トーマス・ファイ/シュリアバッハ室内管の「時の移ろい」「告別」

これも最近手に入れたアルバムです。

Fey64.jpg
amazon

トーマス・ファイ(Thomas Fey)指揮のシュリアバッハ室内管弦楽団(Schlierbacher Kammerorchester)によるハイドンの交響曲64番「時の移ろい」、45番「告別」の2曲を収めたアルバム。収録はPマークが1999年で、ドイツのハイデルベルグ北方のメルレンバッハ(Mörlenbach)のコミュニティーセンターでのセッション録音。レーベルはファイの交響曲集をリリースし続けているhänssler CLASSIC。

このアルバムはファイのハイドン交響曲全集の第2巻にあたりますが、第1巻を含めて他のアルバムのオケがハイデルベルク交響楽団なのに対し、このアルバムのみシュリアバッハ室内管弦楽団と異なり、しかもHMV ONLINE上では既に廃盤というもの。調べたところシュリアバッハ室内管弦楽団はハイデルベルク交響楽団の前身で、1993年にハイデルベルク交響楽団に変わったとのこと。この巻のみ廃盤な理由はわかりませんが、ハイデルベルク交響楽団として録り直す予定でもあるのでしょうか。

このアルバムは廃盤だったので入手できていませんでしたが、ディスクユニオンでたまたま見かけたのでようやく手に入れたもの。おそらく編成の大きさのみの違いで奏者は同じ人も多いのではないかとと思いますので、オケの音色の違いはそれほどないのではないかと想像しています。ファイのハイドン交響曲全集の第2弾ということで、最近の録音との演奏の違いなどがあるかどうかが気になるところです。

これまで取りあげたレビューを紹介しておきましょう。

2011/07/06 : ハイドン–交響曲 : 【新着】トーマス・ファイの「帝国」、54番
2010/12/26 : ハイドン–協奏曲 : 【新着】トーマス・ファイのホルン協奏曲、ホルン信号
2010/08/01 : ハイドン–交響曲 : トーマス・ファイの69番、86番、87番

これまで取りあげたのは、それぞれ第7巻、14巻、15巻と比較的最近のもの。7巻の録音も2006年ということで、ファイの交響曲全集の初期のアルバムは取りあげていないことになります。この第2巻の1997年以前の録音がどのような出来かというのも興味あるところです。

Hob.I:64 / Symphony No.64 "Tempora mutantur" 「時の移ろい」 [A] (before 1778)
告別交響曲よりも少し後に作曲された曲。大宮真琴さんの新版ハイドンによると、筆写譜の4楽章に"Tempora mutantur"との書き込みがあるのでこの標題がついたという事ですが、それが何を意味するのかはわかっていないそう。冒頭から、落ち着いていながらも楽譜に書かれたハイドンの音楽を題材にファイらしいしっかりしたアクセントと奏法上のメリハリを凝らした演奏。オーケストラのテクニックはかなりしっかりしており、管楽器以外は古楽器という編成で、スペクタクルな展開。ハイドンの音楽に新風を吹き込もうというファイの心意気が感じられる素晴らしい演奏。この演奏は全集を創る価値があると頷けるものです。そこここにちりばめられた弦楽器のレガートが印象的。録音は鮮明で、響きも固すぎず心地よい音響。
2楽章のラルゴは弱音器つきの弦楽器が奏でる静かな曲。弱音部の美しさに焦点を合わせ、かなりテンポを落としたじっくり静かな音楽。
メヌエットは弾む感じを上手く出した、軽いタッチの演奏。オケは良くそろってファイの棒に忠実についていきます。研ぎすまされた集中力によって、フレーズごとに巧みにコントロールされ、各奏者の力の入れ加減がピタリとそろったフレージングを実現。
フィナーレは、知情のバランスが非常にいい演奏。行き届いたコントロールはそのままに、音楽の推進力が増し、交響曲の結びにふさわしエネルギーをそこここで噴出。これは見事。

