作曲家ヨーゼフ・ハイドンの作品のCD、LP、映像などを収集しレビューしています。膨大なハイドンの作品から名盤、名演奏を紹介します。

パトリック・ガロワ/シンフォニア・フィンランディアの初期交響曲集

6
0
今日は聴き散らかしたCDを片付けているときに気になったアルバムをチョイス。

Gallois1_5.jpg
HMV ONLINEicon / amazon / TOWER RECORDS

パトリック・ガロワ(Patrick Gallois)指揮のシンフォニア・フィンランディアの演奏でハイドンの交響曲1番から5番までを収めたアルバム。収録は2004年5月26日から28日、フィンランド中部のユヴァスキュラ近郊の街、スオラハティにあるスオラハティホールでのセッション録音。レーベルは廉価盤の雄NAXOS。

パトリック・ガロワは昔はイケメンフルート奏者として知られていた人。1956年フランスのリール北部のランセルという街生まれ。ランセルはフランス北部というよりベルギー国境間際の街。パリ音楽院でフルートをピエール・ランパルに学び、リール・フィルハーモニー管弦楽団の首席奏者を経て、1977年にフランス国立管弦楽団の首席フルート奏者となり一躍スター・フルーティストとなりました。1984年にフランス国立管弦楽団を退団してからはソリストして有名オケ、指揮者と共演しアルバムも多くリリースしています。2003年からはこのアルバムのオケであるシンフォニア・フィンランディアの音楽監督になり、ヨーロッパや日本にもツアーで訪れているようです。

シンフォニア・フィンランディアは正式名称はユヴァスキュラ・シンフォニア・フィンランディアというようです。ホームページがありますので紹介しておきましょう。

Sinfonia Finlandia Jyväskylä(英文)

Hob.I:1 / Symphony No.1 [D] (before 1759)
この曲の刷り込みはもちろん火の玉の塊のようなエネルギーに満ちたドラティ盤ですが、この演奏はそれに負けない生気をもったはじまり。非常に良く磨かれたオケの各楽器の演奏。ガロワのコントロールはアクセントの部分をかなりレガートを聴かせて、流麗さを強調したもの。デュナーミクのコントロールが緻密で、オーケストラの各楽器の織りなす音色の彩を楽しめます。オケのテクニックは素晴らしいものがあります。特に木管楽器の美しい音色が抜群。
2楽章のアンダンテは雄弁に鳴り響くハープシコードの通奏低音が雅な雰囲気を醸し出しています。オケは懐の深いフレージング。弦楽器も良くそろって清潔感のあるアンサンブル。さっぱりしているのに表現は薄くなく、じわりと心に響く音楽。ヴァイオリンパートの美しい音色は素晴らしいものがあります。非常に豊かな音楽。録音も新しいものらしく広い空間と適度な距離感を感じさせてオケが定位し、鮮明さ兼ね備えた素晴らしいもの。ハープシコードの音色も絶品。
フィナーレは鮮烈さを落ち着いて表現するような実に味わい深いもの。慌てたところは一切なく、楽譜どおりに音を置いていく感じ。テンポも落ち着いていて、プレストをじっくり表現するよう。ガロワ、指揮者としてもかなりの腕前と見ました。1曲目から素晴らしい出来。

Hob.I:2 / Symphony No.2 [C] (before 1764)
レガートはそのままに、この曲ではかなり主題をデフォルメして溜めた展開。冒頭からからかなり個性的なフレージング。かなりテンポを落としてメロディーラインをなぞっていきます。ここでもオーケストラの精度は抜群。ガロワの確信犯的アプローチですね。ただ、慣れると妙に心地よいものがあり、冒険は失敗ではありません。
2楽章のアンダンテはデリカシーあふれる演奏に戻り、これも対比と納得。やはり微妙な強弱をしっかり演出しながら特にヴァイオリンのパートが絶妙。なぜか最後の一音は消え入る隙もないほどの短さ。演奏の意図か編集ミスかわかりません。
フィナーレは全曲とは異なりテンポも含めて鮮度と生気を十分に反映したもの。中央奥から聴こえるホルンの響きが素晴らしい効果を挙げています。同じプレストでも前曲とは生気が違います。素晴らしい推進力。

