作曲家ヨーゼフ・ハイドンの作品のCD、LP、映像などを収集しレビューしています。膨大なハイドンの作品から名盤、名演奏を紹介します。

ベーラ・ドラホシュ/スウェーデン室内管の50番、51番、52番

5
0
そろそろNAXOSの交響曲全集から離れようかと思っていたんですが、またも気になる1枚。

Drahos50.jpg
HMV ONLINEicon / amazon / TOWER RECORDS

ベーラ・ドラホシュ(Béla Drahos)指揮のスウェーデン室内管弦楽団(Swedish Chamber Orchestra)の演奏で、ハイドンの交響曲50番、51番、52番の3曲を収めたアルバム。収録は2000年8月23日から25日、スウェーデンのストックホルムから西方の内陸に100km以上入ったところにあるエーレブルー(Örebro)のコンサートホールでのセッション録音。

ベーラ・ドラホシュのNAXOSの交響曲全集のオケは前記事で取りあげたニコラウス・エステルハージ・シンフォニアが定番なんですが、なぜか最も新しい録音のこのVol.27のみ、スウェーデン室内管弦楽団の演奏。前記事のニコラウス・エステルハージ・シンフォニアが素晴らしい出来だっただけに、この最新の1枚の出来に、世の中のハイドンの交響曲ファンの方の注目が集まっているはず、、、 おそらく、だれも注目していなとは思いつつも、私自身が気になるので聴き直してみたくなった次第。

ドラホシュの紹介は前記事をご覧ください。

2012/03/25 : ハイドン–交響曲 : ベーラ・ドラホシュ/エステルハージ・シンフォニアのホルン信号他

オケのスウェーデン室内管は、このアルバムを録音した街のエーレブルーが本拠地。スカンジナビア半島で唯一の常設室内楽オーケストラとのこと。設立は1995年で、以降スウェーデン国内から北欧諸国、ヨーロッパ諸国にツアーを行ったとのこと。録音も活発でBIS、Hyperion、NAXOSなどのレーベルに35枚の録音があるとのことです。

ドラホシュが最後に担当したこのアルバムのみどうしてオケが変わったのかは定かではありませんが、これは比べてみたくなるのがハイドンマニアでしょう(笑)。今日はオケの違いを中心に簡単に。

Hob.I:50 / Symphony No.50 [C] (1773)
冒頭の音の鮮度を聴く限り、2000年録音ということで鮮度は十分。これまでのドラホシュの演奏よりはミュラー=ブリュールの落ち着いた運びながら鮮度感を大事にした演奏に近く聴こえます。低音弦の厚みはあるものの、フレージングはやはりニコラウス・エステルハージ・シンフォニアには敵いません。オケの腕はニコラウス・エステルハージ管に軍配でしょう。こちらは録音の鮮度と演奏自体のフレッシュさが印象的ですが、表現の柔らかさというか、各ソロが淡白な印象で、深みは今一歩。
2楽章のアンダンテ・モデラートもリズムのキレはいいんですが、若干フレージングの単調さを感じてしまいます。同じ指揮者のオケ違いの演奏を聴くと、やはりオケは重要だとわかります。
3楽章のメヌエットまでほぼ直裁な印象で通してきたこの曲。ここまでくると一本筋が通っているように聴こえるから不思議なもの。
フィナーレは正統的なオーケストレーションを堪能できます。低音弦の迫力あるあるアタックが迫ります。素直な音色に素直な響きでなかなかの迫力。ドラホシュのコントロールは前記事同様ナチュラルさを狙ったものですが、オケの味わいが少し薄い分、若干淡白な印象を残してしまいました。

Hob.I:51 / Symphony No.51 [B flat] (before 1774)
傾向は前曲の印象に似ていますが、踏み込みが少し深くなり、迫力も増して来ているように聴こえます。曲想も変則的なメロディーをベースとしたもので、オケとの関係がすこし打ち解けてきたのでしょうか。録音順がわからないので、あくまでも勘ですが、オケの緊張がとけ、表現の幅が少し大きくなったようです。
2楽章はホルンのソロがコンチェルト並みに目立ちます。ソロのそれぞれは上手いんですが、フレーズの受け渡しなどの安定感と音楽性はやはりニコラウス・エステルハージ・シンフォニアの方が一枚上手ですね。
メヌエットは力感とキレは文句なし。やはり音楽性の部分ではオケの柔らかな手触りやフレーズのつなぎ等、前記事の演奏とは差があるのは仕方ありません。
フィナーレは迫力はそこそこ、ただしリズムが少々重くなり、推進力にやや難ありといったところでしょう。

