レナー弦楽四重奏団の皇帝、Op.76のNo.5

またまた、かなり古い弦楽四重奏曲の録音。最近ヒストリカルなものの魅力にすっかりハマってます。

Lener1.jpg
amazon

レナー弦楽四重奏団(The Léner String Quartet)の演奏で、ハイドンの弦楽四重奏曲Op.76のNo.3「皇帝」、Op.76のNo.2「五度」の2楽章アンダンテ、Op.76のNo.5の2種録音の4曲を収めたアルバム。収録は皇帝と五度のアンダンテが1935年1月ロンドンのアビーロードスタジオ、Op.76のNo.5の1種目が1924年2月22日、23日、ロンドンのコロムビアスタジオでのアコースティック録音、もう1種が1928年11月7日、10日、同じくロンドンのコロムビアスタジオでの電気録音と大昔の録音。レーベルはROCKPORT RECORDSというニューヨークのレーベル。

レナー弦楽四重奏団はハンガリーのクァルテット。メンバーはブダペストの音楽高校の同級生で、設立はその後ライバルとなるブダペスト弦楽四重奏団に1年おくれて1918年。翌1919年にはブダペストデビュー、そしてその翌年1920年にはラヴェルの手引きによりウィーンデビューを果たし、ラヴェルはパリでの演奏にも尽力したそうです。1922年にはロンドンでデビューし、程なくこのアルバムの録音の一部を担当したコロムビアレコードと契約を交わすことになります。レナー弦楽四重奏団はベートーヴェンの弦楽四重奏曲を全曲録音した最初のクァルテットだということです。この録音の頃のメンバーは次のとおり。

第1ヴァイオリン:イエネー・レナー(Jenö Léner)
第2ヴァイオリン:ヨゼフ・スミロヴィツ(Joszef Smilovits)
ヴィオラ:シャーンドル・ロース(Sándor Roth)
チェロ:イムレ・ハルトマン(Imre Hartmann)

このアルバムの解説にもレナー弦楽四重奏団の演奏は古い演奏スタイルによって長らく忘れられた存在になっていたと触れられていますが、先日取りあげたカペー弦楽四重奏団も同様でしょう。今聴くと、カペー同様ポルタメントが独特の味わいを醸し出していますが、カペーよりも力強さと緊密感があるように聴こえました。

Hob.III:77 / String Quartet Op.76 No.3 "Kaiserquartetett" 「皇帝」 [C] (1797)
この前取りあげたウィーン・コンツェルトハウス四重奏団の演奏のWestminster盤とPREISER RECORDS盤のちょうど中間のようなほどほどの鮮明さ。程よい鮮明さと程よい穏やかさの両立したバランスの良い復刻といっていいでしょう。弦楽器の分厚い存在感のある響きで高音は伸びきらないものの、弦楽器が刺激的にならずに自然なプレゼンスで収録されています。1935年という収録年代を考えると十分良い録音です。古風な音色ですが演奏はそこそこ速めのテンポで非常に緊密なアンサンブル。かなりの推進力を感じさせる、インテンポでグイグイ攻める様な演奏。迫力が目立つようですが音を引きずるようなポルタメントの効いた独特の音階移動が時代を感じさせます。
ドイツ国歌としても有名な2楽章のポコ・アダージョは、一転して優雅さ満点。ゆったりとしてテンポと独特のポルタメントで名旋律を歌い上げます。ヴァイオリンが主導する訳ではなく、各楽器がそれぞれ主導権を握るような素晴らしいアンサンブル。この楽章はあまりの素晴らしさに息を飲むよう。
メヌエットは軽々と弓を運ぶような弾むメロディーラインが特徴。ポルタメントによって今でこそ古風と感じますが、この味わいの深いフレージングは時代を超えて魅力を放っていますね。テンポは一貫して揺るぎない堅固さも感じさせ、楽章間の対比も十分考慮したもの。メヌエットも万全。
フィナーレは現代の演奏と比べるとすこし音の角が穏やかなことで音楽的な先鋭さは今ひとつながら、やはり古雅な魅力に溢れた演奏。素晴らしい皇帝です。