Hob.I:3 / Symphony No.3 [G] (before 1762)
おそらく前2曲とは作曲年代が異なり少し後のものと推測されています。やはり生気あふれるいい入り。この曲は4楽章構成。ガロワの腕力を如実に表すのはフレーズの切れ目での休符の扱いと表情の変化のキレ。こうゆうところをきちんと処理するだけで演奏の浸透度はかなり異なります。この曲では推進力だけではなく曲の中での表情の切り替えが見事なので、曲がびしっと引き締まって聴こえる訳です。
2楽章は短調の素晴らしいメロディーラインを堪能できます。とろけるようなオケの響きから聴こえるシュトルム・ウント・ドラング期の傑作交響曲にもひけをとらない素晴らしく美しいメロディー。ハープシコードがここでも雄弁すぎるくらいの活躍。テンポ感と情感のバランスが絶妙。
3楽章はメヌエット。後年の交響曲ほどの充実は望めませんが、音を切り気味に舞曲を進め、中間部はヴァイオリンとホルン、木管楽器、通奏低音の掛け合いの妙を楽しめます。
フィナーレはジュピター交響曲のフーガに似ています。基底になる旋律をいろいろな楽器に受け継ぎながら曲を進め、ここでも自然さは十分なもの。この曲では表現意欲は抑えられ、曲自体の感興の表現に徹するもの。

Hob.I:4 / Symphony No.4 [D] (before 1762)
最初の一撃のあと一拍置く感じが独特。ただ2番で見せた表現意欲は抑えられ、極めてオーソドックスな演奏。もはや手慣れたコントロールで曲をこなしていくようなそぶりが感じられなくはありませんが、凡庸な演奏ではありません。
2楽章はアンダンテ。これまでどおり、曲を生気あふれるコントロールでこなしていくと言う姿勢に変わりはありません。デリケートな音の重なり見事。
フィナーレは出だしからしっかりとした響きではじまります。もはや言葉で説明する必要がないほどの充実ぶりです。鮮度、フレージング、響きの美しさどれをとっても素晴らしいものです。

Hob.I:5 / Symphony No.5 [A] (before 1762)
1楽章がアダージョ。何と優しい響きの入り。ホルンと弦楽器、通奏低音の見事なアンサンブル。特にホルンの存在感は素晴らしいものがあります。のどかな旋律をじっくり味わえる見事な演奏。この自然さは至福の一時。じっくりじっくり曲を味わい尽くすような素晴らしい演奏。
2楽章はアレグロ。ここに来て攻める攻める。美しいオーケストラの響きはそのまま、ちょっとズレた拍子の面白さを十分に表現してハイドンの曲の意図通り素晴らしい感興を再現しています。この楽章のテンションは流石。
3楽章のメヌエットは徐々に後年の充実したメヌエットの片鱗を感じさせるようになります。ホルンからはじまり木管に受け継がれる中間部のメロディーはオケの奏者の素晴らしいテクニックを堪能できる部分。リズムのキレも曲のキレも素晴らしいですね。楽章の終わりがそうとはわからない程自然なのも特徴。ふつうもう少しメリハリをつけるところでしょうが、気づくか気づかないかのうちに楽章を閉じます。
フィナーレは1分少しの短いもの。吹き上がるオケ、レガートを多用しながら響きの織りなす彩で聴かせる素晴らしいコントロール。ハイドンのフィナーレの見事な音楽が眼前に素晴らしい立体感で表現され、このアルバムを閉じます。

パトリック・ガロワ指揮のシンフォニア・フィンランディアによるハイドンの初期交響曲集。オーケストラコントロールは素晴らしいもの。微妙なデュナーミクのコントロールは鳥肌レベル。そしてすこしレガートを効かせてアタックよりもメロディーラインの美しさを強調して素晴らしい効果を挙げています。フィンランドのローカルオケでしょうが演奏の技術と響きの美しさは国際級、というよりベストに近いもの。ガロワの表現も適度に個性的で、そして適度にオーソドックス。私の求めるハイドンの理想的な演奏です。評価は、ちょっと冒険しすぎた2番が[++++]、その他の4曲は[+++++]とします。
関連記事

6 Comments

There are no comments yet.

