カルミニョーラ/シャンゼリゼ管弦楽団によるヴァイオリン協奏曲集

ようやくHMV ONLINEから届いたアルバム。他のアイテムの未入荷に引きずられました。

CarmignolaVL.jpg
HMV ONLINEicon / amazon / TOWER RECORDS

ジュリアーノ・カルミニョーラ(Giuliano Carmignola)のヴァイオリン、シャンゼリゼ管弦楽団(Orchestre des Champs-Élysées)の演奏で、ハイドンのヴァイオリン協奏曲3曲(Hob.VIIa:1、VIIa:3、VIIa:4)を収めたアルバム。収録は2011年2月、イタリア東北部のアルプスの麓トッビアーコにある文化センター・グランド・ホテルにあるグスタフ・マーラーホール。レーベルはARCHIV PRODUCTION。かなり久しぶりのメジャーレーベルです。

カルミニョーラは最近アバドと組んでモーツァルトのヴァイオリン協奏曲やバッハのブランデンブルク協奏曲などをレコーディングするなど、目立った活躍をしています。そもそも古楽器系のヴァイオリニストとの認識はありますが、詳しく調べた事がありませんでしたので、略歴を紹介しておきましょう。

1951年イタリアのアドリア海の最奥部のヴェネチアのすこし内陸にある街トレヴィーゾ(Treviso)に生まれたヴァイオリニスト。父もヴァイオリニストで、ヴェネチア音楽院で学び、その後、イタリア、シエナにあるキジアーナ音楽院でナタン・ミルシテインに、またスイスのジュネーヴ音楽院ではヘンリク・シェリングに師事しました。70年代に入ると国際的にコンサートで活躍するようになり、ピアノや弦楽器など室内楽を主に演奏。1973年のパガニーニ国際コンクールで第5位に入賞するなど多くの国際コンクールでの入賞歴があります。ソリストとしてクラウディオ・アバド、エリアフ・インバルなどの指揮者と共演し、またヴェネチア音楽院やシエナ音楽アカデミー等で教職についていたようですね。1978年から85年まではヴェネチアのフィニーチェ歌劇場のコンサートマスターを担当。近年は18世紀イタリアの音楽を集中的に取りあげているとの事。イケメンちょい悪オヤジのような風貌なので、ソリストとして人気もあるでしょう。

シャンゼリゼ管弦楽団はパリのシャンゼリゼ劇場とベルギーのブリュッセルも本拠地とする古楽器オーケストラ。パリのシャンゼリゼ劇場と言えばフランスのル・コルビュジエの師にあたりフランス近代建築の巨匠、オーギュスト・ペレの名建築。パリには2度行ってますがどちらの機会にもコンサートがなく、実際に見たのは外観のみです。いちどここでコンサートを聴いてみたいと思ってます。レパートリーはハイドンからマーラーまでで、その時代の楽器で演奏するのがコンセプトとのこと。このアルバムも当然、古楽器による演奏になります。

最近話題のカルミニョーラのハイドンのヴァイオリン協奏曲はどのような演奏でしょうか。

Hob.VIIa:1 / Violin Concerto [C] (c.1765)
序奏は古楽器のオケが音を切り気味にキビキビとした鮮度の高いもの。アクセントをしっかりつけてリズムを刻むので流麗さよりは構成感重視の演奏。カルミニョーラのヴァイオリンは1732年製のBaillotと呼ばれるストラディヴァリウス。この楽器の美音を慎重にコントロールして、音のいいところだけでささっとフレーズを刻んでいくような感じ。まだヴァイオリンをフルには鳴らしません。延ばす音に素晴らしい美音の予感が潜むワクワク感が乗っていい感じ。オケはリズムのエッジで聴かせていくようで、楽器を鳴らしきりません。カルミニョーラは時折高音部分で素晴らしい音を垣間見せ、どきりとさせます。1楽章のカデンツァはカルミニョーラの円熟の技でさらっと自在な弓使いを見せて挨拶代わりという感じ。1楽章は規律を保った演奏でした。
2楽章のアダージョはようやくカルミニョーラのセンスのよい美音が炸裂。ピチカートとハープシコードの抑制の効いた穏やかな伴奏に乗って、これ以上節度のある美音はないのではないかと思わせる素晴らしいヴァイオリンのソロ。ハイドンの美しいメロディーラインが磨き抜かれた宝石のような音楽に。アバドが彼を起用する理由がよくわかります。デュナーミクのコントロールは完璧。しかもこの楽章の消え入るような終わり方はこの世のものとは思えない美しさ。
フィナーレもカルミニョーラが軽々と弾くメロディーが絶妙な美しさ。オケは相変わらず、鮮度の高いリズムを見事な抑制を伴って刻み続けてカルミニョーラのヴァイオリンソロを引き立てます。小編成のオケの切れ味抜群の伴奏にセンスのよいソロの美音。言う事ありません。絶品!

