アウリン四重奏団のOp.74

今日はライムンドさんの記事を見て選んだ一枚。

Auryn74.jpg
HMV ONLINEicon / TOWER RECORDS

アウリン四重奏団(Auryn Quartet)の演奏によるハイドンの弦楽四重奏曲Op.74のNo.1、No.2、No.3の3曲を収めたアルバム。収録は2008年、ドイツ、ケルンの東20kmほどにある街ホンラートにあるホンラート教会でのセッション録音。レーベルはドイツのTACET。

アウリン四重奏団は1982年ケルンで結成されたクァルテットで、活動当初からメンバーは変わりなく30年目になるとのこと。当初はアマデウス四重奏団、グァルネリ四重奏団などに師事し、またヨーロッパ・ユース・オーケストラのメンバーとしてクラウディオ・アバドの指導を受け、音楽もその影響を受けているとの事。レパートリーは古典から現代音楽まで幅広いのですが、とりわけハイドンを重視しているようです。このアルバムのレーベルであるドイツのTACETレーベルにはハイドンの弦楽四重奏曲の全曲録音があり、その録音はハイドン没後200年である2009年に完了したとの事です。また2009年には各地でハイドンの弦楽四重奏曲の全曲演奏会を開くなど、ハイドンが活動のキーになってますね。メンバーは下記のとおり。

第1ヴァイオリン:マティアス・リンゲンフェルダー(Matthias Lingenfelder)
第2ヴァイオリン:イェンス・オッパーマン(Jens Oppermann)
ヴィオラ:ステュワート・イートン(Steuart Eaton)
チェロ:アンドレアス・アーント(Andreas Arndt)

いつものようにクァルテットのウェブサイトへのリンクを張っておきましょう。

Auryn Quartett - Streichquartett - string quartet(独文・英文など)

TACETのハイドンの弦楽四重奏曲のアルバムはあまりショップの売り場で見かけず、またなぜか全集がすべてバラ売りのレギュラープライスゆえこれまであんまり手を出して来ませんでしたが、先日HMV ONLINEでこのアルバムをようやく入手した次第。そのうちレビューしようとしていたところ、ライムンドさんのブログでアウリン四重奏団他によるシューベルトの弦楽五重奏曲が取りあげられているの見て、これはハイドンも取りあげなくてはと思った次第。ライムンドさんの記事はこちら。

今でもしぶとく聴いています:シューベルトの弦楽五重奏曲 Auryn Quartet 他

TACETレーベルは珍しいレーベル。せっかくですからレーベルのウェブサイトにもリンクを張っておきましょう。

TACET-Website(独文・英文・仏文)

当ブログでもTACETレーベルのアルバムを2度取りあげておりますが、何れも素晴らしい演奏でした。いい音楽を見極める目のありそうなレーベルです。

2011/10/17 : ハイドン–交響曲 : ライスキ/ポーランド室内管の王妃、雌鶏、狩
2011/06/03 : ハイドン–室内楽曲 : アベッグ・トリオのピアノ三重奏曲集

さて、ハイドンを得意としているアウリン四重奏団の演奏は如何なものでしょうか。

Hob.III:72 / String Quartet Op.74 No.1 [C] (1793)
つるつる滑る石鹸のように艶のある流麗なヴァイオリンが印象的な導入部。最新の録音らしくクッキリと各楽器が浮かびあがる鮮明な録音。アンサンブルも良くそろっていますが、やはり第1ヴァイオリンの流麗さが印象的。テンポは安定感があるように聴こえますが良く聴くと結構自在に動かしています。第1ヴァイオリンはかなりインテンポで攻めて、速いパッセージではあえてテンポを上げて爽快感を出しています。強弱のコントラストもクッキリつけているで聴き応えがありますが、くどさはなく自然さを保ちながら個性をうまく表現しています。ハイドンを演奏する悦びが感じられる演奏。
2楽章のアンダンティーノは鋭さを残しながらも落ち着いた曲調に合わせた演奏。なんとなく現代音楽もレパートリーとしているから表現できる鋭い静寂感のように感じます。第1ヴァイオリン以外の楽器は少しざらついた音色なので対比が面白い効果。クッキリとメロディーを描く演奏ながら総じて自然体な印象。曲が進むにつれて深い静寂の表現が秀逸に。
メヌエットはクッキリ感はかわらないものの、作為のない自然さがじわりとつたわります。ただただ音楽を奏でる感じ。
フィナーレは見事。絢爛豪華な音響。このクァルテットのクッキリとした音響の特色を最大限に生かして、各楽器が素晴らしい精度のアンサンブルを構成し、終楽章特有のスリリングな展開。ダイナミックレンジも大きく取って強奏とその余韻の消え入る静寂、そして作為なく楽譜通りにクッキリと音楽を描いていきます。なんとなく誰かの音楽に似ていると、、、そう、アバドの振る音楽に似ています。このクァルテットがアバドの影響を受けているということに合点がいきました。

