ハンス・スワロフスキー/ウィーン国立歌劇場管弦楽団の軍隊、太鼓連打(ハイドン)

今日は古き良き時代のハイドンの交響曲のアルバムを。前記事のシュテファン・ヴラダーにつづき、ウィーンのハイドンを取りあげます。

Swarowsky100.jpg
HMV ONLINEicon / amazon

ハンス・スワロフスキー(Hans Swarowsky)指揮のウィーン国立歌劇場管弦楽団の演奏によるハイドンの交響曲100番「軍隊」、103番「太鼓連打」の2曲を収めたアルバム。収録は1956年、収録場所等の表記はありません。レーベルはスイスのTUXEDO MUSIC。

指揮者のハンス・スワロフスキーはWikipediaの情報によれば、1899年ハンガリーのブダペスト生まれのユダヤ系指揮者、教育者。ウィーン大学で心理学と歴史を学び、その後数々の著名な音楽家に師事した後、シュトゥットガルトやハンブルクで指揮者として活動します。1933年にはベルリン国立歌劇場でエーリッヒ・クライバーのアシスタントとなり、1937年から1940年まではチューリッヒ歌劇場の主席指揮者、その後オーストリアに戻り、ザルツブルク音楽祭のアドバイザーや、戦後はウィーン交響楽団の主席指揮者などを務めました。卓越したバトンテクニックをもち、レパートリーも膨大であったと言われ、指揮法の「名教師」としても名高い人とのこと。ウィーン国立音楽大学指揮科の教授として活躍し、門下にクラウディオ・アバド、マリス・ヤンソンス、ズービン・メータ、アダム・フィッシャー、イヴァン・フィッシャー、ヘスス・ロペス=コボス、ブルーノ・ヴァイルなど錚々たる指揮者を育てました。また、日本人指揮者では尾高忠明や湯浅卓雄なども門下生とのこと。

そうした指揮教育の第一人者のスワロフスキーにウィーン国立歌劇場管弦楽団と当時のご当地の一流どころによるハイドンの交響曲の演奏は如何なものだったのでしょうか。

Hob.I:100 / Symphony No.100 "Military" 「軍隊」 [G] (1793/4)
オリジナルはモノラルと記載されていますが、このアルバムはステレオとの表記。1956年の音とは信じ難い艶やかな音色とゆったりとした響きの序奏からはじまります。うっとりするような序奏の響き。主題に入っても強音のところであまり力を入れ過ぎない、非常にデリケートなフレーズのコントロール。オケのメンバーがタクトの先に全神経を集中させ指揮者の指示に忠実にしたがっている感じ。強音でも弱音でもなく、中間領域の音量のコントロールが非常に緻密に感じます。前記事で取りあげたピアノのシュテファン・ヴラダーがピアノを鳴らしきるという音楽だったのとくらべると、なんと慎み深い音楽でしょう。派手にオケを鳴らすことが多い軍隊の演奏としては異例な落ち着き度合いと言っていいでしょう。ゆったり、じっくり進める1楽章。昔の演奏らしくヴァイオリンはキレを強調して彩りを加えますが、それもほどほどでした。
2楽章のアレグレットも程よく華やかな雰囲気を感じさせながらも落ちついた演奏。普通だったら鳴りもので派手にバーンといくところも、なぜか鳴りものをかなり抑えて、逆に普段鳴りものに隠れてしまっている美しいメロディーを聴けと言われているような演奏。昔の録音ゆえダイナミックレンジを抑える処理のためピークを抑えたものかも知れませんが、ピーク成分を抑えるというよりは、打楽器自体の音量がかなり抑えられている感じ。
メヌエットは古き良きウィーンらしい典雅な響きに包まれながらも、相変わらず中音領域のデリケートなコントロールの良さを感じさせる演奏。適度に迫力を抑えた事から生まれる優しい表情。浮かび上がるメロディーライン。一聴してオーソドオックスな演奏ながら、フレーズのひとつひとつが良くコントロールされているため、凡庸ではありません。
フィナーレも堅実なはじまり。終楽章は手加減なく迫力を増していき、この楽章がクライマックスであることを宣言するような演奏。最後までコントロールが行き届いたオーケストラの演奏の魅力は変わりません。ここでは爆発しないことが非常にいい感触を残します。スワロフスキーの面目躍如。非常に良くコントロールされた軍隊でした。

