ハンガリー弦楽四重奏団のOp.77のNo.2、「ひばり」

久々にヒストリカルもの。ちょっと前にディスクユニオンで仕入れたもの。

HungarianStringQuartet.jpg
HMV ONLINEicon / amazon

ハンガリー弦楽四重奏団(Hungarian String Quartet)の演奏による、ハイドンの弦楽四重奏曲Op.77のNo.2とOp.64のNo.5「ひばり」の2曲を収めたアルバム。収録は1957年とだけ記載されています。レーベルはスイスのTUXEDO MUSIC。

ハンガリー弦楽四重奏団はブダペスト・アカデミーで、ゾルタン・コダーイやイェネー・フバイに学んでいたメンバーであるシャーンドル・ヴェーグ(Sándor Végh)らによって、1934年に設立されたクァルテット。1935年にはデビューし、1938年にはヨーロッパの主要都市で知らぬもののいない存在となりました。バルトークを得意としているようで、バルトークの弦楽四重奏曲第5番を作曲家の指導のもとハンガリーで初演しました。ただしヴェーグは1940年にヴェーグ四重奏団を設立するために退団し、今日取り上げるアルバムを録音した頃にはメンバーではありません。このアルバムの録音当時のメンバーはアルバムには記載されていませんが、WIkipediaなどの情報を調べると次のようになります。

第1ヴァイオリン:ゾルターン・セーケイ(Zoltán Székely)
第2ヴァイオリン:アレキサンドレ・モゾコフスキ(Alexandre Moszkowsky)
ヴィオラ:デネーシュ・コロムサイ(Denes Koromzay)
チェロ:ガブリエル・マジャル(Gabor (Gabriel) Magyar)

コダーイやバルトークの薫陶を受けたという伝統のクァルテット故、ハイドンの演奏にも険しさを期待してしまいます。1957年の響きはどのようなものでしょうか。

Hob.III:82 / String Quartet Op.77 No.2 [F] (1799)
なんとステレオ録音です。冒頭から鋼のような険しい弦のタイトなアンサンブル。なるほどバルトークを得意としていることが頷けます。ハイドンの最後の創作期の作品なのに、もの凄いテンションでザクザク切り込みますが、不思議と踏み外したような印象はなく、古典の枠の中でのタイトさということでしょう。録音はハイテンションで切れ味抜群のヴァイオリンパートを中心にオンマイクで鮮明な響きをとらえています。おそらくLP音源ではたまげるようなリアリティを味わえるのではと想像しています。
2楽章のメヌエットの入り方に集中しますが、コミカルな印象もあるはずなのに、やはり荒々しさも感じさせる険しい入りで、メンバーにも緊張感が張りつめています。まるでバルトークのような険しさ。一貫して少し速めのテンポによって、楽章の行く末が俯瞰できるような気分に。
弦の音色はそのままに、一瞬にして音楽が一変。3楽章のアンダンテは諦観すら感じられる枯れた音楽。乾いた弦の音色とあっさりとしたフレージングが一層音楽の核に集中させます。この楽章の景色はハンガリー弦楽四重奏団のエッセンスを感じさせるもの。変奏が進んでも一貫して変わらぬ冷めた情感と、そこから沸き上がる音楽は、このアルバムが今も現役盤たる所以でしょう。ハイドンの最晩年にたどり着いた無垢な境地をここまで鬼気迫る演奏で聴かせるとは。
この曲の本質には楽章間のつながり等意図しなかったとも思わせる、かなり思い切った楽章間の変化。前の楽章の余韻を完全に断ち切るような鮮やかな変化。ここまではっきりと変化する演奏は滅多にありません。曲を完全に読み込んだ上での確信犯的解釈でしょう。険しい音色での演奏には神々しさすら感じさせるオーラが出ています。音楽の表情はこれ以上の険しさはないと思われるほどの青白く光る鋼のような鋭さ。

Hob.III:63 / String Quartet Op.64 No.5 "Lerchenquartetett" 「ひばり」 [D] (1790)
旋律はおおらかなのに、変わらず鋭いボウイングでグイグイ迫ってくるタイトなメロディーライン。鋼のひばりです。往時のボロディン四重奏団を彷彿とさせる険しい音楽。ボロディンが鍛え抜かれた鋼だとすると、こちらは同じ鋼でも反射する光にほのかに色彩が映るようなニュアンスがあり、音楽がすこし膨らみます。聴き慣れたひばりの1楽章はやはり険しいばかりではなくほのかな色彩感も感じさせ、ハイドンの豊かな音楽が垣間見えます。
予想通り2楽章のアダージョ・カンタービレはこのアルバムでも最も歌った楽章。険しさばかりではないハンガリー弦楽四重奏団の器の大きさが伝わります。休符を長くとって音楽を印象的に。一人一人の演奏が実に呼吸が深く、4人のアンサンブルもピタリとそろいます。これほどの高みには容易には到達できません。
メヌエットは前楽章の覚醒を和らげるように、このアルバムでも最も楽天的な演奏。リズムに乗ってリラックスして音楽を楽しむようです。ただ音色は抽象芸術のようなミニマルな響きもあり、一筋縄では理解できない深さもあるのが流石。
フィナーレはそっと弦に触れるような、さざめくような軽さが印象的。メロディーが次々と受け継がれていくうちに混沌とした響きに昇華するような演奏。