Hob.I:45 / Symphony No.45 "Farewell" 「告別」 [f sharp] (1772)
疾走する悲しみという言葉が相応しい入り。機知とエネルギーが満ちた素晴らしい入り。速めのテンポでぐいぐい行きます。弾む感じ、古楽器のアタック特有の快感、現代オケに負けないダイナミックレンジを感じさせながらも、一貫してファイの音楽。十分にコントロールされた見事な入りです。徐々に制御よりもエネルギーが勝るようになり素晴らしい盛り上がりを見せます。オケもいい意味で乱れた部分もあり、この交響曲に込められたエネルギーを素晴らしい表現で響きに込めています。
2楽章のアダージョは意外に素っ気ない感じで入ります。弱音器つきの弦楽器が奏でる聴きなれたメロディーを表情を抑え気味にして、ことさら磨く事なく、淡々と進めていきます。おそらく楽章間の対比が主眼にあり、この楽章自体の表現は押さえ込むという狙いだと思います。ここもじっくり静かな音楽。
3楽章のメヌエットは一転して浮き足立った展開。速めのテンポと速めに拍子を打つような速度感の演出で対比を鮮明にします。告別のメヌエットとしてはかなり速い方でしょう。
その勢いそのままにフィナーレに突入。前半は1楽章の再来のようなはち切れんばかりのエネルギーを放出。ほの暗いシュトルム・ウント・ドラング期特有のハイドンの魂が見えてくるよう。奏者が去っていく最後のアダージョにはいり、テンポと表情が落ち着きます。表情は淡々としたまま少しずつ楽器が減り、最後の弦楽器の1台になるまで表情はそのまま。抑えた表情が一層曲想を強調するような展開でした。

トーマス・ファイとシュリアバッハ室内管によるハイドンの交響曲全集第2巻。「告別」と「時の移ろい」という珍しい曲の組み合わせでしたが、その演奏はファイらしい創意と自然さを保った前衛的な側面もあるバランスの良い演奏。特に印象的なのが楽章間の対比と、告別の1楽章、4楽章の素晴らしいエネルギー感。この頃はハイドンの交響曲全集のまだ出だしでしたのでファイ自身にも緊張感が漲っていたように聴こえました。評価は両曲とも[+++++]とします。

今日は朝から雨ですが、府中は連休恒例のくらやみ祭りがはじまりました。街中に大きな太鼓の音色が轟いてます。昨年は震災の影響で中止となってしまいましたので、2年ぶりの太鼓の音色です。やはり普通のことが普通に行われるのがいいものですね。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 時の移ろい 告別 古楽器

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは
私はファイのCDはこの2集と、4集、8集が購入してありました。
ピリオド演奏が基盤ながら、既存の様々な演奏から耳を白紙にして、新たに曲の美質を探って聴かせてくれるようですね。強弱幅を大きくとりながら、強奏のサウンドも鋭いけど澄んでいて心地よいです。告別の第二楽章など、ずーっと聴いていたいですね。

Re: No title

michaelさん、こんばんは。
「耳を白紙にして、新たに曲の美質を探って聴かせてくれるよう」とはまさにそのとおりですね。私は当初ちょっとファイを苦手としていましたが、最近は波長が合うようになってきました。こちらの耳が育ったということだと思っています。ハイドンの交響曲全集はCD30枚少しのもの、ファイの全集も15枚まで来ましたので、あと半分少しでしょう。全集として完結することを願わずにはいられませんね。
プロフィール

Daisy


Author:Daisy

ハイドン(Franz Joseph Haydn)の膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。私はなぜハイドンにはまったのか?

