作曲家ヨーゼフ・ハイドンの作品のCD、LP、映像などを収集しレビューしています。膨大なハイドンの作品から名盤、名演奏を紹介します。

アマティ四重奏団のOp.77

0
0
弦楽四重奏が続きます。今日もハイドンと現代音楽の組み合わせ。

AmatiQuartet.jpg
HMV ONLINEicon / amazon

アマティ四重奏団(Amati Quartett)の演奏によるハイドンの弦楽四重奏曲Op.77のNo.1とNo.2の2曲とヘルマン・ハラーの弦楽四重奏曲3番とウラディミール・フォーゲルの「響きの発想」という現代音楽2曲を組み合わせたアルバム。ハイドンの収録は1988年2月18日、19日、スイスのベルン近郊のブルーメンスタインの教会でのセッション録音。レーベルはスイスのDIVOX。

前記事のアマリリス四重奏団では、ハイドンの間にヴェーベルンが演奏されていましたが、今日のアルバムではハイドンの間にヘルマン・ハラーという人の弦楽四重奏曲、末尾にはウラディーミル・フォーゲルのなかなかユニークな曲が置かれています。

アマティ四重奏団は1981年に設立されたクァルテット。チューリッヒが本拠地のようです。1982年にエヴィアン国際コンクールで優勝、1983年にチューリッヒ市芸術賞、1986年にはミュンヘンのカール・クリンガー・コンクールで優勝する等実力派クァルテット。レパートリーは古典派、ロマン派のみならず、現代音楽も得意とし、多くの作曲家の作品を初演しているそうです。また、弦楽四重奏に加えて、声楽家やピアノ、木管楽器などを加えたアンサンブルにも積極的に取り組んでいるとのことです。

このアルバムのハイドンの演奏メンバーは下記のとおり。

第1ヴァイオリン:ウィリィ・ツィマーマン(Willi Zimmermann)
第2ヴァイオリン:バーバラ・スター(Babara Suter)
ヴィオラ:ニコラス・コルティ(Nicholas Corti)
チェロ:ヨハネス・デギャン(Johannes Degan)

Hob.III:81 / String Quartet Op.77 No.1 [G] (1799)
ハイドンが天地創造の作曲を終えた、晩年の作品。リズムが弾んで心地よい演奏。前記事のアマリリス四重奏団とは全く異なるアプローチ。正確に刻まれるリズムにのって推進力溢れるクリアな演奏。どちらかというと明るく楽天的な演奏。素晴らしいのはめくるめく色彩感。ヴァイオリンを中心にクリアに録られた各楽器のそれぞれの音色が織りなす多彩な響き。安心して響きの変化に耳をゆだねることができます。録音はスピーカーより少し後ろにクリアに定位するクァルテットの響きがクリアに録られ、音像も引き締まったいい録音。開始から息をもつかせず、一貫して美しい響きを聴かせ続けられ、ハイドンの名旋律を純粋に楽しめる演奏。
2楽章のアダージョは各楽器がそれぞれ非常にしっかりとフレーズを刻んでいっていることがよくわかります。アンサンブルがよく揃って、それぞれぞれの音色も非常に統一感のあるもの。特にチェロの揺るぎない図太いに音色が印象に残ります。安心して聴いていられる素晴らしい安定感。
3楽章のメヌエットはヴァイオリンの美音と引き締まったアクセントが素晴らしいもの。自然に流れる音楽ですが、素晴らしいメリハリがその音楽を支えています。一貫して速めのテンポが曲の構築感を強調。
フィナーレも速め。流れるような音階と時折楔を打つように入るアクセントが変化を付けます。晩年のこの四重奏曲を新鮮な響きで蘇らせた見事な演奏でしょう。

Hob.III:82 / String Quartet Op.77 No.2 [F] (1799)
この曲でも明るい音色のヴァイオリンをはじめとする弦楽器が弾むリズムにのってはじまります。やはり楽天的な印象が強い印象ですが、各楽器の緻密なフレージングと響きの変化があって、ただの楽天的な演奏ではありません。コントロールされた美しい響き。1曲目と同様演奏の精度は高く、ムラはありません。最後のフレーズは少しテンポを落として変化を付けます。
2楽章はメヌエット。入りはまさに流麗な演奏。速めのテンポでしかも華麗な弓さばき。一気呵成にフレーズを奏でます。中間部は非常に抑えて弓が弦に振れる程度の力でそっとフレーズを奏でます。暖かな音色ながら鳥肌がたつような静けさを感じさせるところが秀逸。再び導入部のフレーズに戻り、チェロも分厚い音色でサポートします。
3楽章は有名なアンダンテ。どことなく前後の楽章と合わない印象をいつも感じる曲ですが、アマティ四重奏団の演奏は前後のつながりは悪くなく、自然な入り。シンプルな曲調の曲だけにこのクァルテットの演奏スタイルによって抑えた中にも表情の変化を感じる名演奏になっています。ヴィオラやチェロの奏でるメロディーに対して、ヴァイオリンが自在に装飾をを加え表情を豊かにしています。この楽章、絶品です。
静寂に楔を打つようにトゥッティから入ります。この楽章は力が入っています。ヴァイオリンの刻む音階と、各楽器を受け継ぎながら進むメロディーが見事の一言。曲中にいくつかの峰が現れ、それを次々に縦走で超えていくような印象。落ち着きながらも徐々にダイナミックな響きを帯び、音のキレも増してきます。最後はじっくり溜めてフィニッシュ。

さて、はじめて聴くアマティ四重奏団のハイドンの弦楽四重奏曲は正統派の素晴らしい演奏でした。クァルテットの楽器のそのものの楽器の美しい音色、キレのいいテンポと推進力、多彩な音色の変化などを味わえる珠玉の出来。このクァルテットはまったく把握していませんでした。評価は両曲とも[+++++]とします。

両曲の間と最後に挿入された現代音楽。現代音楽ならではのタイトな響きと適度に抑えた表現が醸し出す絶妙な緊張感が素晴らしい出来。この2曲も存在は知らない曲でしたが、前記事のアマリリス四重奏団よりも明らかに音楽にマッチした演奏に聴こえます。こちらもオススメです。
関連記事

0 Comments

There are no comments yet.