オーフラ・ハノーイのチェロ協奏曲集

今日は色物(笑)

OfraHarnoyCon.jpg
amazon

オーフラ・ハノーイ(Ofra Harnoy)のチェロ、ポール・ロビンソン(Paul Robinson)指揮のトロント室内管弦楽団(Toronto Chamber Orchestra)の演奏でハイドンのチェロ協奏曲1番と2番を収めたアルバム。収録は1983年、カナダ、トロントのマッセイ・ホールでのセッション録音。レーベルはRCA GOLD SEAL。
※収録年が当初1993年と誤った表記となっておりました。

オーフラ・ハノーイは一時美人チェリストとして人気のあった人。日本でもおなじみの人は多いかもしれませんが、私は実ははじめて聴く人。いつものように略歴を紹介しておきましょう。

1965年、イスラエルのハデラ(Hadera)生まれのチェリスト。1971年家族とともにイスラエルからカナダ、トロントに移住。父親からチェロを習うようになり、ピエール・フルニエ、ジャクリーヌ・デュ・プレ、ムスティスラフ・ロストロポーヴィチなど錚々たるチェリストに師事した。オーケストラとの共演したデビューは早くも10歳のときで、1982年にはニューヨークのカーネギーホールでリサイタルを開く等、若くして才能が開花しました。
一方、1983年にはオッフェンバックのチェロ協奏曲の初演および初録音、翌1984年にはイギリスの作曲家アーサー・ブリスのチェロ協奏曲を北米初演、そしてヴィヴァルディのいくつかのチェロ協奏曲の世界初演を果たす等アカデミックな側面も持っています。1987年以降RCA Victorの看板チェリストとして多くの有名曲の録音を残しました。日本でもずいぶん露出されていたように記憶しています。
またクラシック以外のジャンルにも積極的に取り組み、スティングやカナダのケルティック・ハープ奏者、ロリーナ・マッケニット(Loreena McKennitt)などとも共演しているそうです。

本人のサイトがありましたので、紹介しておきましょう。

OfraHarnoy.com

HMV ONLINEなどをみると現役盤もあまりないことから、最近活動しているのかどうかわかりません。ハノーイのハイドンはどのような音楽を聴かせてくれるでしょうか?

Hob.VIIb:1 / Cello Concerto No.1 [C] (1765-7)
オケは堅実、ゆったり気味のテンポですが、エッジはキリッと立てて、マナーのいい伴奏。ハノーイのチェロもクッキリとエッジがたったものですが、女性奏者らしく高音の鳴きが印象的。聴き進めていくと、フレージングは耽美的ですらあるように変化していきます。オケもそれに合わせて流麗に変化。要所のアクセントによってメリハリも保ちながら、チェロ本来の高音の美しさをうまく表現した演奏。カデンツァはかなり力の入った意欲的なもの。。オケの落ち着いたサポートにのってオーフラ・ハノーイのチェロが心地よく演奏している感じ。
アダージョは一気にロマンティックに変化。さらにゆったりとしたテンポで、ハイドンの美しい旋律を入念に練り上げていきます。ハノーイのチェロはヴィブラートをたっぷりかけて、流麗至極。くどくなるかと思いきや、それほどでもなく、ハノーイ節をたっぷりと楽しむ事ができます。デュプレのような渾身の演奏というより、どこか落ち着いた流麗さという面もあって、朝焼けを眺めるような爽やかさも感じます。
フィナーレはオケの上手さが際立ちます。非常によく訓練され、リズムとテンポのキレがよく、絢爛豪華な感じがよく出ています。ハノーイのチェロも歯切れのよい伴奏に乗って、チェロも立体的に浮かび上がるような鮮烈な演奏。1番の朗らかさを上手く表現した演奏です。

