作曲家ヨーゼフ・ハイドンの作品のCD、LP、映像などを収集しレビューしています。膨大なハイドンの作品から名盤、名演奏を紹介します。

アダム・フィッシャー/オーストリア・ハンガリー・ハイドン管弦楽団の哲学者、24番

3
0
クリスマスやら忘年会やらで、ちょっと間が空きました。今日は前記事で「哲学者」を取りあげて、その独特の調べを他の演奏で聴きたくなって取り出したアルバム。

AdamFischer.jpg
HMV ONLINEicon / amazon / TOWER RECORDS

アダム・フィッシャー(Adam Fischer)指揮のオーストリア・ハンガリー・ハイドン管弦楽団(Austro-Hungarian Haydn Orchestra)の演奏による、ハイドンの交響曲全集から、今日はCD6の交響曲22番「哲学者」、24番を取りあげます。この2曲の収録は1989年4月、オーストリアのアイゼンシュタット、エステルハージ宮殿のハイドン・ザールでのセッション録音。レーベルはBRILLIANT CLASSICS。

ハイドンファンの方ならおそらく必ずこの全集は所有しているでしょう。ドラティの交響曲全集よりも廉価で手に入れやすいので、ハイドンの交響曲全集の入門盤として偉大な存在となっています。今日は哲学者目当てでこのアルバムのCD6を取り出してCDプレイヤーにかけたのですが、同時期の録音の24番が素晴らしいのでその2曲を取りあげる事にした次第。
アダム・フィッシャーはハイドンの交響曲を演奏したアルバムの中では重要な人なんですが、マイナー盤志向の強い当ブログでは過去2度ほど取りあげたのみ。

2011/01/23 : ハイドン–交響曲 : アダム・フィッシャーのマーキュリー、悲しみ、告別
2010/01/24 : ハイドン–交響曲 : アダム・フィッシャー全集その後

アダム・フィッシャーのハイドンの交響曲全集は手に入れやすさだけがポイントではありません。特に初期の交響曲でははち切れんばかりのエネルギーと推進力によって、ハイドンの交響曲の魅力をしっかり伝える名演奏にほかなりません。ちょっと残念だったのはハイドン没後200年の2009年に開催された「天地創造」のコンサートのもようを伝えるDVDが演奏が粗く、過去の名盤とはちょっと差がついてしまっていたことでしょうか。いずれにせよアンタル・ドラティに次ぐ交響曲全集をリリースするという偉業を成し遂げたわけですから、ハイドン演奏史に名を残した事は間違いありません。

このアルバムのCD6は4曲が収められています。今日取り上げる哲学者と24番は1989年の録音となりまが残りの2曲は2000年と11年も後の録音。この11年の時がフィッシャーの成熟につながったのでしょうか。

Hob.I:22 / Symphony No.22 "Philosopher" 「哲学者」 [E flat] (1764)
前記事のベルンハルト・クレーほど弦、管楽器の対比を意識せず、純粋にメロディーラインをトレースしていくよう。おなじみの朴訥なメロディーラインの自然な佇まいはなかなか。良く聴くと各楽器が非常にデリケートなフレージングを聴かせています。楽器の精妙な響きの重なり具合が絶妙で非常にコントロールが行き届いています。徐々にホルンの響きの存在感が増していき、弦楽器の対比をしっかりつけるように変わってきて、最後はまた穏やかな表情に戻ります。
アダム・フィッシャーの真骨頂は速い楽章の生気漲る躍動感。これぞハイドンという躍動感でオケが畳み掛けます。不自然を感じさせない歌心もあって、ハイドンの交響曲のスケールに合わせた古典的躍動という感じが実にしっくりきます。
メヌエットは前楽章の流麗なプレストと明確に対比を表現したいのか、振りかぶったようにリズムを強調。楽章ごとの構造的な対比は見事。途中から現れるホルンが良く響いてまるでハイドン・ザールにいるような気分。
フィナーレはまさに躍動感の塊のような演奏。各パートが実にクッキリと浮かび上がりながらも、全体として非常にまとまった演奏。ハイドンの交響曲のフィナーレのツボを実によく押さえた演奏。

