ミネッティ四重奏団のOp.64-4、Op.74-3騎士、Op.76-5

今日は久しぶりの弦楽四重奏曲。

Minetti.jpg
HMV ONLINEicon / amazon / TOWER RECORDS

ミネッティ四重奏団(Minetti Quartett)の演奏でハイドンの弦楽四重奏曲、Op.64-4、Op.74-3「騎手」、Op.76-5の名曲3曲を収めたアルバム。収録は2008年2月、10月、12月、オーストリアのウィーンの南、アイゼンシュタットのさらに南にあるフランツ・リストの生地ブルゲンランドのリストセンターのフランツリスト音楽ホールでのセッション録音。レーベルはhänssler CLASSIC。

最近HMV ONLINEに注文を出す時にマルチバイにするためにふと見かけて混ぜたもの。ジャケット買いです。若い美男美女の奏者たちがロッカー室でくつろぐ姿のジャケットが妙に購買意欲をそそりました。HMV ONLINEの記事を見ると2008年に来日してハイドンの四重奏曲を演奏しているようですね。このアルバムがデビューアルバムのようです。

ということでミネッティ四重奏団をHMV ONLINEの情報などをもとに紹介をしておきましょう。オーストリアの若手四重奏団。設立は2003年。ウィーン国立音楽演劇大学でアルバン・ベルク四重奏団のメンバーなどに師事。2006年グラーツのフランツ・シューベルト国際弦楽四重奏コンクールで優勝、2007年ウィーンのヨゼフ・ハイドン国際室内楽コンクールで第2位とハイドン賞を受賞、さらにフィレンツェのリンボッティ国際弦楽四重奏コンクールで第1位となるなど数々のコンクールで良い成績を収めるなど、ハイドンの本場オーストリアでも注目の存在でしょう。
メンバーは、第一ヴァイオリンはマリア・エーマー(Maria Ehmer)、第二ヴァイオリンはアンナ・クノップ(Anna Knopp)、ヴィオラはマルクス・フーバー(Markus Fuber)、チェロはレオンハルト・ロチェック(Leonhard Roczek)の4名。楽器はオーストリア国立銀行のコレクションのイタリアの銘器(ガダニーニ、ロレンツィーニ、チェルッティ)を貸与されているということです。いつものようにこの四重奏団のサイトへのリンクを張っておきましょう。

Minetti Quartett(独文・英文)

収録場所のリストセンターは最近出来た施設のようですが、600人ほど収容できるなかなかセンスの良い建物。ブルゲンランドという田舎町はリストの生地として知られ、このセンターの前はリスト通り。リストの両親はエステルハージ家に仕えていたようですね。なんとなくハイドンにゆかりがあるようです。こちらもリンクを張っておきましょう。

Lisztzentrum Raiding(独文)

一聴して演奏も溌剌とした素晴らしいもの。若手のクァルテットのデビュー盤にハイドンの名曲集をもってくるあたり、かなりの実力派でないと出来ないでしょう。アイドル系のような恵まれたヴィジュアルに対して、その演奏はかなりの本格派ですのでレビューのし甲斐がありますね。

Hob.III:66 / String Quartet Op.64 No.4 [G] (1790)
最新の録音らしい鮮度抜群の音。スピーカーあたりにクァルテットが大きめに定位。第二ヴァイオリンは右に定位。オンマイク中心の録音ですが残響は豊か。家の中に極上の弦楽四重奏団が出現したようなリアリティ。若手らしく音楽が溌剌としています。師匠たるアルバンベルク四重奏団のようなカッチリとした響きではなく、各奏者が柔らかめにフレーズを刻んでいく感じ。アンサンブルの一体感は見事。
2楽章はメヌエット。自然なプレゼンス。作為なく淡々と、しかし程よいテンションですすめます。若手の演奏と思えない成熟した音楽に聴こえます。平板な印象は皆無。
そしてアダージョは弦楽四重奏曲の美音を楽しむ楽章。第一ヴァイオリンの美しい音色が絶品。第一ヴァイオリンのマリア・エーマーの余裕たっぷりの弓さばきは見事。時折聴かせる装飾音も非常に自然なもの。
フィナーレはエーマーの美音はそのままに、自然さを保った緊密なアンサンブルを聴かせて四重奏の見事な一体感を味わえます。一曲目のこの曲だけでミネッティ四重奏団の素晴らしい実力のほどがよくわかります。

