モーリス・アンドレ4種目のトランペット協奏曲

以前Morleyさんから、未入手盤の情報をメールで戴いていたもの。

AndreTG.jpg
HMV ONLINEicon / amazon / TOWER RECORDS

モーリス・アンドレ(Maurice André)のトランペット、テオドール・グシュルバウアー(Theodor Guschlbauer)指揮のバンベルク交響楽団(Orchestre Symphonique de Bamberg)の演奏で、ハイドンのトランペット協奏曲などをおさめたアルバム。他にアンドレのソロで、ハイドン作とされていたオーボエ協奏曲のトランペット版、レオポルド・モーツァルトのトランペット協奏曲、モーツァルトのオーボエ協奏曲をトランペットで吹いたものが収められています。ハイドンのトランペット協奏曲の収録は1971年とだけ記載されています。バンベルク交響楽団の当時の本拠地でのセッション録音でしょうか。レーベルはERATOのなつかしいBONSAIコレクション。

モーリス・アンドレのERATOレーベルに入れたトランペット協奏曲のアルバムは、ながらくパイヤールと入れたものしかないと思っていたところ、ブログの読者のかたよりメールをいただき、このグシュルバウアー盤がある事を教えていただきました。いやいや、先入観とは恐ろしいものです。ERATOのトランペット協奏曲はパイヤール盤とばかり思い込んでいました。

これで4種目のモーリス・アンドレのトランペット協奏曲。これまでに他の3種は取りあげています。

2012/06/09 : ハイドン–協奏曲 : モーリス・アンドレ/ミュンヘン室内管のトランペット協奏曲
2012/02/28 : ハイドン–協奏曲 : 【追悼】モーリス・アンドレ/パイヤールのトランペット協奏曲
2010/11/05 : ハイドン–協奏曲 : モーリス・アンドレのトランペット協奏曲

年代的には60年代のパイヤール盤、66年のシュタットルマイヤー盤、そして今日取り上げる71年のグシュルバウアー盤、そして84年のムーティ盤となるわけですが、これまでに取りあげた中では66年のDGのシュタットルマイアー盤の演奏が最も聴き応えがあり、最近の録音であるアンドレ51歳の時のムーティ盤では、一歩引いて指揮者を引き立たせる大人の演奏を聴かせていました。この71年のアンドレ38歳の時のグシュルバウアー盤がアンドレの全盛期演奏とも期待できます。

Hob.VIIe:1 / Concerto per il clarino [E flat] (1796)
オケの音質はすこし古びた響きながら、序奏から突き抜けるようなトランペットの音色が耳をつんざきます。なにやら鬼気迫る迫力を感じます。ソロの入りは抑えていながらもエネルギーがわき出してくる感じ。なによりグシュルバウアーのコントロールするオケが殺気を感じるほどの集中力。冒頭からトランペットとオケのエネルギーのぶつかり合いのような演奏。アンドレならではパワーの乗った輝かしい音色。すこし荒々しくもある迫力満点の演奏。音量を上げて聴くとエネルギーが突進してくるよう。グシュルバウアーは伴奏に徹する気など微塵もなく、アンドレのエネルギーに真っ向勝負を挑むよう。ザクザク切り込んで見事な戦い。ただし、カデンツァに至ると勝負あり。カデンツァのアンドレは余人をよせつけない孤高の吹き上がり、輝き、エネルギーの噴出。全盛期のアンドレの迫力に鳥肌が立ちます。
2楽章のアンダンテ・カンタービレは、ビロードのように柔らかな表情に変わったオケの伴奏にのって、アンドレのトランペットも柔らかで伸びの良い見事な音色を響かせます。所々で異次元の伸びのある見事なトーンを織り交ぜながらも、トランペットという楽器のもつ柔らかな音色をこれでもかと聴かせます。
フィナーレは再びエネルギーのぶつかり合いの予感。グシュルバウアーは神々しい神殿のような建築的な入り。アンドレは余裕たっぷりにトランペットの音を乗せていきます。ぶつかり合いではなくエネルギーが渾然一体となった素晴らしい音楽。トランペットのソロは、そこここにアクセントをつけてアンドレらしい王道のフレージング。徐々に輝かしさとエネルギーを増してクライマックスへ。オケは非常にエネルギッシュながらもようやく落ち着いて伴奏に徹するようになります。最後はトランペットとオケの風圧を感じるような素晴らしいフィニッシュ。

