作曲家ヨーゼフ・ハイドンの作品のCD、LP、映像などを収集しレビューしています。膨大なハイドンの作品から名盤、名演奏を紹介します。

アマティ四重奏団のOp.50

0
0
今日は先日とりあげたOp.77がとても良かったアマティ四重奏団のもう1枚のハイドンのアルバムをHMV ONLINEに注文していたもの。

Amati50.jpg
HMV ONLINEicon / amazon

アマティ四重奏団(Amati Quartett)によるハイドンの弦楽四重奏曲Op.50のNo.5「夢」、No.4、No.6「蛙」の3曲を収めたアルバム。収録は1995年2月12日、13日、26日、チューリッヒのラジオスタジオでのセッション録音。レーベルはレーベルはスイスのDIVOX。

先日取りあげたOp.77の記事はこちら。

2012/03/09 : ハイドン–弦楽四重奏曲 : アマティ四重奏団のOp.77

Op.77のほうは1988年の録音で、今日取り上げるアルバムの7年前の録音。メンバーを確認したところ第2ヴァイオリンとチェロの2人が入れ替わっています。

第1ヴァイオリン:ウィリィ・ツィマーマン(Willi Zimmermann)
第2ヴァイオリン:カタルツィナ・ナヴロテク(Ktarzyna Nawrotek)
ヴィオラ:ニコラス・コルティ(Nicholas Corti)
チェロ:クラウディウス・ヘルマン(Claudius Herrmann)

クァルテットにとってメンバーの入れ替わりは大きな影響があるはずですので、このアルバムの出来もOp.77のような素晴らしいキレが聴かれるでしょうか。

Hob.III:48 / String Quartet Op.50 No.5 (II:"Der Traum" 「夢」) [F] (1787)
この曲は前記事で取りあげたばかり。前記事で取りあげたプラジャーク四重奏団が木質系のざらっとした響きだったのに対し、アマティ四重奏団は艶やかな響きで流麗さが際立ちます。中庸なテンポでちょっと溜めをともなった演奏。ハイドンの独創的な曲を一歩離れてコミカルに描くようなスタンス。これは見事。ヴァイオリンのキレも素晴らしいものがあります。
夢のような2楽章はアマティ四重奏団の流麗さが際立ちます。フレーズ間の間をしっかりとって、1フレーズごとに慈しみながら演奏するようです。
3楽章も金粉入りの清流のような艶やかに輝く絶妙な響き。自然でありながらも怪しく艶めくメロディーライン。ハイドンの創意にあらためて驚く一方、アマティ四重奏団の完璧な演奏も唸らんばかり。
フィナーレは八分の力ながら絶妙なデュナーミクのコントロールでハイドンの素晴らしいメロディーと展開に圧倒されます。力感と抑制との高度なバランスで、メリハリも十分。1曲目から見事な演奏。

Hob.III:47 / String Quartet Op.50 No.4 [f sharp] (1787)
つづいて、No.4。ハイドンの弦楽四重奏曲のポイントをドンピシャリで押さえ演奏。短調の影のある響きから、明るさを取り戻して推進力溢れる展開に。この力みのないキレの良さがアマティ四重奏団の真骨頂ですね。ウィリィ・ツィマーマンのヴァイオリンはクッキリと浮かび上がる線のはっきりした演奏。
2楽章のアンダンテはチェロのクラウディウス・ヘルマンが図太い響きで演奏を引き締めます。チェロの胴鳴りがずばらしい迫力。このチェロとクッキリとしたヴァイオリンのコントラストが見事。
メヌエットは語りかけるように訥々とした演奏。ちょっとした溜めが心地よく、また力みなく軽々と演奏することで曲の軽やかさが際立ちます。リズミカルにフレーズを刻みながらも自在な弓さばきで変化に富んだ演奏。
フィナーレは短調のメロディーから入るフーガ。刻む音符の速さと延ばす音の対比が鮮明なのがキレの良さの秘訣でしょうか。軽々と演奏するようなスタンスは変わらず、余裕たっぷりの演奏に感じます。最後は迫力も感じさせてフィニッシュ。この曲も見事。

Hob.III:49 / String Quartet Op.50 No.6 "Frosch" 「蛙」 [D] (1787)
最後は名曲「蛙」。この出だしのメロディーはいつ聴いても見事。アマティ四重奏団の軽い弓運びで流れるような演奏。クッキリとしたヴァイオリンをはじめとして4本の弦楽器が緊密に絡み合いながらも全体として非常に鮮明な音楽を構成。1楽章の構成感を見事に表現。各楽器ともメリハリが非常にはっきりとつけたられているのに不自然な感じが一切せず、間もしっかりとっており、素晴らしい立体感。彫刻的なクリスタル細工のような趣。ここでもチェロの太い音色が魅力。
2楽章はゆったりとしながらもしっかりとメロディーを奏で、情感の濃い演奏。ヴァイオリンが糸を引くような見事な演奏。メロディーが展開、転調しながらじっくりと曲の深みへ誘導していきます。
3楽章も間と全奏の対比が見事。そして蛙の名前の由来となったフィナーレ。前記事のプラジャーク四重奏団がバリオラージュ奏法の面白さに焦点を合わせた演奏だったのに対し、アマティ四重奏団はバリオラージュかどうか良く聴かないとわからないような曲の流れを重視した演奏。音楽的にはこちらの方がこなれています。完全に楽譜を掌握して自分たちの音楽としてこなしており、その音楽の説得力は揺るぎないもの。大きな力感の波が次々と襲ってくるような素晴らしい構成感。3曲とも素晴らしい演奏でした。

アマティ四重奏団によるOp.50の後半3曲を収めたアルバムは、このクァルテットの美点がきっちり表現された素晴らしい演奏。奏者の素晴らしいテクニックと、クァルテットとしての音楽のまとまりが見事で、非常に聴き応えある演奏。現代楽器によるオーソドックスな演奏と言いたいところですが、フレーズをクッキリ描く力と間の使い方の上手さ、クッキリしたヴァイオリンの核にした音楽的まとまりは秀逸。評価は全曲[+++++]とします。以前取りあげたアルバムを聴くまでその存在を知らなかったアマティ四重奏団ですが、メンバーが変わってもその素晴らしさは維持しているようですね。

よく調べたら、このアルバムと以前取りあげたOp.77の他にOp.50の前半3曲を収めたアルバムも存在するようです。これまでの2枚の出来が出来だけに手に入れないわけにはいかないでしょう。捕獲に入ります。
関連記事

0 Comments

There are no comments yet.