カペー弦楽四重奏団のひばり(ハイドン)

最近古めのヒストリカルアルバムがお気に入り。今日は弦楽四重奏曲。

CapetLark.jpg
HMV ONLINEicon

カペー弦楽四重奏団の演奏でハイドンの弦楽四重奏曲Op.64 No.5「ひばり」、モーツァルトの弦楽四重奏曲K.465「不協和音」、ベートーヴェンの弦楽四重奏曲Op.18 No.5の3曲を収めたアルバム。どの曲も収録は1927年から28年との記載ですが、ネットで調べるとハイドンは1928年10月の収録のようです。ColumbiaのSPから起こしたもののようですね。レーベルは最近あまりみないロンドンのBiddulph RECORDINGS。

先日いつもコメントを戴くライムンドさんのブログでウィーン・コンツェルトハウス弦楽四重奏団のひばりが取り上げられているのを読んで、同じ演奏を聴いてみようと思ったんですが、所有盤リストにはさらに古いカペーのアルバムがあり、同じアルバムを聴くよりこちらを久しぶりに聴いてみようと思いラックの奥から取り出した次第。

今でもしぶとく聴いています:ハイドン 弦楽四重奏曲ひばり ウィーン・コンツェルトハウス

カペー弦楽四重奏団は1893年に設立されたフランスのクァルテット。第1ヴァイオリンのリュシアン・カペーが中心となった四重奏団で何度かメンバーが変わっていますが、この録音の頃のメンバーは以下のとおり。

第1ヴァイオリン:リュシアン・カペー(Lucien Capet)
第2ヴァイオリン:モーリス・エウィット(Maurice Hewitt)
ヴィオラ:アンリ・ブノア(Henri Benoît)
チェロ:カミレ・デロベーレ(Camille Delobelle)

リュシアン・カペーはこの録音のあと急逝しており、このクァルテットの録音はこのアルバムの3曲をはじめとして全12曲があるのみとのこと。ハイドンはここに収められたひばりが唯一のものということです。おそらく年配のファンの方にはなじみのあるクァルテットだと思いますが、私はいままでちゃんと聴いたことがありません。

いつものようにネットで情報収集すると、カペー弦楽四重奏団のことについて非常にわかりやすい解説があるサイトが見つかりました。

サロン・ド・ソークラテース:Musique:カペー弦楽四重奏団

これは読む甲斐ありですね。音楽と弦楽四重奏に非常に造詣が深い。このサイトを読めばカペー弦楽四重奏団のことはかなりのことがわかります。カペーの解説はこのサイトに譲るとして早速聴いてみます。

Hob.III:63 / String Quartet Op.64 No.5 "Lerchenquartetett" 「ひばり」 [D] (1790)
大きめかつ持続的なスクラッチノイズの向こうから聴こえてくる雅なカペー弦楽四重奏団の響き。1928年録音とは思えない鮮明さでクァルテットが眼前に実体感を伴って定位。いかにも古き良きクァルテットの響きですね。先のサイト指摘されたポルタメントが特徴ということで、ヴァイオリンを筆頭に音程が変わるときに糸を引くような独特の弾き方が耳に残ります。現代の演奏とは全く異なる趣。ただ、ハイドンの生きていた時代から数多の変遷を経て現代の演奏があるわけで、前世紀初頭のこの演奏はハイドンの弦楽四重奏曲を時代がどのように受け入れてきたかを知る貴重な録音に違いありません。燻し銀とはこのことでしょう。聴き慣れると盛大なスクラッチノイズの存在はほとんど気になりません。
2楽章はポルタメントがさらに効いてえもいわれぬ感興。ポルタメントで音が変化する途中の何とも言えない不思議な感覚が、まるで別の曲であるかのような印象を残します。歴史の垢にまみれたフレスコ画の貴婦人の元は鮮烈だったドレスの色がかすかに見えるような趣。現代の演奏とは全く違う視点で絶妙な演奏。
続くメヌエットまでテンポはほとんど一定なもの。テンポでメリハリをつけるという表現ではなく、苔むすような雅な弦の音色と安定したフレージング、そしてポルタメントで聴かせる演奏。
そしてフィナーレは前振りなくいきなり快速テンポで入ります。アダージョでのポルタメントから技術的には少し緩いのかなと想像しましたが、フィナーレに至り、非常に正確に刻む音階とその中でもメロディーをくっきりと浮かび上がらせる素晴らしいテクニック。あっという間にフィニッシュです。

