ジョルジュ・アタナシデのオルガン協奏曲

今日は久しぶりにオルガンものです。

Athanasiades.jpg
HMV ONLINEicon / amazon

ジョルジュ・アタナシデ(Georges Athanasiadès)のオルガン、ジン・ワン(Jin Wang)指揮のユーラシア・シンフォニエッタの演奏で、ハイドンのオルガン協奏曲2曲(Hob.XVIII:1、Hob.XVIII:2)とプーランクのオルガン、弦楽とティンパニのための協奏曲の3曲を収めたアルバム。収録は2009年2月24日~26日、フランクフルト東方約100kmのヴュルツブルクのヴュルツブルク大学、新教会のユリウス・マキシミリアンホールでのセッション録音。レーベルはスイス、チューリッヒのTUDOR。

ジョルジュ・アタナシデは1929年にフランス語圏スイスで生まれたオルガニスト。ギリシャ系でピアニストで合唱指揮者の父の影響で音楽を学ぶように。ハイデルベルク、フライブルク、ブライスガウの大学で独文学と音楽学を学んだ後、古典と神学を納め、ローザンヌ音楽院でオルガニストの腕を磨いたとのこと。世界各地の音楽祭にも招かれ、日本にも来ているようですので、ご存知の方も多いかもしれません。もちろん私はオルガンやその音楽自体に詳しい訳ではありませんのではじめて聴く人。いつものように奏者のサイトのリンクを張っておきましょう。

Georges Athanasiades - organiste

このアルバムは最近HMV ONLINEから届いたもの。古風なジャケットゆえ最近の録音ではないと思って注文したら、最新の録音だったと言う流れ。ハイドンの初期の協奏曲はオルガンもしくはチェンバロで弾くことを想定したものですが、個人的にはオルガンで弾いた方が合っている印象をもっています。このアルバムに収録された曲も、オルガンでの演奏の方がしっくり来ます。

Hob.XVIII:1 / Concerto per il clavicembalo(l'organo) [C] (1756)
遅いテンポで始まるオルガン協奏曲。オケだけ聴くと、ちょっと時代がかったノリの演奏。メリハリはほどほどながら、じっくり落ち着いたテンポで序奏をすすめます。録音も最新のものにしては比較的地味な録音。決して悪い録音ではありません。弦楽器の主体のオケの響き。オルガンもじっくりとした演奏。古楽器の演奏風のキビキビした感じはなく、むしろ堂々とした演奏。オルガンの響きは鋭い高音と重厚な和音、図太い低音とオルガンマニアの方を満足させるなかなかの響き。聴いているうちに小細工がないぶんだんだん楽しめる演奏に聴こえてくるのが不思議なところ。テンポはほとんど揺らさず、デュナーミクの変化も大人しいもの。ただ単調に聴こえるわけでもなく、味のある金太郎飴のような不思議な演奏。ただただオルガンの音色を楽しめといっているよう。1楽章はじっくりあっさりした印象で終わります。
2楽章のラルゴは突如弦楽器のメロディーラインが雄弁になり、ここぞとばかりに自己主張。オルガンも自在さがすこし垣間見えて、ハイドンの美しいメロディーがゆったりと宇宙の幽玄さのように響き渡ります。この楽章は踏み込んだ表現。オケの弦楽器の切々とした響きもなかなか。オルガンはキリッとした演奏ではありませんが、不思議に味わい深く、中音の細かく上下するメロディーを刻んでいきます。中盤以降不思議な幸福感のある響きが加わり多彩な表情を加えます。
3楽章はキレが出てきてオケも瑞々しさを増します。オルガンは相変わらずゆったり目のテンポで独立独歩。オルガンの美しい音色が際立つ泰然とした演奏。くっきりしたオルガンとゆったりしたオケの音色のコントラストが聴き所でしょう。ハイドンのフィナーレとしては長めの楽章。

Hob.XVIII:2 / Concerto per il clavicembalo(l'organo) [D] (before 1767)
曲想は前曲より変化がついて面白くなっていますが、演奏は依然おおらかなもの。最近の演奏では非常に珍しいスタイル。よく考えると今この弾き方はかなり珍しいと思います。オケもかなりおおらか、オルガンもおおらか。そうゆう意味ではかなり筋金入りの確信犯的なおおらかさなんでしょうか。途中オルガンの音色が透明感を増し、自然なオケとの掛け合いをじっくり聴かせて飽きさせないのは流石なところ。どんどんカオスのように響きが溶け合って引き込まれていきます。演奏のキレではなく曲自体の魅力で聴かせるまさに不思議な演奏。
前曲同様弦楽器の表情が雄弁に。フレーズごとの極端な強弱の変化を見せ、突然表現が深くなります。オルガンのメロディーは恍惚とした表情を加えて、徐々にトランス状態のような不思議な感覚に。この2楽章での深い表現はこの演奏の一番の聴き所。後半のオルガンの音程がぐっと下がるところはオルガンの音色の妙を楽しめる素晴らしい音楽。よく聴くとオルガンの音色を相当意識した曲づくりであることがわかります。ふと気づくハイドンの才能。最後の抑えた終わりは奏者のデリカシーを確認できたよう。
3楽章は前曲同様ゆったりした演奏。コープマン盤では速めのテンポでの恍惚の極致のような表情が印象的でしたが、このアルバムの演奏はあくまでゆったり感のなかでのオルガンとオケの響き溶け合いを楽しむような落ち着いた演奏。じっくり楽しめます。聴き慣れるとなかなか味わい深い演奏。アタナシデのじっくりした音楽の真髄がわかった気がします。

