【新着】クイケン/ラ・プティット・バンドの「朝」、「昼」、「晩」

久々の新着アルバム。引越し後はじめてHMV ONLINEからの荷物到着。

Kuijken678.jpg
HMV ONLINE

シギスヴァルト・クイケン(Sigiswald Kuijken)指揮のラ・プティット・バンド(La Petite Bande)の演奏による、ハイドンの交響曲6番「朝」、7番「昼」、8番「晩」の3曲を収めた最新のアルバム。収録は2012年1月9日から12日にかけて、ベルギー北部のオランダ国境に近い街モル(Mol)にあるギャラクシースタジオでのセッション録音。レーベルはベルギーのACCENT。

クイケンはハイドンの交響曲をかなり録音しており、手兵、ラ・プティット・バンドとザロモンセットや初期交響曲、エイジ・オブ・エンライトメント管弦楽団とパリセット等があります。クイケンの特徴はしなやかなオーソドックスな演奏で曲自体に語らせるというスタイル。聴き進めるうちにじわりと曲の魅力を感じる演奏です。いつもどおり、これまで取りあげたクイケンの演奏のリンクを張っておきましょう。

2011/11/23 : ハイドン–室内楽曲 : クイケン・アンサンブルによる「ロンドン・トリオ」
2011/09/14 : ハイドン–声楽曲 : シギスヴァルト・クイケン/ラ・プティット・バンドのテ・デウム
2011/07/04 : ハイドン–オラトリオ : クイケン/ラ・プティット・バンド1982年の天地創造ライヴ
2011/07/02 : コンサートレポート : シギスヴァルト・クイケン/ラ・プティット・バンドのブランデンブルク協奏曲
2010/03/22 : ハイドン–交響曲 : クイケンのザロモンセット
2010/03/21 : ハイドン–交響曲 : クイケンのパリ交響曲集

クイケンとラ・プティット・バンドの演奏は昨年、東京オペラシティでブランデンブルク協奏曲を聴いていますが、アルバムから感じる緻密な響きよりも、音楽の演奏を楽しむような余裕ある演奏姿勢に打たれました。コンサートという緊張感はなく、まさに練習場で音楽を演奏する事を自分が楽しむような風情でした。

このアルバムはこれまでのクイケンのハイドンの交響曲の録音のカタログにはなかったものですが、ちょっと聴くとその演奏にはコンサートの時の余裕まで録られてました。

Hob.I:6 / Symphony No.6 "Le matin" 「朝」 [D] (1761?)
どちらかというと遅めのテンポで入ります。ライナーノーツによると第1、第2ヴァイオリン、フルート、オーボエ、ホルンが2台、ヴィオラ、チェロ、コントラバス、バスーンが1台という小編成オーケストラ。キレとかメリハリとかをことさら感じさせるのではなく、淡々としなやかに曲をこなしていくまさに大人の演奏。最新の録音らしく響きの余韻が美しい非常に鮮明な録音。特にすこし強調されたホルンの音色に耳が奪われます。曲を完全に掌握して、小細工等は一切なくまさに淡々と進みます。
アダージョは弦楽器の繊細な響きの織りなす綾の美しさに打たれます。やはり完璧にリラックスしたような各奏者が繰り広げる音楽はクイケンの最小限のコントロールにより極めて自然な音楽。最後の静寂に響きが消えていく様子は息を飲むほど。
メヌエットはコントラバスが大活躍。ここでも自然な音楽。ことさらメリハリを強調することなくしっとりと染み入るようなメロディーラインを各奏者が重ねて行くことで豊穣な音楽が生まれています。
フィナーレはちょっと驚くほどテンポを落とした入り。クイケンにしては踏み込んだ解釈でしょう。フィナーレの本来は快活な響きをスローモーションで聴くような独特な印象。曲を振り返って味わい尽くすという意図でしょうか。遅いだけに各楽器のメロディーの美しさとその引き継ぎなどが克明に聴こえ、曲を分解してみたような不思議な感覚。

