作曲家ヨーゼフ・ハイドンの作品のCD、LP、映像などを収集しレビューしています。膨大なハイドンの作品から名盤、名演奏を紹介します。

【新着】トム・ベギンのハイドン鍵盤独奏曲全集

8
0
久々の大物です。先週HMV ONLINEで届きましたが、全容を把握するのに苦労しました。

Beghin.jpg
HMV ONLINEicon / amazon

トム・ベギン(Tom Beghin)がハープシコード、クラヴィコード、スクエアピアノ、フォルテピアノ、ピアノ(現代のピアノではなく19世紀のイギリスのピアノ)などを弾き分け、ハイドンのピアノソナタと変奏曲など演奏したアルバム。CD12枚組とメイキング映像などを収めたDVD1枚をあわせた13枚組。収録は2007年4月から10月と2008年の6月、カナダのモントリオールのマッギル大学「音楽メディアと技術に関する学際研究センター(CIRMMT)」でのセッション録音。レーベルは廉価盤勃興の祖NAXOSです。

月並みな紹介から入りましたがこのアルバムは凄いものです。ハイドンの鍵盤独奏曲全集を今、世に問うというだけでも労作なのですが、このアルバムの企画は壮大です。

まずは楽器ですが、奏者であるトム・ベギンがハイドンの時代と曲想から7つの楽器を選んで録音しています。DVDのメイキング映像で詳しく触れられているのですが、時代考証をもとにした演奏当時の楽器を選定いるのみならず、曲のイメージにあわせて楽器が選ばれています。古くはハープシコード、クラヴィコードから、スクエアピアノ、フォルテピアノ、ピアノに至るまで、今回の録音のために周到な準備の上に楽器を選定している事がわかります。各楽器は楽器修復家を呼び寄せて録音のために調整させたり、あらたに造ったりしている事がわかります。クラヴィコードなどの雅な響きはこれまで様々なアルバムで音としては聴いていますが、今回のメイキング映像を通して、映像として理解できるのは貴重な事ですね。

そしてこのアルバムの真髄は録音。上記のとおり演奏はモントリオールで収録されているのですが、そのコンセプトにビックリです。アルバムタイトルはジャケット写真を見ていただいてもわかるとおり「ザ・ヴァーチャル・ハイドン」。モントリオールでの演奏録音は、ハイドンにゆかりのあるアイゼンシュタットなどの9カ所を選んで、その場所での残響をデジタルデータで記録し、モントリオールのスタジオで、その場所の残響を再現しながら収録すると言うもの。デジタル時代ならではのまさにヴァーチャルな響きですね。

アルバム全体は10のプログラムに分けられており、7つの楽器と9の会場からテーマに応じて、主に作曲年代順にソナタと変奏曲が並べられています。それぞれの演奏は思い切りのよい奏法、テンポ、音色の変化を交えた演奏で、時代考証を主眼としたものではなく、現代の視点で時代も一要素として再構築されたもの。トム・ベギンの多彩な視点と創意が感じられて非常に興味深い演奏。まだ何枚かつまみ聴きしたのみですが、古楽器によるハイドンのソナタ全集としては一番のおすすめ盤となるでしょう。

録音は響きは素晴らしいもののオーディオ的な耳で聞くと2チャンネル録音としての定位感までは再現できていないようです。最新録音らしく響きの鮮度は高く非常に聴きやすい録音。楽器の音が比較的オンマイクで捉えられ、それぞれの会場の残響が付与されたもの。スピーカーの間に楽器が定位するという感じよりは、スピーカーの間に巨大な楽器が曖昧なまま浮かび上がるような特殊な定位感。これは致し方ないでしょう。

秀逸なのはDVD。ちゃんとした日本語字幕がついているので情報も十分です。この映像だけでもこのアルバムを手に入れる価値は十分です。トム・ベギンをはじめとするスタッフが今回のプロダクションにかける情熱がつたわってくる素晴らしいもの。メイキング映像の最後はハイドンが亡くなる直前に弾いたとされる現ドイツ国歌の「神よ、皇帝フランツを守り給え」をハイドンゆかりの部屋で弾くシーンは何とも感動的なもの。映像のプロダクションもきちんとしており、決してオマケと言うようなものではありません。もともとがブルーレイの映像とブルーレイオーディオのマルチチャンネル音声のアルバムとしてリリースされていたようですので、もしかしたらマルチチャネル音声のほうが聴き応えがあるかもしれませんね。

まだ、つまみ聴きの段階なので評価はしていませんが、所有盤リストへの登録はこの週末に全曲終わりましたので、徐々に評価をつけていきたいと思います。

NAXOSはすでにヤンドーでピアノの演奏によるハイドンのソナタ全集を完成させているのに、今回のこの全集をリリースするとは驚きです。最近バリトントリオやスコットランド歌曲集の全集でハイドンファンの心を鷲掴みにしたBrilliant Classicsに一矢報いた格好になりましたね。これだけ素晴らしいボックスセットが、5000円もせずに手に入るのですから、ほんとに良い時代になったものです。しばらくはこのアルバムの演奏を楽しみたいと思います。
関連記事

8 Comments

There are no comments yet.