Hob.I:24 / Symphony No.24 [D] (1764)
哲学者と同時期の作品ですが、こちらの曲はハイドンらしい晴朗さとしっとりとした郷愁を感じる曲調の初期の佳曲。鮮烈な開始からオケが絶好調。哲学者のフィナーレよりもさらに躍動感にあふれた素晴らしい感興。そこここにちりばめられた創意工夫に目がくらむような展開。一瞬はさまれた短調のフレーズの儚い美しさと、躍動感溢れる明るいメロディーの織りなす万華鏡のような曲をフィッシャーが渾身のコントロール。こうしたハイドンらしい晴朗な交響曲の表現はアダム・フィッシャー盤の最もよいところ。
アダージョはフルートの美しいソロが聴き所。フルートは誰が吹いているのかわかりませんが、かなりの名手。厚みのある美しい音色がハイドン・ザールに響き渡ります。
フィッシャーのメヌエットはかなりしっかりと拍子を刻みます。オケはハイドン演奏のツボを心得ていて、フィッシャーのコントロールか、はたまた奏者の自主性かリズムもデュナーミクも完全に一つの音楽をみんなで奏でているような素晴らしい一体感。ハイドンを演奏する喜びがはじけ出すような演奏。
そしてフィナーレは、躍動することの悦びを我慢するような抑えた入りから、徐々にエネルギーが満ちて、音楽がめくるめく展開。慎み深い瞬間をはさみながらも曲を回想するような変奏が重なり、特に弦楽器が弓をフルに使ったような素晴らしいボウイングでメロディーを浮かび上がらせます。やはりハイドンのフィナーレの最上の見本のような演奏で締めくくります。

このアルバムは交響曲の番号順の収録なので、21番、22番、23番、24番と配置されていますが、今日取りあげなかった21番と23番は先に触れたように2000年と11年も後の録音。良く聴くと録音はやはり鮮明さが一段あがりますが、22番、24番に聴かれたすばらしい躍動感はすこし後退し、演奏も現代的な印象が強くなります。基本路線は変わらないものの印象は少し異なります。私の好きなのはやはり今日とりあげた古い時期の録音の方。アダム・フィッシャーがハイドンの交響曲全集に賭ける意気込みのようなものが伝わってくる熱いものを感じる演奏です。ということで、今日取りあげる演奏の評価は2曲とも[+++++]とします。残りの曲はやはりちょっと差がつくのが正直なところ。これは成熟というよりは、全集の録音がすすむにつれてアダム・フィッシャーの覇気がだんだん枯れてきていると解するべきでしょうか。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

3 Comments

There are no comments yet.

MK

アダム・フィッシャー

三年ほど前、某米系通販サイトにて、デニス・ラッセル・デイヴィス指揮シュツットガルト室内管弦楽団のボックスセットをポチったのですが、発送されたのは、こちらのアダム・フィッシャー盤のボックス・セットでした。
アカウントサービスに苦情を送りましたが、返金で解決したいが、手続きが面倒なので、出来たらこのまま聴いて欲しい旨の回答。
金額的にも、こちらのアダム・フィッシャーの方が高いので、渋々承知。
その後、他のCDを聴く事に没頭し、これを聴き始めたのは先月辺りからですが、この哲学者等、番号が若い作品の魅力に嵌まっております。
尚、某通販サイトの購入履歴には、未だデニス・ラッセル・デイヴィス盤となっております(笑)。

  • 2012/12/30 (Sun) 23:17
  • REPLY

だまてら

No title

MK 様、横レス失礼いたします。
デニス・ラッセル・デイヴィスの全集ですが、しばらく在庫切れだったのがごく最近になって
かなり廉価で再発されています。初出時にあった3枚ほどのプレスミス(小生は、該当CD
のみサービスセンターに返送し交換対応しました)も今度はクリアされているでしょうから
おすすめです。
余談ですが、ブリリアントのハイドン・ボックス(155CD)を国内業者から通販購入した際、
箱の角がつぶれており(それだけだったらスルーしたのですが)重複CDが2枚(それに
対応して不足CDが2枚)ありました。連絡したところ、「箱と不足CD2枚はすぐ送る、但し、
重複CDと傷んだ箱はくれぐれも返送不要」(着払い運賃が無駄なので当然ですね)との
返答でした。業者は残ったバラの153CDを、一枚ずつオークションで100円スタートで
出品していました。結構マイナーなレパートリーまで万遍なく入札がありましたので、業者も
ひと息ついた事でしょう。

  • 2012/12/31 (Mon) 07:04
  • REPLY

Daisy

Re: アダム・フィッシャー

MKさん、おはようございます。
コメントありがとうございます。私も以前は海外通販サイトを良く利用していましたが、HMV ONLINEやamazonが出来てからはほとんど使わなくなってしまいました。こういった誤送等の際にめんどくさいことになりますね。それはともかくデニス・ラッセル・デイヴィスではなくアダム・フィッシャーが来たのは神様のいたずらということで、運命に従って愛聴するのが吉かと思います(笑)
私はこの2組では音質以外はアダム・フィッシャー番をオススメしています。おっしゃるように特に若い番号、それと録音年の古いものの生気漲る演奏は素晴らしいですので。よいお正月をお過ごしください。

  • 2012/12/31 (Mon) 09:11
  • REPLY