ライナー・クスマウル/アムステルダム・バッハ・ソロイスツのヴァイオリン協奏曲集

今日はヴァイオリン協奏曲。

KussmaulVL.jpg

ライナー・クスマウル(Rainer Kussmaul)のヴァイオリン、アムステルダム・バッハ・ソロイスツの演奏でハイドンのヴァイオリン協奏曲3曲と、ロバート・ヒル(Robert Hill)のハープシコードが加わり、ヴァイオリンとハープシコードのための協奏曲のあわせて4曲を収めたアルバム。収録は1993年1月9日~12日、アムステルダムのベガインホフのイギリス教会でのセッション録音。レーベルはロンドンのOLYMPIA。

このアルバムもしばらく前にディスクユニオンで見かけて手に入れたもの。OLYMPIAレーベルは何枚か持ってますが、かなりマイナーな存在でしょう。

ヴァイオリンのライナー・クスマウルは1946年、ドイツのマンハイム近くのシュリーセンハイム生まれのヴァイオリニストで指揮者。音楽一家だったようで6歳で父からヴァイオリンの手ほどきを受け、1965年から1970年までシュトゥットガルトで音楽を学び、その後世界各地のヴァイオリンコンクールに入賞しソリストとして活躍するようになりました。特に室内楽の分野で活躍しており、シュトゥットガルトピアノトリオなどで活躍。このアルバムを録音した後の1993年から1997年までベルリンフィルのコンサートマスターとなってます。教師としても活躍し、多くの国でマスタークラスを持っています。楽器は1724年製のストラディバリウスということです。

Hob.VIIa:3 / Violin Concerto "Merker Konzert" 「メルク協奏曲」 [A] (c.1765/70)
非常にまろやかなオケの響き。現代楽器の演奏ですが、フレージングは古楽器でのようなキビキビしたもの。クスマウルのヴァイオリンは柔らかな音色が魅力的は非常にオーソドックスなもの。もの凄く上手い人がさらっと弾いているような余裕たっぷりの演奏。あまりひねりも変わった表現意図も感じられない素直な演奏。絶妙のテンポ感で重さも皆無。ハープシコードが加わっていまが3曲目にソロを弾くロバート・ヒルでしょうか。キビキビ感を主体とした演奏ですが、もう一超え踏み込んでほしいという印象も残ります。
アダージョはかなり速め。アダージョという感じがしません。目立つのはクスマウルの美音。音色は流石といったところですが、ちょっとテンポが速すぎて落ち着きかないのが正直なところ。
フィナーレは俊敏なオケの魅力溢れる演奏ですが、これでアダージョがしっとりとしていれば、鮮烈な対比の効果でいい感じなんでしょう。やはり楽章間のコントラストは大事だということがわかります。クスマウルはここでも非常に軽々と美音でソロを弾き進めていき、オケとの掛け合いの妙も楽しませてくれます。カデンツァのキレも見事。

Hob.VIIa:1 / Violin Concerto [C] (c.1765)
冒頭のオケの演奏は素晴らしい色彩感。この曲独特の明るい導入部は全曲よりも彫刻的なメリハリを感じる彫りの深い演奏。クスマウルのヴァイオリンは輝きに満ちた美音。やはりストラディバリウスの存在感は圧倒的。教会にに響き渡るヴァイオリンの高音はほれぼれするほど。クスマウルの演奏自体も前曲よりも曲想に合った演奏と聴きました。
この曲はアダージョは速めではありますが普通の範囲のテンポ。ピチカートの伴奏に乗ってクスマウルの美音炸裂。コンセプトの人ではなく技の人ということでしょうね。美しいメロディーを弾く悦びを表現したような素直な演奏。
フィナーレのキレは全曲同様。俊敏な反応のオケとの緊張感溢れる掛け合い。この曲は全曲とはレベルの異なる出来映え。

Hob.XVIII:6 / Concerto per violino, cembalo e orchestra [F] (1766)
コミカルなメロディーラインを基調にした曲。ハープシコードとヴァイオリンの掛け合いで、クスマウル主体から、ロバート・ヒルの奏でるハープシコードとのバランスも聴き所に。音量的には劣るものの、ヒルのハープシコードは繊細でテンポ感も良く、表現の自在さが表情を豊かにして、強めの音色のクスマウルとの相性もぴったり。オケもメリハリを意識した演奏。
2楽章のラルゴは素晴らしいひと時。ヒルのハープシーコードが落ち着きを与え、その上でクスマウルのヴァイオリンが自在に音階を刻んでいる感じ。このこのアルバムの聴き所でしょう。
フィナーレはこのアルバム全体に鮮度重視の速めの演奏。ハープシコードの活躍でキレと深みが加わり結果的にクスマウルのヴァイオリンの演奏に反映してよい余韻を残してます。

