演奏スタイルでの違和感は少ないと思いますし、リヒャルト・シュトラウスなどでは、カラヤンの演奏スタイルがよりマッチしたものとなるのでしょう。これまでいろいろな演奏者によって、ハイドンの交響曲の様々な豊かさを知る身としては、これもハイドンの交響曲の一断面なのだと理解しています。評価は[++++]とします。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

0 Comments

There are no comments yet.