ウィーン・コンツェルトハウス四重奏団のOp.64のNo.2

10月に入り、仕事のオフィスのレイアウト変更やらなにやらで仕事が忙しく、なかなか更新がままなりません(涙)。今日は10月強化ジャンルの弦楽四重奏曲。

WienerKHSQ2_wm.jpg
amazon

ウィーン・コンツェルトハウス四重奏団(Vienna Konzerthaus Quartet)の演奏で、ハイドンの弦楽四重奏曲Op.64の、No.2、No.5「ひばり」、No.4の3曲を集めたアルバム。収録はNo.4のみ1954年3月、他の曲が1954年5月、ウィーンのコンツェルトハウスのモーツァルトホールにて。レーベルは日本のMCAビクターがWestminsterのアルバムを復刻したシリーズ。今日はOp.64のNo.2のみ取りあげます。

少し前の記事でカペー弦楽四重奏団を取りあげた時もリンクしましたが、この演奏はライムンドさんのブログで取りあげられ、その記事を読んだときから聴き直したいと思っていたアルバム。

今でもしぶとく聴いています:ハイドン 弦楽四重奏曲ひばり ウィーン・コンツェルトハウス

ウィーンコンツェルトハウス四重奏団は1934年、当時ウィーン交響楽団の団員だった、アントン・カンパーとチェロのフランツ・グヴァルダが中心になって前身のカンパー=クヴァルダ四重奏団を設立。1937年ウィーン・コンツェルトハウス協会との演奏契約を機にウィーン・コンツェルトハウス四重奏団と名乗るようになり、この年から翌年にかけてメンバーがウィーンフィルに移籍しました。以来ウィーン・コンツェルトハウスのシューベルトホールでの定期演奏やレコーディングとともに名声を得るようになった。この録音当時のメンバーは次のとおり。

第1ヴァイオリン:アントン・カンパー(Anton Kamper)
第2ヴァイオリン:カール・マリア・ティッツェ(Karl Maria Titze)
ヴィオラ:エーリッヒ・ヴァイス(Erich Weis)
チェロ:フランツ・グヴァルダ(Franz Kvarda)

このあと第2ヴァイオリンがヴァルター・ヴェラーに、ヴィオラも交代したが、1967年、アントン・カンパーの現役引退とともに四重奏団も解散となった。

聴くとわかりますが、古き良き時代の優雅なウィーンスタイルの演奏。ハイドンの弦楽四重奏曲が典雅に響きます。

今日はこのアルバムの中のNo.2はPREISER RECORDS盤にも収録されているため、こちらとの比較もしてみます。

WienerKHSQ2_pr.jpg

PREISER RECORDS盤は4枚組全3巻にわたる大部なもの。ただし、収録年とか時間などの情報が記載されておらず、所有盤リストでは収録年不明として末尾に記載しています。

今日取り上げる曲は何れも1790年の作曲。この年、ハイドンが長年仕えてきた君主ニコラウス・エステルハージ侯が亡くなり、30年にわたり暮らしてきたエステルハーザを離れてウィーンに移り、年末にはロンドンへ旅立つという激動の年。Op.64の6曲自体はトストのために書かれたようです。

Hob.III:68 / String Quartet Op.64 No.2 [b] (1790)
まずはWestminster盤から。カミソリのようにキレのいいアントン・カンパーのヴァイオリンの鮮明な響きからはじまります。ヒストリカルの録音らしいすこし饐えた音色ながら超鮮明な音響。ちょっと鮮明すぎて金属っぽい刺激成分が感じられる録音。ヴァイオリン以外は鮮明ながら硬質感はあまりありません。音楽の構成は程よく典雅なので昔のモノクロネガをちょっと硬調に焼いてしまったプリントの様な風情。音質と音楽のベクトルに少々ズレがあるような感じ。1楽章は畳み掛けるような緊張感に包まれた緊密な音楽。
2楽章に入ると鮮明な音響はそのままに正確な音程とリズムを刻むチェロの演奏に乗って、ヴァイオリンとヴィオラがゆったりとフレーズを刻んでいきます。ヴァイオリンの音色は引き締まりまくってタイトな響き。途中メロディをトレモロで表現する部分はさざ波のざわめきのような秀逸な表現でメリハリをつけます。ゆったりとしたメロディは一貫した堅固なもの。チェロのくっきり正確な演奏がこのアンサンブルの特徴になっていますね。
3楽章のメヌエットはかなり溜めを効かせた慎重な足取りで進みますが、途中からヴァイオリンの磨き抜かれた見事な旋律に圧倒されます。怪しいまでの輝きを見せる古白磁のような透徹具合。
フィナーレは一層タイトなフレージング。ウィーン風の優雅な響きではなく迫真のアンサンブルと言ったほうがいいでしょう。ここでも畳み掛けるようなインテンポでのせめぎ合いとじっくりと練るフレージングの使い分けが素晴らしい迫力。最後は消え入るように。

