巌本真理弦楽四重奏団のひばり

日本の弦楽四重奏の開拓者であろうクァルテットをはじめてちゃんと聴きます。昨日ディスクユニオンで見つけたアルバム。

MariIwamoto.jpg

巌本真理弦楽四重奏団の演奏でハイドンの弦楽四重奏曲Op.64のNO.5「ひばり」、和波孝禧のヴァイオリンと岩崎淑のピアノによるベートーヴェンのヴァイオリンソナタ「春」の2曲を収めたアルバム。収録年代の表記はありません。レーベルは学研のKapelleというレーベル。今日はもちろん巌本真理弦楽四重奏団のひばりを取りあげます。

巌本真理は1926年、東京西巣鴨に生まれたヴァイオリニスト。自宅でヴァイオリンを学び1937年音楽コンクールで一位となり天才少女と呼ばれる。1939年レオ・シロタの伴奏で第一回独奏会を開く。母親がアメリカ人ということで出生時は巌本メリー・エステルという名前でしたが、戦時に敵性語とされたため1942年真理と改名したとのこと。巌本真理弦楽四重奏団は彼女が38歳の1964年に設立されたクァルテット。メンバーは下記のとおり。

第1ヴァイオリン:巌本真理
第2ヴァイオリン:友田啓明
ヴィオラ:菅沼準二(1976年より生沼誠司)
チェロ:黒沼俊夫

1967年にはじめて定期演奏会を行い1979年巌本真理が亡くなるまで94回の定期演奏会を開催しています。巌本の死後、このクァルテットは演奏活動を休止しました。本格的な活動はわずか12年間という事です。

Hob.III:63 / String Quartet Op.64 No.5 "Lerchenquartetett" 「ひばり」 [D] (1790)
1楽章の出だしは抑えた伴奏から、いきなり巌本真理のヴァイオリンが有名な旋律を2段階くらい浮かび上らせて鳴り響く素晴らしい存在感。音響はデッドな空間に実在感ある各楽器がクッキリと定位するもの。かなりオンマイクの録音。どちらかというとストイックな響きでハイドンの名曲をキリリと引き締めて演奏します。のどかなひばりがかなり緊張感のある響きでぐっと迫ってきます。
2楽章も巌本真理の張りつめたヴァイオリンの響きが真剣の青白い光を帯びて心に切れ込んできます。このストイックな響きはヨゼフ・シゲティのテンションの強い響きにも似ていますが、フレージングには日本的な純粋さ、侘び寂びを感じるのが不思議なところ。他の3人の演奏も同様の緊張感を帯びており、まるで真剣の居合いを見るような趣があります。オーストリアのハイドンの曲を西洋楽器のヴァイオリンなどで演奏しているにも関わらず、この和風な趣は何でしょうか。研ぎすまされた鋭敏な感覚の演奏で、脳が覚醒するようです。
メヌエットは弾むというよりは切れ込む感じ。ほのかに明るさを感じさせますが青白い炎は消えていません。中間部は冷徹さがもどりざっくりした響きで変化を付けます。後半は再び明るさを感じさせるなど温度変化が見事。
フィナーレは音程が少しふらつくところがありますが、速いパッセージを乾いた音色で各楽器が追い込み、少々のたどたどしさもアーティスティックに響きます。テクニックは万全とは言いませんが、芸術性は非常に深いものを感じる演奏です。最後は素晴らしい迫力でフィニッシュ。

巌本真理弦楽四重奏団によるハイドンのひばりは、研ぎすまされた緊張感と日本的な響きを聴かせる、他では聴くことができないハイドンでした。とくにアダージョの孤高の響きは流石です。終楽章ではテクニックを超えたところにある芸術性に到達しています。評価は[+++++]としました。また一枚心に残る名演奏に出会えました。
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ひばり

コメントの投稿

非公開コメント

No title

Daisyさん、こんばんは。巌本真理弦楽四重奏団は子供の頃自宅にあったレコード・ブックの断片冊(演奏・録音は昭和30年代末頃と推測)に収録されていました。ハイドンの弦楽四重奏曲は、皇帝全曲が入っていました。ただ、イソ弦楽四重奏団も参加していたので、ハイドンはどちらが演奏したか正確に覚えていません。今回の記事を読んでいると、皇帝を演奏したのはあるいはイソ四重奏団の方かもしれません。というのは、そのLPの皇帝はかなりゆったりと、のどかな演奏で、現代聴けば色あせて聴こえそうです。それにしても、巌本真理弦楽四重奏団が単品・1枚もので売られていたとは知りませんでした。

Re: No title

ライムンドさん、いつもコメントありがとうございます。
私は巌本真理弦楽四重奏団はもちろん名前は知っていたものの聴くのは全くはじめてで、逆に新鮮に聴く事ができました。やはり名のあるクァルテットだけあって、巌本真理の弾くヴァイオリンは非常に浸透力のあるものでした。おそらく今回取りあげた録音の他に皇帝の録音もあるのだと思います。活動期間が意外短いので録音も多くはないのだと思いますが、94回も行った定期演奏会等のライヴなどもあれば、もう少し録音も出てくるかもしれませんね。
プロフィール

Daisy


Author:Daisy

ハイドン(Franz Joseph Haydn)の膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。私はなぜハイドンにはまったのか?

