作曲家ヨーゼフ・ハイドンの作品のCD、LP、映像などを収集しレビューしています。膨大なハイドンの作品から名盤、名演奏を紹介します。

ブラッドフォード・トレーシーのフォルテピアノソナタ集

2
0
まだLPが続きます。

BradfordTracey.jpg
amazon(CD)

ブラッドフォード・トレーシー(Bradford Tracey)のフォルテピアノの演奏によるハイドンのピアノソナタ4曲(Hob.XVI:6、XVI:12、XVI:28、XVI:50)と、アンダンテと変奏曲(XVII:6)の5曲を収めたアルバム。収録は1981年、ドイツの南西端にあるバート・クロイツィンゲン(Bad Krozingen)城でのセッション録音。レーベルはFSM toccataというところ。ドイツ語の解説が先に書かれているのでドイツのレーベルでしょう。

今日はなんと、出勤時に駅まで急ぎ足で歩いていて、交差点の信号の変わりばなに足を踏み出したところ、右足のふくらはぎからピシッという音がして激痛が走りました。肉離れです。昨年も一度やったところ。しばらくじっとしていましたが、満員電車での通勤は無理とあきらめ、3倍くらいの時間をかけてびっこをひきながら家にもどり、会社に休みの連絡を入れました。朝一番で近所の整形外科に行き、前回のときと同様、念のためレントゲンを撮って骨には異常がないことを確かめ、「肉離れですね」と整形外科医にとっては日常的な軽めの扱い(笑)
シップを貼って、包帯で圧迫。そして消炎鎮痛剤が処方されました。前回は勤務先そばの整形外科でしたので、今回と違う先生。前回は包帯はなしでしたが、すこし圧迫した方が良いそう。ということで今日は自宅で静かに、音楽を聴いて療養していた次第です。

最近集中してLPを聴いていますが、DL-103の図太い音色から、SHURE V15typeVのモニター調の精緻な音色が恋しくなり、カートリッジをV15typeVに変えて、久々にアームをいろいろ調整しました。LPはカートリッジを変えることで音質がかなり変わりますので、それも楽しみの一つです。

SHUREに変えたので、古楽器などが良かろうと取り出したのが今日のアルバム。

奏者のブラッドフォード・トレーシーは1951年、カナダ東端のノヴァ・スコシア生まれのピアニスト、フォルテピアノ奏者。ノヴァ・スコシアといえば、以前取りあげたゲオルク・ティントナーが晩年落ち着いたところですね。当初からフォルテピアノなどの古楽器を学び、ハンス=マルチン・リンデらとスコラ・カントルム・バジリエンスとして演奏活動をしていました。また古楽器の収集家としても知られた人とのことです。1979年からはベルリン芸術アカデミーの教職につきました。1987年に36歳で亡くなっています。

このアルバム、LPの実体感溢れる音響によってフォルテピアノの鮮明な響きが味わえるなかなかいいアルバム。しかも全5曲それぞれ異なる楽器で弾かれているのも楽器収集家でもあった奏者のこだわりでしょう。今はほとんど知る人のいない、ブラッドフォード・トレーシーの名演奏と楽器の音色の違いを楽しみながら、肉離れを癒したいと思います。

Hob.XVI:6 / Piano Sonata No.13 [G] (before 1760)
楽器:Cembalo nach Blanchet, Paris um 1730 von William Dowd
ハープシコードのキレのいい音色で奏でられる初期のソナタ。非常に鮮度の高い響き。トレーシーの演奏は粒立ちのよいハープシコード独特のきらびやかな音色を生かして、キビキビとしたテンポの良い演奏。フレーズの単位ごとに少し間をとりながら進めることで、構成感もあります。2楽章はメヌエットで、かわらぬキビキビ感を保ちます。休符を長くとることで、曲が引き締まります。左手で奏でるリズムに変化があり単調な感じは一切しません。3楽章がアダージョ。さっぱりとしながらも少し練りが入り、詩的な印象も加わります。このアダージョの素朴な展開の美しさは見事。曲想と楽器がぴったりマッチしてえも言われぬ感興。フィナーレも無理せず、ありのままの音楽ですが、楽器をキャパ一杯まで鳴らし最後のクライマックスにもっていきます。

Hob.XVI:12 / Piano Sonata No.12 [A] (before 1765)
楽器:Tavelklavier, unsigniert, Schweiz um 1770
音色がずっとピアノに近くなります。特に中高音の響きに余裕が感じられます。この曲も初期の曲ですが、前曲と聴かせどころが全く異なり、練習曲のような音階の繰り返しと規則的な一貫したテンポ。ここでも曲想と楽器の音色が見事に一致。楽器の音色に関して相当鋭敏な神経の持ち主と見ました。演奏は古典派らしく、踏み外したところのないバランス感覚溢れたもので、音色に多くを語らせようと言う事でしょうか。