続いてPREISER RECORDS盤を聴いてみます。音質はかなり異なります。金属的なまでに鮮明さを追求したWestminster盤に対し、こちらは良く言えば自然で時代なりな音響、悪く言えば曇った感じに聴こえる音響。残響成分まで少し減ってしまったようなつまった感じがするものの、刺激的な響きはなくなり高音はかまぼこ型の分布で伸びはほどほど、
Westminster盤がワイドレンジだったのと対照的です。演奏はおそらく同じ演奏に聴こえます。どちらがいいかと聞かれると、正直迷いますが私はPREISER RECORDS盤を推します。Westminster盤の復刻はやり過ぎなんでしょう、両者の中間程度の音であれば、鮮明さを過度に意識することなく音楽に没入できそうです。音楽的にはPREISER RECORDS盤の方が楽しめると思います。Westminster盤には20bitK2 Super Codingとのロゴが付されていますが、この過度な鮮明さは穏やかな音楽の魅力を削いでいるように聴こえます。

この曲に関しては、ウィーン・コンツェルトハウス四重奏団の演奏は典雅なウィーン風というより、かなり踏み込んだアンサンブルの妙味を聞かせる、迫真の演奏でしょう。評価は[++++]としました。Westminster盤の次の曲はライムンドさんが取りあげたひばり。ちょっと聞くとNo.2よりも穏やかな表情ゆえ、曲によってはかなり異なる印象もあるかもしれませんね。このあたりはまたの機会に迫ってみようと思います。
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 弦楽四重奏曲Op.64 ヒストリカル

コメントの投稿

非公開コメント

No title

Daisyさん、こんばんは。プライザーからも出ていたとは知りませんでした。このレーベルは、戦時中のヴァイロイト(マイスタージンガー、アーベントロート指揮)やホッターの冬の旅のCDで聴いて聴きやすい音質だと思っていました。「ひばり」は、フィナーレがプレストではなくヴィヴァーチェなので、リマスターによる音質の違いが目立つかも?しれないですね。

Re: No title

ライムンドさん、いつもコメントありがとうございます。
PREISER RECORDS盤ですが、Op.64の2はあるものの、ひばりは何と含まれていないんですね。記事に書いたように録音年もタイミングも表示されていないので、はたしてWestminster盤と同じ録音かどうかもよくわかりませんが私が聞く限り、Op.64の2は同じ演奏に聴こえるといったところです。ちょっと他の方のブログなどネットを見てみたのですが、その辺りに触れたものがなく(あんまりしっかり調べてませんが)、まだ、はっきりしないというのが正直なところです。確かに聴きやすい音質のものが多く、その辺にレーベルの良識が感じられますね。このPREISER RECORDS盤は手に入れたのはおそらく15年くらい昔です。当時は新星堂の店頭に日本語の帯をつけて売っていたもので、第1巻と第3巻は新星堂で、第2巻はたしか六本木WAVEで輸入盤を買ったように記憶しています。ご指摘のように古い録音が多いレーベルで、私もいろいろ持っているんですが、最新の録音にも素晴らしいものもあり、ネーメ・ヤルヴィの息子の一人(パーヴォの弟)のクリスチャン・ヤルヴィのハイドンのパリセット(http://haydnrecarchive.blog130.fc2.com/blog-entry-371.html)はおすすめの名演です。

戎棋夷説の者です。

さっき中古屋さんでPREISER RECORDS盤を買ってきたところです。
店の方は「放送音源」とおっしゃってました。LPでは19枚組だったそうです。Westminster盤とは異なる、とのこと。
いまこのブログの記事を読み直して、店でもっと深く質問しておけばよかった、と後悔しております。

