作曲家ヨーゼフ・ハイドンの作品のCD、LP、映像などを収集しレビューしています。膨大なハイドンの作品から名盤、名演奏を紹介します。

マーシャ・ハジマーコスのクラヴィコードによるソナタ集

6
0
今日は古の響きへ。

Hadjimarkos.jpg
HMV ONLINEicon / amazon(別装丁盤) / TOWER RECORDS

マーシャ・ハジマーコス(Marcia Hadjimarkos)のクラヴィコードによるハイドンのピアノソナタ6曲(Hob.XVI:32、XVI:44、XVI:48、XVI:20、XVI:41、XVI:42)を収めたアルバム。収録は1993年10月、スイスの北端バーゼル近郊のヴァルデンブルクという街でのセッション録音。レーベルはharmonia mundi傘下のZIG ZAG TERRITOIRES。

マーシャ・ハジマーコスの参加したアルバムは、以前一度取りあげています。

2011/03/19 : ハイドン–声楽曲 : 【新着】エマ・カークビーの歌曲集

ハジマーコスの略歴を前記事から引用しておきましょう。

マーシャ・ハジマーコスはアメリカ人のよう。幼少の頃からピアノに親しみ、マイケル・グレイブスのショートケーキのようなポストモダン建築の代表作、ポートランド市庁舎で有名なオレゴン州ポートランドで学び、ピアノとフランス文学をアイオワ州立大学で学んだよう。その頃ハープシコードなど古楽器への興味を持つようになったとのこと。後にヨーロッパに移り、フランス国立音楽院でインマゼールなどとともに学んだとのこと。その後はフォルテピアノとクラヴィコードのスペシャリストとして活躍しているようです。

前記事を書いた時に触れたハイドンのソナタ集というのが今日取り上げるアルバムです。このアルバムは先日ディスクユニオンでようやく見つけて手に入れたものです。

このアルバムの特徴は何といってもクラヴィコードというフォルテピアノやハープシコードよりも古い楽器による演奏ということでしょう。クラヴィコードは机上において弾く長方形の箱形の楽器で16世紀から18世紀に広く使われた楽器。音量はフォルテピアノよりも遥かに小さく、また音の強弱の幅もかなり限られます。ライナーノーツによれば、ハイドンより一世代前のC.P.E.バッハは自身の即興的な曲の演奏にクラヴィコードを推奨していたとの事。ハイドンの時代にもおそらくクラヴィコードは使われていたでしょうが、ハープシコードやフォルテピアノなど、よりダイナミックな演奏が可能な楽器も現れてきていたはずです。このアルバムはこのクラヴィコードによる雅な響きがポイントになるわけです。楽器はトーマス・シュタイナー(Thomas Steiner)という人の昨。

Hob.XVI:32 / Piano Sonata No.47 [b] (1776 or before)
音量を上げて聴くと意外と張りのある音色。低域の強音はビリつき、明らかに楽器の限界を感じさせてしまいますが引き締まった音で鍵盤楽器というよりギターとかベースの強音に近い響き。ハジマーコスの演奏は速めのテンポでグイグイ攻め込むもの。楽器の限界はなんのそので、強音もかなりの力の入ったもの。この強音のビシッと引き締まったアクセントが特徴でしょう。フレーズの切れ目はすこしテンポを落とし、連続する音階に入ると素晴らしい推進力。この緩急の切り替えの面白さもハジマーコスの特徴かもしれません。
2楽章のメヌエットは楽器のダイナミックレンジが狭いので曲の構造を音量ではなくタッチの微妙な変化でつけていきます。繊細なフレーズコントロールがなかなか。
フィナーレはなぜか、それまでよりも残響が美しく響き、クラヴィコードの響きの魅力が一層引き立ちます。相変わらず左手の引き締まった強音がかなりの迫力で聴き応えがあります。楽器の限界を感じさせながらも、その範囲で楽器のキャパシティ一杯に弾きまくる感じ。後半は楽器が何度もビリつくほどのアタックで迫力溢れるもの。1曲目からクラヴィコードの演奏から予想した響きとはかなり異なるダイナミックな演奏でした。

