【新着】ボロディン四重奏団のロシア四重奏曲

今日も弦楽四重奏曲です。

Borodin33.jpg
HMV ONLINEicon

ボロディン四重奏団(Borodin Quartet)の演奏によるハイドンの弦楽四重奏曲Op.33「ロシア四重奏曲」の6曲を収めたアルバム。収録は2010年6月26日、28日、30日と7月5日、7日にモスクワのグネーシン音楽大学のコンサートホールでのセッション録音。レーベルはイギリスのonyx classics。

このアルバムを取りあげたのは先日レビューに取りあげたボロディン四重奏団の「十字架上のキリストの最後の七つの言葉」があまりに素晴らしかったので、同四重奏団の最新のアルバムを注文しておいたもの。

2011/08/06 : ハイドン–室内楽曲 : ボロディン弦楽四重奏団の十字架上のキリストの最後の七つの言葉ライヴ

ただし、前記事にも書きましたがボロディン四重奏団は60年以上に渡って活動する、世界でも最も長く活動している弦楽四重奏団の一つ。十字架の方は1984年のライヴ録音。今日取り上げるロシア四重奏曲の録音は2010年と26年の隔たりがあります。1984年当時のメンバーは前の記事で紹介したとおり、第1ヴァイオリンはミハイル・コペルマン(Nkkhail Kopelman)、第2ヴァイオリンはアンドレイ・アブラメンコフ(Andrei Abramenkov)、ヴィオラがディミトリー・シェバリーン(Dmitri Shebalin)、チェロがヴァレンティン・ベルリンスキー(Valentin Berlinsky)、そして今日取りあげる演奏の方は、第2ヴァイオリンのアブラメンコフ以外の3人が入れ替わってます。第1ヴァイオリンはルーベン・アハロニアン(Ruben Aharonian)、ヴィオラはイーゴル・ナイディン(Igor Naidin)、チェロはウラディミール・バルシン(Vladimir Balshin)というメンバー。十字架のときは鋼のような響きが素晴らしい緊張感でしたが、最新のこの演奏はどのような響きでしょうか。

Hob.III:37 / String Quartet Op.33 No.1 [b] (1781)
これは絶品の録音。以前の鋼のような響きからすこし柔らかさが加わっていますが、伸びやかなヴァイオリンをはじめとする各楽器が鮮明かつ刺激が抑えられた素晴らしい響きで捉えられています。ホールに響く残響を奏者も楽しんでいるような演奏。新生ボロディン四重奏団は力が適度に抜けてむしろ楽天的にさえ聴こえる心地よい響き。曲を純粋にくつろいで楽しむのにふさわしいような演奏。
2楽章のスケルツォは非常に短い楽章。各奏者の息がピタリとあって速いフレーズを難なくこなしていきます。
そして3楽章のアンダンテも過度の緊張感はもたず、ゆったりとしたリズムに乗ってハイドンのユーモラスなメロディーを奏でていきます。チェロの優しいタッチが優雅さを引き立てます。チェロはここぞという時に低音弦を唸らせ存在感を示します。第1ヴァイオリンのアハロニアンの伸びやかな音色は素晴らしいもの。新メンバーのキャラクターが確実にクァルテットの特徴になってます。
フィナーレは鮮やかなこのクァルテットのテクニックを存分に味わえます。速いパッセージの安定感は素晴らしいものがあります。昔のボロディン四重奏団を思い起こさせる険しさも垣間見せて、最後は素晴らしいテンションの演奏。1曲目からノックアウトです。

Hob.III:38 / String Quartet Op.33 No.2 "The Joke" 「冗談」 [E flat] (1781)
聴き慣れたメロディーですが、演奏は新鮮味溢れるもの。前曲同様素晴らしい録音によって捕らえられたハイドンの晴朗なメロディー。強音のときに顔を出す険しさと全体を包むおおらかな響きの織りなす極上の時間。これは名演奏ですね。ハイドンの弦楽四重奏曲の楽しさと機知を万全に表現した演奏。
この曲も2楽章がスケルツォ。ここでも第1ヴァイオリンの伸びやかな音色は圧倒的な美しさ。リズミカルなフレーズを刻んでいきます。
続くラルゴの美しさはずば抜けています。鮮明な録音で捕らえられた各楽器に織りなす精妙な演奏によって浮かび上がる癒しにに満ちたハイドンのメロディ。余裕ある響きには刺激成分は皆無。前記事のミネッティ四重奏団の演奏も良かったのですが、格の違いを見せつけるような圧倒的な演奏。
最後のフィナーレは軽やかな響きが絶妙。間の取り方も絶妙。ハイドンの曲に仕込まれたウィットを最もうまく表現しているようです。

