作曲家ヨーゼフ・ハイドンの作品のCD、LP、映像などを収集しレビューしています。膨大なハイドンの作品から名盤、名演奏を紹介します。

ホーレンシュタイン/フランス国立管弦楽団の軍隊ライヴ

0
0
今日は気分を変えてヒストリカルなハイドン。これまで取りあげていなかった名演奏家シリーズ再開です。

Horenstein100.jpg
amazon

ヤッシャ・ホーレンシュタイン(Jascha Horenstein)指揮のフランス国立管弦楽団(Orchestre National de France)の演奏でハイドンの交響曲100番「軍隊」、マーラーの「亡き子をしのぶ歌」、グルックのオペラ「アルチェステ」からアリアを1曲(独唱マリアン・アンダーソン)、プロコフィエフの交響曲5番などを収めたアルバム。収録は1956年11月22日、パリのシャンゼリゼ劇場でのコンサートのライヴです。レーベルは米MUSIC & ARTS。このアルバムは2枚組で他にベートーヴェンのエグモント序曲、ニールセンの交響曲6番などが収められていますが、オケも収録日も別のもの。

ホーレンシュタインは、一貫した筋の通った音楽を引き出す人。シェルヘンから少し灰汁をとり、また同じく構えの大きい音楽を引き出すデュトワのフランス風の色彩感を独墺系の質実さに置き換えたような感じ。マーラーを得意としていたようで、手元にも何枚かのライヴ盤があり愛聴しています。ハイドンでは天地創造やこの軍隊の他に、ロンドン、驚愕などの録音が手元にありますが、他に時計など未入手のアルバムがあるようです。

ちゃんと調べた事がなかったので、この機会にホーレンシュタインの略歴をさらっておきましょう。

ヤッシャ・ホーレンシュタインは1898年、オーストリア人を母親にウクライナのキエフに生まれました。1911年に家族に連れられウィーンに移り、オーストリアの作曲家・指揮者のフランツ・シュレーカーに師事。その後、ベルリンに移ってフルトヴェングラーの助手を務めて腕を磨きました。1920年代に入るとウィーン交響楽団やベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の指揮台に立つようになります。ナチスの台頭により亡命を余儀なくされ、1940年に渡米し、最終的にアメリカ国籍を取得しました。1973年にロンドンで亡くなっています。

このアルバムのメインのプログラムは1956年のパリ、シャンゼリゼ劇場のコンサートの模様を収めたもの。コンサート冒頭にハイドンでも華やかな曲想の軍隊を置き、マーラーの「亡き子をしのぶ歌」でぐっと沈み、諧謔なプロコフィエフの5番で締めるという、通好みのプログラム構成にぐっときます。こうした選曲のセンスも指揮者を理解する上で重要なものでしょう。

今日、このアルバムを選んだのは、ホーレンシュタインの壮大なつくりを浮かび上がらせる棒で描かれた軍隊を聴き直したいと思っての事。シャンゼリゼ劇場のライヴというのもいいですね。

Hob.I:100 / Symphony No.100 "Military" 「軍隊」 [G] (1793/4)
ホールのざわめきの中から立ちのぼる、香しい軍隊の序奏。激しく咳払いする人や足音まで鮮明にとらえた臨場感たっぷりの録音。古さは感じますがおどろおどろしい迫力はしっかり伝えており、なかなかのものです。冒頭から静かな進行ながらスケール感と迫力はビリビリ伝わります。フレーズの切れ目で少し間をとる以外は一貫したテンポですが、一貫した部分の揺るぎない感じが非常にうまく演出できているため、音楽にきっちり一体感があるように聴こえます。決して荒ぶることなく、着実に盛り上げていくあたりは流石。オケも引き締まった響きをきっちり出して満足そう。
聴き所の2楽章の軍隊の行進は意外とオーソドックスというか平板気味にすすめますが、このままで終わろうはずもありません。静かに青い炎が灯るような小爆発を次々とおこしていき、不気味な迫力を感じさせます。音符の数が減ったように曲が整理されて聴こえます。最後のトランペットのファンファーレからティンパニの爆発に至る部分は流石に大爆発でした。
メヌエットも終始一貫した骨格の確かなもの。しっかりした骨格ですが、やはり抑えた部分のメロディーを非常に丁寧に描いていく事で、逆に骨格がはっきりするようですね。
フィナーレも畳み掛けようとするエネルギーと小細工を避けながら一貫した演奏をしようとする理性が拮抗している感じ。音響的にダイナミックを極めたという感じではないにも関わらず、ホーレンシュタイン独特のスケール感の表現によって、不思議と壮大な印象を残します。終盤はほんのすこしテンポを上げるだけで、見事にギアチェンジし、最後は軍隊らしい華やかかつ壮麗なフィニッシュが決まります。もちろん盛大な拍手に迎えられます。

このアルバムの冒頭に置かれたエグモント序曲も腰にくるほどの図太さのある音塊、そして軍隊を経て、亡き子をしのぶ歌では実に深く沈み込む情感を引き出し、最後のプロコフィエフはホーレンシュタインならではの迫力と諧謔性の両立した見事な響き。この日の聴衆はホーレンシュタインの仕込んだ音楽に酔いしれたことでしょう。手に入れたのはかなり前になりますが、今更ながら素晴らしいライヴです。軍隊の評価は私の好みを反映して[+++++]とします。かれこれ60年近く前のシャンゼリゼ劇場の1夜のコンサートの興奮。今も昔も音楽は人の心にじんわりつたわります。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

0 Comments

There are no comments yet.