カペー弦楽四重奏団のハイドンは80年以上前にハイドンの弦楽四重奏曲がどのように弾かれていたかを示す貴重な歴史遺産でしょう。糸を引くような旋律、燻し銀の味わい、そして意外と端正な骨格の演奏を楽しむことができます。これをオリジナルのLPやSPで聴くと痺れることでしょう。いままで心に届かなかった古き良き時代のハイドンの弦楽四重奏曲のエッセンスがやっと理解できました。これはひとえにこちらの器の問題でしょう。評価は[+++++]とします。

明日は月末ゆえ慣例により今月の一枚を選びます、、、
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 弦楽四重奏曲Op.64 ヒストリカル ひばり

コメントの投稿

非公開コメント

No title

Daisyさん、こんばんは。カペー四重奏団は新星堂か山野楽器の企画で復刻されていたことがあったと思いますが、その時はベートーベンでした(うろ覚えです)。さすがに戦前の録音ともなると古すぎると思って敬遠していました。しかし考えてみればチェロのカザルスとか、バリトンのヒッシュも戦前の録音なのに結構普及しています。フランスのカルテットでハイドンというの興味がわきます。
このCDは音が鮮明なようですね。
近年「盤起こし」でSPレコードからCDを復刻するパターンもあって、ゲルハルト・ヒッシュが歌う「冬の旅」は、オーパス蔵というレーベルから出ていたCDが聴きやすい音でした。もっとも、雑音を強引に取り過ぎると良く無いとか、復刻盤にもいろいろ意見があるようです。

私もカペー好きです。

以前の「ハイドン所有盤リスト」では、カペーの評価がもっと低かった記憶があるのですが、今回は[+++++]をいただけて、うれしかったです。

Re: No title

ライムンドさん、いつもコメントありがとうございます。
この録音、年代なりとも思いますが、意外と鮮明な響きなので慣れると鑑賞には全く差し支えありません。今回のアルバム以外にもいろいろなパッケージで発売されたようですので、音の良し悪しはパッケージによって色々あるかもしれませんね。
しばらくしたら、ウィーン・コンツェルトハウス盤も取り上げようと思ってます。こちらも香り立つウィーンの響きに溢れた演奏との記憶があります。

Re: 私もカペー好きです。

maro_chroniconさん、コメントありがとうございます。
リストをよく見ていらっしゃいますね(汗) 所有盤リストはつくりはじめてかれこれ15年くらいになります。それゆえかなり昔の評価も混在しています。今回のカペーもリストの裏でメンテナンス日を持ってますが、空欄なのでおそらく15年くらい前の登録でしょう。
評価は私自身の演奏に対する直感的な好みなどにもとづく評価ですが、視点を逆にすると演奏からみた評者の器という意味もあるのかもしれません。当時の私にこの演奏の真髄を知る器がなかったということでしょう。好みも移り変わりますし、多分に主観的なものゆえ公開する意味があるかどうか微妙ですが、評価があった方が酔いという声もあり、今に至っています。
自分で評価した演奏を、他の方がどう評するのか、そんなことも楽しめる年代になってきたということでしょう(笑)

No title

ビダルフは元々がレコード屋か楽器屋(だったと誰かから聞いた記憶があります・・・)だけあって、SPの復刻もマトリックス番号を記載するなど丁寧な仕事をしている感じがあります。一時マキシム・ヴェンゲーロフ(残念ながら腕の故障で一昨年あたり引退)のデビュー・リサイタル盤?やルジェー・ロ・リッチで新譜も出してましたが最近は音沙汰無いようですね・・・と思ったら最近ズッカーマン/ナイクラグでシューベルト作品集を出してました。東京SQが単発でモーツァルト(プロシャ王)を入れてたり、中々ディープなレーベルですね。

Re: No title

Biddulph RECORDINGSは何枚かもっていますが、かなり古めの復刻盤が多いですね。ジャケットの出来も含めてヒストリカルファンの好みを良く踏まえたレーベルだと思います。他にDUTTONとかオーパス蔵など古い録音を良質な復刻で聴かせるレーベルはありますが、Biddulphがいちばんいい雰囲気をもっていますね。ハイドンでもカザルスのチェロ協奏曲やビーチャムの97番などがあり、どれもいい録音です。
プロフィール

Daisy


Author:Daisy

ハイドン(Franz Joseph Haydn)の膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。私はなぜハイドンにはまったのか?

