作曲家ヨーゼフ・ハイドンの作品のCD、LP、映像などを収集しレビューしています。膨大なハイドンの作品から名盤、名演奏を紹介します。

レヴィン、ベス、ビルスマによるピアノ三重奏曲集

2
0
今日はピアノトリオの名演盤。

LevinBethisBylsma.jpg
HMV ONLINEicon / amazon

ロバート・レヴィン(Robert Levin)のフォルテピアノ、ヴェラ・ベス(Vera Beths)のヴィアオリン、アンナー・ビルスマ(Anner Bylsma)のチェロと古楽器の名手3人によるハイドンのピアノ三重奏曲の最後期の4曲(Hob.XV:27、XV:28、XV:29、XV:30)を収めたアルバム。収録は1992年9月2日、3日、5日にオランダ、ハールレムのルター教会でのセッション録音。レーベルはSONY CLASSICAL。

フォルテピアノのロバート・レヴィンは1947年アメリカ生まれのピアニスト、作曲家。幼少期にはパリで教育者として有名なナディア・ブーランジェに学び、ハーバード大学では「モーツァルトの未完の作品」という論文を書いたとのこと。教育者としてのキャリアが中心で、フライブルク音楽大学やハーバード大学でピアノの教授であったようです。

ヴァイオリンのヴェラ・ベスは1946年オランダ、ハールレム生まれのヴァイオリニスト。父からヴァイオリンの手ほどきを受け、アムステルダム音楽院で学んだあと、オランダのハーグ王立音楽院やアメリカマールボロで教職にあるそう。ラルキブデッリのヴァイオリニストとしてアンナー・ビルスマとともに多くの演奏に参加しているそう。

アンナー・ビルスマは今更紹介の必要はないでしょうが、調べたところ当ブログでちゃんと取りあげた事はありません。1934年オランダ、ハーグ生まれのチェリスト。古楽器のチェロの第一人者と言ってもいいでしょう。ヴァイオリンのヴェラ・ベスは夫人だということです。私は知りませんでしたが、ロジャー・ノリントンのロンドン・クラシカル・プレイヤーズ、フランス・ブリュッヘンの18世紀オーケストラのそれぞれ創立メンバーとのこと。ラルキブデッリの設立者としても有名ですね。

今日取り上げるピアノ三重奏曲はすべてハイドンが2回目のロンドン旅行から帰国した翌年1796年の作曲。最初の3曲は、ロンドンの有名なピアニスト、テレーゼ・ジャンセン=バルトロッツィ(Therese Jansen-Bartolozzi)夫人に献呈されたもの。バルトロッツィ夫人はピアノの名手だったようで、この3曲はこれまでのピアノ三重奏曲とは曲の構成が変わり、ピアノのダイナミックな響きを生かした曲として書いたものとのこと(中野博詞さん「ハイドン復活」より)。

Hob.XV:27 / Piano Trio (Nr.43/op.75-1) [C] (1796)
聴き慣れた曲ですが、なるほど名ピアニストのために書かれた曲と知ると、このエネルギーに満ちた曲想とした背景がわかった気がします。はち切れるエネルギー、鮮烈なメロディーはハイドンのピアノ三重奏随一のものでしょう。レヴィンのフォルテピアノはまことにキレよく、抑揚も十分。ベスのヴァイオリンも存在感十分で、意外とビルスマのチェロは軽いタッチで二人を微笑ましくサポートするよう。貫禄が違います。1楽章はもちろん火花散るようなスリリングさに溢れていますが、やはり貫禄か、どこか余裕があり、純粋にハイドン渾身のアンサンブルを楽しんでいるよう。楽しげな雰囲気がたまりません。
2楽章のアンダンテは穏やかに入りますが途中、何度も起伏に富んだ音楽に変わり、アンサンブルの妙を味わえます。特にレヴィンのフォルテピアノの切れ味は鋭く、刺激に富んだ音楽になっています。
フィナーレは期待通り。現代楽器だとはち切れんばかりのエネルギーを城出するところですが、古楽器の響きの軽さと繊細さが、爽やかさな方向を強調し、素晴らしいキレを聴かせます。音楽性もテクニックも申し分なし。星の雨が降り注ぐようなすばらしいフォルテピアノのきらめき感。3人の息もピタリと合って圧倒的なフィニッシュ。