久しぶりのオルガン協奏曲集。評価は2曲とも[++++]とします。最近の演奏にはめずらしい、おおらかかつゆったりとしたオルガンの音色を存分に楽しめる演奏。流行と無縁の演奏。一見おとなしく没個性に聴こえる演奏ですが、よく考えるとかなり一貫した音楽観に裏付けられた頑固一徹な演奏と聴きました。そういう意味では大変個性的な演奏と聴くことも出来ます。この演奏も聴き手の器を試すようなところがありますね。

様々な演奏を聴くたびにハイドンの曲の新たな魅力を知ることになります。これも音楽の楽しみの一つですね。
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : オルガン協奏曲

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

ハイドン(Franz Joseph Haydn)の膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。私はなぜハイドンにはまったのか?

最新記事
カテゴリ
ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものはリスト冒頭に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

登録曲数:1,365
登録演奏数:11,529
(2019年3月31日)
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

ピアノ協奏曲XVIII:4軍隊ヒストリカル交響曲93番交響曲70番ピアノ協奏曲XVIII:11交響曲80番交響曲81番トランペット協奏曲ヴァイオリンとピアノのための協奏曲XVIII:6悲しみロンドンオックスフォードモーツァルト交響曲4番ヨハン・クリスチャン・バッハピアノソナタXVI:51豚の去勢にゃ8人がかりピアノ三重奏曲十字架上のキリストの最後の七つの言葉スカルラッティヘンデルラモーバッハ驚愕ショスタコーヴィチシェーンベルク弦楽四重奏曲Op.76ドヴォルザークベートーヴェン交響曲75番チェロ協奏曲ホルン協奏曲古楽器時計弦楽四重奏曲Op.50アンダンテと変奏曲XVIII:6弦楽四重奏曲Op.54弦楽四重奏曲Op.64弦楽四重奏曲Op.20天地創造ヴォルフレスピーギヨハン・シュトラウスリヒャルト・シュトラウスタリスリゲティ交響曲10番ピアノソナタXVI:49迂闊者交響曲54番ネルソンミサバリトン三重奏曲トマジーニピアノソナタXVI:52交響曲2番ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:46日の出皇帝弦楽四重奏曲Op.71交響曲88番ブルックナーベルリオーズナッセンベンジャミンウェーベルンメシアンシェルシグリゼーヴァレーズOp.20弦楽四重奏曲交響曲67番交響曲65番交響曲9番交響曲39番狩り交響曲73番交響曲61番リームピアノソナタXVI:6ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:48アンダンテと変奏曲XVII:6四季交響曲全集ラヴェルリムスキー・コルサコフピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:44ピアノソナタXVI:45第九太鼓連打交響曲99番ボッケリーニシューベルト交響曲5番ストラヴィンスキーチャイコフスキーライヴ弦楽四重奏曲Op.2序曲ヴィヴァルディオペラ序曲パイジェッロアリア集ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6すみだトリフォニーホールピアノソナタXVI:34ブーレーズサントリーホール弦楽四重奏曲Op.74騎士オルランド無人島哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェ変わらぬまことアルミーダチマローザ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:1ピアノ協奏曲XVIII:3交響曲3番ラメンタチオーネアレルヤ交響曲79番チェロ協奏曲1番交響曲27番交響曲19番交響曲58番紀尾井ホールドビュッシーミューザ川崎協奏交響曲オーボエ協奏曲LPヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:38ピアノソナタXVI:29スタバト・マーテルピアノソナタXVI:39マーラー告別交響曲90番交響曲97番交響曲18番奇跡ひばりフルート三重奏曲交響曲102番交響曲86番ヴァイオリン協奏曲哲学者ミサブレヴィスニコライミサ小オルガンミサ交響曲95番交響曲78番ピアノソナタXVI:23王妃武満徹ライヴ録音SACDマリア・テレジア交響曲21番クラヴィコードBlu-ray東京オペラシティ交響曲11番交響曲12番交響曲15番交響曲37番交響曲1番ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:3ディヴェルティメント東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ロッシーニドニぜッティライヒャ弦楽三重奏曲東京文化会館フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.9弦楽四重奏曲Op.17剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ピアノソナタXVI:26ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:31アレグリバードモンテヴェルディパレストリーナ美人奏者ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンスコットランド歌曲ヴェルナーガスマンピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲35番交響曲46番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3ラ・ロクスラーヌ帝国ハイドンのセレナード五度ラルゴラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス時の移ろい交響曲42番ベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番リュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏冗談ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオモテットドイツ国歌カノンオフェトリウムよみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ベルク主題と6つの変奏オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲交響曲50番交響曲89番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:47bisピアノ小品音楽時計曲ピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭変奏曲XVII:7ピアノソナタXVI:22天地創造ミサジャズ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲62番交響曲108番交響曲107番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽ピアノソナタ

タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
87位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
10位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

大家さんFC2のクラシックブログランキング。

おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)






twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