Hob.XVI:28 / Piano Sonata No.43 [E flat] (1776 or before)
楽器:Fortepiano von Johann André Stein, Augsburg um 1780
今度は良く乾燥が進んだ乾いた音色の胴鳴りの美しさをともなったフォルテピアノの響き。強弱のレンジも広がり、曲の構造が一層浮かび上がってきます。中音域の粒立ちの良さと高音域のすこしオフ気味な柔らかい音色がメロディーラインの印象を華やかにします。トレーシーの演奏は慎み深く、楽器本来の響きを鳴らす事に集中しているようです。特に面白いのがフィナーレ。主題が次々と変化し印象を変えていくのでしたが、重なり合うようにフレーズが有機的に変化していき、次々と楽器の音色も変化して、千変万化する音楽の豊かさが印象的。

Hob.XVII:6 / Andante con Variazioni op.83 [f] (1793)
楽器:Fortepiano von Johann Gottliev Fichtl
LPを裏返して晩年の名曲になります。前曲の楽器より若干、木部の乾燥が進んでいないような印象のしっとりとした音を奏でるフォルテピアノ。ちょっと箱鳴りっぽい余韻がつきまといます。この曲の影のある表情を強調しようという意図でしょうか。前曲で使った伸びのいい爽快感のある楽器での演奏の方がしっくりくるのではないかという見方もあるでしょう。トレーシーの演奏は一貫して抑制がききつつも表情は豊かで、いい意味で淡々としたところもあり、ハイドンのピアノソナタを知り尽くした人にしかできないきっちりしたもの。この曲の激しさは影を潜め、柔らかいフォルテピアノの音色による回想シーンのような雰囲気のある音楽。途中の抑えた音色の部分の深い表現もあり、この曲の幽玄とした印象がにじみ出る名演奏です。

Hob.XVI:50 / Piano Sonata No.60 [C] (probably 1794)
楽器:Fortepiano von John Broadwood & Son, London 1798
最後の曲。高域の響きのいい楽器。粒立ちがいいというのではなく、アタックよりも胴鳴りの豊かさを感じる響き。ハイドンのソナタの頂点に位置する曲ですが、意外にここに来てテンポの変化をかなりつけた演奏です。微妙にテンポを上げたり落としたりして、フレーズごとに自在な表情付け。音色の方は一貫して響きのいいもの。この曲ごとのスタンスの違いも面白いですね。途中ペダルを効果的に使って、あえて楽器全体が響くような特殊な響きを置いたりして、聴き手の予測を超える変化を見せる器の大きさ。楽器の響きをすべて知り尽くした人だけが出来る演出でしょう。2楽章のアダージョに至ってトレーシーの自在なタッチはさらにくだけて、自在さの限りを尽くすよう。初期のソナタのかちっと引き締まった演奏とは別人のような閃き。曲の本質を見抜く類いまれなセンスの持ち主だったのでしょう。フィナーレは逆に秩序がもどり、アルバム最後のトラックを穏やかな表情でまとめます。

いやいやこのアルバムは素晴らしい。ハイドンのソナタ集に違いはないのですが、奏者の志しの高さがにじみ出てくるような素晴らしい演奏。ハイドンの初期から晩年のソナタを並べ、その各曲に最適な楽器で、そのソナタはこう弾くべきと言う明確なメッセージを感じる演奏です。特に各曲の曲想をに合わせて演奏スタンスをはっきり変えてくるところも素晴らしい機転です。評価は全曲[+++++]とします。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

2 Comments

There are no comments yet.

小鳥遊

トレーシーのレコードは、中々、お目にかかれないですね。

針を変えて聴くという愉しみも、レーザーターンテーブルに頼り切りなので、残念ながら味わえない。

ずぼらな性分もありますが、針だと線路沿いなので列車が通る度に飛びそうだから(苦笑)


余談ですが、馬車道グループ、今日、食事をしたので店員さんにふと聞いてみた所、やっぱり横浜の馬車道が由来で、神奈川発祥の企業らしいです。

Daisy

Re: タイトルなし

小鳥遊さん、おはようございます。
おお、レーザーターンテーブルお持ちなんですね。レコードの溝をレーザーで読む訳ですね。ちょっと興味あります(笑) 
馬車道グループのオリジンが横浜の馬車道にあったとのこと、これで合点がいきました。馬車道グループのホームページには熊谷のわずか10坪の焼き肉店からはじまったと書いてはありますが、馬車道と言う名前には触れていません。命名の由来等も企業のイメージにかかわることですので、書いた方がお客さんも親しみがもてるんじゃないでしょうかね。気になるのはHPの「他社が真似出来ないようなユニークな事業展開に意味があると私たちは考えます」のくだり。確かに世の中には流行りがあって、居酒屋などどのチェーン店も似たような造りばかり。馬車道のお店は確かにユニークなお店でした。本質をつく確かな戦略をもっているんですね。
こちらも興味がでてきました(笑) 東京にもお店があることがわかりましたので、今度また行ってみたいと思います。

  • 2013/04/13 (Sat) 08:07
  • REPLY