Hob.III:39 / String Quartet Op.33 No.3 "Vogelquartett" 「鳥」 [C] (1781)
既にアハロニアンののびのびした第1ヴァイオリンが刷り込まれて、快感を感じるほどに。このヴァイオリンの伸びやかさは他に代え難いものですね。この音色は最新の録音による高域の自然な伸びと、ホールを知り尽くしたマイク配置なとによって捉えられたものですね。弦楽四重奏曲の録音の新時代を感じさせるような素晴らしい録音。弦楽器の刺激的な音が苦手な方にもすすめられるものですね。
2楽章のスケルツォは速めのテンポで前半の低音中心のフレーズをさっとこなし、中間部の鳥のさえずりのような部分もさらり。再び中低域の魅力的な響きに帰り、暖かい気持ちにさせられます。
3楽章のアダージョはもはやただ奏でるだけで絶妙な演奏になっちゃってます。作為は姿を消し、楽譜に忠実に各楽器がメロディーを奏で、豊かな曲想を表現。弦楽四重奏曲でこれだけ癒されるのはしばらくぶりです。テクニックや正確さという次元ではなく音楽として完璧な表現といえば伝わりますでしょうか。
フィナーレももはや説明は必要なし。尋常ではない弦のキレと軽やかなフレージングで聴き慣れた曲をやはり新鮮な響きに再構成。

ここで1枚目が終了で、通例通しで6曲聴くことは滅多にないのですが、あまりのすばらしさに2枚目にすぐ突入です。レビューはすこし簡単に。

Hob.III:40 / String Quartet Op.33 No.4 [B flat] (1781)
コミカルなクレッシェンドを強調した入り。この曲はロシア四重奏曲の中でも最も曲想が変わった曲ですが、相変わらず伸びやかなヴァイオリンと自然なアンサンブルで、この変わった曲をさらりとこなします。フィナーレの変化に富んだ音階をきっちり表現して曲自体に魅力を語らせるあたりも見事の一言です。最後のピチカートの美しい響きも絶品。

Hob.III:41 / String Quartet Op.33 No.5 [G] (1781)
名曲5番は期待通りの素晴らしい緊張感溢れる入り。1楽章は万全。素晴らしい推進力。なんと豊かな音楽なんでしょう。ラルゴも切々としたフレーズを美しい響きで織り上げ名曲を新鮮な響きで再構成。スケルツォをカッチリ描いたあとフィナーレは非常に繊細なコントロールでメロディーを優しく奏でていきます。予想外の繊細さから表現の幅の大きさに気づかされます。

Hob.III:42 / String Quartet Op.33 No.6 [D] (1781)
最後は6番。もはや説明は要らないでしょう。この曲で気づくのは収録上、第1ヴァイオリンと第2ヴァイオリン、ヴィオラの間にちょっとした距離感というか響きのダイレクトさに差をつけているように聴こえること。第1ヴァイオリンは実際の演奏以上にくっきり浮かび上がるように録られているよう。アンダンテはこのアルバムの白眉。アハロニアンのヴァイオリンの魂に響く音色が切々と美しいメロディーを奏でていきます。スケルツォにフィナーレもリズムを強調してキレの良い響きと美しい弦の流麗なメロディーの対比が素晴らしい演奏。

以前の禁欲的でタイトな響きから、美しい弦楽器の音色を生かした自然な響きを主体とした演奏に変貌したボロディン四重奏団。伝統ある四重奏団に新たに加入したメンバーが新たな個性を加えて新たな魅力を加えていることがわかります。このアルバムの演奏は見事の一言。伝統に裏付けられた革新というような演奏。聴き慣れたロシア四重奏曲と言う名曲を新鮮な響きで弾ききり、過去の垢を感じさせない見事な演奏。評価はもちろん全曲[+++++]とします。そして「ハイドン入門者向け」タグも進呈です。

連日の弦楽四重奏曲ですが、いい演奏続きでいいお休みを過ごすことができました。
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 弦楽四重奏曲Op.33 ハイドン入門者向け

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

ハイドン(Franz Joseph Haydn)の膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。私はなぜハイドンにはまったのか?

