フェステティチ四重奏団のOp.77、Op.103旧盤

久しぶりにオークションで手に入れたアルバム。

Festetics77.jpg
amazon

フェステティチ四重奏団(Quatuor Festetics)の演奏によるハイドン最晩年の弦楽四重奏曲Op.77のNo.1、No.2、Op.103の3曲を収めたアルバム。収録は1990年9月、ブダペストのユニテリアン教会でのセッション録音。ARCANAの現役盤ではなくharmonia mundi FRANCEによる旧録音です。

当ブログの読者の方ならご存知のことと思いますが、フェステティチ四重奏団の現在リリースされているARCANA盤はデッドな録音と力の入った演奏により、私は何となくしっくり来ていません。フェステティチ四重奏団にはARCANA盤以前にHUNGAROTONやharmonia mundi FRANCEからいくつかのアルバムがリリースされており、なんとなくこれらの旧盤の方を好んできました。そのへんの状況は過去のレビューをご覧ください。

2011/11/14 : ハイドン–弦楽四重奏曲 : フェステティチ四重奏団のOp.9のNo.4新旧比較
2011/05/01 : ハイドン–弦楽四重奏曲 : フェステティチ四重奏団のOp.33(旧録音)

このアルバムは、そうしたなか、たまたまオークションで見かけたもの。フェステティチの旧盤ということで、狙いをつけて落札しました。

このOp.77とOp.103はARCANA盤も持っているので、レビューの前にちょっと聴いてみたところ、やはりOp.9の記事で書いたのと同様、鮮明ながらちょっと大上段にダイナミックな演奏で、ハイドンの演奏に必要な力の抜けた感じがもう少し欲しいと思わせるものと感じました。

さて、この旧盤、ハイドンの最晩年の成熟した音楽をどう聴かせてくれるでしょうか。好きなアーティストの好きなアルバムに針をおとす(本当はCDプレイヤーにかけるだけですが、、、)ドキドキ感がたまりません。

Hob.III:81 / String Quartet Op.77 No.1 [G] (1799)
直前に聴いたARCANA盤がオンマイク、デッドで鮮明な録音だったのと比べると、豊かな残響と、少し遠くに定位するクァルテット、そして若干ハイ落ちの少し古びた録音という一聴してわかる違いがあります。ただ、音楽は瑞々しさと、いい意味で楽天的な優雅な響きがあり、ハイドンの晩年の傑作を力を抜いて演奏を楽しむような余裕があります。この瑞々しさがフェステティチの旧盤の特徴。まさに期待していた通りの弾む音楽。フェステティチ独特の燻製にしたような渋い響きの弦楽器の魅力が溢れています。やはりハイドンの演奏はこのくらいの余裕ある演奏がなじみ、安心して音楽に浸れます。所々のアクセントがびしっと決まり、やはり月並みな演奏とは異なる淀みないながらもキリッと引き締まった演奏です。
2楽章のアダージョはフェステティチの燻らしたような響きの魅力がさらに活きた演奏。この独特な音色は他のクァルテットとは明らかに違います。精妙というよりは、木が響き合うという言葉がふさわしい演奏。絶え間なく流れるのに、旋律のつなぎ目の部分にハッとするような間が入ったりして楽しませてくれます。
そしてメヌエットはまさに4台の楽器が素晴らしい一体感で攻めて来るような演奏。スピーディーな演奏なんですが、非常に自然な印象を残し、全員の息がピタリとあっていることがよくわかります。後半は素晴らしい推進力。
フィナーレは抜群のテクニックで、キレというよりは吹き上がるエネルギーを感じさせる演奏。まさに4人のアンサンブルは完璧に一体化して、掛け合いというよりアンサンブルから吹き出す音楽が跳ね回るよう。ハイドンのクァルテットの最高の一つであることは確かです。