Hob.I:7 / Symphony No.7 "Le midi" 「昼」 [C] (1761?)
響きも解釈も前曲とかなり一致するツブのそろった演奏。以降のレビューは簡単に。やはり曲を演奏者が楽しむような、ゆったりとしたテンポにのったのどかな演奏。5楽章構成のこの曲は朝ほどの仕掛けはなく、どの楽章ものびのびとした自然なもの。心なしかメリハリもキリッとして、曲自体を存分に楽しめます。

Hob.I:8 / Symphony No.8 "Le soir" 「晩」 [G] (1761?)
このアルバムの中で最もオーソドックスな演奏。1楽章には覇気と生気が漲り、2楽章のアンダンテは静けさを感じる精妙なヴァイオリンの音色にうっとり。メヌエットもフィナーレも期待通りのしなやかなソノリティを感じさせる演奏。このオーソドックスさは貴重ですね。

シギスヴァルト・クイケンと手兵ラ・プティット・バンドによるハイドンの「朝」、「昼」、「晩」はクイケンの最近の演奏の特徴を踏まえた、程よく力の抜けた演奏ですが、根底には非常にリラックスして弾いているラ・プティット・バンドの高い技術があり、また色づけを感じさせないと言うようり、非常に透明度、純度の高い音楽になっています。まさに期待通りの演奏です。強いてあげれば朝の終楽章が、この曲としては異例の遅いテンポをとっているのが目立ちます。クイケンの意図かと思いますが、私の印象は普通のテンポだった方がしっくりくる感じでした。評価は朝が[++++]、その他は[+++++]とします。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 古楽器

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは、私もこのCD注文したばかりです。また思ったままに書いてみようと思います。

プティット・バンドのブランデンブルクが聴けたのは羨ましいですね。第2番のナチュラルtpは一度生で聴きたいのですが地方にいると機会がありません。ヴィオロンチェロ・ダ・スパッラも興味あります。

No title

Daisyさん、こんばんは。クイケンとラ・プティット・バンドのバッハ・カンタータ集が遅れがちで、資金不足のため活動困難という話も読んだことがありましたが、今年録音のハイドンが出てきたということは一安心です。クイケンのハイドンは、結構好きなのでパリ・セットとザロモンまでは聴いていました。バッハでは編成を変えているので当然演奏も変わりましたが、ハイドンもかつてのものとは大分変わっているようですね。

Re: No title

michaelさん、おはようございます。
コメントありがとうございます。最近のクイケンの録音は本当にリラックスして演奏している様子がわかるいいアルバムが多いですね。レーベルがACCENTというのもいいです。ACCENTはブログの初期の記事に書いた代々木のジュピターレコードのご主人が当時いろいろ紹介してくれた思い出のレーベルです。CD時代になっても独自の雅な雰囲気があっていいですね。このアルバムのmichaelさんの記事も楽しみにしております。

Re: No title

ライムンドさん、おはようございます。
いつもコメントありがとうございます。
クイケンのハイドン、変わったとも言えますし、変わってない部分もあります。おそらく歳をとったことで、無我自在の心境に入ってきたのだと思ってます。
資金難とはちょっと心配な情報ですね。できれば今の演奏で純度の高い天地創造を再録音して欲しいところです。天地創造の旧盤は30年前、四季でも22年前の録音ですのでそろそろ再録音をしても良さそうなタイミングですね。
プロフィール

Daisy


Author:Daisy

ハイドン(Franz Joseph Haydn)の膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。私はなぜハイドンにはまったのか?