最新記事
カテゴリ
ハイドンディスコグラフィ
Joseph Haydn Discography
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものはリスト冒頭に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

登録曲数:1,368
登録演奏数:11,793
(2019年12月31日)
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

交響曲76番オックスフォード交響曲90番ライヴ録音ヴィヴィアーニバリトン三重奏曲四季ロンドンピアノソナタXVI:39ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:21ベートーヴェンピアノソナタXVI:19古楽器ピアノソナタXVI:23先生と生徒音楽時計曲ピアノ四重奏曲ヴァイオリン協奏曲オルガン協奏曲XVII1:1協奏交響曲ピアノ協奏曲XVIII:4交響曲93番軍隊ヒストリカル交響曲70番交響曲81番ピアノ協奏曲XVIII:11交響曲80番トランペット協奏曲悲しみヴァイオリンとピアノのための協奏曲XVIII:6モーツァルトヨハン・クリスチャン・バッハ交響曲4番ピアノ三重奏曲ピアノソナタXVI:51豚の去勢にゃ8人がかり十字架上のキリストの最後の七つの言葉ラモーバッハヘンデルスカルラッティショスタコーヴィチ驚愕シェーンベルク弦楽四重奏曲Op.76ドヴォルザーク交響曲75番チェロ協奏曲ホルン協奏曲時計弦楽四重奏曲Op.50アンダンテと変奏曲XVIII:6弦楽四重奏曲Op.64弦楽四重奏曲Op.20弦楽四重奏曲Op.54天地創造レスピーギヴォルフタリスリヒャルト・シュトラウスヨハン・シュトラウスリゲティ交響曲10番ピアノソナタXVI:49迂闊者交響曲54番ネルソンミサトマジーニピアノソナタXVI:52交響曲2番ピアノソナタXVI:46皇帝日の出弦楽四重奏曲Op.71ブルックナー交響曲88番ベルリオーズウェーベルンベンジャミンナッセンメシアンシェルシグリゼーヴァレーズ弦楽四重奏曲Op.20交響曲67番交響曲9番交響曲65番交響曲73番交響曲39番交響曲61番狩りリームアンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:6ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:48交響曲全集リムスキー・コルサコフラヴェルピアノソナタXVI:44ピアノソナタXVI:45第九太鼓連打ボッケリーニ交響曲99番シューベルト交響曲5番ストラヴィンスキーチャイコフスキーライヴ弦楽四重奏曲Op.2序曲ヴィヴァルディオペラ序曲アリア集パイジェッロピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6すみだトリフォニーホールピアノソナタXVI:34ブーレーズサントリーホール弦楽四重奏曲Op.74無人島騎士オルランドアルミーダ変わらぬまこと哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェチマローザ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:3ピアノ協奏曲XVIII:1ラメンタチオーネアレルヤ交響曲79番交響曲3番チェロ協奏曲1番交響曲58番交響曲27番交響曲19番紀尾井ホールドビュッシーミューザ川崎LPオーボエ協奏曲ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:38ピアノソナタXVI:29スタバト・マーテルマーラー告別交響曲97番奇跡交響曲18番ひばりフルート三重奏曲交響曲102番交響曲86番哲学者小オルガンミサニコライミサミサブレヴィス交響曲95番交響曲78番王妃SACD武満徹マリア・テレジア交響曲21番クラヴィコードBlu-ray東京オペラシティ交響曲12番交響曲11番交響曲15番交響曲37番交響曲1番ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:1ディヴェルティメント東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ドニぜッティライヒャロッシーニ弦楽三重奏曲東京文化会館フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.9弦楽四重奏曲Op.17剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ピアノソナタXVI:31ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:26アレグリモンテヴェルディパレストリーナバード美人奏者ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンスコットランド歌曲ヴェルナーガスマンピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲46番交響曲35番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3帝国ラ・ロクスラーヌハイドンのセレナード五度ラルゴラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏冗談ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオモテットドイツ国歌オフェトリウムカノンよみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ベルク主題と6つの変奏オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲交響曲50番交響曲89番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:47bisピアノ小品ピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7天地創造ミサジャズ弦楽四重奏曲Op.42ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番2つのホルンのための協奏曲展覧会弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲108番交響曲107番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽ピアノソナタ

タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
62位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
7位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

大家さんFC2のクラシックブログランキング。

おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)






twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