Hob.VIIb:2 / Cello Concerto No.2 [D] (1783)
2番の入りはこの曲の円熟を示すように、非常に味わい深い伴奏から。指揮のポール・ロビンソン、かなりの腕前とみました。ハノーイのチェロも老成を感じるような落ち着き。大きな構えでテンポが落ち着いているので、演奏がしっかりと地に足をつけている感じに聴こえるのがいい印象につながっています。良く鳴く演奏ですが情緒に流されている感は微塵もなく、しっかりとした骨格設計があるように聴こえます。耽美的なのに落ち着いて聴けるなかなかの演奏ですね。2番のカデンツァは女性らしいタッチの軽さで深い淵を覗き込むような表現の陰影をつけていく秀逸なもの。表現を凝らしているのに不自然さが皆無なところはやはり才能だと言えるでしょう。長大な2番の1楽章をきっちりまとめあげます。
2楽章のアダージョはまさにそよ風のような演奏。美しい高音、完璧なオケとの掛け合い、そして以外にデュナーミクの幅も大きいハノーイのチェロ。音の軽さがいい方向に働いて華麗さにつながっています。
そして回想シーンのようなフィナーレも基本的に冷静さを保ちながらの耽美的な演奏。オケとの一体感も抜群で不揃いなところは皆無。非常にまとまりの良い演奏でした。

美人チェリスト、オーフラ・ハノーイによるハイドンのチェロ協奏曲集。ハノーイ28歳頃の録音で、もうすこし若々しい演奏を想像していましたが、むしろ老成した耽美的な演奏。女性らしい演奏ではありますが、音色の軽さから来る爽やかさと確かな技術に裏付けられた安定感が相俟ったチェロ。当時の人気に恥じない演奏ということが出来るでしょう。このアルバムではポール・ロビンソンの指揮によるトロント室内管弦楽団がキリッと引き締まった伴奏で好サポート。オケの響きの良さも聴き所です。評価は両曲とも[++++]とします。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : チェロ協奏曲 美人奏者

コメントの投稿

非公開コメント

No title

Daisyさん こんにちは。
9月はヨーロッパと韓国に海外出張連発で、本日ようやくレビューを読むのが
追いつきました。(アムステルダムでは、レンブラントの「夜警」を鑑賞する機会に
恵まれました。フェルメールも3枚。それから、来週、またまたアメリカ出張が
決まってしまいました。。。定年まで、あと一桁年の決して若くない身に応えます)

さて、そういうわけで、ちょっと前のレビューへのコメントになってしまい申し訳
ありませんが、ハーノイは、これらの曲は2度録音しているのでしょうか?
(私の所有している盤は、録音データが1983年になっていて、ジャケ写も
違うものです、ただし、オケ、指揮者、録音場所は同じ。レーベルはRCA
RED SEAL。) たぶん、Daisyさんの盤は、私の所有している盤と同じ録音のもので、
Daisyさんの盤に記載の1993年の録音というのは間違いで、1983年だと推測します。
いつ購入したのかは定かではありませんが、かなり以前から手元にあり、
メモリーオーディオで持ち歩いているチェロ協奏曲は、つい最近まで、
このハーノイ盤のものでした(最近は、デュ・プレ盤に入れ替えてしまいましたが)。

ともあれ、ハーノイによるハイドンのチェロ協奏曲は、デュ・プレ、ロストロについで
好きな演奏です。

デュ・プレの白熱した、やや荒削りにも思える鬼気迫る演奏に比べることはできませんが、
ハーノイもなかなか聴かせてくれます。


Re: No title

Haydn2009さん、こんにちは。
仕事とはいえ、ヨーロッパ出張はいいですね。こちらは昔はヨーロッパ、アメリカ、台湾など海外出張もあったんですが、今の仕事では海外出張はないので、うらやましいですね。オランダは学生のころ列車で通過しただけで、降り立ったことはありません。アムステルダムもいい街なんでしょうね。
ご指摘のハーノイ盤、確かに1983年の録音でした。所有盤リストには1983年と記載していますのでブログの記事の方の誤記でした。早速修正しておきました。ご指摘ありがとうございました。
プロフィール

Daisy


Author:Daisy

ハイドン(Franz Joseph Haydn)の膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。私はなぜハイドンにはまったのか?

