モスクワ室内管のチェロ、ヴァイオリン、ピアノとヴァイオリンのための協奏曲集

しばらくの湖無沙汰でした。葬儀や手続きなども一段落して、ようやく落ち着いてきました。今週は日常に戻るために少し記事を書こうと思っていましたが、ほとんど実家泊まりでブログを書く時間がとれず、結局週末になってしまいました。

今日は未聴盤ボックスの一番上にあった気になるアルバム。

icone9418.jpg
amazon

モスクワ室内管弦楽団(The Moscow Chamber Orchestra)によるハイドンの協奏曲3曲を収めたアルバム。レフ・マルキス(Lev Markiz)指揮、ナターリャ・グートマン(Nataria Gutman)のチェロによるチェロ協奏曲1番、ルドルブ・バルシャイ(Rudolf Barshai)指揮、ウラディーミル・スピヴァコフ(Vladimir Spivakov)のヴァイオリンでヴァイオリン協奏曲(VIIa:1)、そしてヴァレンチン・ジューク(Valentin Zhuk)指揮、ナターリャ・ゼルツァロワ(Nataria Zertsalova)のピアノとイーゴリ・オイストラフ(Igor Oistrakh)のヴァイオリンでピアノとヴァイオリンのための協奏曲(XVIII:6)。収録は曲順に1974年6月23日、1972年6月15日、1984年5月20日、何れもラジオモスクワのコンサートホールでの録音。拍手はないので放送用録音でしょうか。

モスクワ室内管弦楽団は以前、コンスタンチン・オルベリアンの指揮で告別交響曲の素晴らしい演奏が記憶に残っています。以前の記事はこちら。

2011/09/05 : ハイドン–交響曲 : コンスタンチン・オルベリアン/モスクワ室内管の告別

このアルバムは先月ディスクユニオンで手に入れたもの。指揮者は異なるものの、あの濃密な響きか聴けるかということで手に入れました。

モスクワ室内管弦楽団はライナー・ノーツによると1956年にルドルフ・バルシャイによって設立された室内管弦楽団。当時の国内のコンクール入賞者などをメンバーにして設立されたもので、発足当初から名手ぞろいのオケ。当時のソビエト国内はもとより国際的に活躍し有名になったとのこと。バロック期から現代音楽まで幅広いレパートリーを誇り、ショスタコーヴィチの交響曲14番「死者の歌」はモスクワ室内管が初演した曲。またレオニード・コーガン、ダヴィッド・オイストラフ、リヒテル、メニューイン、カサド、ギレリスなどロシアの一流のソリストとも共演しています。歴代の音楽監督はルドルフ・バルシャイ以後、1977年から1981年までイーゴリ・ベズロドヌイ、1986年から1991年までヴィクトル・トレチャコフ、1991年から2009年までコンスタンティン・オルベリアン(ロシア語版)、2010年からアレクセイ・ウトキンと続いています。

オケは共通ながら指揮者もソロも別ということで、曲のレビューごとに奏者を紹介しましょう。

Hob.VIIb:1 / Cello Concerto No.1 [C] (1765-7)
指揮のレフ・マルキスはモスクワ室内管の初代コンサートマスター。チェロのナターリャ・グートマンは1942年生まれのソ連出身のチェリストである。夫はヴァイオリニストのオレグ・カガン。