Hob.I:103 / Symphony No.103 "Mit dem Paukenwirbel" 「太鼓連打」 [E flat] (1795)
続いて太鼓連打。前曲と同じころの録音とのことですが、録音された音響は若干異なります。やや高域がクッキリとした録音。鮮明度はこちらの方が上ですが、ヴァイオリンの音色は若干歪みを感じるようなちょっと不思議な響きの乗った音。まあ鑑賞に大きな問題はありません。遠雷タイプの太鼓連打からはじまり、ヴァイオリンの旋律をクッキリと描いた演奏。テンポは全曲同様自然なもので、何気ないフレーズのデリケートなコントロールが行き届いているのも同様。録音のバランスが変わっただけでちょっと派手な演奏に聴こえます。
アンダンテは一転、憂いに満ちた音楽。小刻みに震えるような弦楽器のデリケートなフレージングでしっとりとした入り、途中からからっとした明るさに変わって溌剌としたメロディーを奏で、再び憂いに満ちた音楽。音色と感情のコントロールが見事。後半の木管楽器のあっけらかんとしたメロディーで変化を付けるなど、ここでもスワロフスキーの制御が行き渡ってます。ヴァイオリンソロも雰囲気のあるもの。そしてこの楽章の終盤のオケは香り立つようなウィーン風の華やかな響き。流石ウィーン国立歌劇場という事でしょう。
メヌエットは華やかなオケの響きを引き継いで、落ち着いたテンポで典雅なフレーズを刻んでいきます。香り立つ芳香。これぞ本場のハイドンという事でしょう。老舗レストランのベテランシェフによるなじみのフルコース料理を堪能するような至福の一時。素材を無理なく香りを引き出して、いつもの味で仕上げてくれる喜びといえば伝わりますでしょうか。このメヌエットは絶品。
いつも郷愁を感じる太鼓連打のフィナーレ。故郷がウィーンだったような懐かしさ。ここでもダイナミックさはあえて抑えて音楽の髄だけ取り出すような演奏。迫力不足とは全く感じず、逆に音楽、そして響きの美しさにに酔いしれられるのが不思議なところ。いろいろ創意を凝らした音形やリズムが特徴的なこの曲ですが、その面白さは存分に伝え、力みなど無縁の領域で音楽を創っていきます。このフィナーレも絶品!

ウィーンのハイドンという視点で選んだこのアルバム。最近音楽の聴き方が少し深くなっていきたのか、この手の演奏には敏感に反応してしまいます。やはり指揮を教える立場として名声を博したスワロフスキーらしく、ハイドンの聴き慣れた名曲を、じっくりかつ行き届いたコントロールで極上のフルコース料理に仕上げていました。先に触れたようにスワロフスキーに指揮を学んだ門下の面々を見ると、音楽を活き活きと鳴らしじっくりコントロールするという意味ではまさに現代を代表する人たちが並んでいます。アバドにヤンソンス、ヴァイルにハイドンのスペシャリストであるアダム・フィッシャー。その原点たるスワロフスキーのハイドンは流石の出来でした。評価は両曲とも[+++++]とします。
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 軍隊 太鼓連打 ヒストリカル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

ハイドン(Franz Joseph Haydn)の膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。私はなぜハイドンにはまったのか?

