チョ・ヨンチャン/テロス・アンサンブル・ケルンのチェロ協奏曲集(ハイドン)

結構な頻度で取りあげているチェロ協奏曲ですが、またいいアルバムを発掘しました。

TelosCello.jpg
amazon

チョ・ヨンチャン(Young-Chang Cho)のチェロ、テロス・アンサンブル・ケルン(Telos Ensemble Köln)の演奏によるハイドンのチェロ協奏曲1番、2番を収めたアルバム。収録は1996年3月25日、26日、おそらくケルンにあるテロス・スタジオでのセッション録音。レーベルはtelos recordsというレーベル。

このアルバム、先日ディスクユニオンの店頭で見つけたもの。まったく見た事もないアルバムでしたので迷わず入手。チェロ協奏曲はずいぶん集めたつもりですが、まだまだ未知のアルバムがあるものですね。

チェロのチョ・ヨンチャンは1958年、韓国のソウルで生まれ。8歳からチェロをはじめ、1971年に渡米しフィラデルフィアのカーティス音楽院、ボストンのニュー・イングランド音楽院で学んだ後、ロストロポーヴィチにも師事しました。1981年にパリで開催されたロストロポーヴィチ・チェロコンクールで入賞、またブダペストで行われたパブロ・カザルス・チェロ・コンクールやミュンヘンのARD国際音楽コンクールにも入賞するなど国際的にも高く評価されるようになりました。また、姉弟でチョ・ピアノトリオを結成して室内楽にも取り組んでおり、こちらでもジュネーヴ国際音楽コンクール、ARD国際音楽コンクールでも入賞しています。近年はチョン・ミュンフンの主宰する「セヴン・スターズ・ガラ・コンサート」やN響、東京フィルなどに客演しているとのことで日本でもご存知のかたはいるでしょう。現在はドイツ、エッセン近くのフォークワング芸術大学で教鞭をとっています。

オケのテロス・アンサンブル・ケルンについてはライナーノーツを含めてほとんど情報がありません。このアルバムのライナーノーツの裏面にメンバーの写真と名前があり、人数は16人。ファゴットを持った方は日本人で、Hiroaki Mizumaという方です。このアルバムのレーベルがtelos recordsだということを考えると、録音用に結成されたオーケストラだと想像しています。

冒頭に書いたとおり、このアルバムを取りあげたのはその出来が素晴らしいからに他なりません。

Hob.VIIb:1 / Cello Concerto No.1 [C] (1765-7)
奥行きの深いホールで録られているような残響の比較的豊かな録音。テロス・アンサンブル・ケルンは冒頭から柔らかいな音色なのに鮮烈、鮮度の高い生気漲る演奏。腕利き揃いのメンバーである事が想像されます。チョ・ヨンチャンのチェロは最初から鳴きまくる煽情的なボウイング。高音の鳴きをベースになめらかなフレージングで思い切り歌わせ、ハイドンの1番の晴朗さを体現するよう。チェロが良く鳴ってっています。メロディーラインを作る時の力の抜き方がうまく、表情がとても豊か。ジャクリーヌ・デュ・プレの再来かと思わせる表情。オケもオーソドックスな現代楽器による演奏ですがこれだけ活気ある演奏になれば聴き応え十分。ソロもオケも千載一遇の機会とばかりに素晴らしい集中力で進みます。楽器の響きがホールに響き渡っています。終盤は熱気が迸る感じ。カデンツァはリズム感を保ちながらチェロの美しい高音の魅力をそっと表現した短いながらインパクトのあるものでした。1楽章から盛り上がります。
アダージョは満月が静かな湖面にうつる姿を眺めるような静けさを感じさせる演奏。最初から非常に抑えた表情。徐々にチェロの表情を少しずつ膨らませていきますが、基本的に音楽的静寂が支配する世界。音量の問題ではなく表現としてという意味です。深い深い静かな呼吸を感じさせ、糸を引くようなメロディーをゆったりと奏でる感じです。チェロの音色の美しさ、とくに高音の鳴きの音色は素晴らしいものがあります。
フィナーレは期待通り十分な速さで、駆け抜けるような爽快感。速いパッセージのキレは素晴らしいものがありますがなによりそれでも非常に表情の豊かさを保っているところは絶品。1996年の演奏としてはロマンティック過ぎる嫌いはあるものの、その音楽の素晴らしさは他の演奏を押しのけてベスト盤の仲間入りする資格ありです。