Hob.III:74 / String Quartet Op.74 No.3 "Reiterquartetett" 「騎士」 [g] (1793)
聴き慣れた短調のメロディー。程よいテンションと良い楽器らしいそれぞれの楽器の音の塊の厚みとくすんだ木の響き。交互に現れる各楽器のメロディーが織りなす複雑な音楽の表情。この曲の険しさも十分表現されていますが、テンションを緩めた響きも見せるため変化がきちんとついてメリハリ十分。1楽章から非常に高まる緊張感。
つづくアダージョはゆったりしたテンポなのにさらに緊張感が高まり、深い呼吸で緻密に音量と張りを制御し大きな起伏の音楽を奏でていきます。デビューアルバムでこの出来は驚くばかり。若さも感じられるんですが、むしろ成熟のほうが支配する素晴らしい時間。後半はフレーズを自在に変化させたり極限まで音量を絞ったりして音楽を濃くしていきます。
メヌエットは一転軽さが際立ちます。さっと弾いているようですが、良く聴くとやはり細かいフレーズごとのコントロールが緻密ゆえ生み出される、技術に裏付けられた軽やかさであるとわかります。テクニックの誇示のような雰囲気はなくあくまでも自然。相当の力量でないとこのような演奏は出来ないでしょう。
そして、騎士の聴き所のフィナーレは弾むリズムはもちろんのこと鋭いアクセントを美しく柔らかい音色の楽器でつけながらクリアに旋律を浮かび上がらせて曲の面白さを表現し尽くしています。テンポの変化と表情の変化を巧みにつけて終了。メリハリをフレーズ単位にしっかりとつけ、重さや単調さと無縁の豊かな音楽性。この曲も見事。

Hob.III:79 / String Quartet Op.76 No.5 [D] (1797)
最後も名曲を選んできました。この曲としては軽めの入りでしょう。前2曲と比べるとすこしテンポの設定が速めで浮き足立ったようにも聴こえますが、フレーズごとにしっかりメリハリをつけていくスタイルは変わりません。この曲のみ録音が少し高域が強い感じに聴こえます。
2楽章のラルゴはこれも有名な旋律。美しい音色で美しい旋律を奏でていくのは変わりませんが、この曲では枯淡の表情さえ聴かせるのは驚きです。この若い奏者たちの音楽性は恐ろしいほど。弦楽四重奏曲の真髄に迫る素晴らしい演奏。1楽章のすこし速めのテンポもこの曲を聴いて合点がいきました。
メヌエットはすでに安心して聴けます。フレージングのあちこちにちょっとした変化や装飾をつけて新鮮さを保ちながらも古典的な均衡の範囲ははずしません。このメヌエットをきくとこの四重奏団が若手の演奏であることにあらためて気づかされます。
フィナーレもメヌエット同様新鮮な音楽。弾き尽くされたかに思えるこの名旋律にもまだ新鮮な解釈の余地が残っていることを演奏で示す素晴らしい実力。繰り返される音階の波が正確な各奏者の演奏で精妙に重なり合い、フィナーレに向けた焦点を結んでいく様はやはり素晴らしい音楽。最後は余裕のあらわれか意外にあっさりとしかしくっきりと曲を結びます。

いやいや、ジャケット買いではありましたが、聴いてビックリの超名演です。美しい音色、自然な音楽、新鮮な解釈、素晴らしい録音とすべてそろったすばらしいアルバム。オーストリア国立銀行がイタリアの名器を貸しちゃうのも頷ける素晴らしい才能ですね。このアルバムはすべての人にお薦めです。評価は全曲[+++++]、「ハイドン入門者向け」タグもつけます。

ミネッティ四重奏団の来日公演のことを書いたネットの記事を読むと、第二ヴァイオリンのアンナ・クノップは日墺のハーフのようで、お母さんは盛岡出身とのこと。今後も来日が期待できそうですね。このクァルテットは要注目です。
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 弦楽四重奏曲Op.64 弦楽四重奏曲Op.74 弦楽四重奏曲Op.76 騎士 ハイドン入門者向け

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

ハイドン(Franz Joseph Haydn)の膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。私はなぜハイドンにはまったのか?