最新記事
カテゴリ
ハイドンディスコグラフィ
Joseph Haydn Discography
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものはリスト冒頭に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

登録曲数:1,368
登録演奏数:11,793
(2019年12月31日)
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

交響曲76番オックスフォード交響曲90番ライヴ録音ヴィヴィアーニバリトン三重奏曲四季ロンドンピアノソナタXVI:39ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:21ベートーヴェンピアノソナタXVI:19古楽器ピアノソナタXVI:23先生と生徒音楽時計曲ピアノ四重奏曲ヴァイオリン協奏曲オルガン協奏曲XVII1:1協奏交響曲ピアノ協奏曲XVIII:4交響曲93番軍隊ヒストリカル交響曲70番交響曲81番ピアノ協奏曲XVIII:11交響曲80番トランペット協奏曲悲しみヴァイオリンとピアノのための協奏曲XVIII:6モーツァルトヨハン・クリスチャン・バッハ交響曲4番ピアノ三重奏曲ピアノソナタXVI:51豚の去勢にゃ8人がかり十字架上のキリストの最後の七つの言葉ラモーバッハヘンデルスカルラッティショスタコーヴィチ驚愕シェーンベルク弦楽四重奏曲Op.76ドヴォルザーク交響曲75番チェロ協奏曲ホルン協奏曲時計弦楽四重奏曲Op.50アンダンテと変奏曲XVIII:6弦楽四重奏曲Op.64弦楽四重奏曲Op.20弦楽四重奏曲Op.54天地創造レスピーギヴォルフタリスリヒャルト・シュトラウスヨハン・シュトラウスリゲティ交響曲10番ピアノソナタXVI:49迂闊者交響曲54番ネルソンミサトマジーニピアノソナタXVI:52交響曲2番ピアノソナタXVI:46皇帝日の出弦楽四重奏曲Op.71ブルックナー交響曲88番ベルリオーズウェーベルンベンジャミンナッセンメシアンシェルシグリゼーヴァレーズ弦楽四重奏曲Op.20交響曲67番交響曲9番交響曲65番交響曲73番交響曲39番交響曲61番狩りリームアンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:6ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:48交響曲全集リムスキー・コルサコフラヴェルピアノソナタXVI:44ピアノソナタXVI:45第九太鼓連打ボッケリーニ交響曲99番シューベルト交響曲5番ストラヴィンスキーチャイコフスキーライヴ弦楽四重奏曲Op.2序曲ヴィヴァルディオペラ序曲アリア集パイジェッロピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6すみだトリフォニーホールピアノソナタXVI:34ブーレーズサントリーホール弦楽四重奏曲Op.74無人島騎士オルランドアルミーダ変わらぬまこと哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェチマローザ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:3ピアノ協奏曲XVIII:1ラメンタチオーネアレルヤ交響曲79番交響曲3番チェロ協奏曲1番交響曲58番交響曲27番交響曲19番紀尾井ホールドビュッシーミューザ川崎LPオーボエ協奏曲ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:38ピアノソナタXVI:29スタバト・マーテルマーラー告別交響曲97番奇跡交響曲18番ひばりフルート三重奏曲交響曲102番交響曲86番哲学者小オルガンミサニコライミサミサブレヴィス交響曲95番交響曲78番王妃SACD武満徹マリア・テレジア交響曲21番クラヴィコードBlu-ray東京オペラシティ交響曲12番交響曲11番交響曲15番交響曲37番交響曲1番ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:1ディヴェルティメント東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ドニぜッティライヒャロッシーニ弦楽三重奏曲東京文化会館フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.9弦楽四重奏曲Op.17剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ピアノソナタXVI:31ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:26アレグリモンテヴェルディパレストリーナバード美人奏者ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンスコットランド歌曲ヴェルナーガスマンピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲46番交響曲35番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3帝国ラ・ロクスラーヌハイドンのセレナード五度ラルゴラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏冗談ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオモテットドイツ国歌オフェトリウムカノンよみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ベルク主題と6つの変奏オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲交響曲50番交響曲89番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:47bisピアノ小品ピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7天地創造ミサジャズ弦楽四重奏曲Op.42ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番2つのホルンのための協奏曲展覧会弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲108番交響曲107番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽ピアノソナタ

タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
71位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
7位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

大家さんFC2のクラシックブログランキング。

おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)






twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