だまてら

No title

えー、ナクソスはトム・ベギンのピアノ・ソナタ全集では度肝を抜かれましたが、こちらも素晴らしそう(小生は未聴なので・・・)ですね。ナクソスは、出始めは身内(西崎崇子さんのモーツァルトとか、でも意外といっては失礼ながら充実した演奏です!)を起用して安くあげてるチープなイメージでしたが、今では立派なメジャー・レーベルですね。というより、かつてのメジャーがマイナー化しているのかも・・・
ただ、同レーベルの交響曲全集はガロワは良いとしても他に数名の指揮者との合作なので、その辺はどうなんでしょうか?

  • 2012/03/04 (Sun) 23:42
  • REPLY

Daisy

Re: No title

だまてらさん、こんばんは。
私はNAXOS肯定派です(笑) ハイドンに限っていっても最近のナクソスのアルバムはキレてます。トム・ベギンは入魂の作と言えるでしょう。廉価盤ではBrilliant Classicsがバリトン・トリオなどでハイドンファンの注目をさらったのがよほどプライドを傷つけたのでしょう。ベギンの全集はそのNAXOSの反撃のような気がしてなりません。もともとコダーイ四重奏団やヤンドーのピアノソナタなど良いアルバムが多いですし、交響曲もウォード、ガロワ、ミュラー=ブリュールと実力派ぞろいです。NAXOSの交響曲集は初期のものはちょっと粗さが目立ちますがウォード以降のものはどれもオススメです。

  • 2012/03/04 (Sun) 23:50
  • REPLY

michael

No title

こんばんは
私もこのガロワの初期交響曲は大変気に行っています。ただこの頃には、未録音だった曲のみ担当することになり、エステルハージ時代の傑作どころは初期に録音され、ガロワやケビン・マロン等々のちの実力派で聴けないのが残念です。NAXOSでも交響曲全集ができていますが、不揃いですね。

Daisy

Re: No title

michaelさん、おはようございます。
確かにNAXOSで初期に録音された有名曲、特に最初期にリリースされたバリー・ワーズワースとカペラ・イストロポリターナあたりは、ご指摘の実力派の演奏とははっきり差がつくのは致し方のないところでしょう。最初はやはり廉価盤かなと思ったNAXOSですが以前とりあげたニコラス・ウォードの頃から状況が変わり、無視の出来ない存在となりました。有名曲が弱いというのは現在全集としてファーストチョイスにはオススメしにくい状況ですが、いろいろ聴いている人には購入する甲斐のあるものだと思っています。

  • 2012/03/06 (Tue) 05:58
  • REPLY

maro_chronicon

御礼。

また教えていただきました。ひとけた番台の交響曲では、四番が大好きで、一番も憎からず思う、そんな私には格好の一枚です。昨日に届いて、たいへん満足いたしました。最近買ったケーゲルの四番にくらべて、まろやかです。まったくクセが無いわけではなく、「最初の一撃のあと一拍置く感じが独特」というのはほんとにそうですね。(明日あたり、アマティ四重奏団が届きそうで、これも楽しみにしてます)

  • 2012/03/15 (Thu) 02:48
  • REPLY

Daisy

Re: 御礼。

maro_chroniconさん、いつもコメントありがとうございます。
ハイドンのごく初期の交響曲は独特の魅力がありますね。1番、4番がお好きだというのはよくわかります。独特の生気がたまりませんね。NAXOSの交響曲集は侮れません。別の記事で紹介したケヴィン・マロンの演奏も素晴らしいので是非(笑)
ケーゲルの4番は未聴です。ちょっと探してみます。

  • 2012/03/15 (Thu) 06:16
  • REPLY