作曲家ヨーゼフ・ハイドンの作品のCD、LP、映像などを収集しレビューしています。膨大なハイドンの作品から名盤、名演奏を紹介します。

ウィーン・モーリス・ラヴェル室内管による「ハイドンのセレナード」など

0
0
今日は思いっきりマイナー盤。先日オークションで手に入れたアルバム。

MauriceRaveel.jpg

ジャン・フィリップ・ローション(Jean Philippe Rouchon)指揮のウィーン・モーリス・ラヴェル室内管弦楽団の演奏で、ラモーの六声のコンセール第2番・第6番とハイドンの作曲とされてきた弦楽四重奏曲Op.3のNo.5、ホフシュテッター作曲の通称「ハイドンのセレナード」、ハイドンの弦楽四重奏曲Op.2のNo.5の4曲を収めたアルバム。収録は1988年10月、ウィーンのドミニカ会館のトーマス・ホールでのセッション録音。レーベルはウィーンのDIVERTIMENTO。

弦楽合奏による所謂「ハイドンのセレナード」と弦楽四重奏曲Op.2のNo.5というハイドンのごく初期の弦楽四重奏曲を収めたアルバムですが、ウィーン・モーリス・ラヴェル室内管弦楽団という初めて聞くオケの演奏。なんとなくただならない感じがするのは私だけでしょうか。ジャケットにも不可思議な雰囲気が漂っています。キュビズムの影響のある風景画を配した妙に淡い色合いのやはりちょっと気になるデザイン。もちろんこうしたアルバムは迷う事なく入手します。

演奏者の情報がライナーノーツに簡単に触れられていましたので紹介しておきましょう。

オケのウィーン・モーリス・ラヴェル室内管弦楽団はこの演奏に先立つこと3年、1985年にフランス人の演奏者を集めてフランスの音楽を国外に知らしめるために設立されたオーケストラ。活動の場はウィーンのフランス文化省が企画したイベントなどで、スコットランドのアバディーン音楽祭やモロッコなどにも出向いているそうです。
指揮者のジャン・フィリップ・ローションはパリのエコール・ノルマルを卒業した、このオケの創立以来指揮を担当している人とのこと。

演奏者についてはほぼ無名と言っていいでしょう。その演奏者によるラモーとハイドン。要はフランスものとオーストリアものを組み合わせたという企画でしょう。演奏者のオリジンを考えると合点のいく選曲です。さて、肝心の演奏はどうでしょうか。

String Quartet Op.3 No.5 [F] (Doubtful 疑作 Composed by Roman Hoffstetter)
有名なホフシュテッター作曲の「ハイドンのセレナード」。分厚い低音弦の心地よい響きから入ります。弦楽四重奏曲とは異なり、弦に厚みがあり、響きも重厚。意外と言っては失礼ですが、堅実かつ華やかさもあわせもったなかなかの演奏。初期の弦楽四重奏曲を弦楽合奏が演奏したものとしてはエミール・クライン盤の素晴らしい演奏を取りあげましたが、この演奏、それに勝るとも劣らない演奏。どちらかというとクライン盤の方が少々のどかで明るい印象。こちらはそれに比べると、オケの響きがキリッとしてドイツ的というかオーストリア的な感じ。ただストイックな印象は皆無で、比べてみたらというわずかな差。要はなかなかいい演奏だということです。
有名なセレナードは実にオーソドックス。良く聴くとやはり名曲ですね。ゆったり響くピチカートにのって、柔らかな弦の旋律が流れます。さりげない演奏ですが実にバランスがよく、完成度は非常に高いです。なにも欠けたものはありません。
続くメヌエットも同様。必要十分と言っては申し訳ありませんが、まさにそうした印象。さらっと演奏しているようですが、デュナーミクもクッキリついて実に豊かな陰影がついています。ゆったりとしていながら推進力もあり、なにより音楽が活き活きとしています。
フィナーレはハイドンの作といってもおかしくないような曲想の面白い展開が聴き所ですが、やはりハイドン作とは音楽の深みで差があるような気がします。いずれにせよ、これはなかなかのアルバムですね。

Hob.II:22(III:11) / String Quartet Op.2 No.5 [D] (c.1760-62)
続くOp.2のNo.5。こちらはハイドン自身の作品です。5楽章構成でプレスト・メヌエット・ラルゴ・メヌエット・フィナーレという構成。6声のディヴェルティメントHob.II.22の編曲ということです。おそらくハイドンが20代の頃の作品で、後年の成熟した筆致はないものの、すでにメロディーの美しさはかなりのもの。この演奏を聴いているとそのような若書きの曲を実に上手くまとめて演奏しています。最初のプレストから、テンポはプレストながら雰囲気はゆったりとした音楽。適度に生気とクッキリ感もあり、実に無理のない演奏です。弦楽器が美しく聴こえるポイントを実に上手くコントロールして、絶妙の安定感。このリラックスしきった雰囲気はなんでしょう。これぞハイドンという実に暖かい音楽。
第一のメヌエットは暖かさを引き継いで、美しいメロディが途中で陰りをみせる陰陽の繊細な変化とゆったりしながらもくっきりとした旋律の浮かび上がらせ方の上手さがポイントでしょう。
そしてラルゴのメロディーはヴァイオリンが透き通るような美しさ。高音域の美しさはソロヴァイオリンのクッキリした感じとは異なり、シルキーなほどの滑らかな響き。この曲を弦楽四重奏ではなく弦楽合奏で演奏した意図が分かった気がします。この美しさは弦楽合奏ならではですね。指揮者のジャン・フィリップ・ローション、かなりの腕前とみました。
第二のメヌエットは第一のメヌエットと曲想は良く似ているものの変化をつけて、構成の面白さを際立たせます。
フィナーレも比較的ゆったりした音楽。しっかり溜めをつくりながら堅実な締め方。アーティスティックなまでに盛り上げる演奏もあるなか、曲自体はディヴェルティメントであり、まさに演奏して楽しむための弾き方。身の丈にあった演奏ということでしょう。

まったく知らなかった指揮者とオケによるハイドンの初期の弦楽四重奏曲と有名な「ハイドンのセレナード」の演奏ですが、予想外にすばらしい演奏でした。演奏者が自身を癒すような演奏と言ったら良いでしょうか。途中でも触れましたが、以前取りあげたエミール・クラインの演奏と非常に近い印象です。弦楽四重奏曲はタイトなせめぎ合いやソロ弦楽器の研ぎすまされた響きの魅力が聴き所ですが、このアルバムで取りあげられている曲自体がもつ美しいメロディーを実に磨き込まれたシルキーな響きをあぶり出し、曲の持つ魅力を別の角度からあぶり出した酔眼と言っていいでしょう。やはりただならぬ雰囲気をジャケットから感じたのは勘が冴えていたということでしょう。もちろん評価は両曲とも[+++++]とします。ハイドンの音楽の美しさを素直に楽しめるよいアルバムです。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

0 Comments

There are no comments yet.