最新記事
カテゴリ
ハイドンディスコグラフィ
Joseph Haydn Discography
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものはリスト冒頭に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

登録曲数:1,368
登録演奏数:11,793
(2019年12月31日)
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

交響曲76番オックスフォード交響曲90番ライヴ録音ヴィヴィアーニバリトン三重奏曲四季ロンドンピアノソナタXVI:39ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:21ベートーヴェンピアノソナタXVI:19古楽器ピアノソナタXVI:23先生と生徒音楽時計曲ピアノ四重奏曲ヴァイオリン協奏曲オルガン協奏曲XVII1:1協奏交響曲ピアノ協奏曲XVIII:4交響曲93番軍隊ヒストリカル交響曲70番交響曲81番ピアノ協奏曲XVIII:11交響曲80番トランペット協奏曲悲しみヴァイオリンとピアノのための協奏曲XVIII:6モーツァルトヨハン・クリスチャン・バッハ交響曲4番ピアノ三重奏曲ピアノソナタXVI:51豚の去勢にゃ8人がかり十字架上のキリストの最後の七つの言葉ラモーバッハヘンデルスカルラッティショスタコーヴィチ驚愕シェーンベルク弦楽四重奏曲Op.76ドヴォルザーク交響曲75番チェロ協奏曲ホルン協奏曲時計弦楽四重奏曲Op.50アンダンテと変奏曲XVIII:6弦楽四重奏曲Op.64弦楽四重奏曲Op.20弦楽四重奏曲Op.54天地創造レスピーギヴォルフタリスリヒャルト・シュトラウスヨハン・シュトラウスリゲティ交響曲10番ピアノソナタXVI:49迂闊者交響曲54番ネルソンミサトマジーニピアノソナタXVI:52交響曲2番ピアノソナタXVI:46皇帝日の出弦楽四重奏曲Op.71ブルックナー交響曲88番ベルリオーズウェーベルンベンジャミンナッセンメシアンシェルシグリゼーヴァレーズ弦楽四重奏曲Op.20交響曲67番交響曲9番交響曲65番交響曲73番交響曲39番交響曲61番狩りリームアンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:6ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:48交響曲全集リムスキー・コルサコフラヴェルピアノソナタXVI:44ピアノソナタXVI:45第九太鼓連打ボッケリーニ交響曲99番シューベルト交響曲5番ストラヴィンスキーチャイコフスキーライヴ弦楽四重奏曲Op.2序曲ヴィヴァルディオペラ序曲アリア集パイジェッロピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6すみだトリフォニーホールピアノソナタXVI:34ブーレーズサントリーホール弦楽四重奏曲Op.74無人島騎士オルランドアルミーダ変わらぬまこと哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェチマローザ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:3ピアノ協奏曲XVIII:1ラメンタチオーネアレルヤ交響曲79番交響曲3番チェロ協奏曲1番交響曲58番交響曲27番交響曲19番紀尾井ホールドビュッシーミューザ川崎LPオーボエ協奏曲ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:38ピアノソナタXVI:29スタバト・マーテルマーラー告別交響曲97番奇跡交響曲18番ひばりフルート三重奏曲交響曲102番交響曲86番哲学者小オルガンミサニコライミサミサブレヴィス交響曲95番交響曲78番王妃SACD武満徹マリア・テレジア交響曲21番クラヴィコードBlu-ray東京オペラシティ交響曲12番交響曲11番交響曲15番交響曲37番交響曲1番ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:1ディヴェルティメント東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ドニぜッティライヒャロッシーニ弦楽三重奏曲東京文化会館フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.9弦楽四重奏曲Op.17剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ピアノソナタXVI:31ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:26アレグリモンテヴェルディパレストリーナバード美人奏者ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンスコットランド歌曲ヴェルナーガスマンピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲46番交響曲35番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3帝国ラ・ロクスラーヌハイドンのセレナード五度ラルゴラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏冗談ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオモテットドイツ国歌オフェトリウムカノンよみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ベルク主題と6つの変奏オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲交響曲50番交響曲89番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:47bisピアノ小品ピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7天地創造ミサジャズ弦楽四重奏曲Op.42ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番2つのホルンのための協奏曲展覧会弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲108番交響曲107番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽ピアノソナタ

タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
62位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
7位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

大家さんFC2のクラシックブログランキング。

おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)






twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