ハジマーコスの演奏は曲によってスタイルは変化しますが、質はムラのないもの。以降各曲の聴き所のみ簡単にふれることにしましょう。

Hob.XVI:44 / Piano Sonata No.32 [g] (c.1771)
この曲は2楽章構成。短調の入りはクラヴィコードのほの暗い音色が似合います。聴き進むうちにすっかりクラヴィコードの音色の魅力にハマりました。曲想にあわせて、今度はとぼとぼとつぶやくような演奏。デリケートな音色とフレーズコントロールに耳を奪われますが、鮮明な録音によって楽器のフリクション音やハジマーコスの息づかいまで聴こえてきます。2楽章もとぼとぼとした感じが一貫して続きますが、やはり千変万化する響きに聴き入ります。

Hob.XVI:48 / Piano Sonata No.58 [C] (1787/9)
この曲も2楽章構成。ブレンデルの磨き抜かれた現代ピアノの音のイメージが染み付いた曲ですが、そのイメージを一瞬にしてぬぐい去るような雅な響き。かなりピアノによる演奏を意識したような演奏。ピアノそのままのような弾き方で、ピアノと全く異なる余韻を楽しめと言っているよう。クラヴィコードの響きに聴き入ります。この曲は曲想もあって素直な演奏に聴こえます。2楽章に入るとかなり速めのテンポで颯爽と吹き抜けるよう。前曲ではたどたどしかったような指の引っかかりが嘘のように指が良く回ってます。

Hob.XVI:20 / Piano Sonata No.33 [c] (1771)
2楽章の美しい調べが有名な曲。1曲目のダイナミックな演奏が嘘のようにしんみりと響くしとやかなクラヴィコードの音。この曲も短調の曲調に合わせた演奏スタイルでしょうか。期待の2楽章はおとぎ話のBGMのように沁みる響き。ピアノによるキラ星のような澄んだ美しさもいいですが、クラヴィコードの響きの余韻も悪くありません。3楽章は力強さと左手のアタックが戻って曲が締まります。

Hob.XVI:41 / Piano Sonata No.55 [B] (c.1783)
明るくダイナミックな演奏。冒頭から左手のアタック炸裂。1曲目同様音階部分とフレーズの切れ目の速度の変化が聴き所。終始切れのいい演奏。

Hob.XVI:42 / Piano Sonata No.56 [D] (c.1783)
どちらかというと3曲目のXVI:48に近い、ピアノの響きをトレースしたような演奏。速めのテンポで自然な余韻の美しさを上手く表現した演奏。

マーシャ・ハジマーコスのソナタ集はクラヴィコードという楽器での演奏の認識を改めるべきと感じた演奏。もとからダイナミックな音は表現できないものと思い込んでいましたが、逆に楽器の限界を感じさせることで、ダイナミックさを表現し、結果としては十分ダイナミックにも聴こえます。独特の音色と余韻は懐古趣味ということではなく、純粋に複雑かつデリケートな印象を生み、曲に新たな表情を与えます。曲によって演奏スタイルを変化させ、曲の聴き所のツボを見事にとらえています。聴き方によっては地味な演奏という評価もあるかと思いますが、私はこのアルバム、実に興味深く聴きました。従って評価は全曲[+++++]とします。

(2013年1月27日追記)
デレク・アドラムの演奏を聴き、全曲[++++]へ評価を修正しました。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

6 Comments

There are no comments yet.

claier_takahashi

こんにちは^^

Daisyさんこんにちは、ツイッターのフォローありがとうございました^^ Daisyさんのブログ「ハイドン音盤倉庫」拝見しました。膨大なハイドンの録音を収集・レビューした労作に圧倒され感服しました。

クラヴィコードによるソナタの演奏の紹介、ありがとうございました。ぜひ入手して聴いてみたいと思います。
ところで記事のなかでクラヴィコード愛好者にはちょっと気になるところがありました。それは「楽器の限界」という言葉が繰り返し現れることです。以下に私の思うことを書かせていただきますので、少しおつきあいください。