最新記事
カテゴリ
ハイドンディスコグラフィ
Joseph Haydn Discography
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものはリスト冒頭に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

登録曲数:1,368
登録演奏数:11,793
(2019年12月31日)
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

ヒストリカル交響曲88番交響曲90番交響曲76番オックスフォードライヴ録音バリトン三重奏曲ヴィヴィアーニ四季ロンドンピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:39ピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:25ベートーヴェンピアノソナタXVI:19ピアノソナタXVI:23先生と生徒古楽器音楽時計曲ピアノ四重奏曲ヴァイオリン協奏曲協奏交響曲オルガン協奏曲XVII1:1ピアノ協奏曲XVIII:4交響曲70番交響曲93番軍隊交響曲80番交響曲81番ピアノ協奏曲XVIII:11悲しみヴァイオリンとピアノのための協奏曲XVIII:6トランペット協奏曲モーツァルトヨハン・クリスチャン・バッハ交響曲4番ピアノ三重奏曲豚の去勢にゃ8人がかりピアノソナタXVI:51十字架上のキリストの最後の七つの言葉ラモーヘンデルバッハスカルラッティ驚愕ショスタコーヴィチシェーンベルク弦楽四重奏曲Op.76ドヴォルザーク交響曲75番チェロ協奏曲ホルン協奏曲時計弦楽四重奏曲Op.50アンダンテと変奏曲XVIII:6弦楽四重奏曲Op.20弦楽四重奏曲Op.64弦楽四重奏曲Op.54天地創造レスピーギヴォルフヨハン・シュトラウスリゲティタリスリヒャルト・シュトラウス交響曲10番ピアノソナタXVI:49交響曲54番迂闊者ネルソンミサトマジーニピアノソナタXVI:52交響曲2番ピアノソナタXVI:46日の出皇帝弦楽四重奏曲Op.71ブルックナーベルリオーズウェーベルンナッセンベンジャミンヴァレーズグリゼーシェルシメシアンOp.20弦楽四重奏曲交響曲9番交響曲67番交響曲65番交響曲39番交響曲73番交響曲61番狩りリームピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:6アンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:48交響曲全集リムスキー・コルサコフラヴェルピアノソナタXVI:45ピアノソナタXVI:44第九太鼓連打ボッケリーニ交響曲99番シューベルト交響曲5番チャイコフスキーストラヴィンスキーライヴ弦楽四重奏曲Op.2序曲ヴィヴァルディオペラ序曲アリア集パイジェッロピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6すみだトリフォニーホールピアノソナタXVI:34サントリーホールブーレーズ弦楽四重奏曲Op.74アルミーダ無人島変わらぬまこと騎士オルランド哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェチマローザ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:1ピアノ協奏曲XVIII:3交響曲3番交響曲79番アレルヤラメンタチオーネチェロ協奏曲1番交響曲58番交響曲19番交響曲27番紀尾井ホールドビュッシーミューザ川崎オーボエ協奏曲LPヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:38ピアノソナタXVI:29スタバト・マーテルマーラー告別交響曲97番奇跡交響曲18番ひばりフルート三重奏曲交響曲102番交響曲86番哲学者小オルガンミサニコライミサミサブレヴィス交響曲95番交響曲78番王妃SACD武満徹交響曲21番マリア・テレジアクラヴィコードBlu-ray東京オペラシティ交響曲12番交響曲11番交響曲15番交響曲1番交響曲37番ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4ディヴェルティメント東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:7ロッシーニライヒャドニぜッティ弦楽三重奏曲東京文化会館フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ピアノソナタXVI:31ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:26バードアレグリモンテヴェルディパレストリーナ美人奏者ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンスコットランド歌曲ヴェルナーガスマンピアノソナタXVI:24交響曲35番交響曲51番交響曲46番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3帝国ラ・ロクスラーヌハイドンのセレナード五度ラルゴラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏冗談ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:9ピアノ協奏曲XVIII:5ヴァイオリンソナタ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオモテットドイツ国歌カノンオフェトリウムよみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ベルク主題と6つの変奏オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲交響曲50番交響曲89番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲77番交響曲34番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノ小品ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7天地創造ミサジャズ弦楽四重奏曲Op.42ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャ交響曲56番マリアテレジア2つのホルンのための協奏曲展覧会弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲108番交響曲107番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽ピアノソナタ

タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
50位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
7位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

大家さんFC2のクラシックブログランキング。

おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)






twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