レオポルド・ルートヴィヒ/バイエルン放送響のホルン信号、狩

今日はLPのレビュー。

IMG_4233.jpg

レオポルド・ルートヴィヒ(Leopold Ludwig)指揮のバイエルン放送交響楽団の演奏によるハイドンの交響曲31番「ホルン信号」と交響曲73番「狩」の2曲を収めたLP。収録は1966年4月6日から7日にかけて、ミュンヘンのビュルガーブロイ(Bürgerbräu)というビアホールでのセッション録音。47年前のちょうど今日録音されていることになります。レーベルは独EMI。

このLPはしばらく前に中古で手に入れたものですが、状態が非常に良く、ノイズは皆無。しかも録音もゆったりして素晴らしく、音楽をゆったり楽しむのに最高のものです。

指揮のレオポルド・ルートヴィヒは、1908年チェコのオストラヴァ生まれの指揮者。1979年に亡くなっています。子供の頃からピアノとオルガンに親しみ、ウィーンでピアノと作曲を学び、1931年に指揮者としてデビュー、1939年にはウィーン国立歌劇場に登場、その後ヒトラーに重用されたようです。それもあって戦後は軍事裁判を受け、刑務所などでしばらく過ごしたのち、1951年以降ベルリン国立歌劇場などの客演指揮者や、ハンブルク州立か劇場の音楽監督を務めました。

今の時代になってレオポルド・ルートヴィヒの名前はほとんど知られていないのは戦中にヒトラー側についたからなのでしょうか。

ただ、このLPを聴く限り、穏やかでのびのびとしたハイドンの魅力を伝える演奏をする人であることは確かです。

Hob.I:31 / Symphony No.31 "Hornsignal" 「ホルン信号」 [D] (1765)
ホルンのソロはクルト・リヒター(Kurt Richter)。スピーカーのまわりにじわりと広がる音場。遅めのテンポでじっくりとした入り。ひとつひとつのフレーズをかなり丁寧にじっくりと演奏していきます。以前取りあげたトスカニーニの演奏のテンポを落とした感じ。ホルンが奥の方から響き、左にキレのいいヴァイオリン、右にチェロと鮮明に定位。テンポは一貫して遅めで、この曲のメロディーの面白さをスローモーションで見せていくがごとき展開。レトロとまではいいませんが、じつに穏やかな表情と美しい響きに思わず引き込まれます。
アダージョはヴァイオリンの控えめな表情づけから入ります。ヴァイオリンの表情豊かなソロとホルンをはじめとする金管楽器の実にゆったりした音色だけでも至福の境地。ハイドンが書いた音楽の懐の深さにじっくり浸ります。弦のピチカートも実にゆったり。ヴァリュームを上げて、静かな楽章に流れる音楽を楽しみます。ホルン信号のアダージョがこれほど豊かな音楽だったかと思い知らされるような素晴らしい演奏です。
メヌエットも実にゆったり。王様気分にさせられるほどの優雅さ。音楽をただただ楽しめと言われているような演奏。LP独特のリアリティと切れ込むような迫力に圧倒されながら、大音量でメヌエットを楽しみます。
フィナーレももちろんじっくりとした展開。テンポの変化もキレも穏やかにやり過ごし、ただじっくりと演奏するというレオポルド・ルートヴィヒのスタイルですが、各楽器が雄弁に表情をつけ、しかも極上の響きゆえ、素晴らしく聴き応えがあります。レコードが内周になっても歪み感もなく、じつに鮮明かつ穏やかな録音。これは名録音と言えるのではないかと思います。フィナーレではメロディーを様々な楽器に移していきますが、各楽器のソロがとろけるようなオケと好対照。長い終楽章があっという間に終盤になり、名残惜しさを感じさせるよう。終盤は郷愁さえ感じさせるような濃い情感。いや実に見事。

Hob.I:73 / Symphony No.73 "La Chasse" 「狩」 [D] (before 1782)
序奏は朝のはじまりのような独特の穏やかな音楽。かわらずゆったりしたテンポとゆったりした音楽がスピーカーから流れます。主題に入っても軽さは失いません。フルートの瑞々しい音色が華を添えます。弦楽器はゆったりしながらもキレはよく、リズミカルに主題を奏でていきます。やはりドラティの演奏をすこし穏やかにしたような、彫りは深いのに穏やかな演奏という感じです。ヴァイオリンの音階が自在に駆け巡る音楽ですが、以前とりあげたシュミット・ゲルテンバッハの演奏を彷彿とさせるキレ。音楽の神様降臨しそうです。
アンダンテはハイドンらしい素朴な音楽ですが、穏やかな中に素晴らしい起伏があり、部屋中にハイドンの晴朗なユーモア溢れるメロディーが充満します。LPならではの実体感ある音響が襲いかかってくるよう。
つづくメヌエットも同様。すこし休符を長くとることで音楽のスケールが大きくなります。弦セクションの存在感が際立ちます。
単独でも演奏されるフィナーレ。かなり落としたテンポで重量級の演奏。他の多くの演奏が速めのテンポで爽快感を重視した演奏でした。こちらはどっこいかなり重心の低い、迫力重視の演奏。これもありですね。オケは一流のバイエルン放送交響楽団ゆえ演奏の精度がいいせいか、じっくりした演奏の迫力で貫き通しても、かなりのインパクトがあります。最後はさらりと終わりますが、かなりの迫力を聴かせました。