Hob.III:82 / String Quartet Op.77 No.2 [F] (1799)
前曲に続き、フェステティチサウンド炸裂です。図太いチェロの響き(録音によるところが大きいでしょう)をふくめて、すばらしいエネルギーの充実。古楽器は雅で精妙な響きという先入観を打ち砕く、力感溢れ、推進力抜群の演奏。まるで最上のライヴを聴くような緊張感。おそらく一発録りではないかと思います。この演奏のエネルギーと緊張感はセッション録音のものとは思えません。ハイドンの曲なのに演奏は燃え上がってます。奏者全員がノリに乗っている感じがつたわって来ます。1楽章は嵐のような素晴らしさ。
この曲は2楽章がメヌエット。1楽章の余韻さめやらぬ中、響きに宿るエネルギーはそのままに、曲想にあわせて、すこし演奏の熱を冷ますような間を入れて、秩序を保ちます。1楽章での白熱した演奏が良い方向に働いて、メヌエットも力を適度に抜いているのに、類いまれなライヴ感が音楽を豊かにしています。もはや完全に空間を音楽で支配しているよう。
アンダンテは異次元の洗練。もともとハイドンの素晴らしさが良くでた曲なんですが、この演奏は神憑っています。さりげないメロディーから音楽の悦びがじわりとにじみ出てくるもの。脳内にアドレナリン噴出です。あまりの素晴らしさにじんと来ます。至福のひと時。はじめてシスティーナ礼拝堂を訪れたときの息を飲む感じが蘇ります。
フィナーレはもう解説の必要はないでしょう。完璧な音楽の流れ。完璧なテクニック。そして音楽が心にしみ込みます。この完成度で7年後に最録音が必要なんでしょうか。

Hob.III:83 / String Quartet Op.103 [d] (before 1803)
ハイドンが1803年、2楽章までを書き終えたところで「わが力すでに萎えたり。齢をかさね、力、衰えぬ」と書き加えて出版されたハイドンが最後に書いた曲。フェステティチの演奏からは、前曲の素晴らしいエネルギーは影をひそめ、枯れた心境を表すように淡々とした音楽が聴こえてきます。このへんの演奏スタンスは見事の一言。この曲間の対比はまさに音楽の真髄を知ったものの仕業にちがいありません。淡々としたというには緻密なテクニックと音楽性があってはじめてできる、研ぎすまされた淡々さがあるようです。メヌエットは最後の力を振り絞ったハイドンに対する畏敬ともいえる迫真の緊張感で曲を締めくくります。

やはり、期待通り、フェステティチ四重奏団の旧盤は図抜けた迫力とハイドンの曲の深い理解にもとづく素晴らしい演奏が聴かれました。上でも書きましたが、この演奏の録音を残して、新盤を録音するということはどうゆうことでしょう。新盤との比較でも、私は間違いなく旧盤を推します。評価はもちろん、3曲とも[+++++]です。ハイドンの弦楽四重奏が好きな方は是非探し出して手に入れるべき至宝と断言します。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 弦楽四重奏曲Op.77 弦楽四重奏曲Op.103

コメントの投稿

非公開コメント

No title

残暑お見舞い申し上げます。
同四重奏団のARCANAへの全集?は、作品番号別の2枚組で大半は所有していますが、ピリオド奏法で低いピッチの採用など小生との相性は良いとはいえず愛聴盤にはなっていません。フンガロトンへの作品9の旧録音は、当時としては大変貴重なレパートリーであり(エオリアン以外には無かった?)結構聴きましたが・・・
HMFへの当録音は、その中間あたりの時期の録音とみらで未聴でした、どこかで入手しなければ・・・メモメモ。それにしても、第一ヴァイオリンの名前がケルテシュ・イシュトバーンとは!実はハンガリーでは「山田太郎」みたいなフツーの名前なんでしょうかねー?

Re: No title

だまてらさん、おはようございます。
まだまだ暑い日が続きますね。フェステティチ四重奏団のARCANA盤は、世評はいいようですが私も書いているとおり今ひとつしっくりきません。デッドな録音も一因ですが、一番気になるのはハイドンの演奏としてはストイックすぎるところかもしれません。その点harmonica mundi盤はライヴのような白熱した迫力が素晴らしくオススメです。ただ、だまてらさんのシステム聴くとハイ落ちの録音が気になるかもしれません。
確かにケルテシュ・イシュトバーンですね。気になります(笑)

では、新録に一票。

ずいぶん前にアマゾンでフェステティチのLast Words を注文したら、このLast Quartets が届いてしまいました。返金してもらったのですが、返品の請求が無く、いまだに手元にあります。私は残響がほどほどの室内楽を、身を固くするように集中してよく聴くので、新録音を選んでいます。たぶん、一音限りの緊張感が好きなんです。そんな聴き方をハイドンが望んでるのか、疑問ですが。

Re: では、新録に一票。

maro_chroniconさん、おはようございます。
ブログのレビューはあくまでも私の主観というか趣味にもとづくものです。フェステティチについては、新盤を評価する方が多いのもいろいろなブログの記事等をみてもわかります。旧盤の方は一聴して新盤よりも音がぼけて聴こえており、環境や装置によってはその辺も評価につながるものかと思ってます。私も以前異なる装置やスピーカーを使っていたときとは、評価も変わっています。なんというか、いい演奏と思うツボに落ちるものとそうでないものが変わるんですね。新盤の方は鮮明ストイックな魅力に溢れていますが、私は旧盤のエネルギーに痺れています。
プロフィール

Daisy


Author:Daisy

ハイドン(Franz Joseph Haydn)の膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。私はなぜハイドンにはまったのか?