最新記事
カテゴリ
ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものはリスト冒頭に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

登録曲数:1,365
登録演奏数:11,529
(2019年3月31日)
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

時計悲しみ古楽器弦楽四重奏曲Op.50アンダンテと変奏曲XVIII:6弦楽四重奏曲Op.54弦楽四重奏曲Op.20弦楽四重奏曲Op.64天地創造ヴォルフレスピーギリヒャルト・シュトラウスリゲティヨハン・シュトラウスタリス軍隊交響曲10番モーツァルトピアノソナタXVI:49迂闊者交響曲54番ネルソンミサバリトン三重奏曲ピアノソナタXVI:52ベートーヴェン交響曲2番ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:46皇帝日の出弦楽四重奏曲Op.71ブルックナー交響曲88番ベルリオーズバッハナッセンウェーベルンベンジャミングリゼーシェルシメシアンヴァレーズ弦楽四重奏曲Op.20交響曲65番交響曲67番交響曲9番弦楽四重奏曲Op.76交響曲39番交響曲61番交響曲73番狩りリームピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:6ピアノソナタXVI:20アンダンテと変奏曲XVII:6四季交響曲全集リムスキー・コルサコフラヴェルピアノソナタXVI:45ピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:44ピアノ三重奏曲第九太鼓連打ヒストリカルオックスフォード交響曲99番ボッケリーニシューベルトロンドン交響曲5番チャイコフスキーストラヴィンスキーチェロ協奏曲ライヴピアノ協奏曲XVIII:11弦楽四重奏曲Op.2序曲ヴィヴァルディオペラ序曲パイジェッロアリア集ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6すみだトリフォニーホールピアノソナタXVI:34サントリーホールブーレーズ弦楽四重奏曲Op.74哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェ騎士オルランド無人島アルミーダチマローザ変わらぬまこと英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:4ピアノ協奏曲XVIII:3ピアノ協奏曲XVIII:1交響曲3番交響曲79番ラメンタチオーネアレルヤ驚愕チェロ協奏曲1番交響曲58番交響曲27番交響曲19番紀尾井ホールショスタコーヴィチドビュッシーミューザ川崎協奏交響曲LPオーボエ協奏曲ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:38ピアノソナタXVI:29スタバト・マーテルピアノソナタXVI:39マーラー十字架上のキリストの最後の七つの言葉交響曲97番告別交響曲90番奇跡交響曲18番ひばりフルート三重奏曲交響曲102番交響曲86番ヴァイオリン協奏曲哲学者ニコライミサ小オルガンミサミサブレヴィス交響曲95番交響曲93番交響曲78番ピアノソナタXVI:23王妃SACDライヴ録音武満徹交響曲81番交響曲80番交響曲21番マリア・テレジアクラヴィコード豚の去勢にゃ8人がかりBlu-ray東京オペラシティ交響曲12番交響曲11番交響曲4番交響曲15番交響曲1番交響曲37番ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:3ディヴェルティメント東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:35ライヒャドニぜッティロッシーニ弦楽三重奏曲シェーンベルク東京文化会館フルート協奏曲ホルン協奏曲弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:31ピアノソナタXVI:26パレストリーナモンテヴェルディアレグリバード美人奏者交響曲70番アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:7スコットランド歌曲ヴェルナーガスマンピアノソナタXVI:24交響曲46番交響曲51番交響曲35番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3帝国ラ・ロクスラーヌハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス時の移ろい交響曲42番ベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲リュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏冗談ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオカノンモテットドイツ国歌オフェトリウムよみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難交響曲84番パリセットベルク主題と6つの変奏オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲交響曲89番交響曲50番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲77番交響曲34番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:11音楽時計曲ピアノソナタXVI:47bisピアノ小品カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7天地創造ミサジャズ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲108番交響曲62番交響曲107番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲スカルラッティ声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽ピアノソナタ

タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
26位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
5位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

大家さんFC2のクラシックブログランキング。

おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)






twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