Hob.VIIb:2 / Cello Concerto No.2 [D] (1783)
1番の充実ぶりで2番を弾かれたらと期待していたそのままの演奏。2番の柔らかな表情が特徴の入りは、本当に期待通りの演奏。最初からチョ・ヨンチャンの美音炸裂です。ゆったりとしたリズムに乗って、チェロがこちらもゆったりと噛み締めるようメロディーを重ねていきます。音の揺らぎというか、震えのようなものが乗って音楽が深まって行くのが感じられます。明らかに1番とは異なる深みを感じるアプローチ。このときチェ・ヨンチャンは38歳ですが音楽は老巨匠の円熟味を感じさせ、風格に満ちています。この2番の1楽章は音楽の結晶のような素晴らしい至福の時間。1番の溌剌とした魅力に対し、ハイドンの音楽も成熟し、音楽のエッセンスの結晶の様な曲となっていますが、チェ・ヨンチャンはその違いを見事に表現しています。1楽章のカデンツァはチェロの表現の深さの限りを尽くしたような入魂の演奏。暗黒の淵を覗き見るような深みを感じさせます。最後はリズミカルなオケに拾われるようにして1楽章を閉じます。
アダージョに入ってもじっくりした演奏のスタンスは変わらず、力の抜け具合も絶品。もはや言葉で説明するごとが出来ないような純度。心が昇華して音楽になったよう。
フィナーレは郷愁あふれるメロディを、これまたじっくりと進めていきます。もはや燻し銀の演奏。チェロ協奏曲というより、チェロを伴ったオーケストラによる叙情詩のような趣。ハイドンがこの曲に込めた想いをこれほどうまく引き出した演奏は滅多にありません。技術や表現を超えた素晴らしい音楽性。絶品です。

チョ・ヨンチャンとテロス・アンサンブル・ケルンによるハイドンのチェロ協奏曲1番、2番を収めたアルバム。正直に言うと、ジャクリーヌ・デュ・プレの演奏よりもこちらの方が気に入ったくらいいい演奏。おそらく1996年の演奏としてはロマンティックすぎると言う意見もあるかもしれませんが、このアルバムに入った音楽の純度はそういった意見を超えた存在。チェロ協奏曲がソロを聴かせるものという既成概念を打ち破る音楽としての情感の深さがあります。このアルバムも店頭では全く見かけませんが、こういった演奏こそ多くの人に聴いてほしいですね。評価はもちろん両曲とも[+++++]としました。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : チェロ協奏曲

コメントの投稿

非公開コメント

ファゴット

そのファゴットのHIROAKI MIZUMAさんは、ケルン放送管弦楽団の首席ファゴット奏者の方です。
2年に1度くらいケルン放送管弦楽団木管トリオ、トリオダンシュデコロンのツアーで帰国されています。(前回の演奏会に行きました。トリオのCDも購入しましたが、GOOD!でした。)

Re: ファゴット

まるさん、こんばんは。
情報ありがとうございます。なるほど流石に上手い訳ですね。彼らのウェブサイトをみると、バッハのアルバムの他にハイドンのロンドントリオを収めたアルバムもありますね。機会があったら聴いてみたいアルバムです。
プロフィール

Daisy


Author:Daisy

ハイドン(Franz Joseph Haydn)の膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。私はなぜハイドンにはまったのか?

