カラヤン/ベルリンフィルの86番

今日は予告通りカラヤンのパリセットから。

KarajanPariset.jpg
amazon(別装丁盤)

ヘルベルト・フォン・カラヤン(Herbert von Karajan)指揮のベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏でハイドンの交響曲82番から87番、所謂「パリ・セット」を収めたアルバム。収録は1980年6月から9月にかけて、本拠地、ベルリン・フィルハーモニーでのセッション録音。レーベルはもちろん天下のDGです。

手元のアルバムは上のジャケット写真どおりのオリジナルのCD。

Karajan.jpg
HMV ONLINEicon / amazon / TOWER RECORDS

こちらは比較的最近リリースされたパリセットの6曲とザロモンセットの12曲を合わせた7枚組。今手に入れるならこちらでしょう。

カラヤンのハイドンの交響曲は、当ブログの初期の記事でちょっと触れた事があります。

2010/02/10 : ハイドン–交響曲 : カラヤンのハイドン再考

カラヤンは嫌いではなく、ハイドンでも天地創造のヴンダーリヒとのセッション録音では、その類いまれなコントロールにより、素晴らしい盛り上がりを聴かせ、ベスト盤の一枚であることは多くの人も認めるところでしょう。また、カラヤンの演奏は若い時のものの方が飛ぶ鳥を落とす勢いすら感じさせる覇気が前面に出ていて、お薦めできるものが多いですね。ハイドンではウィーンフィルとのロンドン、太鼓連打などこの例でしょう。

ところが、このベルリンフィルとのパリセット、ザロモンセットは、カラヤン晩年のレガートを効かせたカラヤンスタイルの演奏がちょっと鼻につくのと、デッドな(デッドすぎる?)録音が災いして、ハイドンの楽しさよりも、力づくでの演奏との印象が強いアルバム。確かに良く聴くと磨き抜かれたベルリンフィルの重量級の演奏は素晴らしいものの、それがハイドンの交響曲のいい演奏かと問われると、手放しでそうだとは言い難いというところ。

ま、こんな風に思ってきた訳です。昨日なぜか弾みで、このパリセットのアルバムを手に取り、パリセットでは最も好きな86番の演奏をかなり久しぶりに聴いてみた次第です。この印象は変わるでしょうか?

Hob.I:86 / Symphony No.86 [D] (1786)
以前聴いた時とはオーディオセットのセッティングも実は変わっていて、以前ほどデッドな録音が気にはならなくなっています。デッドには変わりありませんが、不自然とまでは言えないでしょう。艶やかな序奏は流石ベルリンフィル。主題に入ってからの迫力もベルリンフィルならでは。ただ、直球過ぎてフレーズに遊びがなく、少々堅苦しさを感じてしまうところもあります。弦楽器の分厚い響き、特に低音楽器の響きはカラヤン時代のベルリンフィルのトレードマークでしたでしょう。響きは厚いながらも研ぎすまされて室内楽的な純粋さも併せ持っています。
機知を語るというよりはストイックに攻めるハイドン。正攻法、正面突破、全力投球の真面目な演奏です。全盛期の余裕を感じさせる覇気溢れるカラヤンの姿は見られず、一心不乱に自身の理想とする音響美の宮殿を構築しようとする建築家の視点のようです。
2楽章はカラヤンならではの楽章を立体的に聴かせようとする、入りから終わりまでの起伏を、俯瞰したような客観的な語り口で描いていきます。フレーズをじっくり描いていく事で重厚感もあり、1楽章同様室内楽的な透明感もある演奏。テンポが揺るぎだにしないのが流石カラヤンのタクト。
メヌエットはこの曲の中でももっとも力が抜けた楽章。力感溢れていて、力こぶもあるのですが、聴いていて一番楽天的に聴こえる楽章。これで良く響くホールでの録音だったら、だいぶ違って聴こえたに違いありません。やはりデッドな録音が弱点になっているような気がします。オケの厚みがデッドな響きのせいで単調に響いてしまいます。
フィナーレはベルリンフィルの威力炸裂。テンポの安定感は流石で各楽器がうなりをあげて鬩ぎあっているのでしょうが、響きはデッドなので、真空での演奏のように聴こえ、迫力ある響きは脳内で補います。おそらくワンポイント的なマイクはなく、各楽器をオンマイクで拾ったマルチチャネル録音のように聴こえます。定位感はかなり不鮮明なのに響きはクッキリしたものです。各楽器の位置関係も判然としません。最後分厚いオーケストラの響きと想像される音響によるクライマックス。

カラヤンの演奏スタイルは一貫したカラヤンスタイルですが、これだけデッドな録音で聴くと、迫力がちょっとくどく感じたり、単調な響きになってしまいます。冒頭でデッドな録音が以前より気にならなくなったと言っておきながら、やはり最後は録音の問題が印象に大きく影響している感は否めません。おそらくこの演奏をサントリーホールで演奏して生で聴いたらさぞかし素晴らしかったのではなかったかと想像しています。物理特性という意味ではなく、響きとしての録音はアルバムの印象に大きな影響があるのは明らかなところ。評価は[+++]としておきます。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 交響曲86番