反応の良いオケは期待通り。速めのテンポでキビキビとした入りの序奏。チェロのグートマンはテンポ感良く非常にオーソドックスな演奏。チェロの表情は中低音のふくよか響きを中心としたもの。オーソドックスなチェロとオケの掛け合いを堪能できる安心して聴ける演奏。腕の確かな奏者とオケが余裕たっぷりに弾流すような演奏。録音は1970年代としては水準でしょうか。適度に柔らかく定位感もそこそこあり、響きのブレンドが美しい録音。もう少し鮮明であれば言う事はありません。グートマンのチェロは自然体で楽器を良く鳴らした癖のないもの。1楽章のカデンツァもテクニックは十分ながら破綻なく無理のない演奏。高い音楽性を感じる演奏。
見事なのは2楽章のアダージョ。かなりテンポを落として、訥々とした孤高の表現。オケがゆったりと伴奏を奏で、チェロは表情を抑え気味にしながらも長く糸を引くような非常に印象的な演奏。決して流麗で表情豊かな演奏ではありませんが、独特の表情付けが心に染み入るフレージング。時折聴かせる低音の深い慟哭のようなアクセントが印象的。次第に音量と表現の幅を大きくしていき、大きな起伏をつけます。徐々にチェロがむせび泣くような激しい表現を見せるようになり、ハイドンの規律ある音楽の湧く一杯の感情表現。この楽章の深い表現は見事。
フィナーレはテンポは中庸ながら、鮮度の高いオーケストラの魅力を冒頭から遺憾なく発揮。流石モスクワ室内管というべき絢爛豪華な響き。見事な切り替えでチェロも軽さを取り戻し、オケの流れに上手く乗っていきます。前楽章と対比を鮮明につけるためにリズム感を強調した演奏。チェロの上下する音階を上手くこなして、要所で美音を聴かせます。テクニシャン揃いのモスクワ室内管に一歩もひけをとらないチェロ。協奏曲のソロとオケの掛け合いが安定したテンポの流れに乗ってスリリングに展開する様は協奏曲を聴く醍醐味。1曲目からなかなか素晴らしい出来でした。

Hob.VIIa:1 / Violin Concerto [C] (c.1765)
つづいてルドルブ・バルシャイの指揮、ウラディーミル・スピヴァコフのヴァイオリンでのヴァイオリン協奏曲。バルシャイは日本でも有名な人でしょう。1924年ロシアの黒海に近いラビンスカヤ生まれの指揮者。ラビンスカヤを地図で見ると次回冬期オリンピックが開催されるソチのすぐ近くですね。バルシャイは先に触れたようにモスクワ室内管の生みの親であり、1976年にイスラエルに亡命以降は西側でも活躍し、日本にも1966年以来たびたび来日しN饗も振っているとのこと。ショスタコーヴィチなどを得意としているほかハイドンの交響曲の録音もあります。ウラディーミル・スピヴァコフは1944年生まれのロシアのヴァイオリニスト、指揮者。当ブログでも以前モスクワ・ヴィルトトゥージ室内管弦楽団を指揮したナカリャコフとのトランペット協奏曲を取りあげています。

指揮者がバルシャイに変わり分厚い響きから入ります。ちょっと荒々しさも加わり同じオケ、近い時期の演奏にもかかわらず、響きが変わります。堂々とした序奏。スピヴァコフのヴァイオリンは張りつめた強音を主体とした浸透力のある響き。旋律をクッキリと線で描いていく感じです。前曲のチェロ協奏曲よりは濃いめの表現。ヴァイオリンも練り、溜めが多くまた表情も鮮明につけてくるのでロマン派風というよりロシア風なテイスト。ハイドンの協奏曲としてはかなりロマンチックな演奏と言えるでしょう。録音はちょっと饐えたような音色で時代を感じますが鮮明さはそこそこあります。1楽章はクッキリした造形を良く表現した演奏。
このオケの伝統なのか、2楽章のアダージョは前曲同様、ゆったりしたテンポ、訥々とした伴奏に、張り詰めたヴァイオリンの美音によるメロディーが鳴り響く独特の音楽。スピヴァコフのヴァイオリンの表情の濃さが影を潜め、非常に浸透力のあるメロディーラインをきっちり描いていきます。2楽章は前曲に続き素晴らしいテンション。
フィナーレも見事に切り替え、曲の骨格をしっかりと描くようなリズムを強調した演奏。むしろ遅目のテンポで、オケの伴奏はざっくりとリズムを刻み、その上でソロが秩序を保ちながらの自在さを表現していきます。すこし時代がかった演奏にも聴こえます。