Hob.VIIa:4 / Violin Concerto [G] (c.1765/70)
最後の曲。基本的にこれまでの曲と同様の特徴をもつ演奏ですが、オーケストラが軽めの音色を意図的に出しにいくように表現の幅を広げているように聞こえます。クスマウルの演奏は相変わらすヴァイオリンの絶妙に美しい音色を生かした演奏。この曲のアダージョはようやくアダージョらしいテンポでの演奏で、穏やかなメロディーを静けさを感じさせるようなおおらかな表情で演奏。フィナーレはやはり俊敏、鮮烈な表情。フィナーレの演奏は安定してくっきりした俊敏さを保ってます。おそらくクスマウルもハイドンのフィナーレは俊敏であるべきとの鮮明なイメージを持っているのだと思います。

ベルリンフィルのコンサートマスターを務めたライナー・クスマウルによるハイドンのヴァイオリン協奏曲集。まとめて収録されたものにも関わらず、曲ごとにちょっとムラはありました。評価は1曲目は[+++]、2曲目はクスマウルの美音が非常に印象的、3曲目もロバート・ヒルとの絶妙な掛け合いが良かったので双方[+++++]、最後の曲は[++++]とします。

クスマウルのアプローチは協奏曲としてヴァイオリンの音色の美しさを存分に生かしながら、オケの表現の幅は抑えながらもキビキビ感と俊敏さを生かした古楽器に近いアプローチ。なぜか1曲目のアダージョがかなり速いテンポだったのでいろいろ想像してしまいましたが、2曲目以降はそれほど違和感もなく、クスマウルの美音を素直にたのしむことが出来ました。
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ヴァイオリン協奏曲

コメントの投稿

非公開コメント

No title

クラシック名盤大全で紹介されており、注文してかなり待って手に入れた記憶があります。

ヴァイオリンの音が綺麗で、さらっとさり気なく、聴いていて、清々しい気分になります。

クスマウルは、モーツアルトのK563にCDにも名盤がいよいよ現れるかと期待した
記憶があります。

Re: No title

羊飼いさん、コメントありがとうございます。
私自身はこのアルバムを聴くまでクスマウルはノーマークでした。私はレビューするアルバムの書籍や雑誌での評価、ネットの記事は意図的にあまり読まないようにしています。なんとなく先入観をもって聴いてしまうので、その先入観に縛られたレビューはしたくないとの思いもあります。
逆に自分の評価したアルバムは世の中でどうみなされているかは気になります。要は自分の視点、評価が適切なものだったかは気になるという事でしょう。
クスマウルは先入観なく聴きましたが、やはり美音がポイントの人ですね。モーツァルトも良さそうです。

No title

このCDの場合は、クスマウルを知って手元の本を見ると紹介されており、ちょうど
いいと思って迷わず注文しました。

クスマウルはアルノルト・シェーンベルク・トリオを結成しており、モーツアルト
K563とシェーンベルク作品45の弦楽三重奏を入れています。 
このCDのモーツアルトK563は、今一つ、天上へと舞い上がるような感じは
おろか愉悦感もありませんでした。

レビューは時々読み、聞いた後も、レビューを見て人によって感じ方が
いろいろで賛否両論あるな、いろいろな捕らえ方、感じ方があるなと
楽しんでいます。映画のレビューを読むのは観終わった後にしています。

ハイドンのチェロ協奏曲、デュプレしかもっていなかったがハイドンという
感じではないので、こちらのレビューを参考に久しぶりにCDを購入しようかと
思っています。

Re: No title

羊飼いさん、こんばんは。
モーツァルトで天上に舞い上がるような感じがない、という表現、よくわかります。モールァルトのには愉悦感を求めてしまいますよね。
チェロ協奏曲は以前はあまり良く聴く曲ではありませんでしたが、ブログを書くようになり、その素晴らしさに開眼したというのが正直なところでしょう。1番の晴朗さ、2番の穏やかなメロディー、何れも癒しに満ちた名曲でもあり、奏者によって様々な聴かせどころがあり、いろいろな演奏の違いを聴くとさらに興味深くなります。是非お気に入りの一枚を見つけてください。
プロフィール

Daisy


Author:Daisy

ハイドン(Franz Joseph Haydn)の膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。私はなぜハイドンにはまったのか?