最新記事
カテゴリ
ハイドンディスコグラフィ
Joseph Haydn Discography
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものはリスト冒頭に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

登録曲数:1,368
登録演奏数:11,793
(2019年12月31日)
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

交響曲76番オックスフォード交響曲90番ライヴ録音ヴィヴィアーニバリトン三重奏曲四季ロンドンピアノソナタXVI:39ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:21ベートーヴェンピアノソナタXVI:19古楽器ピアノソナタXVI:23先生と生徒音楽時計曲ピアノ四重奏曲ヴァイオリン協奏曲オルガン協奏曲XVII1:1協奏交響曲ピアノ協奏曲XVIII:4交響曲93番軍隊ヒストリカル交響曲70番交響曲81番ピアノ協奏曲XVIII:11交響曲80番トランペット協奏曲悲しみヴァイオリンとピアノのための協奏曲XVIII:6モーツァルトヨハン・クリスチャン・バッハ交響曲4番ピアノ三重奏曲ピアノソナタXVI:51豚の去勢にゃ8人がかり十字架上のキリストの最後の七つの言葉ラモーバッハヘンデルスカルラッティショスタコーヴィチ驚愕シェーンベルク弦楽四重奏曲Op.76ドヴォルザーク交響曲75番チェロ協奏曲ホルン協奏曲時計弦楽四重奏曲Op.50アンダンテと変奏曲XVIII:6弦楽四重奏曲Op.64弦楽四重奏曲Op.20弦楽四重奏曲Op.54天地創造レスピーギヴォルフタリスリヒャルト・シュトラウスヨハン・シュトラウスリゲティ交響曲10番ピアノソナタXVI:49迂闊者交響曲54番ネルソンミサトマジーニピアノソナタXVI:52交響曲2番ピアノソナタXVI:46皇帝日の出弦楽四重奏曲Op.71ブルックナー交響曲88番ベルリオーズウェーベルンベンジャミンナッセンメシアンシェルシグリゼーヴァレーズ弦楽四重奏曲Op.20交響曲67番交響曲9番交響曲65番交響曲73番交響曲39番交響曲61番狩りリームアンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:6ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:48交響曲全集リムスキー・コルサコフラヴェルピアノソナタXVI:44ピアノソナタXVI:45第九太鼓連打ボッケリーニ交響曲99番シューベルト交響曲5番ストラヴィンスキーチャイコフスキーライヴ弦楽四重奏曲Op.2序曲ヴィヴァルディオペラ序曲アリア集パイジェッロピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6すみだトリフォニーホールピアノソナタXVI:34ブーレーズサントリーホール弦楽四重奏曲Op.74無人島騎士オルランドアルミーダ変わらぬまこと哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェチマローザ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:3ピアノ協奏曲XVIII:1ラメンタチオーネアレルヤ交響曲79番交響曲3番チェロ協奏曲1番交響曲58番交響曲27番交響曲19番紀尾井ホールドビュッシーミューザ川崎LPオーボエ協奏曲ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:38ピアノソナタXVI:29スタバト・マーテルマーラー告別交響曲97番奇跡交響曲18番ひばりフルート三重奏曲交響曲102番交響曲86番哲学者小オルガンミサニコライミサミサブレヴィス交響曲95番交響曲78番王妃SACD武満徹マリア・テレジア交響曲21番クラヴィコードBlu-ray東京オペラシティ交響曲12番交響曲11番交響曲15番交響曲37番交響曲1番ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:1ディヴェルティメント東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ドニぜッティライヒャロッシーニ弦楽三重奏曲東京文化会館フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.9弦楽四重奏曲Op.17剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ピアノソナタXVI:31ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:26アレグリモンテヴェルディパレストリーナバード美人奏者ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンスコットランド歌曲ヴェルナーガスマンピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲46番交響曲35番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3帝国ラ・ロクスラーヌハイドンのセレナード五度ラルゴラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏冗談ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオモテットドイツ国歌オフェトリウムカノンよみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ベルク主題と6つの変奏オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲交響曲50番交響曲89番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:47bisピアノ小品ピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7天地創造ミサジャズ弦楽四重奏曲Op.42ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番2つのホルンのための協奏曲展覧会弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲108番交響曲107番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽ピアノソナタ

タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
62位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
7位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

大家さんFC2のクラシックブログランキング。

おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)






twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