Hob.XV:28 / Piano Trio (Nr.44/op.75-2) [E] (1796)
冒頭から美しいヴァイオリンの響きに耳を奪われます。ワンポイント的ではありませんが、各楽器が鮮明に定位して、残響もほどほどな好録音。1992年にしてはかなりいい録音でしょう。1楽章は弦のピチカートと抑えたフォルテピアノの表現が要所で効果的な響きを聴かせ、ヴァイオリンは美音を轟かせます。
特徴的なのは2楽章のアレグレット。短調のフォルテピアノの憂いに満ちた音階が切々と心に迫ります。ヴァイオリンとチェロが音を重ねてフォルテピアノの旋律を引き立て、音楽の深い淵を覗かせます。
フィナーレは2楽章の影をあえて断ち切るようなあっけらかんとした入り。この曲でも奏者全員に余裕があり、音楽を楽しむがごとき雰囲気に溢れているのは前曲と同様。名人トリオの至芸といった趣。

Hob.XV:29 / Piano Trio (Nr.45/op.75-3) [E flat] (1796)
いつもながら前の曲とはまったく異なる曲想を次々と生み出すハイドンの才能に驚かざるを得ません。3曲セットでの曲ながら、この曲想の変化は見事。ここでは各楽器は音数を減らして旋律の絡み合いの面白さを存分に表現、徐々に変化を付けていきます。途中からヴァイオリンの美しい中音域のメロディーラインが印象的。チェロはここでも脇役に徹して音量もかなり抑えながら、絶妙の起伏を聴かせます。
2楽章はフォルテピアノによる伴奏に乗ったヴァイオリンの絶妙な美しさの旋律。チェロが存在感を少し増して支えます。
この曲の聴き所はフィナーレ。素晴らしい感興。フォルテピアノが華やかなメロディーを主導して、全楽器が音を重ねて楽天的なメロディーを変化させていき、大きな盛り上がりの中に変化をつけたメロディーが絡み合ってえも言われぬ音楽。途中何度か印象的な休符をはさむことで音楽に緊張感を維持します。やはり素晴らしいキレのフィニッシュ。

最後に収められた曲は1797年にウィーンのアルタリア社から単独の曲として出版されたハイドン最後のピアノ三重奏曲。

Hob.XV:30 / Piano Trio (Nr.42/op.79-1) [E flat] (1796)
この曲を聴くとハイドンからベートーヴェンへの歴史の流れを強く感じます。曲の構成はより緊密になり、3台の楽器がそれぞれ役割を持ちながら、絡み合い、音楽はより深いものとなっていきます。1楽章は13分近い大曲なのに緊密な構成の曲。脳内からアドレナリン噴出。チェロの柔らかな起伏が音楽を非常に豊かなものにしています。
2楽章はすでに澄み切った心境を感じさせる、枯れたような音楽。そして3楽章のプレストもシンプルそのもの。ハイドンは翌年から天地創造の作曲に着手する64歳という年齢。ハイドンがたどり着いたピアノ三重奏というスタイルの総決算の曲ゆえ、最後は澄み切った透明感あふれる曲となり、レヴィン、ベス、ビルスマともに表現が純化して表情も抑え気味に終わります。

おそらくハイドンのピアノ三重奏曲の名盤として評価の確立したアルバムだと思いますが、あらためて久しぶりに取り出して聴いた印象は、並の古楽器の演奏とは格のちがう円熟した至芸が味わえる演奏。やはりビルスマの美学が行き渡っており、情緒に流される事はなく、キレのいい音楽と縁淑のテクニックをどだいにした音楽。評価は文句なしに全曲[+++++]です。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

2 Comments

There are no comments yet.

maro_chronicon

これはさすがに私も持っています。

手の届くところに置いてある大事な一枚ですが、ここ五年は見て見ぬふりでした。今回の記事がきっかけで、久しぶりに聴き直したところ、昔とはハイドンを聴く耳がまったく変わってしまった自分を発見し、これはあきらかに、このブログの影響ですね。

  • 2012/07/24 (Tue) 00:55
  • REPLY

Daisy

Re: これはさすがに私も持っています。

maro_chroniconさん、おはようございます。
ピアノ三重奏曲はいいですね。特にこのアルバムに収められた曲はハイドンば晩年に到達した孤高の高みを感じられる曲ですね。最高の曲の最高の演奏。私もこのアルバムを聴くのは久しぶりでした。お店でアルバムをみつけるのも、自宅のラックで取りあげるのもある意味運命と言うか、出会いですね。ブログの記事を書くのも、アルバムを選ぶのが一番時間がかかります。気に入らない演奏の記事を書くのは何となく筆が進みません。逆にいい演奏の記事を書くのはあまり苦労しません。

  • 2012/07/24 (Tue) 05:59
  • REPLY