Hob.I:52 / Symphony No.52 [c] (before 1774)
このアルバム最後の曲。短調でシュトルム・ウント・ドラング期の余韻の残る曲。ようやくドラホシュの本領発揮。スイッチが入ってきました。ハイドンの深い情感が顔を出し始め、曲の推進力も本格的に。
2楽章のアンダンテも抑えがよく効いて沈み込む曲想をじっくり描いていく感じが良く出ています。
3楽章は非常に変わったメヌエット。ハイドンの創意ここに極まる感じ。このメロディを良く思いつくものです。モーツァルトとは全く違う意味でメロディを自在に操る才能を感じます。交響曲1曲1曲に込められた素晴らしい創意に脱帽。このメロディは浮かんでは来ません、凡人には。
フィナーレもビックリの展開。抑えた入りからメロディが育って知らぬ間に晴朗な青空が見えているような流れ。この曲を久しぶりに聴いて、その音楽の冴え渡る創意にあらためて圧倒されました。

ベーラ・ドラホシュの素晴らしいハイドンの演奏が、オケが変わるとどうなるのかという興味で聴き直したこのアルバム。ドラホシュのナチュラルなコントロールは健在ながら、オケの力量の差はやはり小さくないとあらためて感じたこのアルバム。評価は最後の52番が[++++]、その他は[+++]としたいと思います。推測にしか過ぎませんが、このアルバムは収録順に録音されたような気がします。徐々にオケが慣れて表現の幅が大きくなっているように聴こえます。やはり豊かな音楽は優秀なオケがあっての事とあらためて感じました。このスウェーデン室内管が悪いと言っているのではなく、いつものニコラウス・エステルハージ・シンフォニアが如何に素晴らしいかということが言いたい訳です。
関連記事

5 Comments

There are no comments yet.

michael

No title

こんばんは
NAXOSは一流指揮者と一流オケのコンビを入れ替えているところも興味深いですね。

スウェーデン室内Oといえば、スンドクヴィスト指揮のJ.M.クラウスの交響曲が名演ですが、C.P.E.バッハのfl協奏曲では、ガロワのfl、マロンの指揮という組み合わせでバックを演奏していますね。
またロイ・グッドマン指揮でハイドンを含むトランペット協奏曲集がありますが、これらも大変気にいっています。

Daisy

Re: No title

michaelさん、おはようございます。
たしかにNAXOSでは指揮者とオケが一律ではないケースもありますね。いろいろな都合の問題か、戦略的なものなのかは興味深いところです。スウェーデン室内管ですが、ハイドンのこのアルバム以外は聴いた事がありませんでしたが、いろいろ名演があるようですね。ちなみにニクラス・エクルンドのトランペットにるハイドンの録らんpット協奏曲のアルバムがあることには気づいていませんでした。ロイ・グッドマンという名前も懐かしいです。早速手に入れなくてはなりませんね。

  • 2012/03/28 (Wed) 06:08
  • REPLY

michael

No title

こんばんは
ロイ・グッドマンも好きな指揮者で、Hyperion盤で古楽器オケのハイドンをけっこう集めましたが、NAXOSでスウェーデンCOを振っているのもさっそく興味がわいたしだいです^^
ドラホシュの50、51、52番は持っていないので、ほしいですね。

ところで、よろしければこちらとブログ・リンクさせていただいていいでしょうか。

Daisy

Re: No title

michaelさん、おはようございます。
そういえばグッドマン、ブログではまだ取りあげていなかった気がします。古楽器による演奏は指揮者や楽団によって千変万化する響きを楽しめますね。そのうち取りあげなくてはなりませんね。リンクの件は大歓迎です。よろしくおねがいします。

  • 2012/03/29 (Thu) 06:25
  • REPLY

michael

No title

ありがとうございます。リンク設定させていただきました。
ハイドンの話題はとても楽しみです。よろしくお願いします。