Hob.III:76 / String Quartet Op.76 No.2 "Quintenquartetett" 「五度」 [d] (1797)
つづいて、同じ収録年代の五度の2楽章。皇帝の2楽章同様、ポルタメントにより優雅さがにじみ出る演奏。演奏スタイルとしてはカペーと非常に近いものがありますが、構成感がキリッと感じられる分、カペーよりこちらの方が好みかもしれません。音も前曲同様いいコンディションで鑑賞には全く問題ありません。ピチカートに乗って自在に音階を行き来するヴァイオリンの伸びやかな音色。イエネー・レナーの素晴らしい音楽を堪能できる楽章です。

Hob.III:79 / String Quartet Op.76 No.5 [D] (1797)
まずは、1924年のアコースティック録音の演奏から。流石に録音はかなり古さを感じるようになります。音が遠くなり、鮮明さがだいぶ落ちてきます。パチパチするようなスクラッチノイズはほとんど聴こえませんが、中域を中心にバックグラウンドノイズが大きくなります。それでも90年近く前に録られたものとしては驚くべき保存状況で、音楽の魅力が削がれるようなことはありません。ノイズの質が良いためか、非常に聴きやすく、安定感も十分。ただアコースティック録音だけにダイナミックレンジの狭さは致し方ないところ。演奏自体は10年を遡った分、デュナーミクのコントロールが緻密で、ポルタメントもより目立つようで、現代の演奏とのスタイルの違いがよりハッキリ出ています。2楽章のラルゴはまさにチャップリンの映画のBGMのような時代を感じさせるもの。まさに古色蒼然とした音楽です。これを過去の演奏スタイルとみなすのか、ハイドンの演奏の歴史のパースペクティヴにおける貴重な歴史的遺産とみなすのかと言われれば、まさに今の人とっては、否応内音楽としての類いまれな豊かさが示すとおり、素晴らしい価値を持っていると看做さざるを得ません。何といえばよいでしょうか、この素晴らしい音楽。ラルゴは時代を越えた音楽の力にアドレナリン噴出です。メヌエットはこのクァルテットらしい安定したテンポで淡々と進め、フィナーレも歴史を経た音から当時のエネルギーの一端が伝わる名演奏と言っていいでしょう。この録音には驚きました。素晴らしい。

つづいて1928年の電気録音。こちらはむしろ1曲目の1935年の皇帝よりも鮮明ではないかと思わせる素晴らしい録音。良質な原盤のせいかノイズもほとんど気にならず、鮮明さも犠牲になっていません。チェロの立体感は鳥肌がたたんばかり。このアルバムで最もいい音。やはり鮮明な分、演奏のタイトさもよくわかります。先程の1924年のアコースティック録音が録音による雰囲気が懐古的な印象を与えていたものであることがわかります(それはそれで貴重です)。前の録音よりは弱いもののポルタメントは健在で特に第1ヴァイオリンのレナーの奏でるメロディーはいい雰囲気。
2楽章は、やはり至福のひと時。各楽器の立体感は録音年代が信じられないほど。特にチェロの分厚く揺るぎない響きが大きな魅力になってます。古き良き時代を感じさせるばかりではなく、眼前で弾いているような迫力ある音響でポルタメントの効いた名旋律を楽しめます。
3楽章のメヌエットは1924年の録音と同様の解釈ですが、鮮明な音響により演奏の魅力が倍増、そしてフィナーレも息の合ったアンサンブルでハイドンの複雑な音符を綺麗に解きほぐして行くようなくっきりとしたフレージング。いやいや、抜群に素晴らしい演奏です。ため息が出るような演奏。

かなり久しぶりに取り出して聴いたレナー弦楽四重奏団の1924年から35年にかけての録音。こちらがヒストリカルの良さをわかる耳に成長したこともあり、このアルバムの凄さがようやくわかりました。一番古い1924年のアコースティック録音の曲も録音の古さがまったく音楽の魅力を削ぐことがなく、当時の演奏の魅力を素直に楽しめます。このアルバムの企画と、丁寧な復刻は素晴らしいものがあります。正直今まで聴いたヒストリカルアルバムのなかで一番心に響きました。もちろんすべての曲を[+++++]としました。

ネットなどを調べるとこのアルバムを出したROCKPORT RECORDSは既に活動を停止しているということのようで、このアルバムはもしかしたら貴重なものかもしれませんね。
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 弦楽四重奏曲Op.76 皇帝 五度 ヒストリカル ハイドン入門者向け

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

ハイドン(Franz Joseph Haydn)の膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。私はなぜハイドンにはまったのか?

