アンドレ・プレヴィン/ピッツバーグ響の驚愕、ロンドン

今日もLPです。そう、4月の特集とはLPを聴くということにしました。

IMG_4304.jpg
amazon(CD)


アンドレ・プレヴィン(André Previn)指揮のピッツバーグ交響楽団(Pittsburgh Symphony Orchestra)の演奏で、ハイドンの交響曲94番「驚愕」、104番「ロンドン」の2曲を収めたLP。収録はPマークが1979年とだけ記されています。レーベルは英EMI。

アンドレ・プレヴィンは最近N響に登場するようになってから、日本でも知名度が上がってきた人でしょう。ハイドンではウィーンフィルと何曲か交響曲をPHILIPSに録音していて、日本ではTOWER RECORDSが独自に復刻してリリースしたのは記憶に新しいところ。プレヴィンのハイドンは過去2回取りあげています。

2010/12/09 : ハイドン–交響曲 : アンドレ・プレヴィン/ロンドン交響楽団の87番ライヴ
2010/07/05 : ハイドン–交響曲 : プレヴィン/ウィーンフィルのオックスフォード

Wikipediaによると、アンドレ・プレヴィンは、1929年ベルリンのユダヤ系ロシア人の音楽家の家庭に生まれた人。ナチス政権を逃れるため、フランスに渡って教育を受けた後、1938年家族とともにアメリカに渡り、1943年には合衆国市民権をとったそうです。指揮はピエール・モントゥーに師事して学び、その後1967年からヒューストン交響楽団の音楽監督、ロンドン交響楽団(1968年〜1979年音楽監督、1992年〜桂冠指揮者)、このアルバムのオケであるピッツバーグ交響楽団(1976年〜1984年)、ロサンジェルス・フィルハーモニック(1985年〜1989年)、ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団(1985年〜1987年音楽監督、1987年〜1992年首席指揮者)、オスロ・フィルハーモニー管弦楽団(2002年〜2006年)などで音楽監督、首席指揮者などのポストを歴任しました。まさに世界中の有名オケの音楽監督を務めた事になります。そして、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団との関係も深く、また2009年9月より3年間の予定で、NHK交響楽団の首席客演指揮者に就任しています。また、ジャズピアニストとしても有名なことは以前の記事でも触れました。

そのプレヴィンのピッツバーグ響の音楽監督時代のLPが今日取り上げるLPです。おそらくCD化はされていないだろうと踏んでLPを手に入れたんですが、今回調べたところ、奇跡を含めた3曲を収めたCDも出回っていたようですね。上のamazonのリンクをご覧下さい。

Hob.I:94 / Symphony No.94 "Mit dem Paukenschlag" 「驚愕」 [G] (1791)
序奏は艶やかな音色のオーケストラから始まりますが、厳かというよりは旋律をクッキリ浮かび上がらせるようにフレージング重視の演奏。序奏の主題の対比をあまりつけずにリズムを刻むうちに主題に入る感じで、音楽自体はひじょうにわかりやすい演奏。一貫したリズムの刻みを核に音楽が展開する感じ。もうすこし流麗でもいいように感じるほど、拍子を強調して徐々にたたみかけるようなちょっと固い演奏。プレヴィンのコントロールとしてはちょっと意外でした。驚愕の1楽章としては、かなり筋骨隆々でカッチリした演奏。
2楽章のビックリに入るとプレヴィンらしく箱庭的面白さを出そうとしているような、一貫したリズムのなかでのビックリ。小気味好い感じがする一方、スケール感はすこし抑えています。迫力方向ではなくメロディーの面白さを際立たせる狙いでしょう。これが本来のプレヴィン流の面白さでしょう。
つづくメヌエットもその延長。流れの良い音楽がだんだん心地よくなってきました。そしてフィナーレに非常につながりよく入ります。沸き上がる力感をコンパクトに表現したプレヴィンならではの粋な構成。終盤は力が抜けて滑らかになり、フィナーレのクライマックスの盛り上がりも見事。なんとなく1楽章の杓子定規さが気になる演奏でした。

Hob.I:104 / Symphony No.104 "London" 「ロンドン」 [D] (1795)
ロンドンの方は、ぐっとテンポを落とし、雄大さを感じさせる入り。前曲とは少しアプローチが異なります。音も少し遠めにオケが定位する感じで、ホール全体を鳴らすような録音。主題に入るともちろんテンポを上げますが、それでも少し遅目でしょうか。プレヴィンは実にオーソドックスなコントロール。ハイドン最後の交響曲を程よいキレと厚みのあるオケの響きでまとめますが、推進力がほどほどあって、実にまとまりの良い演奏。LPのダイレクトな響きもあって迫力も十分。終盤の突き抜けるような盛り上がりの表現も見事です。
つづくアンダンテではフレーズが展開するごとに、じつに上手く音楽をまとめていくプレヴィンならではのわかりやすい音楽が流れます。このプレヴィンのスタイルがハイドンの緩徐楽章を実に面白く聴かせます。音楽をトイカメラで撮ったような楽しさがありますね。迫力やキレ一辺倒ではなく、微笑ましいメロディーをコンパクトに描いていく力量は流石というところ。
メヌエットはかなり力を入れた演奏も多い中、プレヴィンはザクザクとした弦の力強さを聴き所におきながらも、途中のユーモラスな部分の演出にもかなり力を入れ、やはりまとまりのいい演出。
そしてロンドンのきどころのフィナーレ。改まって姿勢を正すようなキリッとした入りから、象徴的なメロディーがフーガとして押し寄せ、徐々に響きの塊に育っていきます。最後はやはり力が漲り、迫力が徐々に増していきますが、いったん抑えて仕切り直し、再びドライブをかけていき、終結部へ。それぞれパートが拮抗するようにせめぎ合い、最後は豪快なフィニッシュで終わります。