Re: 戎棋夷説の者です。

maro_chroniconさん、コメントありがとうございます。
このアルバムのLP、確か1枚持ってるので聴こうと思って探しているのですが見つかりません(笑) 聴きたい時になかなか出てこないんですね。確か吉祥寺の新星堂で手に入れた記憶があります。

Re: 戎棋夷説の者です。

あっちこっち検索すると、どのページも「1951年録音」となってますね。

聴き比べてみました

はじめまして。
私もハイドンの弦楽四重奏曲が好きで、ウィーン・コンツェルトハウスSQの演奏をよく聴いております。以前はベートーヴェンやモーツァルトやバルトークの弦楽四重奏曲ばかりに惹かれていましたが、ハイドンの音楽の懐の深さやユーモアが楽しくなると、これがまたかけがえのない宝の山に思えます。

ところでそのウィーン・コンツェルトハウスのウェストミンスター盤とPREISER盤について、これまであまり真剣に考えたことがなかったのですが、あらためて聴き比べてみました。
Op.64の2については違う演奏だと思います。ぱっと聴いた感じ、PREISER盤のほうが軽く、ウェストミンスターは表情が濃いな、と思いましたが、これだけでは説得力に欠けるのでミステリー小説の証拠探しのように聴いたところ、第3楽章のトリオ部分に入る直前(ウェストミンスター盤の1分36秒あたり)、ヴァイオリンの音が少しふらつき、さらに、トリオに入る前に少し間をとっています。
同じ箇所のPREISER盤は普通に演奏し、テンポも維持したままトリオに入ります。
音楽は本来こんな風に重箱の隅をつつくように聴くものではないと思いますが、気が向いたら確認してみて下さい。

ちなみに、「皇帝」も聴き比べましたが、PREISER盤では第1楽章の繰り返しを省略していて(したがって演奏時間も2分ちかく短いです)、こちらも違う演奏だと思います。

Re: 聴き比べてみました

SAAGARさん、はじめまして。
このあたりの演奏は、同時代で聴かれた人にはなじみがあるのかもしれませんが、今となってはやはり過去の遺産の真贋判断のような感じになってしまいますね。どちらかというとPREISER盤を取り出しますが、PREISER盤も収録がバラバラで、出来ればOp.64なら64がまとまっていた方が聴きやすいですね。いずれにせよ古き良き時代の遺産。たまに取り出してのんびり聴くのが良いかと思ってます。ご指摘の点、今度聴き比べてみたいと思います。

64-2といえば

op64-2、わたしは、第一楽章のあの出だしが、大好きです。勿論、アントン・カンパー率いるウィーンコンツェルトハウス四重奏団の両盤も良いですが、隠れた名盤として、LPしか出ていないコレギウム・アウレウム四重奏団のドイツ・ハルモニア・ムンディ 盤が挙げられます。例の指揮者なしの古楽器演奏のはしりとなった、しかし、現代の古楽器研究からすれば古楽器使用のロマン的演奏などと揶揄もされる団体。コンマスのフランツ・ヨゼフマイヤーが第一バイオリンと思います。録音がまた貴族的なガット弦の響きを鮮やかにとらえています。ちなみに、千住真理子さんは、かなり以前はヨゼフマイヤーが使用したバイオリンを使っていた時期があったのです。コレギウム四重奏団のハイドンは、副題つきの演奏は、ハルモニア・ムンディ50年か何かの折、CDになりましたが、64-2はまだみたい。幸松肇先生が大推薦の名盤なのですが。

Re: 64-2といえば

カワサキヤさん、コメントありがとうございます。

コレギウム・アウレウム四重奏団のCD化された皇帝、ラルゴ、日の出、五度を収めたアルバム、手元にあり、聴き直してみました。70年代後半の録音で、典雅でゆったりとロマンティックな演奏ですね。皇帝の2楽章など実に優雅です。このテイストでOp.64のNo.2はいいかもしれません。残響が多目の録音のせいか、くつろいで聴ける演奏であり、こうした演奏も時代を感じさせるものの、ハイドンのクァルテットの魅力の一面をつたえる貴重なものでしょう。LPも丁寧に探せば手に入りそうですので、メモしておきます。

こうしていろいろな情報をいただき、自分の視点ではない魅力を知るきっかけになります。いろいろありがとうございます。
プロフィール

Daisy


Author:Daisy

ハイドン(Franz Joseph Haydn)の膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。私はなぜハイドンにはまったのか?