最新記事
カテゴリ
ハイドンディスコグラフィ
Joseph Haydn Discography
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものはリスト冒頭に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

登録曲数:1,368
登録演奏数:11,793
(2019年12月31日)
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

ヴィヴィアーニバリトン三重奏曲四季ライヴ録音ロンドンピアノソナタXVI:39ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:37ベートーヴェンピアノソナタXVI:19ピアノソナタXVI:23先生と生徒古楽器音楽時計曲ピアノ四重奏曲ヴァイオリン協奏曲協奏交響曲オルガン協奏曲XVII1:1ピアノ協奏曲XVIII:4軍隊交響曲70番ヒストリカル交響曲93番交響曲81番ピアノ協奏曲XVIII:11交響曲80番トランペット協奏曲ヴァイオリンとピアノのための協奏曲XVIII:6悲しみモーツァルト交響曲4番ヨハン・クリスチャン・バッハオックスフォード豚の去勢にゃ8人がかりピアノ三重奏曲ピアノソナタXVI:51十字架上のキリストの最後の七つの言葉ラモースカルラッティヘンデルバッハショスタコーヴィチ驚愕シェーンベルク弦楽四重奏曲Op.76ドヴォルザーク交響曲75番チェロ協奏曲ホルン協奏曲時計弦楽四重奏曲Op.50アンダンテと変奏曲XVIII:6弦楽四重奏曲Op.20弦楽四重奏曲Op.64弦楽四重奏曲Op.54天地創造レスピーギヴォルフヨハン・シュトラウスリゲティタリスリヒャルト・シュトラウス交響曲10番ピアノソナタXVI:49迂闊者交響曲54番ネルソンミサトマジーニピアノソナタXVI:52交響曲2番ピアノソナタXVI:46皇帝日の出弦楽四重奏曲Op.71交響曲88番ブルックナーベルリオーズウェーベルンナッセンベンジャミングリゼーメシアンヴァレーズシェルシOp.20弦楽四重奏曲交響曲65番交響曲9番交響曲67番交響曲39番交響曲73番交響曲61番狩りリームピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:6アンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:20交響曲全集リムスキー・コルサコフラヴェルピアノソナタXVI:44ピアノソナタXVI:45第九太鼓連打交響曲99番ボッケリーニシューベルト交響曲5番チャイコフスキーストラヴィンスキーライヴ弦楽四重奏曲Op.2序曲ヴィヴァルディオペラ序曲パイジェッロアリア集ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6すみだトリフォニーホールピアノソナタXVI:34ブーレーズサントリーホール弦楽四重奏曲Op.74アルミーダチマローザ無人島変わらぬまこと哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェ騎士オルランド英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:1ピアノ協奏曲XVIII:3ラメンタチオーネアレルヤ交響曲79番交響曲3番チェロ協奏曲1番交響曲19番交響曲58番交響曲27番紀尾井ホールドビュッシーミューザ川崎LPオーボエ協奏曲ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:38ピアノソナタXVI:29スタバト・マーテルマーラー告別交響曲90番交響曲97番奇跡交響曲18番ひばりフルート三重奏曲交響曲102番交響曲86番哲学者ニコライミサ小オルガンミサミサブレヴィス交響曲95番交響曲78番王妃SACD武満徹交響曲21番マリア・テレジアクラヴィコードBlu-ray東京オペラシティ交響曲11番交響曲12番交響曲15番交響曲37番交響曲1番ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:3ディヴェルティメント東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:7ライヒャロッシーニドニぜッティ弦楽三重奏曲東京文化会館フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ピアノソナタXVI:31ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:26バードアレグリパレストリーナモンテヴェルディ美人奏者ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンスコットランド歌曲ヴェルナーガスマンピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲46番交響曲35番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3ラ・ロクスラーヌ帝国ハイドンのセレナードラルゴ五度ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス時の移ろい交響曲42番ベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏冗談ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:9ピアノ協奏曲XVIII:5ヴァイオリンソナタ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオモテットドイツ国歌オフェトリウムカノンよみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ベルク主題と6つの変奏オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲交響曲50番交響曲89番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲77番交響曲34番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:11ピアノ小品ピアノソナタXVI:47bisカートリッジ雅楽プロコフィエフサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭変奏曲XVII:7ピアノソナタXVI:22天地創造ミサジャズ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャ交響曲56番マリアテレジア2つのホルンのための協奏曲展覧会弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲108番交響曲107番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽ピアノソナタ

タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
52位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
7位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

大家さんFC2のクラシックブログランキング。

おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)






twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