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは
カラヤンの86番ですか、良くもわるくも興味わきますね;ちょうどパリ・セットがオークションにでています;
DGではG.ヘルマンスが録音の専属ですが、来日公演のサントリーホールでNHKのスタッフが録音したCDは程よくクリアーでしっとり感もあり、この録音ならハイドンもいけそうな感じです^^

Re: No title

michaelさん、おはようございます。
いつもコメントありがとうございます。晩年のカラヤンの録音はブルックナーの7番など枯淡の境地を聴かせるものもありますが、このハイドンのようにカチカチのものも少なくありませんね。こうゆう音が晩年のカラヤン自身の好み、もしくはカラヤンのオーディオセットと相性が良かったからなのではないかと想像しています。出来れば定位感の良い普通の録音で聴いてみたいものです。
プロフィール

Daisy


Author:Daisy

ハイドン(Franz Joseph Haydn)の膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。私はなぜハイドンにはまったのか?

最新記事
カテゴリ
ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものはリスト冒頭に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

登録曲数:1,365
登録演奏数:11,529
(2019年3月31日)
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

交響曲4番モーツァルトヨハン・クリスチャン・バッハオックスフォードロンドン豚の去勢にゃ8人がかりピアノソナタXVI:51ピアノ三重奏曲十字架上のキリストの最後の七つの言葉ヘンデルラモースカルラッティバッハ驚愕ショスタコーヴィチシェーンベルク交響曲75番悲しみチェロ協奏曲古楽器ホルン協奏曲時計弦楽四重奏曲Op.50アンダンテと変奏曲XVIII:6弦楽四重奏曲Op.64弦楽四重奏曲Op.20弦楽四重奏曲Op.54天地創造ヴォルフレスピーギヨハン・シュトラウスリヒャルト・シュトラウスタリスリゲティ交響曲10番軍隊ピアノソナタXVI:49迂闊者交響曲54番ネルソンミサバリトン三重奏曲ベートーヴェンピアノソナタXVI:52交響曲2番ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:46日の出皇帝弦楽四重奏曲Op.71交響曲88番ブルックナーベルリオーズウェーベルンベンジャミンナッセングリゼーメシアンヴァレーズシェルシOp.20弦楽四重奏曲交響曲67番交響曲65番交響曲9番弦楽四重奏曲Op.76狩り交響曲39番交響曲73番交響曲61番リームピアノソナタXVI:6アンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:48四季交響曲全集リムスキー・コルサコフラヴェルピアノソナタXVI:45ピアノソナタXVI:44ピアノソナタXVI:21第九太鼓連打ヒストリカルボッケリーニ交響曲99番シューベルト交響曲5番ストラヴィンスキーチャイコフスキーライヴピアノ協奏曲XVIII:11弦楽四重奏曲Op.2序曲ヴィヴァルディオペラ序曲パイジェッロアリア集ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6すみだトリフォニーホールピアノソナタXVI:34ブーレーズサントリーホール弦楽四重奏曲Op.74哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェ変わらぬまこと無人島アルミーダ騎士オルランドチマローザ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:4ピアノ協奏曲XVIII:3ピアノ協奏曲XVIII:1ラメンタチオーネアレルヤ交響曲79番交響曲3番チェロ協奏曲1番交響曲27番交響曲58番交響曲19番紀尾井ホールドビュッシーミューザ川崎LPオーボエ協奏曲協奏交響曲ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:38ピアノソナタXVI:29スタバト・マーテルピアノソナタXVI:39マーラー告別交響曲97番交響曲90番交響曲18番奇跡ひばりフルート三重奏曲交響曲102番交響曲86番ヴァイオリン協奏曲哲学者小オルガンミサミサブレヴィスニコライミサ交響曲95番交響曲93番交響曲78番ピアノソナタXVI:23王妃武満徹SACDライヴ録音交響曲81番交響曲80番マリア・テレジア交響曲21番クラヴィコードBlu-ray東京オペラシティ交響曲11番交響曲12番交響曲15番交響曲37番交響曲1番ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:1ディヴェルティメント東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ロッシーニライヒャドニぜッティ弦楽三重奏曲東京文化会館フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.9弦楽四重奏曲Op.17剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ピアノソナタXVI:31ピアノソナタXVI:26ファンタジアXVII:4アレグリパレストリーナバードモンテヴェルディ美人奏者交響曲70番ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンスコットランド歌曲ヴェルナーガスマンピアノソナタXVI:24交響曲35番交響曲46番交響曲51番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3帝国ラ・ロクスラーヌハイドンのセレナードラルゴ五度ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス時の移ろい交響曲42番ベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲リュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏冗談ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:9ピアノ協奏曲XVIII:5ヴァイオリンソナタ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオドイツ国歌カノンモテットオフェトリウムよみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難交響曲84番パリセットベルク主題と6つの変奏オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲交響曲50番交響曲89番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生音楽時計曲ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11ピアノ小品カートリッジ雅楽プロコフィエフサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7天地創造ミサジャズ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャ交響曲56番マリアテレジア2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲62番交響曲107番交響曲108番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲カンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽ピアノソナタ

タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
85位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
7位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

大家さんFC2のクラシックブログランキング。

おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)






twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