1957年と今から56年も前の演奏ですが、音楽に古さは全く感じる事はありません。コダーイやバルトークを生んだハンガリーの伝統を感じる、タイトなのに色彩感もあり、古典的でありながら現代的でもある素晴らしい演奏。バルトークを得意としたハンガリー弦楽四重奏団の演奏ですが、弦楽四重奏の父ハイドンの曲も、孤高の高みを感じさせる素晴らしいものでした。演奏者によって光の当て方は様々。古楽器による演奏が多くなってきた現代におおいても、この演奏のもつ輝きは変わりません。いまだに現役盤である理由がよくわかりました。もちろん評価は両曲とも[+++++]とします。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 弦楽四重奏曲Op.64 ひばり 弦楽四重奏曲Op.77 ヒストリカル おすすめ盤

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

ハイドン(Franz Joseph Haydn)の膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。私はなぜハイドンにはまったのか?

最新記事
カテゴリ
ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものはリスト冒頭に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

登録曲数:1,365
登録演奏数:11,529
(2019年3月31日)
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

ピアノ協奏曲XVIII:4軍隊ヒストリカル交響曲93番交響曲70番ピアノ協奏曲XVIII:11交響曲80番交響曲81番トランペット協奏曲ヴァイオリンとピアノのための協奏曲XVIII:6悲しみロンドンオックスフォードモーツァルト交響曲4番ヨハン・クリスチャン・バッハピアノソナタXVI:51豚の去勢にゃ8人がかりピアノ三重奏曲十字架上のキリストの最後の七つの言葉スカルラッティヘンデルラモーバッハ驚愕ショスタコーヴィチシェーンベルク弦楽四重奏曲Op.76ドヴォルザークベートーヴェン交響曲75番チェロ協奏曲ホルン協奏曲古楽器時計弦楽四重奏曲Op.50アンダンテと変奏曲XVIII:6弦楽四重奏曲Op.54弦楽四重奏曲Op.64弦楽四重奏曲Op.20天地創造ヴォルフレスピーギヨハン・シュトラウスリヒャルト・シュトラウスタリスリゲティ交響曲10番ピアノソナタXVI:49迂闊者交響曲54番ネルソンミサバリトン三重奏曲トマジーニピアノソナタXVI:52交響曲2番ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:46日の出皇帝弦楽四重奏曲Op.71交響曲88番ブルックナーベルリオーズナッセンベンジャミンウェーベルンメシアンシェルシグリゼーヴァレーズOp.20弦楽四重奏曲交響曲67番交響曲65番交響曲9番交響曲39番狩り交響曲73番交響曲61番リームピアノソナタXVI:6ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:48アンダンテと変奏曲XVII:6四季交響曲全集ラヴェルリムスキー・コルサコフピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:44ピアノソナタXVI:45第九太鼓連打交響曲99番ボッケリーニシューベルト交響曲5番ストラヴィンスキーチャイコフスキーライヴ弦楽四重奏曲Op.2序曲ヴィヴァルディオペラ序曲パイジェッロアリア集ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6すみだトリフォニーホールピアノソナタXVI:34ブーレーズサントリーホール弦楽四重奏曲Op.74騎士オルランド無人島哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェ変わらぬまことアルミーダチマローザ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:1ピアノ協奏曲XVIII:3交響曲3番ラメンタチオーネアレルヤ交響曲79番チェロ協奏曲1番交響曲27番交響曲19番交響曲58番紀尾井ホールドビュッシーミューザ川崎協奏交響曲オーボエ協奏曲LPヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:38ピアノソナタXVI:29スタバト・マーテルピアノソナタXVI:39マーラー告別交響曲90番交響曲97番交響曲18番奇跡ひばりフルート三重奏曲交響曲102番交響曲86番ヴァイオリン協奏曲哲学者ミサブレヴィスニコライミサ小オルガンミサ交響曲95番交響曲78番ピアノソナタXVI:23王妃武満徹ライヴ録音SACDマリア・テレジア交響曲21番クラヴィコードBlu-ray東京オペラシティ交響曲11番交響曲12番交響曲15番交響曲37番交響曲1番ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:3ディヴェルティメント東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ロッシーニドニぜッティライヒャ弦楽三重奏曲東京文化会館フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.9弦楽四重奏曲Op.17剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ピアノソナタXVI:26ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:31アレグリバードモンテヴェルディパレストリーナ美人奏者ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンスコットランド歌曲ヴェルナーガスマンピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲35番交響曲46番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3ラ・ロクスラーヌ帝国ハイドンのセレナード五度ラルゴラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス時の移ろい交響曲42番ベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番リュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏冗談ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオモテットドイツ国歌カノンオフェトリウムよみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ベルク主題と6つの変奏オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲交響曲50番交響曲89番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:47bisピアノ小品音楽時計曲ピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭変奏曲XVII:7ピアノソナタXVI:22天地創造ミサジャズ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲62番交響曲108番交響曲107番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽ピアノソナタ

タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
117位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
11位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

大家さんFC2のクラシックブログランキング。

おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)






twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