Hob.VIIa:3 / Violin Concerto "Merker Konzert" 「メルク協奏曲」 [A] (c.1765/70)
前曲同様、序奏からワクワク感満点のオケ。オケのメンバー全員が非常に鋭敏なリズム感をもっていることがわかります。出だしからリズムがキレまくってます。脳内にアドレナリンが噴出。カルミニョーラはすこしリズム崩す余裕も出てきて自在さも加わり、もはや神憑った領域に。古楽器による演奏の新たな魅力を存分に感じさせる演奏。冴え渡る音楽的感興。1楽章のカデンツァは前曲よりさらに自在さが際立ち、もはや圧倒的な存在感。オケのリズムもキレつづけ完璧な1楽章。
演奏によっては非常に叙情的なものになるこのアダージョ・モデラートを、すっかり抑制を効かせた純音楽的な音楽にしてしまうあたり、素晴らしい音楽性でしょう。カルミニョーラの奏でるヴァイオリンの落ち着き払った美音にただただ身を委ねているだけで素晴らしい音楽に浸れます。
フィナーレは前曲同様、オケのキレと軽々と運ぶカルミニョーラのヴァイオリンの掛け合いが素晴らしい緊張感を醸し出しています。高い音の芯のしっかりした美音は惚れ惚れとするようですね。今度はヴァイオリンのテンションで曲を引っ張っています。カデンツァは短くさりげないのに最高のテンション。これは見事。

Hob.VIIa:4 / Violin Concerto [G] (c.1765/70)
リズムだけで収まらない複雑な要素をもつ入り。やはり抜群の抑制で、ヴァイオリンが入る前に音楽的な地ならしは完璧にしておきます。この曲ではすこしもたつくようなそぶりを見せながら、じっくりと1楽章のメロディを一つずつこなしていきます。ヴァイオリンもオケも俊敏な反応だけに、溜める部分でも重さは皆無、溜めて鮮やかなのが流石なところです。この曲も情緒に流されず、ヴァイオリンの短く切った美音で語られる物語が支配しています。カルミニョーラのヴァイオリンは曲調を完全にコントロールしています。カデンツァは曲調の一貫性とテクニックの高度なバランスを保ち、素晴らしい一体感。やはりカルミニョーラの音楽性が際立ちます。
このアルバムのアダージョで一番複雑な構成の曲。オケとヴァイオリンのゆったりとしながらも緊張感をはらんだ掛け合いを楽しめる曲。クッキリ浮かび上がるヴァイオリンとしっかり沈むオケの対比が見事。
フィナーレはヴァイオリンのボウイングの力が抜けて音の芯のみで弾かれているような、もはやカルミニョーラのヴァイオリンは力が抜けて純粋な音楽に昇華。複雑な音符を正確にこなして曲を閉じます。

いやはや、参りました。普段のレビューを読まれている方は薄々わかってらっしゃると思いますが、どちらかと言うと現代楽器によるオーソドックスな演奏を高く評価することの多い当ブログですが、このアルバムは別格。古楽器演奏の真髄を感じます。火を噴くような切れ味抜群のリズム感、非常に冷静に抑制されたフレージング、磨き抜かれた美音、そしておけとの完璧な掛け合い。素晴らしい音楽性にノックアウトです。ハイドンのヴァイオリン協奏曲の古楽器演奏のスタンダードな名盤としてどなたにでもお薦めできる名演奏でしょう。カルミニョーラ、只者ではありませんね。もちろん全曲評価は[+++++]とします。

あんまりちゃんと聴いてないアバドとのモーツァルトのヴァイオリン協奏曲も聴いてみたくなりましたね。
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ヴァイオリン協奏曲 古楽器 ハイドン入門者向け

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

ハイドン(Franz Joseph Haydn)の膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。私はなぜハイドンにはまったのか?