Hob.III:73 /String Quartet Op.74 No.2 [F] (1793)
コミカルなメロディが印象的な第2番。クッキリとしたフレージングが鮮烈な印象をもたらし、模範的な名演に聴こえます。アンサンブル、音色ともに前曲よりさらにいい感じになってます。こうゆうメロディラインの綺麗な曲をこれだけクッキリ弾くと弦楽四重奏曲の素晴らしさが際立ちます。素晴らしい音楽。
2楽章は軽くあっさりとした入り。曲調をよく把握した演奏といえるでしょう。途中からのヴァイオリンの抑えたメロディが絶妙の美しさ。
メヌエットもちょっと抑え気味なところが絶妙。8分の力で音楽を的確にコントロールしているよう。軽妙な感じが良く表現できています。
フィナーレも非常に緻密にコントロールされています。コントロールされた鮮烈さという印象。前曲とは明らかに聴かせどころを変えています。

Hob.III:74 / String Quartet Op.74 No.3 "Reiterquartetett" 「騎士」 [g] (1793)
最後は名曲「騎士」。この曲は出だしから絶妙なデュナーミクのコントロールが素晴らしい精度。まさにアバドの薫陶を受けているということがよくわかります。ことさら第1ヴァイオリンが浮かび上がった印象はなく、全員が対等にせめぎあっている印象。No.1の鮮烈さとNo.2の抑制を併せ持ったような非常に完成度の高い演奏。短調のほの暗さも陰影のくっきりしたモノクロームの写真のようなデリケートさで表現できています。
絶品なのが2楽章のラルゴ・アッサイ。この曲はアルバン・ベルク四重奏団のコンサートのアンコールの超精妙なアンサンブルが記憶に残っていますが、それとは異なり精妙ながらメロディーがきっちり浮かび上がり起伏も立体感もある演奏。凛とした美しさが印象的なもの。中間部はテンポは落とし気味で静寂感を生かしながら練って歌う感じで変化をつけます。強奏部分は自在な表現でインパクトがあります。
メヌエットは前2曲が比較的自然だったのに比べると、踏み込んだ表現。フレーズごとに表情を丁寧につけて鮮烈な感じも流麗な感じもする演奏。前楽章の穏やかな入りと、自在な後半の表現を踏まえて、あえて表情をつけにいったものでしょう。
フィナーレはやはり名曲。ハイドンの弦楽四重奏曲の中でも印象に残るメロディをやはりクッキリと、ここにきて力感も加えて表現していきます。鮮烈さと軽妙さ、そして重厚さも表現する巧みな演奏。間も効果的にとってこのアルバムの総決算となる素晴らしい演奏。最後に軽さをさらりとみせて終わります。騎士も素晴らしい演奏でした。

いままで入手していなかった事を悔やむ名演奏。流石にハイドンを得意としているだけあって、クッキリとした線を生かした演奏ながら、各曲の本質を良く見抜いた演奏。曲ごとに演奏のコンセプトが明確にあり、それが実にハマっています。評価はもちろん全曲[+++++]としました。

アウリン弦楽四重奏団のハイドン、収集に入ります(笑)。何しろまだ1枚しか手元にありませんので。
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 弦楽四重奏曲Op.74 騎士

コメントの投稿

非公開コメント

No title

Daisyさん、こんにちは。実はアウリン四重奏団がハイドンも多数録音しているのが分かった時、そちらのアーカイブに載っているか確認していました(笑。捜し方が悪かったのか見つからず、この四重奏団のハイドンとかベートーベンはいまいちなのかと思っていました。そうでは無かったのですね。確かにこのレーベルは高いので躊躇しますね。

Re: No title

ライムンドさん、こんにちは。
アウリン四重奏団、いいですね。とても気に入りました。アーカイブに記録したのはごく最近1枚のみで、このアルバム以外はもっていません。早速太陽四重奏曲など数枚を注文しました。確かにこのレーベルは高いですね。以前はこれが標準だったんでしょうが、今は他が安くなりましたからね。

ついにアウリン登場!

密かにずっと待ってました、アウリン・カルテット(笑)

私もシューベルトで虜になったものの、ベートーベンで疑問が沸き、、ハイドンでよく解らなくなった(汗)

でも、日記拝見してじっくり聴き直したくなった次第です。

同じハイドン好きでも、微妙に好みの違う方の感想は、とっても参考になってます。

羅針盤也。

Re: ついにアウリン登場!