最新記事
カテゴリ
ハイドンディスコグラフィ
Joseph Haydn Discography
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものはリスト冒頭に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

登録曲数:1,368
登録演奏数:11,793
(2019年12月31日)
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

交響曲76番オックスフォード交響曲90番ライヴ録音ヴィヴィアーニバリトン三重奏曲四季ロンドンピアノソナタXVI:39ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:21ベートーヴェンピアノソナタXVI:19古楽器ピアノソナタXVI:23先生と生徒音楽時計曲ピアノ四重奏曲ヴァイオリン協奏曲オルガン協奏曲XVII1:1協奏交響曲ピアノ協奏曲XVIII:4交響曲93番軍隊ヒストリカル交響曲70番交響曲81番ピアノ協奏曲XVIII:11交響曲80番トランペット協奏曲悲しみヴァイオリンとピアノのための協奏曲XVIII:6モーツァルトヨハン・クリスチャン・バッハ交響曲4番ピアノ三重奏曲ピアノソナタXVI:51豚の去勢にゃ8人がかり十字架上のキリストの最後の七つの言葉ラモーバッハヘンデルスカルラッティショスタコーヴィチ驚愕シェーンベルク弦楽四重奏曲Op.76ドヴォルザーク交響曲75番チェロ協奏曲ホルン協奏曲時計弦楽四重奏曲Op.50アンダンテと変奏曲XVIII:6弦楽四重奏曲Op.64弦楽四重奏曲Op.20弦楽四重奏曲Op.54天地創造レスピーギヴォルフタリスリヒャルト・シュトラウスヨハン・シュトラウスリゲティ交響曲10番ピアノソナタXVI:49迂闊者交響曲54番ネルソンミサトマジーニピアノソナタXVI:52交響曲2番ピアノソナタXVI:46皇帝日の出弦楽四重奏曲Op.71ブルックナー交響曲88番ベルリオーズウェーベルンベンジャミンナッセンメシアンシェルシグリゼーヴァレーズ弦楽四重奏曲Op.20交響曲67番交響曲9番交響曲65番交響曲73番交響曲39番交響曲61番狩りリームアンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:6ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:48交響曲全集リムスキー・コルサコフラヴェルピアノソナタXVI:44ピアノソナタXVI:45第九太鼓連打ボッケリーニ交響曲99番シューベルト交響曲5番ストラヴィンスキーチャイコフスキーライヴ弦楽四重奏曲Op.2序曲ヴィヴァルディオペラ序曲アリア集パイジェッロピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6すみだトリフォニーホールピアノソナタXVI:34ブーレーズサントリーホール弦楽四重奏曲Op.74無人島騎士オルランドアルミーダ変わらぬまこと哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェチマローザ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:3ピアノ協奏曲XVIII:1ラメンタチオーネアレルヤ交響曲79番交響曲3番チェロ協奏曲1番交響曲58番交響曲27番交響曲19番紀尾井ホールドビュッシーミューザ川崎LPオーボエ協奏曲ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:38ピアノソナタXVI:29スタバト・マーテルマーラー告別交響曲97番奇跡交響曲18番ひばりフルート三重奏曲交響曲102番交響曲86番哲学者小オルガンミサニコライミサミサブレヴィス交響曲95番交響曲78番王妃SACD武満徹マリア・テレジア交響曲21番クラヴィコードBlu-ray東京オペラシティ交響曲12番交響曲11番交響曲15番交響曲37番交響曲1番ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:1ディヴェルティメント東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ドニぜッティライヒャロッシーニ弦楽三重奏曲東京文化会館フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.9弦楽四重奏曲Op.17剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ピアノソナタXVI:31ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:26アレグリモンテヴェルディパレストリーナバード美人奏者ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンスコットランド歌曲ヴェルナーガスマンピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲46番交響曲35番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3帝国ラ・ロクスラーヌハイドンのセレナード五度ラルゴラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏冗談ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオモテットドイツ国歌オフェトリウムカノンよみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ベルク主題と6つの変奏オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲交響曲50番交響曲89番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:47bisピアノ小品ピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7天地創造ミサジャズ弦楽四重奏曲Op.42ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番2つのホルンのための協奏曲展覧会弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲108番交響曲107番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽ピアノソナタ

タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
62位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
7位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

大家さんFC2のクラシックブログランキング。

おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)






twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