最新記事
カテゴリ
ハイドンディスコグラフィ
Joseph Haydn Discography
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものはリスト冒頭に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

登録曲数:1,368
登録演奏数:11,793
(2019年12月31日)
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

ヒストリカル交響曲88番交響曲90番交響曲76番オックスフォードライヴ録音バリトン三重奏曲ヴィヴィアーニ四季ロンドンピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:39ピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:25ベートーヴェンピアノソナタXVI:19ピアノソナタXVI:23先生と生徒古楽器音楽時計曲ピアノ四重奏曲ヴァイオリン協奏曲協奏交響曲オルガン協奏曲XVII1:1ピアノ協奏曲XVIII:4交響曲70番交響曲93番軍隊交響曲80番交響曲81番ピアノ協奏曲XVIII:11悲しみヴァイオリンとピアノのための協奏曲XVIII:6トランペット協奏曲モーツァルトヨハン・クリスチャン・バッハ交響曲4番ピアノ三重奏曲豚の去勢にゃ8人がかりピアノソナタXVI:51十字架上のキリストの最後の七つの言葉ラモーヘンデルバッハスカルラッティ驚愕ショスタコーヴィチシェーンベルク弦楽四重奏曲Op.76ドヴォルザーク交響曲75番チェロ協奏曲ホルン協奏曲時計弦楽四重奏曲Op.50アンダンテと変奏曲XVIII:6弦楽四重奏曲Op.20弦楽四重奏曲Op.64弦楽四重奏曲Op.54天地創造レスピーギヴォルフヨハン・シュトラウスリゲティタリスリヒャルト・シュトラウス交響曲10番ピアノソナタXVI:49交響曲54番迂闊者ネルソンミサトマジーニピアノソナタXVI:52交響曲2番ピアノソナタXVI:46日の出皇帝弦楽四重奏曲Op.71ブルックナーベルリオーズウェーベルンナッセンベンジャミンヴァレーズグリゼーシェルシメシアンOp.20弦楽四重奏曲交響曲9番交響曲67番交響曲65番交響曲39番交響曲73番交響曲61番狩りリームピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:6アンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:48交響曲全集リムスキー・コルサコフラヴェルピアノソナタXVI:45ピアノソナタXVI:44第九太鼓連打ボッケリーニ交響曲99番シューベルト交響曲5番チャイコフスキーストラヴィンスキーライヴ弦楽四重奏曲Op.2序曲ヴィヴァルディオペラ序曲アリア集パイジェッロピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6すみだトリフォニーホールピアノソナタXVI:34サントリーホールブーレーズ弦楽四重奏曲Op.74アルミーダ無人島変わらぬまこと騎士オルランド哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェチマローザ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:1ピアノ協奏曲XVIII:3交響曲3番交響曲79番アレルヤラメンタチオーネチェロ協奏曲1番交響曲58番交響曲19番交響曲27番紀尾井ホールドビュッシーミューザ川崎オーボエ協奏曲LPヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:38ピアノソナタXVI:29スタバト・マーテルマーラー告別交響曲97番奇跡交響曲18番ひばりフルート三重奏曲交響曲102番交響曲86番哲学者小オルガンミサニコライミサミサブレヴィス交響曲95番交響曲78番王妃SACD武満徹交響曲21番マリア・テレジアクラヴィコードBlu-ray東京オペラシティ交響曲12番交響曲11番交響曲15番交響曲1番交響曲37番ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4ディヴェルティメント東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:7ロッシーニライヒャドニぜッティ弦楽三重奏曲東京文化会館フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ピアノソナタXVI:31ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:26バードアレグリモンテヴェルディパレストリーナ美人奏者ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンスコットランド歌曲ヴェルナーガスマンピアノソナタXVI:24交響曲35番交響曲51番交響曲46番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3帝国ラ・ロクスラーヌハイドンのセレナード五度ラルゴラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏冗談ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:9ピアノ協奏曲XVIII:5ヴァイオリンソナタ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオモテットドイツ国歌カノンオフェトリウムよみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ベルク主題と6つの変奏オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲交響曲50番交響曲89番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲77番交響曲34番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノ小品ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7天地創造ミサジャズ弦楽四重奏曲Op.42ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャ交響曲56番マリアテレジア2つのホルンのための協奏曲展覧会弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲108番交響曲107番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽ピアノソナタ

タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
50位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
7位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

大家さんFC2のクラシックブログランキング。

おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)






twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