作曲家ヨーゼフ・ハイドンの作品のCD、LP、映像などを収集しレビューしています。膨大なハイドンの作品から名盤、名演奏を紹介します。

クーベリック/バイエルン放送響の「戦時のミサ」(ハイドン)

0
0
今日は前記事で取りあげた2枚組のアルバムの2枚目に収められた曲。

JochumCaecilia.jpg
HMV ONLINEicon / amazon / TOWER RECORDS

ラファエル・クーベリック(Rafael Kubelik)指揮のバイエルン放送交響楽団、バイエルン放送合唱団の演奏で、ハイドンの「戦時のミサ」(Hob.XXII:9)。収録は1963年7月、昨日取りあげたヨッフムのチェチーリア・ミサと同様、ミュンヘンのヘラクレス・ザールでのセッション録音。歌手は以下のとおり。

ソプラノ:エルジー・モリソン(Elisie Morison)
コントラルト:マージョリー・トーマス(Marjorie Thomas)
テノール:ペーター・ウィッシュ(Peter Witsch)
バス:カール・クリスチャン・コーン(Karl Chritian Kohn)

ラファエル・クーベリックは1914年チェコのプラハの東約50キロの小さな街ビーホリー (Býchory) に生まれた指揮者、作曲家。スメタナやドヴォルザークなどお国ものの演奏で有名ですが、個人的には9つのオケを振り分けたベートーヴェンの交響曲全集、モーツァルトの交響曲集、マーラーの交響曲全集、auditeから出ているマーラーの交響曲などが印象に残っています。中庸を旨とする落ち着いたバランスのよい指揮振りが魅力の指揮者ですね。クーベリックは意外に相性の良さそうなハイドンの録音がそれほど多くなく、天地創造、四季とチェチーリア・ミサなどの宗教曲と交響曲は時計と99番のライヴがあるくらいでしょうか。当ブログで取りあげた演奏は下記の2種のみ。

2010/10/11 : ハイドン–協奏曲 : フルニエ/クーベリックのチェロ協奏曲2番
2010/05/24 : ハイドン–オラトリオ : クーベリックの天地創造

昨日取りあげたヨッフムのチェチーリア・ミサに今日取り上げる戦時のミサがカップリングされていたんですが、これがヨッフムとともになかなかいい演奏だったので取りあげた次第。このアルバムはバイエルン放送交響楽団とバイエルン放送合唱団によるハイドンのミサ曲の1960年前後の演奏が3曲収められているということです。残りの1曲はテオバルト・シュレムス指揮の小オルガンミサです。

戦時のミサはこれまで2度取りあげています。曲の解説は下記のマリナー盤をご覧ください。

2011/05/11 : ハイドン–声楽曲 : ヨゼフ・メスナー/モーツァルテウム、ヴンダーリヒの戦時のミサ
2010/12/06 : ハイドン–声楽曲 : マリナー/ドレスデン・シュターツカペレの戦時のミサ

Hob.XXII:9 / Missa in Tempore Belli "Paukenmesse" 「戦時のミサ(太鼓ミサ)」 [C] (1796)
キリエ
前記事のヨッフムのチェチーリア・ミサよりも5年新しい録音だけに、録音は厚みがともない、冒頭から素晴らしい迫力。クーベリックらしい穏当な表現ながら、一音一音に漲るエネルギーは素晴らしく、ヴァイオリンのボウイングもキレてます。非常に正統的な演奏。ヨッフムの演奏がコーラスに力点が置かれていたのに対し、クーベリックのこの演奏はオケとコーラスのバランスのいい音量感。フレーズの表現の彫り込みはそれホで深くはありませんが、音響としてのヴァイオリンなどの立体感はなかなかのもので、ヴィヴィッドな演奏。テンポは一貫して安定したもの。

グローリア
小細工なしにぐいぐい推進していくグローリア。オケとコーラスはバランスの良い響き。ここでもオーソドックスなクーベリックの表現はセンスがいい感じ。中間部はチェロの伴奏に乗ったコーンのバスのソロと絶妙の美しさの女声コーラスが交互にメロディーを奏でます。コーンのバスは良い意味できりりとした軽さが感じられ、音階が鮮明に聴こえる声。ここでは主役はコーラスかもしれません。バイエルン放送合唱団の分厚い響きは健在。後半に入ると拍子を早めに打ち鮮明なオケが主役に。かなり意図的にテンポを上げて曲に明確な変化を与えます。

クレド
前曲の後半から明確に強調されるリズムが基調になります。覇気にあふれた大音響。中間部は峻厳な悲しみを表すように大きくフレーズをコントロールして、美しいメロディーラインを描いていきます。クーベリックがコントロールすると闇を表すというよりは、健康さを保った暗さのよう。朗らかさも感じさせるのが不思議なところ。後半は弾むメロディーをうまく表現して、リズムに乗ったオーケストラの魅力を存分に聴かせます。不思議とかなり奥から響いてくる低音、不思議な定位感の録音。

サンクトゥス
後光がさしてくるような輝きに満ちた楽章。短いながらもマージョリー・トーマスの特徴のある響きを伴ったコントラルトとペーター・ウィッシュの若々しい張りのあるテノールが楽しめます。

ベネディクトゥス
ヴァイオリンが描く悲しい旋律から入ります。エルジー・モリソンの豊かなヴィブラートをともなったソプラノを中心としたソロの響宴。淡々とした伴奏にくっきりと浮かび上がるソロが描くメロディーが印象的。

アニュス・デイ
終曲。太鼓ミサの別名のもとになった楽章。ティンパニと金管、コーラスによる大河のような曲。ティンパニのソロにファンファーレと印象的な曲。終曲にこのような仕掛けをもってくる創意に脱帽です。

ラファエル・クーベリックの指揮するバイエルン放送交響楽団と合唱団による戦時のミサ。クーベリックの誠実なところがうまく表された名演奏だと思います。同じアルバムで前に置かれたヨッフムのチェチーリア・ミサはハイドンのミサ曲の光と影を見事に表した名演奏。こちらは図太さと朗らかさ、少し新しい録音で最初はぐっと来たものの、ヨッフムが描く深い情感に比べると、表現の深さという点ではちょっと差を付けられている印象も残ります。ヨッフムの演奏が超がつく名演だったことを考えると、やむを得ないところでしょう。評価は[++++]としておきます。
関連記事

0 Comments

There are no comments yet.