Hob.XVIII:6 / Concerto per violino, cembalo e orchestra [F] (1766)
だいぶ時代が下って1984年の演奏。ヴァレンチン・ジューク指揮、ナターリャ・ゼルツァロワのピアノとイーゴリ・オイストラフのヴァイオリン。指揮者のヴァレンチン・ジュークはモスクワ生まれで父はボリショイ劇場管弦楽団、のちの国立交響楽団のコンサートマスター、ボリショイ弦楽四重奏団の第1ヴァイオリンとして知られた人。自身もモスクワ・フィルハーモニー管弦楽団のコンサートマスターをつとめ、スヴェトラーノフ、コンドラシン、ロジェストヴェンスキー等と共演しています。イーゴリ・オイストラフは名ヴァイオリニスト、ダヴィッド・オイストラフの息子。そしてピアノのナターリャ・ゼルツァロワはその奥さんという事です。

この録音は80年代の録音ということで鮮明さがだいぶ上がり、最近の録音と遜色ない音響。くっきり定位するソロと後ろに広がるオーケストラが鮮明に録られてています。入りはそよ風のような軽やかなオケ。音階を軽々と表現して、曲を虚心坦懐に音に変えていく感じ。ジュークの指揮は鮮度高くクッキリと旋律を描いていくことを狙っているようですね。非常にオーソドックスに鮮明な音響を作っています。ピアノとヴァイオリンは流石夫婦だけあって絶妙の相性。特にピアノ鮮明な響きが印象的。ヴァイオリンは父親譲りかと思いきや、音色に面影はあるもののピアノに主導権を譲りながら控えめにリズムを刻む感じ。ピアノも晴朗さと透明感を主体とした非常に美しい音色でこの協奏曲をもり立てます。
そしてここでも2楽章のラルゴが絶品。この曲のメロディーラインの美しさを万全に表現した名演。ゆったりと控えめなピチカートの伴奏につづき、ヴァイオリンとピアノによるきらめくような名旋律。中間部を挟んで再度メロディーラインが繰り返されるフレーズでは美しさが極まり、淡々と演奏される数少ない音符が宝石のごとく輝きを放つ至福の時間。このアルバムの2楽章はどれも絶品。
3楽章は普通のテンポで鮮度高い演奏。ヴァイオリンもピアノもリズムに上手く乗って、キレのよい演奏。このアルバムではじめてのオーソドックスなテンポのフィナーレです。

名手ぞろいのモスクワ室内管によるハイドンの協奏曲を集めたアルバム。指揮者もソロも異なるのになぜか2楽章がそれぞれ訥々と語るような素晴らしい出来のアルバム。2楽章だけで言えば全曲ともに最高の出来。特に最後のピアノとヴァイオリンのための協奏曲のラルゴは絶品ですね。モスクワ室内管もチェロ協奏曲とヴァイオリン協奏曲の70年代はかなり濃密な響きを聴かせましたが、ピアノとヴァイオリンのための協奏曲は80年代でかなり引き締まったクリアな響きに変貌。メンバーもだいぶ入れ替わったのではないかと想像されます。評価はチェロ協奏曲とピアノとヴァイオリンのための協奏曲が[++++]、ヴァイオリン協奏曲は[+++]とします。両端の曲ともにいいのですが、やはりオルベリアンの告別と比べると差があるのも事実。ということで[++++]にとどめました。



ここ2週間ほど自宅を開けがちたったのか、ベランダのエアコンの室外機の下の隙間に鳩がきていましたが、よく見ると卵が! まわりの枯れ葉等も鳩がもってきたもののようです。しばらく自宅に誰もいなかったからでしょうか。

IMG_2929.jpg

ただ、人の気配を感じて昨日あたりから鳩は来なくなりました。冷えてしまうと生まれないのでしょうね。この卵どうしたらいいでしょうか。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : チェロ協奏曲 ヴァイオリン協奏曲 ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

ハイドン(Franz Joseph Haydn)の膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。私はなぜハイドンにはまったのか?