最新記事
カテゴリ
ハイドンディスコグラフィ
Joseph Haydn Discography
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものはリスト冒頭に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

登録曲数:1,368
登録演奏数:11,793
(2019年12月31日)
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

交響曲76番オックスフォード交響曲90番ライヴ録音ヴィヴィアーニバリトン三重奏曲四季ロンドンピアノソナタXVI:39ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:21ベートーヴェンピアノソナタXVI:19古楽器ピアノソナタXVI:23先生と生徒音楽時計曲ピアノ四重奏曲ヴァイオリン協奏曲オルガン協奏曲XVII1:1協奏交響曲ピアノ協奏曲XVIII:4交響曲93番軍隊ヒストリカル交響曲70番交響曲81番ピアノ協奏曲XVIII:11交響曲80番トランペット協奏曲悲しみヴァイオリンとピアノのための協奏曲XVIII:6モーツァルトヨハン・クリスチャン・バッハ交響曲4番ピアノ三重奏曲ピアノソナタXVI:51豚の去勢にゃ8人がかり十字架上のキリストの最後の七つの言葉ラモーバッハヘンデルスカルラッティショスタコーヴィチ驚愕シェーンベルク弦楽四重奏曲Op.76ドヴォルザーク交響曲75番チェロ協奏曲ホルン協奏曲時計弦楽四重奏曲Op.50アンダンテと変奏曲XVIII:6弦楽四重奏曲Op.64弦楽四重奏曲Op.20弦楽四重奏曲Op.54天地創造レスピーギヴォルフタリスリヒャルト・シュトラウスヨハン・シュトラウスリゲティ交響曲10番ピアノソナタXVI:49迂闊者交響曲54番ネルソンミサトマジーニピアノソナタXVI:52交響曲2番ピアノソナタXVI:46皇帝日の出弦楽四重奏曲Op.71ブルックナー交響曲88番ベルリオーズウェーベルンベンジャミンナッセンメシアンシェルシグリゼーヴァレーズ弦楽四重奏曲Op.20交響曲67番交響曲9番交響曲65番交響曲73番交響曲39番交響曲61番狩りリームアンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:6ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:48交響曲全集リムスキー・コルサコフラヴェルピアノソナタXVI:44ピアノソナタXVI:45第九太鼓連打ボッケリーニ交響曲99番シューベルト交響曲5番ストラヴィンスキーチャイコフスキーライヴ弦楽四重奏曲Op.2序曲ヴィヴァルディオペラ序曲アリア集パイジェッロピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6すみだトリフォニーホールピアノソナタXVI:34ブーレーズサントリーホール弦楽四重奏曲Op.74無人島騎士オルランドアルミーダ変わらぬまこと哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェチマローザ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:3ピアノ協奏曲XVIII:1ラメンタチオーネアレルヤ交響曲79番交響曲3番チェロ協奏曲1番交響曲58番交響曲27番交響曲19番紀尾井ホールドビュッシーミューザ川崎LPオーボエ協奏曲ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:38ピアノソナタXVI:29スタバト・マーテルマーラー告別交響曲97番奇跡交響曲18番ひばりフルート三重奏曲交響曲102番交響曲86番哲学者小オルガンミサニコライミサミサブレヴィス交響曲95番交響曲78番王妃SACD武満徹マリア・テレジア交響曲21番クラヴィコードBlu-ray東京オペラシティ交響曲12番交響曲11番交響曲15番交響曲37番交響曲1番ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:1ディヴェルティメント東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ドニぜッティライヒャロッシーニ弦楽三重奏曲東京文化会館フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.9弦楽四重奏曲Op.17剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ピアノソナタXVI:31ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:26アレグリモンテヴェルディパレストリーナバード美人奏者ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンスコットランド歌曲ヴェルナーガスマンピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲46番交響曲35番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3帝国ラ・ロクスラーヌハイドンのセレナード五度ラルゴラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏冗談ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオモテットドイツ国歌オフェトリウムカノンよみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ベルク主題と6つの変奏オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲交響曲50番交響曲89番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:47bisピアノ小品ピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7天地創造ミサジャズ弦楽四重奏曲Op.42ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番2つのホルンのための協奏曲展覧会弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲108番交響曲107番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽ピアノソナタ

タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
62位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
7位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

大家さんFC2のクラシックブログランキング。

おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)






twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