ウルブリヒ四重奏団のOp.20

今日はラックの片付けをしていて見つけた名盤。

UlbrichQ20_4.jpg

ウルブリヒ四重奏団(Ulbrich-Quartett)の演奏によるハイドンの弦楽四重奏曲Op.20のNo.4、No.5、No.6を収めたアルバム。収録はHMV ONLINEやネットの情報では1970年4月、ドレスデンの聖ルカ教会でのセッション録音とのこと。手元のアルバムにはPマークが1973年とだけ記されています。レーベルは旧東独のETERNA。このアルバム自体はおそらく廃盤で、DENONからOp.20の2枚組でリリースされています。

UlbrichQ20_DENON.jpg

HMV ONLINEicon / amazon

手元にはOp.20のNo.1、No.2、No.3のアルバムもありますが、今日は後半の3曲を収めたアルバム。

ウルブリヒ四重奏団についてはネットにもあまり情報がありません。手元のアルバムを廉価盤のため、英語などによる曲の解説のみで演奏者については一切触れられていません。メンバーはシュターツカペレ・ドレスデンのメンバーとのことで、現在正式なウェブサイトが見つからないことを考えるともう活動はしていないのではないでしょうか。このアルバムの演奏時のメンバーは下記のとおり。

第1ヴァイオリン:ルドルフ・ウルブリヒ(Rudolf Ulbrich)
第2ヴァイオリン:ウォルフガング・ビュロー(Wolfgang Bülow)
ヴィオラ:ヨアヒム・ツィンドラー(Joachim Zindler)
チェロ:クレメンス・ディルナー(Clemens Dillner)

Hob.III:34 / String Quartet Op.20 No.4 [D] (1772)
直接音中心ながら音の合間に教会らしい長めの余韻がうっすらと聴こえるなかなか良く考えられた録音。ざらっとした音色の極めて折目正しい正統派の演奏。この曲のうら悲しくも構成感に溢れたメロディをじっくり描いて行きます。1楽章の入りはじっくりしたテンポで丁寧にフレーズを奏で、しかも要所の強奏部分では十分鮮烈な響きでクッキリとメリハリをつけます。強弱をかなりはっきりつけ中間がない感じ。ヴァイオリン主体ではなく4人が完全に同等の緊密なアンサンブル。凛とした整然さ、妥協のない磨き込み、冷静さを失わない完璧なコントロール。孤高の響きを楽しみます。
2楽章もじっくりとしたフレージングで孤独感が際立つような演奏。輝きやダイナミックさとは対極にある賽の河原の景色のような独特な風情。風車がカラカラまわる恐山の宇曽利湖を思い出します。ただ独特なだけでなく張りつめた緊張感もあり、この曲の極北の姿を見せているよう。素晴らしい完成度。
メヌエットはリズムを楽しむように弾むフレージングが独特。2分ほどの極端に短い楽章ですが、全体の中での箸休めのような位置づけでしょう。一定のリズムでじっくりとフレーズを溜めて弾き進めていきます。
フィナーレはスピード、起伏、機知の坩堝のような見事な演奏。突き抜けるようなキレの良さ。抜群のテクニックでフィナーレの複雑な音符を自在に表現。もはや痛快といえるような素晴らしい演奏。最後は非常に印象的にすっと音楽を止める終わり方。

Hob.III:35 / String Quartet Op.20 No.5 [f] (1772)
Op.20のなかの唯一の短調の曲。このクァルテットの特徴である孤高の響きがじわじわと心に迫ってきます。前曲のフィナーレのテクニックのショーピースのような演奏から一転、流麗なメロディを切々と奏でていき、純粋の曲の美しさで聴かせる余裕があります。独特の音色はなんとなくヴィオラの豊かな響きにあるような気がします。
この曲は2楽章がメヌエット。メヌエットも過度なメリハリはつけず、朗々とフレーズを重ねて行くのみ。曲の美しさを知っての確信犯的演奏でしょう。淡々と繰り返し奏でられるメロディーラインが心に刻まれて行きます。
そのまま淡々とアダージョに入り、フレーズのコントロールはデリケートさを増し、ガラス細工のような繊細な表情を魅せるようになります。最後は間を生かした詠嘆。
フィナーレに入るとアンサンブルが一気に緊密になります。最後のクライマックスとばかりに力も入ります。

Hob.III:36 / String Quartet Op.20 No.6 [A] (1772)
最後のNo.6。今度はリズムの軽さを意図したのでしょうか、明るい曲調の曲を、非常に軽いタッチで弾いて行きます。音色に一貫性はあるものの、良く聴くと曲によって演奏の主眼を変えてきています。1楽章のコミカルなメロディーをどう表現するといいかを良く考えた演奏スタイルと感じます。ヴァイオリンの美しく輝く音色が際立ちます。
つづくアダージョは歌うフレーズが抜群。やはり曲の本質を見極めた演奏。ここでもヴァイオリンの美しさが際立ちます。妙齢の透き通るような肌の薄化粧の美人のような存在感。
メヌエットは他のクァルテットではもう少し力感を表現するのでしょうが、ウルブリヒは音色で力感を表現するような粋な感じがします。良くキレたリズムと美しい弦楽器の音色が沁みます。
フィナーレは軽々とリズムを刻みフーガの混沌を徐々に深め、最後に大鉈を震うような渾身のフォルテで終わります。

ほんとは1、2曲を取りあげて終わろうと思ったのですが、思わず3曲を聴きとおしてしまうくらいに素晴らしい演奏。現代楽器によるOp.20の決定盤とさえ思わせる素晴らしい完成度です。詩的に感じるほど美しい瞬間があると思えば、No.4の終楽章のように吹き抜けるような素晴らしいテクニックを魅せる瞬間もあり、クァルテットの多彩な楽しさを伝える名演奏です。No.5で聴かれた一貫した音楽の深さも素晴らしいものがあります。評価はもちろん3曲とも[+++++]です。