クラヴィコードは絶対的な音量の大きさでは限界があるのは確かですが、タッチによって自在にコントロールできる豊かな表現力を持っていることは古今の多くの音楽家が認めているところです。音が小さいこと以外は完璧な鍵盤楽器とも言われています。小さな音量のため演奏会で使えないことが現在の一般的な認知度が低い原因ですが、クラヴィコードは個人が自分自身のためにプライペートな空間で使う楽器として15世紀からピアノが普及する19世紀半ばまでの長い間使われました。クラヴィコードは有弦鍵盤楽器としては最も単純で簡素な楽器ですが、それは楽器として劣っていることにはなりません。ギターやヴァイオリンがピアノに比べて単純な構造だから楽器として劣っているものではないことと同じです。鍵盤を通して弦を直接指で押さえる感触があるクラヴィコードは鍵盤楽器というより弦楽器に近い表現が可能で、微細なニュアンスの表現に特に優れています。クラヴィコードの表現力に触れることは、「ダイナミックスの幅の広さ=音楽表現の豊かさ」が常識となっている現代人の耳にはある種のカルチャーショックをあたえられる体験です。

ハイドンは生涯に渡って数台のクラヴィコードを所有していました。1803年にハイドンが1台のクラヴィコードを知人に贈呈した時の次のような言葉が伝えられています。「ここに私は、あなたの子息のためにこの楽器をプレゼントとしました。...彼が成長してこの楽器を学びたくなった時のために。私は、私の作品の主要な部分をこの楽器を使って作曲しました。」ここで言う主要な作品というのは鍵盤曲だけではなく、オラトリオのような大規模な声楽・オーケストラ曲を含んでいると考えられています。また「十字架上の7つの言葉」の鍵盤用編曲のクラヴィコードによる録音http://www.alba.fi/en/shop/products/4298がありますが、ライナーノートで演奏者のハッキネンは、この編曲は当時最も一般的な鍵盤楽器であったクラヴィコードを想定しているとしています。

作曲に使ったというのはモーツァルトも同じで、彼は幼少期から晩年まで生涯に渡ってクラヴィコードを使用していました。彼の死の年である1791年に作られた「魔笛」「レクイエム」「皇帝ティートの慈悲」などをこの楽器を使って作曲したという意味の言葉が、生家に保存されているクラヴィコードのラベルに妻コンスタンツェの筆跡で書かれています。ドイツ語圏では「クラヴィーア(Klavier)」は鍵盤楽器一般をさす言葉ですが、モーツァルト、ハイドンの時代は「クラヴィーア」はクラヴィコードをさしていたことも明らかになっています。モーツァルト一家の手紙にはたびたびクラヴィコードをさす言葉として「クラヴィーア」が使われています。

録音ではクラヴィコードの響きをじゅうぶんに捉えることができないので、機会があればぜひ生でハイドンのソナタをクラヴィコード演奏で聴いてみてください。ベストなのは、ちょっと響きのいい部屋にクラヴィコードを持ち込んで個人的に誰かに弾いてもらうことです。ハイドンがクラヴィコードを自室で弾いていた姿が彷彿とするはずです。

最後に2つばかり資料を紹介します。
クラヴィコードの演奏会のために私が作った資料です。バッハやハイドン、モーツァルトとクラヴィコードとの関わりを短くまとめています。http://www2.plala.or.jp/clavier/archives/clavichord_NEMF7th.pdf
英文ですがイギリスのクラヴィコード製作家がハイドンとクラヴィコードとの関わりを論じています。http://homepage.ntlworld.com/peter.bavington/bachaydn.htm

Daisyさんのクラヴィコードにたいする認識を少しでも変えていただくことができれば幸いです。

  • 2013/01/21 (Mon) 04:08
  • REPLY

Daisy

Re: こんにちは^^

claier_takahashiさん、おはようございます。
クラヴィコードに対する認識、改めます(笑) もっぱら好きでハイドンの音楽を聴いていて、音楽や楽器のこと等専門的に学んだこともない身ですので、誤解がありましたら、お許しください。

サイトやブログを拝見致しました。クラヴィコードやハープシコードを製作されているのですね。三条市とのことで、いちど嵐渓荘に泊まりにいったことがあり、ブログにも書いています。
http://haydnrecarchive.blog130.fc2.com/blog-entry-475.html
お近くだったのかもしれませんね。