後年の交響曲録音は相手がウィーンフィルだけにより磨かれた演奏でしたが、プレヴィン40歳前のピッツバーグ響との演奏は、やはり若さが感じられる演奏でした。それでもプレヴィンらしい、フレージンングの面白さを浮き彫りにする手腕は見事です。惜しいのは驚愕の1楽章がかなり独特で、ちょっと力が入りすぎている感じがすること。2楽章以降の流れはいいので、アルバムの録音という緊張感からでしょうか。逆にロンドンのほうは力が抜けてプレヴィンの演出上手なところが上手く出たいい演奏だと思います。ということで評価は驚愕が[+++]、ロンドンは[++++]とします。

このところLPを良く聴いているのですが、ここ数日ターンテーブルの回転のたびに少し機械的なノイズが聴こえるようになり、気になっていました。今日ターンテーブルをはずして見てみると、ターンテーブルにかかっていたベルトがだいぶのびて滑っていたことが原因とわかりました。幸い交換用のベルトが手元にあったので変えてみてびっくり、長さが5センチ以上長くなっていたんですね。やはりベルトドライブのベルトは消耗品ということですね。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 驚愕 ロンドン LP オーディオ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

ハイドン(Franz Joseph Haydn)の膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。私はなぜハイドンにはまったのか?

最新記事
カテゴリ
ハイドンディスコグラフィ
Joseph Haydn Discography
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものはリスト冒頭に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

登録曲数:1,368
登録演奏数:11,793
(2019年12月31日)
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

ヒストリカル交響曲88番交響曲90番交響曲76番オックスフォードライヴ録音バリトン三重奏曲ヴィヴィアーニ四季ロンドンピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:39ピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:25ベートーヴェンピアノソナタXVI:19ピアノソナタXVI:23先生と生徒古楽器音楽時計曲ピアノ四重奏曲ヴァイオリン協奏曲協奏交響曲オルガン協奏曲XVII1:1ピアノ協奏曲XVIII:4交響曲70番交響曲93番軍隊交響曲80番交響曲81番ピアノ協奏曲XVIII:11悲しみヴァイオリンとピアノのための協奏曲XVIII:6トランペット協奏曲モーツァルトヨハン・クリスチャン・バッハ交響曲4番ピアノ三重奏曲豚の去勢にゃ8人がかりピアノソナタXVI:51十字架上のキリストの最後の七つの言葉ラモーヘンデルバッハスカルラッティ驚愕ショスタコーヴィチシェーンベルク弦楽四重奏曲Op.76ドヴォルザーク交響曲75番チェロ協奏曲ホルン協奏曲時計弦楽四重奏曲Op.50アンダンテと変奏曲XVIII:6弦楽四重奏曲Op.20弦楽四重奏曲Op.64弦楽四重奏曲Op.54天地創造レスピーギヴォルフヨハン・シュトラウスリゲティタリスリヒャルト・シュトラウス交響曲10番ピアノソナタXVI:49交響曲54番迂闊者ネルソンミサトマジーニピアノソナタXVI:52交響曲2番ピアノソナタXVI:46日の出皇帝弦楽四重奏曲Op.71ブルックナーベルリオーズウェーベルンナッセンベンジャミンヴァレーズグリゼーシェルシメシアンOp.20弦楽四重奏曲交響曲9番交響曲67番交響曲65番交響曲39番交響曲73番交響曲61番狩りリームピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:6アンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:48交響曲全集リムスキー・コルサコフラヴェルピアノソナタXVI:45ピアノソナタXVI:44第九太鼓連打ボッケリーニ交響曲99番シューベルト交響曲5番チャイコフスキーストラヴィンスキーライヴ弦楽四重奏曲Op.2序曲ヴィヴァルディオペラ序曲アリア集パイジェッロピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6すみだトリフォニーホールピアノソナタXVI:34サントリーホールブーレーズ弦楽四重奏曲Op.74アルミーダ無人島変わらぬまこと騎士オルランド哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェチマローザ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:1ピアノ協奏曲XVIII:3交響曲3番交響曲79番アレルヤラメンタチオーネチェロ協奏曲1番交響曲58番交響曲19番交響曲27番紀尾井ホールドビュッシーミューザ川崎オーボエ協奏曲LPヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:38ピアノソナタXVI:29スタバト・マーテルマーラー告別交響曲97番奇跡交響曲18番ひばりフルート三重奏曲交響曲102番交響曲86番哲学者小オルガンミサニコライミサミサブレヴィス交響曲95番交響曲78番王妃SACD武満徹交響曲21番マリア・テレジアクラヴィコードBlu-ray東京オペラシティ交響曲12番交響曲11番交響曲15番交響曲1番交響曲37番ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4ディヴェルティメント東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:7ロッシーニライヒャドニぜッティ弦楽三重奏曲東京文化会館フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ピアノソナタXVI:31ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:26バードアレグリモンテヴェルディパレストリーナ美人奏者ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンスコットランド歌曲ヴェルナーガスマンピアノソナタXVI:24交響曲35番交響曲51番交響曲46番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3帝国ラ・ロクスラーヌハイドンのセレナード五度ラルゴラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏冗談ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:9ピアノ協奏曲XVIII:5ヴァイオリンソナタ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオモテットドイツ国歌カノンオフェトリウムよみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ベルク主題と6つの変奏オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲交響曲50番交響曲89番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲77番交響曲34番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノ小品ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7天地創造ミサジャズ弦楽四重奏曲Op.42ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャ交響曲56番マリアテレジア2つのホルンのための協奏曲展覧会弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲108番交響曲107番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽ピアノソナタ

タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
85位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
7位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

大家さんFC2のクラシックブログランキング。

おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)






twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