作曲家ヨーゼフ・ハイドンの作品のCD、LP、映像などを収集しレビューしています。膨大なハイドンの作品から名盤、名演奏を紹介します。

ヘルムート・ミュラー=ブリュール/ケルン室内管の13番、36番、協奏交響曲

6
0
最近定番のNAXOSの交響曲全集巡り。今日はヘルムート・ミュラー=ブリュールです。

Bruhl13.jpg
HMV ONLINEicon / amazon

ヘルムート・ミュラー=ブリュール(Helmut Müller-Brühl)指揮のケルン室内管弦楽団(Cologne Chamber Orchestra)の演奏で、ハイドンの交響曲13番、36番、協奏交響曲の3曲を収めたアルバム。収録は1999年4月29日、8月26日から31日、ケルンのドイツ放送コンサートスタジオでのセッション録音。

ミュラー=ブリュールは今数えたところだとNAXOSの交響曲全集では、Vol.16、17、18、19、22、24、26、28の8枚のアルバムを担当。NAXOSの全集の出来を左右する中核を担当しているというところ。このアルバムはVol.22です。ミュラー=ブリュールは古いCharlin(シャルラン)のアルバムを以前取りあげていますので、略歴などはそちらをご覧ください。

2011/10/05 : ハイドン–交響曲 : ヘルムート・ミュラー=ブリュール/ケルン室内管弦楽団の交響曲72番等

いままで当ブログでもちゃんと取りあげていませんでしたが、ミュラー=ブリュールの演奏も侮れません。

Hob.I:13 / Symphony No.13 [D] (1763)
この曲は先日、橋本英二の素晴らしい演奏を取りあげたばかりですが、ミュラー=ブリュールの演奏もそれに劣らず、弾むロイヤルな感じが素晴らしい入りです。ティンパニが入ることで加わる厚み、ホルン4本で加わる潤いがこの曲の特徴でしょう。やや几帳面かなと思わせなくはありませんが、それはリズムを正確に刻んでいる事から来る印象でしょう。良く聴くとメリハリがきっちりついて、かなり踏み込んだコントロール。なおかつインテンポで畳み掛ける感じがえも言われず、素晴らしい1楽章の入り。キビキビとしたミュラー=ブリュールのコントロール、最高です。
2楽章はアダージョ・カンタービレ。チェロのソロが大活躍。まるでチェロ協奏曲の2楽章のような展開。チェロは協奏交響曲でチェロを担当しているオレン・シェヴリン(Oren Shevlin)。シェヴリンのチェロはあっさりしながらも情感溢れる伸びのある弓使いでフレーズを重ねていきます。淡々とした表情に宿る深い郷愁といった感じ。
3楽章のメヌエットは音色は流麗ですが、フレージングはちょっと落ち着ききらない感じもして、メヌエットらしい割り切りと楔を打つような表現をもとめて少々未練も残ります。展開部の滑稽な感じは悪くありません。
フィナーレは例のジュピターと似た流れの曲ですが、ちょっとあっさり気味のヴァイオリンと豊かな響きのティンパニや管楽器の不思議な解け合いの中に進む感じ。1曲目はほどほどキビキビ感と新鮮な響きの織りなす美しい演奏といったニュアンス。

Hob.I:36 / Symphony No.36 [E flat] (before 1769)
おそらく前の13番より前に作曲された曲ではないかと思います。前曲同様のキビキビした感触が心地よい演奏。ハイドンの初期の交響曲の特徴を良く捉えた演奏。軽快なリズムに乗ってオケがキビキビと進めるようすは痛快そのもの。1楽章はただ推進力があるだけではなく、キレとアクセントの変化もあり、かなりメリハリのある素晴らしい演奏。
2楽章のアダージョはヴァイオリン、チェロのソロの生成りの布のような素朴なアンサンブルの美しさを聴くべき曲。特にヴァイオリンの良く通るフレーズは流石です。
メヌエットは弾む感じを良く残したもの。ホルンが被さって弾む感じをかなりうまく表現しています。じっくりした印象もあるものの基本的に鮮度で聴かせる演奏。ここは機転を利かせてささっといきます。
フィナーレも軽さがうまく表現された演奏。特徴的なメロディーラインの繰り返しで聴かせる曲ですが、室内管弦楽団の面白さが味わえる演奏と録音。