出勤前なので簡単で失礼。のちほどコメントします。

  • 2013/01/21 (Mon) 07:01
  • REPLY

Daisy

Re: こんにちは^^

claier_takahashiさん、長いコメントありがとうございます。
(もしかしたらclavier_takahashiさんかもしれませんね)

私がクラヴィコードの音色と演奏に開眼したのはスティーヴ・バレルという人のハイドンのソナタ集です。この人の演奏は、非常に低い録音レベルで、かなり低い音量のクラヴィコードの繊細な音色をしっとりと楽しむような演奏でした。絶対的な音量の問題もありますが、高音域の繊細さと同時に高音域の音程の安定感に少々難がある楽器に聴こえ、それがクラヴィコードという楽器の最初の印象です。実に繊細であると同時に儚さも感じる音色でした。今回取りあげたハジマーコス盤はそれとはかなり異なり、楽器がビリつくほどの強音を多用した演奏だっただけに、楽器の許容範囲を超えた強いタッチの演奏に聴こえたため楽器の限界という言葉を使わせていただきました。

クラヴィコードでの演奏は最近はトム・ベギンやシュロンスハイムなどの全集でもクラヴィコードで弾かれた演奏がいくつかあり、その重要性も徐々に認知されてきているように感じます。

サイトやYouTubeで拝見する楽器は非常に穏やかな響きを聴かせるのだろうなと想像しています。できれば生の音を一度体験してみたいと思っています。これからクラヴィコードという楽器についても少しずつ知っていこうと思いますので、よろしくお願いいたします。

  • 2013/01/22 (Tue) 22:37
  • REPLY

clavier_takahashi

お返事ありがとうございました

クラヴィコードの録音もいろいろと出て来ましたね。ハイドンで最近のものでは、Derek Adlamの"Haydn Acht Sauschneiker müssen sein"やAapo Häkkknenの"The seven last words"あたりを聴いてみてください。
クラヴィコードの音量が小さいのはエネルギーの変換効率が悪い(笑)だけで、実際の演奏はけっこうエネルギッシュです。ポイントは絶対的な音量ではなく「鳴らしているつもり」になることなので、やはり録音にはあまり向いていないのかもしれませんね。
東京近辺で何かあるときはご案内しますので、ぜひ生で味わって下さい^^

嵐渓荘にお泊まりになったことがあるんですか!わたしのところは近所ですよ!もしまた嵐渓荘にお越しになることがありましたら、ぜひお立ち寄り下さい^^

  • 2013/01/25 (Fri) 15:36
  • REPLY

Daisy

Re: お返事ありがとうございました

clavier_takahashiさん、おはようございます。
やはり嵐渓荘のお近くでしたか。調べてみたら泊まりにいったのが2011年の6月、たしかそのあと洪水で嵐渓荘も浸水、吊り橋も流されてしまったとのニュースにビックリした記憶があります。たまたまですが訪れたときは満開のひめさゆりを楽しめました。また行ってもいいと思ういい宿でしたので、暖かくなりましたら行ってみたいと思ってます。その時はクラヴィコードの雅なる響きを聴かせていただき、ブログで特番を組みたいと思っておりますので、その節はよろしくお願いします。
コメントを戴いて以来、クラヴィコードのアルバムをいろいろ聴いたりしております。ハッキネンは手元にありましたが、まだ未入手のアルバムがいろいろあることがわかり、注文して届くのを楽しみにしています。ブログでも、クラヴィコードの魅力ある演奏を取りあげようと思っております。
私見ですが、クラヴィコードこそ録音で生きるのではないかと思います。絶対的な音量は大きくないものの、だからこそ鮮明な録音で静けさのなかに響く繊細な音色を楽しめるのではないかと思います。生の響きにはもちろん敵わないでしょうが、その雰囲気を捕らえた録音もできるのではないかと思います。
今後ともよろしくお願いいたします。

  • 2013/01/26 (Sat) 09:47
  • REPLY

clavier_takahashi

No title

そういえば一昨年の秋、嵐渓荘で筒井一貴さんの演奏でクラヴィコードのコンサートをしました。クラヴィコードを大小2台持ち込んでハイドンのソナタもやりました! 特番組んでいただけるといううれしいお申し出をいただきましたので、その時には筒井さんもきっと来てくれると思います^^

  • 2013/02/02 (Sat) 11:57
  • REPLY