いやいや、参りました。間違いなくこのアルバムがアンドレの代表盤です。わたしが聴いた順番がかなり特殊なものだったのだろうと思います。モーリス・アンドレがなぜこれほどまでに大きな存在だったのか、このアルバムを聴いてようやく合点がいきました。チェロにおけるカザルス、ギターのセゴビアのような存在と言えばいいでしょうか。楽器の限界の中で音楽を創っている多くの奏者とは異なり、楽器の枠を超える大きな音楽をつくって、楽器の魅力の次元を高めるまでの存在です。ハイドンのトランペット協奏曲でもありますが、アンドレの音楽でもあります。やはり、モーリス・アンドレは偉大な人でした。評価はもちろん[+++++]とします。

アンドレさん、昨年2月に亡くなられました。あらためて追悼を。一度コンサートでこの弩迫力に打ちのめされたかった、、、

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : トランペット協奏曲 ハイドン入門者向け

コメントの投稿

非公開コメント

アンドレのハイドンは4枚もあるのかぁ。

私は、ヘッドフォンで音楽を聴くのもあって、トランペット協奏曲は、どうも苦手です。

曲は好きなんだけど、トランペットが煩い。

アンドレは、一枚だけ持っていて、エラートだからやっぱりパイヤールだろうとばかり思っていたら、案の定(?)違っていて、こちらの盤でした。

パイヤールって、凄い人ってイメージは微塵もないのだけど、実は凄い存在感がある人なんですね(笑)

Re: タイトルなし

小鳥遊さん、こんばんは。
早速コメントありがとうございます。音楽は聴く装置によっても感じ方が変わりますよね。私はかなり以前、父親のステレオで音楽を聴いていたときは、古楽器の音楽がかなり刺激音になるので苦手でしたが、いまのうちの装置では鮮明ですが実に心地良く響くので、かえって好きになりました。以前、ハンス・ガンシュのソロでトランペット協奏曲を生で聴いたときは、最前列だったこともあって、その脳天直撃のエネルギーに痺れました。
こればかりは相性でしょう。
わたしはパイヤールはモーツァルトのフルートとハープのための協奏曲のかなり典雅なイメージがありますが、それほど多くの演奏を聴いている訳ではないので、まだまだ鮮明なイメージはありません。もう少し利いてみなくてはとは思ってます。

No title

こんばんは
私もこのグシュルバウアーとの録音はLP盤で過去に持っていました。B面には協奏交響曲(105番)が入っていました。たしかにアンドレ充実期でソロもオケもエネルギッシュだった記憶です。これも再び聴いてみたいです。

Re: No title

michaelさん、こんばんは。
いつもブログ楽しく拝見させていただいています。このアルバム、LPだとさらに迫力がありそうですね。昔聴いたアルバムで、手放してしまったものは、結構名残惜しかったりしますね。わたしもいくつかあります。
意外と見直したのはグシュルバウアー。ここまで踏み込んでくる人とは思っていませんでした。

No title

アンドレのハイドンのコンチェルト
1988 López-Cobos
1996 Janos Rolla
もありますね。

Re: No title

コメントありがとうございます。

4種ばかりかと思っていましたが、まだありましたね。84年のムーティ盤以降も録音があったわけですね。これは探してきいてみたくなりました。

No title

これもなかなか。。。
1975年モーリスアンドレ来日時のハイドンのコンチェルト。
大フィル1975.4.9ライブ録音です。

http://www.youtube.com/watch?v=X081YhO1gSc

Re: No title

コメントありがとうございます。
流石にモーリス・アンドレともなると、いろいろ録音がありますね。
プロフィール

Daisy


Author:Daisy

ハイドン(Franz Joseph Haydn)の膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。私はなぜハイドンにはまったのか?