最新記事
カテゴリ
ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものはリスト冒頭に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

登録曲数:1,365
登録演奏数:11,529
(2019年3月31日)
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

ピアノ協奏曲XVIII:4軍隊ヒストリカル交響曲93番交響曲70番ピアノ協奏曲XVIII:11交響曲80番交響曲81番トランペット協奏曲ヴァイオリンとピアノのための協奏曲XVIII:6悲しみロンドンオックスフォードモーツァルト交響曲4番ヨハン・クリスチャン・バッハピアノソナタXVI:51豚の去勢にゃ8人がかりピアノ三重奏曲十字架上のキリストの最後の七つの言葉スカルラッティヘンデルラモーバッハ驚愕ショスタコーヴィチシェーンベルク弦楽四重奏曲Op.76ドヴォルザークベートーヴェン交響曲75番チェロ協奏曲ホルン協奏曲古楽器時計弦楽四重奏曲Op.50アンダンテと変奏曲XVIII:6弦楽四重奏曲Op.54弦楽四重奏曲Op.64弦楽四重奏曲Op.20天地創造ヴォルフレスピーギヨハン・シュトラウスリヒャルト・シュトラウスタリスリゲティ交響曲10番ピアノソナタXVI:49迂闊者交響曲54番ネルソンミサバリトン三重奏曲トマジーニピアノソナタXVI:52交響曲2番ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:46日の出皇帝弦楽四重奏曲Op.71交響曲88番ブルックナーベルリオーズナッセンベンジャミンウェーベルンメシアンシェルシグリゼーヴァレーズOp.20弦楽四重奏曲交響曲67番交響曲65番交響曲9番交響曲39番狩り交響曲73番交響曲61番リームピアノソナタXVI:6ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:48アンダンテと変奏曲XVII:6四季交響曲全集ラヴェルリムスキー・コルサコフピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:44ピアノソナタXVI:45第九太鼓連打交響曲99番ボッケリーニシューベルト交響曲5番ストラヴィンスキーチャイコフスキーライヴ弦楽四重奏曲Op.2序曲ヴィヴァルディオペラ序曲パイジェッロアリア集ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6すみだトリフォニーホールピアノソナタXVI:34ブーレーズサントリーホール弦楽四重奏曲Op.74騎士オルランド無人島哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェ変わらぬまことアルミーダチマローザ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:1ピアノ協奏曲XVIII:3交響曲3番ラメンタチオーネアレルヤ交響曲79番チェロ協奏曲1番交響曲27番交響曲19番交響曲58番紀尾井ホールドビュッシーミューザ川崎協奏交響曲オーボエ協奏曲LPヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:38ピアノソナタXVI:29スタバト・マーテルピアノソナタXVI:39マーラー告別交響曲90番交響曲97番交響曲18番奇跡ひばりフルート三重奏曲交響曲102番交響曲86番ヴァイオリン協奏曲哲学者ミサブレヴィスニコライミサ小オルガンミサ交響曲95番交響曲78番ピアノソナタXVI:23王妃武満徹ライヴ録音SACDマリア・テレジア交響曲21番クラヴィコードBlu-ray東京オペラシティ交響曲11番交響曲12番交響曲15番交響曲37番交響曲1番ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:3ディヴェルティメント東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ロッシーニドニぜッティライヒャ弦楽三重奏曲東京文化会館フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.9弦楽四重奏曲Op.17剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ピアノソナタXVI:26ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:31アレグリバードモンテヴェルディパレストリーナ美人奏者ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンスコットランド歌曲ヴェルナーガスマンピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲35番交響曲46番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3ラ・ロクスラーヌ帝国ハイドンのセレナード五度ラルゴラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス時の移ろい交響曲42番ベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番リュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏冗談ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオモテットドイツ国歌カノンオフェトリウムよみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ベルク主題と6つの変奏オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲交響曲50番交響曲89番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:47bisピアノ小品音楽時計曲ピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭変奏曲XVII:7ピアノソナタXVI:22天地創造ミサジャズ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲62番交響曲108番交響曲107番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽ピアノソナタ

タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
117位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
11位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

大家さんFC2のクラシックブログランキング。

おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)






twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