最新記事
カテゴリ
ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものはリスト冒頭に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

登録曲数:1,365
登録演奏数:11,529
(2019年3月31日)
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

ピアノ協奏曲XVIII:4軍隊ヒストリカル交響曲93番交響曲70番ピアノ協奏曲XVIII:11交響曲80番交響曲81番トランペット協奏曲ヴァイオリンとピアノのための協奏曲XVIII:6悲しみロンドンオックスフォードモーツァルト交響曲4番ヨハン・クリスチャン・バッハピアノソナタXVI:51豚の去勢にゃ8人がかりピアノ三重奏曲十字架上のキリストの最後の七つの言葉スカルラッティヘンデルラモーバッハ驚愕ショスタコーヴィチシェーンベルク弦楽四重奏曲Op.76ドヴォルザークベートーヴェン交響曲75番チェロ協奏曲ホルン協奏曲古楽器時計弦楽四重奏曲Op.50アンダンテと変奏曲XVIII:6弦楽四重奏曲Op.54弦楽四重奏曲Op.64弦楽四重奏曲Op.20天地創造ヴォルフレスピーギヨハン・シュトラウスリヒャルト・シュトラウスタリスリゲティ交響曲10番ピアノソナタXVI:49迂闊者交響曲54番ネルソンミサバリトン三重奏曲トマジーニピアノソナタXVI:52交響曲2番ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:46日の出皇帝弦楽四重奏曲Op.71交響曲88番ブルックナーベルリオーズナッセンベンジャミンウェーベルンメシアンシェルシグリゼーヴァレーズOp.20弦楽四重奏曲交響曲67番交響曲65番交響曲9番交響曲39番狩り交響曲73番交響曲61番リームピアノソナタXVI:6ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:48アンダンテと変奏曲XVII:6四季交響曲全集ラヴェルリムスキー・コルサコフピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:44ピアノソナタXVI:45第九太鼓連打交響曲99番ボッケリーニシューベルト交響曲5番ストラヴィンスキーチャイコフスキーライヴ弦楽四重奏曲Op.2序曲ヴィヴァルディオペラ序曲パイジェッロアリア集ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6すみだトリフォニーホールピアノソナタXVI:34ブーレーズサントリーホール弦楽四重奏曲Op.74騎士オルランド無人島哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェ変わらぬまことアルミーダチマローザ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:1ピアノ協奏曲XVIII:3交響曲3番ラメンタチオーネアレルヤ交響曲79番チェロ協奏曲1番交響曲27番交響曲19番交響曲58番紀尾井ホールドビュッシーミューザ川崎協奏交響曲オーボエ協奏曲LPヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:38ピアノソナタXVI:29スタバト・マーテルピアノソナタXVI:39マーラー告別交響曲90番交響曲97番交響曲18番奇跡ひばりフルート三重奏曲交響曲102番交響曲86番ヴァイオリン協奏曲哲学者ミサブレヴィスニコライミサ小オルガンミサ交響曲95番交響曲78番ピアノソナタXVI:23王妃武満徹ライヴ録音SACDマリア・テレジア交響曲21番クラヴィコードBlu-ray東京オペラシティ交響曲11番交響曲12番交響曲15番交響曲37番交響曲1番ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:3ディヴェルティメント東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ロッシーニドニぜッティライヒャ弦楽三重奏曲東京文化会館フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.9弦楽四重奏曲Op.17剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ピアノソナタXVI:26ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:31アレグリバードモンテヴェルディパレストリーナ美人奏者ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンスコットランド歌曲ヴェルナーガスマンピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲35番交響曲46番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3ラ・ロクスラーヌ帝国ハイドンのセレナード五度ラルゴラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス時の移ろい交響曲42番ベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番リュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏冗談ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオモテットドイツ国歌カノンオフェトリウムよみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ベルク主題と6つの変奏オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲交響曲50番交響曲89番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:47bisピアノ小品音楽時計曲ピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭変奏曲XVII:7ピアノソナタXVI:22天地創造ミサジャズ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲62番交響曲108番交響曲107番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽ピアノソナタ

タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
87位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
10位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

大家さんFC2のクラシックブログランキング。

おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)






twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