最新記事
カテゴリ
ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものはリスト冒頭に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

登録曲数:1,365
登録演奏数:11,529
(2019年3月31日)
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

ピアノ協奏曲XVIII:4軍隊ヒストリカル交響曲93番交響曲70番ピアノ協奏曲XVIII:11交響曲80番交響曲81番トランペット協奏曲ヴァイオリンとピアノのための協奏曲XVIII:6悲しみロンドンオックスフォードモーツァルト交響曲4番ヨハン・クリスチャン・バッハピアノソナタXVI:51豚の去勢にゃ8人がかりピアノ三重奏曲十字架上のキリストの最後の七つの言葉スカルラッティヘンデルラモーバッハ驚愕ショスタコーヴィチシェーンベルク弦楽四重奏曲Op.76ドヴォルザークベートーヴェン交響曲75番チェロ協奏曲ホルン協奏曲古楽器時計弦楽四重奏曲Op.50アンダンテと変奏曲XVIII:6弦楽四重奏曲Op.54弦楽四重奏曲Op.64弦楽四重奏曲Op.20天地創造ヴォルフレスピーギヨハン・シュトラウスリヒャルト・シュトラウスタリスリゲティ交響曲10番ピアノソナタXVI:49迂闊者交響曲54番ネルソンミサバリトン三重奏曲トマジーニピアノソナタXVI:52交響曲2番ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:46日の出皇帝弦楽四重奏曲Op.71交響曲88番ブルックナーベルリオーズナッセンベンジャミンウェーベルンメシアンシェルシグリゼーヴァレーズOp.20弦楽四重奏曲交響曲67番交響曲65番交響曲9番交響曲39番狩り交響曲73番交響曲61番リームピアノソナタXVI:6ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:48アンダンテと変奏曲XVII:6四季交響曲全集ラヴェルリムスキー・コルサコフピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:44ピアノソナタXVI:45第九太鼓連打交響曲99番ボッケリーニシューベルト交響曲5番ストラヴィンスキーチャイコフスキーライヴ弦楽四重奏曲Op.2序曲ヴィヴァルディオペラ序曲パイジェッロアリア集ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6すみだトリフォニーホールピアノソナタXVI:34ブーレーズサントリーホール弦楽四重奏曲Op.74騎士オルランド無人島哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェ変わらぬまことアルミーダチマローザ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:1ピアノ協奏曲XVIII:3交響曲3番ラメンタチオーネアレルヤ交響曲79番チェロ協奏曲1番交響曲27番交響曲19番交響曲58番紀尾井ホールドビュッシーミューザ川崎協奏交響曲オーボエ協奏曲LPヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:38ピアノソナタXVI:29スタバト・マーテルピアノソナタXVI:39マーラー告別交響曲90番交響曲97番交響曲18番奇跡ひばりフルート三重奏曲交響曲102番交響曲86番ヴァイオリン協奏曲哲学者ミサブレヴィスニコライミサ小オルガンミサ交響曲95番交響曲78番ピアノソナタXVI:23王妃武満徹ライヴ録音SACDマリア・テレジア交響曲21番クラヴィコードBlu-ray東京オペラシティ交響曲11番交響曲12番交響曲15番交響曲37番交響曲1番ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:3ディヴェルティメント東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ロッシーニドニぜッティライヒャ弦楽三重奏曲東京文化会館フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.9弦楽四重奏曲Op.17剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ピアノソナタXVI:26ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:31アレグリバードモンテヴェルディパレストリーナ美人奏者ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンスコットランド歌曲ヴェルナーガスマンピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲35番交響曲46番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3ラ・ロクスラーヌ帝国ハイドンのセレナード五度ラルゴラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス時の移ろい交響曲42番ベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番リュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏冗談ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオモテットドイツ国歌カノンオフェトリウムよみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ベルク主題と6つの変奏オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲交響曲50番交響曲89番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:47bisピアノ小品音楽時計曲ピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭変奏曲XVII:7ピアノソナタXVI:22天地創造ミサジャズ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲62番交響曲108番交響曲107番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽ピアノソナタ

タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
117位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
11位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

大家さんFC2のクラシックブログランキング。

おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)






twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