小鳥遊さん、ご無沙汰しています。
アウリン四重奏団、私も新鮮な心境で聴きました。実はアバドは結構好きでハイドンはともかくベートーヴェン、マーラー、ロッシーニと集めていますが、アウリンのハイドンはアバドの好みを反映しているように聴こえます。好みは人それぞれ。それまで聴いてきた音楽にもずいぶんと影響を受けます。私も自分の好みが絶対だと思ってはおりませんし、自分の聴いてきた音楽に正直な好みゆえ、ちがう経験によれば好みもかなり変わってくると思います。アウリン四重奏団の演奏は私には非常に素直に没入できました。またいろいろご指摘いただければと思います。今年もよろしくお願いいたします!
プロフィール

Daisy


Author:Daisy

ハイドン(Franz Joseph Haydn)の膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。私はなぜハイドンにはまったのか?

最新記事
カテゴリ
ハイドンディスコグラフィ
Joseph Haydn Discography
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものはリスト冒頭に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

登録曲数:1,368
登録演奏数:11,793
(2019年12月31日)
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

交響曲76番オックスフォード交響曲90番ライヴ録音ヴィヴィアーニバリトン三重奏曲四季ロンドンピアノソナタXVI:39ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:21ベートーヴェンピアノソナタXVI:19古楽器ピアノソナタXVI:23先生と生徒音楽時計曲ピアノ四重奏曲ヴァイオリン協奏曲オルガン協奏曲XVII1:1協奏交響曲ピアノ協奏曲XVIII:4交響曲93番軍隊ヒストリカル交響曲70番交響曲81番ピアノ協奏曲XVIII:11交響曲80番トランペット協奏曲悲しみヴァイオリンとピアノのための協奏曲XVIII:6モーツァルトヨハン・クリスチャン・バッハ交響曲4番ピアノ三重奏曲ピアノソナタXVI:51豚の去勢にゃ8人がかり十字架上のキリストの最後の七つの言葉ラモーバッハヘンデルスカルラッティショスタコーヴィチ驚愕シェーンベルク弦楽四重奏曲Op.76ドヴォルザーク交響曲75番チェロ協奏曲ホルン協奏曲時計弦楽四重奏曲Op.50アンダンテと変奏曲XVIII:6弦楽四重奏曲Op.64弦楽四重奏曲Op.20弦楽四重奏曲Op.54天地創造レスピーギヴォルフタリスリヒャルト・シュトラウスヨハン・シュトラウスリゲティ交響曲10番ピアノソナタXVI:49迂闊者交響曲54番ネルソンミサトマジーニピアノソナタXVI:52交響曲2番ピアノソナタXVI:46皇帝日の出弦楽四重奏曲Op.71ブルックナー交響曲88番ベルリオーズウェーベルンベンジャミンナッセンメシアンシェルシグリゼーヴァレーズ弦楽四重奏曲Op.20交響曲67番交響曲9番交響曲65番交響曲73番交響曲39番交響曲61番狩りリームアンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:6ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:48交響曲全集リムスキー・コルサコフラヴェルピアノソナタXVI:44ピアノソナタXVI:45第九太鼓連打ボッケリーニ交響曲99番シューベルト交響曲5番ストラヴィンスキーチャイコフスキーライヴ弦楽四重奏曲Op.2序曲ヴィヴァルディオペラ序曲アリア集パイジェッロピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6すみだトリフォニーホールピアノソナタXVI:34ブーレーズサントリーホール弦楽四重奏曲Op.74無人島騎士オルランドアルミーダ変わらぬまこと哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェチマローザ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:3ピアノ協奏曲XVIII:1ラメンタチオーネアレルヤ交響曲79番交響曲3番チェロ協奏曲1番交響曲58番交響曲27番交響曲19番紀尾井ホールドビュッシーミューザ川崎LPオーボエ協奏曲ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:38ピアノソナタXVI:29スタバト・マーテルマーラー告別交響曲97番奇跡交響曲18番ひばりフルート三重奏曲交響曲102番交響曲86番哲学者小オルガンミサニコライミサミサブレヴィス交響曲95番交響曲78番王妃SACD武満徹マリア・テレジア交響曲21番クラヴィコードBlu-ray東京オペラシティ交響曲12番交響曲11番交響曲15番交響曲37番交響曲1番ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:1ディヴェルティメント東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ドニぜッティライヒャロッシーニ弦楽三重奏曲東京文化会館フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.9弦楽四重奏曲Op.17剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ピアノソナタXVI:31ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:26アレグリモンテヴェルディパレストリーナバード美人奏者ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンスコットランド歌曲ヴェルナーガスマンピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲46番交響曲35番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3帝国ラ・ロクスラーヌハイドンのセレナード五度ラルゴラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏冗談ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオモテットドイツ国歌オフェトリウムカノンよみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ベルク主題と6つの変奏オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲交響曲50番交響曲89番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:47bisピアノ小品ピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7天地創造ミサジャズ弦楽四重奏曲Op.42ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番2つのホルンのための協奏曲展覧会弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲108番交響曲107番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽ピアノソナタ

タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
71位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
7位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

大家さんFC2のクラシックブログランキング。

おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)






twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