Hob.I:105 / Sinfonia Concertante 協奏交響曲 [B] (No.105) (1792)
意外と迫力を感じる入り。他の演奏から想像される流麗さではなく、音を切り気味して演奏され、曲の構造を透き通るように聴かせる演奏。各ソロのテクニックは確かなものですが、溶け合うというよりは拮抗するアンサンブルという感じ。キレのいいリズムに乗って各楽器が鬩ぎあう感じ。録音上ティンパニがかなりのプレゼンス。後半は波が押し寄せるようなうねりの迫力が魅力の演奏。最後は各ソロがゆったりと溜めを伴った演奏から一同に介してオケに呑まれるように進み1楽章を閉じます。
耳に残るこの曲の他の演奏のイメージとはちょっと違いますが、各ソロがかなり鬩ぎあってまとまりこの曲の美しいメロディーを演奏するあたりの雰囲気は、独特のものがあります。聴き慣れた演奏の歴史に似せるのではなく、楽譜に忠実に演奏を構成したような新鮮さを伴う演奏。意外と踏み込んだ演奏ですね。
フィナーレは鮮度の高い演奏。ここでも音を切り気味にして新鮮さを表現しています。テンポはかなり速めだと思います。バスーンとオーボエがかなりのテクニックと美音で聴かせます。と思っているとヴァイオリンも素晴らしい響き。速いテンポを通しながら要所で聴かせる器もみせて曲を閉じます。最後は曲を聴かせながらもキレのいい迫力の音響で終了。

ヘルムート・ミュラー=ブリュールの指揮するケルン室内管弦楽団のハイドンの交響曲。NAXSOSレーベルの交響曲全集の中核を担う演奏です。キレのいいオケの響きが特徴の演奏ですが、ハイドンの真髄に迫る迫力と解釈という意味ではこれまでに紹介したウォード、ガロワ、マロンとはちょっとだけ差がつくのが正直なところ。鮮度の高い演奏で小気味好い響きが聴かれるものの、心情的にもう一歩の踏み込みが欲しい印象もあります。ただ、安定した演奏であるのも間違いなく、曲の面白さもそこそこ表現できており評価は微妙な線で悩みます。このアルバムは全曲[++++]と言うところでしょう。

久しぶりに聴き直していますがNAXOSの交響曲全集は廉価盤レーベルとは思えない踏み込みがあり、また6人の指揮者の個性を聴き分ける楽しみもあるいい全集でもあります。あと2人の指揮者の担当する演奏も近々取りあげなくてはなりませんね。
関連記事

6 Comments

There are no comments yet.

maro_chronicon

第13番

第13番を聴くと、初めて全楽章がハイドンらしくなっていて、「ここらで一皮むけたのかな」なんて思います。橋本英二をアマゾンで探すと9000円もしていて、手が出ません。ナクソスはありがたいですね。

  • 2012/03/23 (Fri) 11:12
  • REPLY

Daisy

Re: 第13番

maro_chroniconさん、いつもコメントありがとうございます。
たしかに13番は初期の交響曲の中でも充実した響きが聴かれる曲ですね。私も好きな曲の一つです。ちなみに橋本英二盤はHMVでは2000円弱で手に入るようです。HMV ONLINEは注文後入荷しない場合もありますが、頼んで見る価値はあるかと思います。amazonのマーケットプレイスなど、稀少品は結構いい値段つけて売ってますね。これだけ出して買っても良いという方がいるという事でしょう。所謂大人買いということでしょうか(笑)

  • 2012/03/24 (Sat) 00:27
  • REPLY

maro_chronicon

ありがとうございます。

さっそく「Eiji Hashimoto」で検索したらスカルラッティが出てきました。ハイドンやってる人ってスカルラッティも弾く率が高いんですね。

  • 2012/03/25 (Sun) 18:04
  • REPLY

Daisy

Re: ありがとうございます。

maro_chroniconさん、こんばんは。
スカルラッティはスコット・ロスは聴かれていますでしょうか? スコット・ロスのスカルラッティ全集は奇しくもNAXOSの交響曲全集と同じ34枚ものなので、食指が動くのですが、未だに怖くて手に入れられていません。これがよかったらスカルラッティも集めなくてはならなくなりますので(笑)


  • 2012/03/25 (Sun) 21:29
  • REPLY

maro_chronicon

橋本英二注文しました。在庫あるかな。

スコット・ロスは5ケ月かけてこつこつといま22枚まで聴いたところです。他に持ってるチェンバロはシュタイアー、ピノック、ルセ、レオンハルトですが、ロスとシュタイアーが別格で、シュタイアーはクセが強いぶん、やっぱ最高はロスです。多くのブロガーの言うとおり、さわやか。私の耳には、いちばん無理がなく、それでいて多彩で、555曲聴いて飽きがこないのは、ピアノも含めて今後も彼だけでは。(高額といえばユーリ・エゴロフも手が出ません。You Tube でスカルラッティを聴きましたが、彼のハイドンも素晴らしいでしょうね)

  • 2012/03/26 (Mon) 00:41
  • REPLY

Daisy

Re: 橋本英二注文しました。在庫あるかな。

maro_chroniconさん、おはようございます。
やはりスコット・ロスよさそうですね。おそらくないとは思いますが、スコット・ロスのハイドンが聴きたくなってしまいますね(笑)
シュタイアーの件だいたい想像がつきますが、彼のハイドンはそれほど悪くありません。もちろんエゴロフは最高です。殺気すら感じる緊張感です。

  • 2012/03/26 (Mon) 07:09
  • REPLY