やはりLPの響きはいいですね。オケのリアリティが一段上がります。まさに部屋にオーケストラがやってきた感じ。今は名も聞かなくなったレオポルド・ルートヴィヒですが、彫りの深い音楽をじっくりと練り上げてくる手腕は流石。スケール感を大きく聴かせる手腕は並のものではありません。もしかするとこのへんがヒトラーの好みに合ったのかもしれませんね。今聴くハイドンはハイドンの古典期の範囲できっちり盛り上げ、しかもタイトな響きの魅力を伝えるツボを押さえたもの。おそらくCDにはなっていないので入手は難しいかとおもいますが、これぞホルン信号と狩の名盤と言える演奏です。評価は[+++++]をつけない訳にはまいりませんね。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ホルン信号 LP

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

ハイドン(Franz Joseph Haydn)の膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。私はなぜハイドンにはまったのか?

最新記事
カテゴリ
ハイドンディスコグラフィ
Joseph Haydn Discography
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものはリスト冒頭に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

登録曲数:1,368
登録演奏数:11,793
(2019年12月31日)
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

ヴィヴィアーニバリトン三重奏曲四季ライヴ録音ロンドンピアノソナタXVI:39ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:37ベートーヴェンピアノソナタXVI:19ピアノソナタXVI:23先生と生徒古楽器音楽時計曲ピアノ四重奏曲ヴァイオリン協奏曲協奏交響曲オルガン協奏曲XVII1:1ピアノ協奏曲XVIII:4軍隊交響曲70番ヒストリカル交響曲93番交響曲81番ピアノ協奏曲XVIII:11交響曲80番トランペット協奏曲ヴァイオリンとピアノのための協奏曲XVIII:6悲しみモーツァルト交響曲4番ヨハン・クリスチャン・バッハオックスフォード豚の去勢にゃ8人がかりピアノ三重奏曲ピアノソナタXVI:51十字架上のキリストの最後の七つの言葉ラモースカルラッティヘンデルバッハショスタコーヴィチ驚愕シェーンベルク弦楽四重奏曲Op.76ドヴォルザーク交響曲75番チェロ協奏曲ホルン協奏曲時計弦楽四重奏曲Op.50アンダンテと変奏曲XVIII:6弦楽四重奏曲Op.20弦楽四重奏曲Op.64弦楽四重奏曲Op.54天地創造レスピーギヴォルフヨハン・シュトラウスリゲティタリスリヒャルト・シュトラウス交響曲10番ピアノソナタXVI:49迂闊者交響曲54番ネルソンミサトマジーニピアノソナタXVI:52交響曲2番ピアノソナタXVI:46皇帝日の出弦楽四重奏曲Op.71交響曲88番ブルックナーベルリオーズウェーベルンナッセンベンジャミングリゼーメシアンヴァレーズシェルシOp.20弦楽四重奏曲交響曲65番交響曲9番交響曲67番交響曲39番交響曲73番交響曲61番狩りリームピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:6アンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:20交響曲全集リムスキー・コルサコフラヴェルピアノソナタXVI:44ピアノソナタXVI:45第九太鼓連打交響曲99番ボッケリーニシューベルト交響曲5番チャイコフスキーストラヴィンスキーライヴ弦楽四重奏曲Op.2序曲ヴィヴァルディオペラ序曲パイジェッロアリア集ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6すみだトリフォニーホールピアノソナタXVI:34ブーレーズサントリーホール弦楽四重奏曲Op.74アルミーダチマローザ無人島変わらぬまこと哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェ騎士オルランド英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:1ピアノ協奏曲XVIII:3ラメンタチオーネアレルヤ交響曲79番交響曲3番チェロ協奏曲1番交響曲19番交響曲58番交響曲27番紀尾井ホールドビュッシーミューザ川崎LPオーボエ協奏曲ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:38ピアノソナタXVI:29スタバト・マーテルマーラー告別交響曲90番交響曲97番奇跡交響曲18番ひばりフルート三重奏曲交響曲102番交響曲86番哲学者ニコライミサ小オルガンミサミサブレヴィス交響曲95番交響曲78番王妃SACD武満徹交響曲21番マリア・テレジアクラヴィコードBlu-ray東京オペラシティ交響曲11番交響曲12番交響曲15番交響曲37番交響曲1番ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:3ディヴェルティメント東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:7ライヒャロッシーニドニぜッティ弦楽三重奏曲東京文化会館フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ピアノソナタXVI:31ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:26バードアレグリパレストリーナモンテヴェルディ美人奏者ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンスコットランド歌曲ヴェルナーガスマンピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲46番交響曲35番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3ラ・ロクスラーヌ帝国ハイドンのセレナードラルゴ五度ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス時の移ろい交響曲42番ベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏冗談ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:9ピアノ協奏曲XVIII:5ヴァイオリンソナタ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオモテットドイツ国歌オフェトリウムカノンよみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ベルク主題と6つの変奏オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲交響曲50番交響曲89番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲77番交響曲34番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:11ピアノ小品ピアノソナタXVI:47bisカートリッジ雅楽プロコフィエフサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭変奏曲XVII:7ピアノソナタXVI:22天地創造ミサジャズ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャ交響曲56番マリアテレジア2つのホルンのための協奏曲展覧会弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲108番交響曲107番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽ピアノソナタ

タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
52位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
7位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

大家さんFC2のクラシックブログランキング。

おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)






twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