最新記事
カテゴリ
ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものはリスト冒頭に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

登録曲数:1,365
登録演奏数:11,529
(2019年3月31日)
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

ピアノ協奏曲XVIII:4軍隊ヒストリカル交響曲93番交響曲70番ピアノ協奏曲XVIII:11交響曲80番交響曲81番トランペット協奏曲ヴァイオリンとピアノのための協奏曲XVIII:6悲しみロンドンオックスフォードモーツァルト交響曲4番ヨハン・クリスチャン・バッハピアノソナタXVI:51豚の去勢にゃ8人がかりピアノ三重奏曲十字架上のキリストの最後の七つの言葉スカルラッティヘンデルラモーバッハ驚愕ショスタコーヴィチシェーンベルク弦楽四重奏曲Op.76ドヴォルザークベートーヴェン交響曲75番チェロ協奏曲ホルン協奏曲古楽器時計弦楽四重奏曲Op.50アンダンテと変奏曲XVIII:6弦楽四重奏曲Op.54弦楽四重奏曲Op.64弦楽四重奏曲Op.20天地創造ヴォルフレスピーギヨハン・シュトラウスリヒャルト・シュトラウスタリスリゲティ交響曲10番ピアノソナタXVI:49迂闊者交響曲54番ネルソンミサバリトン三重奏曲トマジーニピアノソナタXVI:52交響曲2番ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:46日の出皇帝弦楽四重奏曲Op.71交響曲88番ブルックナーベルリオーズナッセンベンジャミンウェーベルンメシアンシェルシグリゼーヴァレーズOp.20弦楽四重奏曲交響曲67番交響曲65番交響曲9番交響曲39番狩り交響曲73番交響曲61番リームピアノソナタXVI:6ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:48アンダンテと変奏曲XVII:6四季交響曲全集ラヴェルリムスキー・コルサコフピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:44ピアノソナタXVI:45第九太鼓連打交響曲99番ボッケリーニシューベルト交響曲5番ストラヴィンスキーチャイコフスキーライヴ弦楽四重奏曲Op.2序曲ヴィヴァルディオペラ序曲パイジェッロアリア集ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6すみだトリフォニーホールピアノソナタXVI:34ブーレーズサントリーホール弦楽四重奏曲Op.74騎士オルランド無人島哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェ変わらぬまことアルミーダチマローザ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:1ピアノ協奏曲XVIII:3交響曲3番ラメンタチオーネアレルヤ交響曲79番チェロ協奏曲1番交響曲27番交響曲19番交響曲58番紀尾井ホールドビュッシーミューザ川崎協奏交響曲オーボエ協奏曲LPヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:38ピアノソナタXVI:29スタバト・マーテルピアノソナタXVI:39マーラー告別交響曲90番交響曲97番交響曲18番奇跡ひばりフルート三重奏曲交響曲102番交響曲86番ヴァイオリン協奏曲哲学者ミサブレヴィスニコライミサ小オルガンミサ交響曲95番交響曲78番ピアノソナタXVI:23王妃武満徹ライヴ録音SACDマリア・テレジア交響曲21番クラヴィコードBlu-ray東京オペラシティ交響曲11番交響曲12番交響曲15番交響曲37番交響曲1番ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:3ディヴェルティメント東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ロッシーニドニぜッティライヒャ弦楽三重奏曲東京文化会館フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.9弦楽四重奏曲Op.17剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ピアノソナタXVI:26ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:31アレグリバードモンテヴェルディパレストリーナ美人奏者ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンスコットランド歌曲ヴェルナーガスマンピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲35番交響曲46番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3ラ・ロクスラーヌ帝国ハイドンのセレナード五度ラルゴラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス時の移ろい交響曲42番ベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番リュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏冗談ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオモテットドイツ国歌カノンオフェトリウムよみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ベルク主題と6つの変奏オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲交響曲50番交響曲89番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:47bisピアノ小品音楽時計曲ピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭変奏曲XVII:7ピアノソナタXVI:22天地創造ミサジャズ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲62番交響曲108番交響曲107番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽ピアノソナタ

タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
82位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
10位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

大家さんFC2のクラシックブログランキング。

おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)






twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