このアルバムも昔ちょい聴きしたままラックに長らく眠っておりました。アルバムはやはり聴いてこそ価値がありますね。弦楽四重奏が好きなすべての方におすすめできる素晴らしいアルバムです。
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 弦楽四重奏曲Op.20 ハイドン入門者向け

コメントの投稿

非公開コメント

No title

はじめまして。ウルブリヒQ、いいですよね!特に作品20-5が好きです。ハイドンはよく聞くのでこれからもお邪魔します。

Re: No title

knapper2さん、コメントありがとうございます。
ウルブリヒ四重奏団、今回はラックの肥になっていたアルバムを再発見したという感じです。確かに素晴らしい演奏ですね。私もOp.20ならNo.5がお気に入りだったのですが、最近その他の曲の良さも少しづつわかってきたという感じです。
わたしも最近knapper2さんのブログにちょこちょこ寄らせてもらってます。ハイドンもお好きなようでいろいろ聴かれている様子ですね。そしてLPの記事や飲み食いの記事も他人とは思えない親近感を感じます。
今後ともよろしくお願いいたします。
プロフィール

Daisy


Author:Daisy

ハイドン(Franz Joseph Haydn)の膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。私はなぜハイドンにはまったのか?

最新記事
カテゴリ
ハイドンディスコグラフィ
Joseph Haydn Discography
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものはリスト冒頭に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

登録曲数:1,368
登録演奏数:11,793
(2019年12月31日)
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

交響曲76番オックスフォード交響曲90番ライヴ録音ヴィヴィアーニバリトン三重奏曲四季ロンドンピアノソナタXVI:39ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:21ベートーヴェンピアノソナタXVI:19古楽器ピアノソナタXVI:23先生と生徒音楽時計曲ピアノ四重奏曲ヴァイオリン協奏曲オルガン協奏曲XVII1:1協奏交響曲ピアノ協奏曲XVIII:4交響曲93番軍隊ヒストリカル交響曲70番交響曲81番ピアノ協奏曲XVIII:11交響曲80番トランペット協奏曲悲しみヴァイオリンとピアノのための協奏曲XVIII:6モーツァルトヨハン・クリスチャン・バッハ交響曲4番ピアノ三重奏曲ピアノソナタXVI:51豚の去勢にゃ8人がかり十字架上のキリストの最後の七つの言葉ラモーバッハヘンデルスカルラッティショスタコーヴィチ驚愕シェーンベルク弦楽四重奏曲Op.76ドヴォルザーク交響曲75番チェロ協奏曲ホルン協奏曲時計弦楽四重奏曲Op.50アンダンテと変奏曲XVIII:6弦楽四重奏曲Op.64弦楽四重奏曲Op.20弦楽四重奏曲Op.54天地創造レスピーギヴォルフタリスリヒャルト・シュトラウスヨハン・シュトラウスリゲティ交響曲10番ピアノソナタXVI:49迂闊者交響曲54番ネルソンミサトマジーニピアノソナタXVI:52交響曲2番ピアノソナタXVI:46皇帝日の出弦楽四重奏曲Op.71ブルックナー交響曲88番ベルリオーズウェーベルンベンジャミンナッセンメシアンシェルシグリゼーヴァレーズ弦楽四重奏曲Op.20交響曲67番交響曲9番交響曲65番交響曲73番交響曲39番交響曲61番狩りリームアンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:6ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:48交響曲全集リムスキー・コルサコフラヴェルピアノソナタXVI:44ピアノソナタXVI:45第九太鼓連打ボッケリーニ交響曲99番シューベルト交響曲5番ストラヴィンスキーチャイコフスキーライヴ弦楽四重奏曲Op.2序曲ヴィヴァルディオペラ序曲アリア集パイジェッロピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6すみだトリフォニーホールピアノソナタXVI:34ブーレーズサントリーホール弦楽四重奏曲Op.74無人島騎士オルランドアルミーダ変わらぬまこと哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェチマローザ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:3ピアノ協奏曲XVIII:1ラメンタチオーネアレルヤ交響曲79番交響曲3番チェロ協奏曲1番交響曲58番交響曲27番交響曲19番紀尾井ホールドビュッシーミューザ川崎LPオーボエ協奏曲ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:38ピアノソナタXVI:29スタバト・マーテルマーラー告別交響曲97番奇跡交響曲18番ひばりフルート三重奏曲交響曲102番交響曲86番哲学者小オルガンミサニコライミサミサブレヴィス交響曲95番交響曲78番王妃SACD武満徹マリア・テレジア交響曲21番クラヴィコードBlu-ray東京オペラシティ交響曲12番交響曲11番交響曲15番交響曲37番交響曲1番ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:1ディヴェルティメント東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ドニぜッティライヒャロッシーニ弦楽三重奏曲東京文化会館フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.9弦楽四重奏曲Op.17剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ピアノソナタXVI:31ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:26アレグリモンテヴェルディパレストリーナバード美人奏者ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンスコットランド歌曲ヴェルナーガスマンピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲46番交響曲35番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3帝国ラ・ロクスラーヌハイドンのセレナード五度ラルゴラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏冗談ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオモテットドイツ国歌オフェトリウムカノンよみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ベルク主題と6つの変奏オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲交響曲50番交響曲89番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:47bisピアノ小品ピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7天地創造ミサジャズ弦楽四重奏曲Op.42ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番2つのホルンのための協奏曲展覧会弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲108番交響曲107番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽ピアノソナタ

タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
54位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
7位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

大家さんFC2のクラシックブログランキング。

おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)






twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