Haydn2009

No title

Daisyさん

私も、この全集は気になっていたのですが、すでに、ハイドンのクラヴィアソナタ全集は、
LPレコードも含めて5セットも持っているので、どうしようかと迷っていました。
しかし、Daisyさんのコメントを読んで購入を決意した次第です。

Daisy

Re: No title

Haydn2009さん、コメントありがとうございます。
いいアルバムですのでゆっくり楽しんでください。DVDを見てからアルバムを聴かれた方が楽しめると思います。このアルバムがどうしてこの値段で発売できるのか今もって不思議です。NAXOSにはピアノトリオ全集等にも挑戦してほしいですね。

  • 2011/11/29 (Tue) 06:18
  • REPLY

だまてら

No title

おおっ!とうとうGETされましたか。
当方の所有は、Blu-rayオーデイオ3枚+同ビデオ1枚のバージョンなので、以前ご案内した2階リスニングルームでは再生できず1階リビングでパイオニアBlu-rayプレーヤ+東芝REGZA52型液晶+外付2CHスピーカーでの再生ですが、映像・音声ともに素晴らしいです。
映像の冒頭で、鍵を床に投げる音が2CH再生でも大変リアルに聞こえます。サラウンドならもっと凄いんでしょうが・・・。この値段ならピュアオーディオ用としてCD+DVDバージョンも欲しくなってきました。

  • 2011/11/29 (Tue) 18:58
  • REPLY

Daisy

Re: No title

だまてらさん、ご無沙汰しています。
このアルバムの情報を最初にいただいたのはだまてらさんでしたね。ものすごい価値のあるアルバムだとおっしゃっていた意味がようやく飲み込めた次第です。このアルバムは素晴らしい企画ですね。私は逆にブルーレイ盤も手に入れたくなってきました。ブルーレイの映像に、マルチチャネルの音声。我が家のオーディオもステレオなんですが、マルチチャネルをはじめて聴きたくなりました。

  • 2011/11/29 (Tue) 21:49
  • REPLY

ヒロチェリ

これは凄い!

Daisyさん、こんにちは。

このブログ、「ハイドン音盤倉庫 - Haydn Recordings Archive」でこのBOXの存在を知り、余りにも気になって、購入してしまいました。

私にとって最も価値があったのが、
「ハープシコード、クラヴィコード、スクエアピアノ、フォルテピアノ、ピアノ」
を使い分けているという点です。
(トム・ベギンの演奏も良いですね。)

まだ全ては聴いていないのですが、購入して良かったと本当に思っています。
私が購入したのは、CD+DVD盤(日本のAmazonで3000円弱で購入出来ました。)の方ですが、Blu-rayのものも欲しくなりました。なんたって、ヴァーチャル・ハイドンという商品名ですからね(笑)

非常に価値のある商品をご紹介頂き、誠にありがとうございました。

  • 2012/11/23 (Fri) 10:32
  • REPLY

Daisy

Re: これは凄い!

ヒロチェリさん、ご無沙汰しています。
この全集、やはり良く出来たDVDの存在が大きいですね。この全集に賭ける意気込みのようなものが伝わってくる素晴らしい内容だと思います。DVDの内容をBlu-rayで見るというだけでもBlu-ray版の存在価値がありますね。こういった良いプロダクツこそ多くの人に聴いていただきたいものですね。

  • 2012/11/23 (Fri) 19:24
  • REPLY

sifare

ようやくゲット(笑)

こんにちは~
今日は温かい春の風の気候です。

遅ればせながら同梱の遅れに引っ張られてようやく届きました(^^)今DVDをちょこっと見ているところですが、本当に嬉しい企画ですね!!!
解説書もその写真や趣向はもうそれだけでゾクゾク!

さぁこれから聴きますよ~(^^♪

ちなみに結局廃盤らしく入手できなかったのは「ツィターとギターによる小品集」というアルバム。ハイドンやモーツァルトの曲が演奏されているものです。アマゾンではmp3で販売されているのですが、、、(';')

Daisy

Re: ようやくゲット(笑)

sifareさん、いつもコメントありがとうございます。
ようやく手に入りましたね。映像を見てから演奏を聴くと実に興味深いですね。ゆっくり楽しんでください。
「ツィターとギターのための小品集」、ちょっとそそられる企画ですね。私もギターものは好きなのでこれは興味あります。ツィターと言えばアントーン・カラス、第三の男を思い出しますね。タララララ〜ンララ〜ンw

  • 2013/12/03 (Tue) 20:11
  • REPLY