最新記事
カテゴリ
ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものはリスト冒頭に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

登録曲数:1,365
登録演奏数:11,529
(2019年3月31日)
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

時計悲しみ古楽器弦楽四重奏曲Op.50アンダンテと変奏曲XVIII:6弦楽四重奏曲Op.54弦楽四重奏曲Op.20弦楽四重奏曲Op.64天地創造ヴォルフレスピーギリヒャルト・シュトラウスリゲティヨハン・シュトラウスタリス軍隊交響曲10番モーツァルトピアノソナタXVI:49迂闊者交響曲54番ネルソンミサバリトン三重奏曲ピアノソナタXVI:52ベートーヴェン交響曲2番ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:46皇帝日の出弦楽四重奏曲Op.71ブルックナー交響曲88番ベルリオーズバッハナッセンウェーベルンベンジャミングリゼーシェルシメシアンヴァレーズ弦楽四重奏曲Op.20交響曲65番交響曲67番交響曲9番弦楽四重奏曲Op.76交響曲39番交響曲61番交響曲73番狩りリームピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:6ピアノソナタXVI:20アンダンテと変奏曲XVII:6四季交響曲全集リムスキー・コルサコフラヴェルピアノソナタXVI:45ピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:44ピアノ三重奏曲第九太鼓連打ヒストリカルオックスフォード交響曲99番ボッケリーニシューベルトロンドン交響曲5番チャイコフスキーストラヴィンスキーチェロ協奏曲ライヴピアノ協奏曲XVIII:11弦楽四重奏曲Op.2序曲ヴィヴァルディオペラ序曲パイジェッロアリア集ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6すみだトリフォニーホールピアノソナタXVI:34サントリーホールブーレーズ弦楽四重奏曲Op.74哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェ騎士オルランド無人島アルミーダチマローザ変わらぬまこと英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:4ピアノ協奏曲XVIII:3ピアノ協奏曲XVIII:1交響曲3番交響曲79番ラメンタチオーネアレルヤ驚愕チェロ協奏曲1番交響曲58番交響曲27番交響曲19番紀尾井ホールショスタコーヴィチドビュッシーミューザ川崎協奏交響曲LPオーボエ協奏曲ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:38ピアノソナタXVI:29スタバト・マーテルピアノソナタXVI:39マーラー十字架上のキリストの最後の七つの言葉交響曲97番告別交響曲90番奇跡交響曲18番ひばりフルート三重奏曲交響曲102番交響曲86番ヴァイオリン協奏曲哲学者ニコライミサ小オルガンミサミサブレヴィス交響曲95番交響曲93番交響曲78番ピアノソナタXVI:23王妃SACDライヴ録音武満徹交響曲81番交響曲80番交響曲21番マリア・テレジアクラヴィコード豚の去勢にゃ8人がかりBlu-ray東京オペラシティ交響曲12番交響曲11番交響曲4番交響曲15番交響曲1番交響曲37番ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:3ディヴェルティメント東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:35ライヒャドニぜッティロッシーニ弦楽三重奏曲シェーンベルク東京文化会館フルート協奏曲ホルン協奏曲弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:31ピアノソナタXVI:26パレストリーナモンテヴェルディアレグリバード美人奏者交響曲70番アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:7スコットランド歌曲ヴェルナーガスマンピアノソナタXVI:24交響曲46番交響曲51番交響曲35番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3帝国ラ・ロクスラーヌハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス時の移ろい交響曲42番ベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲リュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏冗談ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオカノンモテットドイツ国歌オフェトリウムよみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難交響曲84番パリセットベルク主題と6つの変奏オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲交響曲89番交響曲50番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲77番交響曲34番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:11音楽時計曲ピアノソナタXVI:47bisピアノ小品カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7天地創造ミサジャズ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲108番交響曲62番交響曲107番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲スカルラッティ声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽ピアノソナタ

タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
26位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
5位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

大家さんFC2のクラシックブログランキング。

おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)






twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