作曲家ヨーゼフ・ハイドンの作品のCD、LP、映像などを収集しレビューしています。膨大なハイドンの作品から名盤、名演奏を紹介します。

【番外】桶川に墓参

2
0
最近番外頻度が高いですが、ご容赦を(笑)

先週土曜は、埼玉は桶川まで、祖父の墓参りに行ってきました。流石に年度末。行きも帰りも渋滞で一日がかりの墓参でした。

今日は嫁さんと、母親、母の妹の4人連れ。朝9時過ぎに自宅をでて、まずは新宿で母の妹をピックアップ。高松で首都高に乗って与野までスイスイいきますが、与野の出口を降りるまで20分くらいかかったでしょうか。それから17号を桶川まで進みます。年度末ゆえところどころ渋滞もあり、ついたのは12時過ぎになってしまいました。目的地は下記。

IMG_4184.jpg

関東八十八ヵ所霊場 第81番霊場 慈眼山 正法院

当日は桜の花が咲いているのに風が冷たく、雨もパラパラ。幸いお寺に着いた時には雨も上がっていました。

IMG_4188.jpg

訳あって母もかなり久しぶりの墓参り。私も初めて訪れるのですが、母は昔の記憶が確かなようで、お墓の場所を良く覚えているらしく、一人ですたすた歩いていきます。境内はまさに桜の盛り。こちらは染井吉野。

IMG_4195.jpg

こちらは緑の葉が芽吹き始めていますが、何という種類でしょうか。枝垂れ桜が見事です。曇りで空が少々重いのが残念でした。

IMG_4200.jpg

久しぶりに訪れたお墓でしたが、幸い手入れもされていてほっとしました。このお寺の墓地をみると、お彼岸から10日も経っているのに、なんとすべてのお墓に綺麗に花が供えてあります。どんなお寺でもしばらく人の来ていないお墓がそこここにあるもの。おそらくお寺が手間をかけてお墓を維持しているのでしょう、ありがたい事です。

無事墓参りのミッションを果たし、気づけばもう13時をとうに回ってます。17号線に戻って、街道筋で食事のできるところを探します。

IMG_4206.jpg

土曜日のお昼過ぎなので、どこも駐車場に車が沢山。何件か見送ってようやく入ったのがこちら。

食べログ:徳樹庵 桶川店

なんと、ほぼ全席個室で、お蕎麦や天ぷらなどをリーズナブルなお値段で戴けるお店。お店に入ると「馬車道グループ」と書いてあります。そういえば、街道沿いのそこここに「馬車道」と名のついたお店がありました。お店に入ってiPhoneで調べてみると、埼玉を中心にものすごい店舗数を誇るグループであることがわかりました。先日のコメダ珈琲に続き異文化体験です(笑)

店員さんはなぜか卒業式の女子大生のような袴姿。広めの個室。リーズナブルな料理の数々。当たり前のようで、どこかに違和感はありますが、なんとなく居心地の良いお店です(笑)

IMG_4203.jpg

たのんだのはへぎ蕎麦と海鮮丼のセット。へぎ蕎麦とありましたが、おそらく普通の蕎麦をへぎ蕎麦風の大きな板皿に盛った、大もりそばと見ました(笑)。これが悪くありません。そして海鮮丼も美味しくいただきました。母たちは、大もり蕎麦に四苦八苦。サービスが良いのはいいですが、年寄りにはちとボリューム過多ですね。
のんびり食事をとって、女性陣はなんとアイスクリームも追加注文。しかも普通のアイスの倍でてきました!

ガラス張りにすだれがおろされ、適度にのんびりできる個室。掘りごたつで、足下には電気カーペットが敷かれ、ほんのり暖かくしてあります。料理も美味しく、流行る条件は整ってますね。日本のサービス業は進化を続けていますね。

ひとやすみしたところで、ふたたび17号と首都高で新宿に戻ります。やはり渋滞が多く、首都高に乗るまでしばらく時間がかかってしまいました。新宿で母の妹を卸し、帰途につこうとすると、新宿中央公園の横の熊野神社に桜が見えるではありませんか。

IMG_4207.jpg

車をパーキングメーターに停めて降りてみる事に。

新宿十二社 熊野神社

このあたりには昔、十二社池と十二社大滝があり、観光地でしたが、池は昭和43年に埋め立てられたとのことです。

IMG_4219.jpg

夕刻で薄暗くなってきた境内に咲く染井吉野より少しピンクがかった枝垂れ桜。

IMG_4217.jpg

拝殿の右にある池のなかのお社。池は桜の花びらで埋まっています。この季節ならではの景色。

IMG_4215.jpg

その奥のお社のまえの御狐様。よく見ると表情が怖い(笑)

ほんの少しの間でしたが、プチ花見ができました。東京の街並みも日々変わっていきますが、その土地それぞれに歴史があるのですね。池も大滝もなくなりビルに囲まれた十二社熊野神社ですが、境内から昔の姿を想像して見渡してみると、何となく昔の賑わいが見えてくるようで、不思議な気持ちになりました。

この日は久しぶりの墓参りと花見を楽しみ、いつもながら無事帰還できました。さて、4月のレビューのテーマを考えませんと、、、

(追伸)ブログのトラブルで前々記事のグラン・カナリア・フィルの記事が一時的に表示されていない状態になっていましたが、無事復元できました。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

2 Comments

There are no comments yet.

小鳥遊

墓参は、私も中々実現せず。

母方は多磨霊園だから、そう遠くもないのだけど、交通の便がわるく、しかも裏門から参らないと園内で完全に迷子になってしまう(笑)

4月に実家に戻ったら、家の墓参りもして来たいけどどうなるか。

馬車道グループは、てっきり横浜の馬車道から来てるのかと思ってました。

恰好がハイカラさんだし。

Daisy

Re: タイトルなし

小鳥遊さん、おはようございます。
はい、私も大学時代は横浜に通ってましたので馬車道といえば横浜を連想します。何か由来でもあるのかと思ってちょっと調べて見ましたが、それらしい情報は見つからず。オーナーが馬車道に所縁でもあるのでしょうか。

  • 2013/04/04 (Thu) 07:51
  • REPLY