最新記事
カテゴリ
ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものはリスト冒頭に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

登録曲数:1,365
登録演奏数:11,529
(2019年3月31日)
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

ピアノ協奏曲XVIII:4軍隊ヒストリカル交響曲93番交響曲70番ピアノ協奏曲XVIII:11交響曲80番交響曲81番トランペット協奏曲ヴァイオリンとピアノのための協奏曲XVIII:6悲しみロンドンオックスフォードモーツァルト交響曲4番ヨハン・クリスチャン・バッハピアノソナタXVI:51豚の去勢にゃ8人がかりピアノ三重奏曲十字架上のキリストの最後の七つの言葉スカルラッティヘンデルラモーバッハ驚愕ショスタコーヴィチシェーンベルク弦楽四重奏曲Op.76ドヴォルザークベートーヴェン交響曲75番チェロ協奏曲ホルン協奏曲古楽器時計弦楽四重奏曲Op.50アンダンテと変奏曲XVIII:6弦楽四重奏曲Op.54弦楽四重奏曲Op.64弦楽四重奏曲Op.20天地創造ヴォルフレスピーギヨハン・シュトラウスリヒャルト・シュトラウスタリスリゲティ交響曲10番ピアノソナタXVI:49迂闊者交響曲54番ネルソンミサバリトン三重奏曲トマジーニピアノソナタXVI:52交響曲2番ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:46日の出皇帝弦楽四重奏曲Op.71交響曲88番ブルックナーベルリオーズナッセンベンジャミンウェーベルンメシアンシェルシグリゼーヴァレーズOp.20弦楽四重奏曲交響曲67番交響曲65番交響曲9番交響曲39番狩り交響曲73番交響曲61番リームピアノソナタXVI:6ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:48アンダンテと変奏曲XVII:6四季交響曲全集ラヴェルリムスキー・コルサコフピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:44ピアノソナタXVI:45第九太鼓連打交響曲99番ボッケリーニシューベルト交響曲5番ストラヴィンスキーチャイコフスキーライヴ弦楽四重奏曲Op.2序曲ヴィヴァルディオペラ序曲パイジェッロアリア集ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6すみだトリフォニーホールピアノソナタXVI:34ブーレーズサントリーホール弦楽四重奏曲Op.74騎士オルランド無人島哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェ変わらぬまことアルミーダチマローザ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:1ピアノ協奏曲XVIII:3交響曲3番ラメンタチオーネアレルヤ交響曲79番チェロ協奏曲1番交響曲27番交響曲19番交響曲58番紀尾井ホールドビュッシーミューザ川崎協奏交響曲オーボエ協奏曲LPヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:38ピアノソナタXVI:29スタバト・マーテルピアノソナタXVI:39マーラー告別交響曲90番交響曲97番交響曲18番奇跡ひばりフルート三重奏曲交響曲102番交響曲86番ヴァイオリン協奏曲哲学者ミサブレヴィスニコライミサ小オルガンミサ交響曲95番交響曲78番ピアノソナタXVI:23王妃武満徹ライヴ録音SACDマリア・テレジア交響曲21番クラヴィコードBlu-ray東京オペラシティ交響曲11番交響曲12番交響曲15番交響曲37番交響曲1番ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:3ディヴェルティメント東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ロッシーニドニぜッティライヒャ弦楽三重奏曲東京文化会館フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.9弦楽四重奏曲Op.17剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ピアノソナタXVI:26ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:31アレグリバードモンテヴェルディパレストリーナ美人奏者ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンスコットランド歌曲ヴェルナーガスマンピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲35番交響曲46番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3ラ・ロクスラーヌ帝国ハイドンのセレナード五度ラルゴラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス時の移ろい交響曲42番ベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番リュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏冗談ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオモテットドイツ国歌カノンオフェトリウムよみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ベルク主題と6つの変奏オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲交響曲50番交響曲89番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:47bisピアノ小品音楽時計曲ピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭変奏曲XVII:7ピアノソナタXVI:22天地創造ミサジャズ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲62番交響曲108番交響曲107番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽ピアノソナタ

タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
87位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
10位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

大家さんFC2のクラシックブログランキング。

おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)






twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