絶品、ラフラム、シェーンヴィーゼ=グシュルバウアー、フラーのピアノ三重奏曲

今日はピアノ三重奏ですが、ヴァイオリンの代わりにフルートで演奏したもの。

Laflamme.jpg
HMV ONLINEicon / amazon

フルート・トラヴェルソがアニー・ラフラム(Annie Laflamme)、チェロがドロテア・シェーンヴィーゼ=グシュルバウアー(Dorothea Schönwiese-Guschlbauer)、フォルテピアノがリヒャルト・フラー(Richerd Fuller)の3人のアンサンブルによる、ハイドンのピアノ三重奏曲3曲(Hob.XV:16、XV:15、XV:17)を収めたアルバム。収録は2009年10月23日から26日、ウィーン近郊の街、マウアーバッハのKartauseでのセッション録音。ハイドン没後200年に合わせたものでしょう。レーベルはCoviello CLASSICSというドイツ、ダルムシュタットのレーベル。最近リリースされたものです。

奏者を調べておきましょう。

アニー・ラフラムはカナダ、ケベック州のセティル(Sept-Îles)生まれのフルーティスト。ケベック州のリムースキ音楽院、モントリオールのマクギル大学などで、エマニュエル・パユやパトリック・ガロワなどのマスタークラスを専攻。デュトワとモントリオール交響楽団やクレーメルのクレメラータ・バルティカなど一流どころと共演。2000年からウィーン音楽院で、その後ハーグ王立音楽院でフルート・トラヴェルソを学び、本格的な古楽器奏者となったようですね。コンサートではヨーロッパ諸国をはじめとして日本にも来ているそうですので、ご存知の方も多いのかもしれませんね。ジャケットの写真を見ると蒼井優を外人にしたようなかわいい感じ(笑)

ドロテア・シェーンヴィーゼ=グシュルバウアー(長い!)はウィーン生まれのチェリスト。ウィーンの音楽舞台芸術大学、ザルツブルクのモーツァルテウム、マンチェスターの王立ノーザン音楽大学、ニューヨークのジュリアード音楽院など様々な学校で学んだよう。オーストリアを中心に活動しているようですが、ウィーン・モデルンなどの現代音楽の演奏にも加わっているんですね。有名なところだとグスタフ・マーラー・ユースオーケストラの首席チェロ奏者、シャンドール・ヴェーグのカメラータ・アカデミカ・ザルツブルク等に参加、ニコラウス・アーノンクールのコンツェントゥス・ムジクス・ウィーンには20年在籍、そして2006年からはヨーロッパ室内管に参加するなど、主にオーケストラで活躍しているようですね。

フォルテピアノのリヒャルト・フラーは一度当ブログ初期にアルバムを取りあげています。

2010/01/28 : ハイドン–ピアノソナタ : ハイドン生家の響き

また、個人のウェブサイトもありましたので、リンクを張っておきましょう。

RICHARDFULLERFORTEPIANO.COM

アメリカ、ワシントン州の生まれのフォルテピアノ奏者。音楽とピアノを中央ワシントン大学、オレゴン大学で学び、その後フォルテピアノをサン・フランシスコとウィーンで学んだ。ソリストととしてレヴァインとウィーンフィルやエマ・カークビー、アンドリュー・マンゼ、フェステティチ弦楽四重奏団などと共演。欧米の主要なホールでコンサートを開いたり、テレビやラジオなどでも活躍しているそうです。録音はヴァンハル、プレイエル、ハイドンなど古典派中心ですね。以前取りあげたハイドン生家での録音もレパートリーの一つですね。

ご紹介したようにそれぞれの奏者はみな実力者。アンサンブルの精度はどうでしょうか。

ここに収められた3曲はハイドンのピアノ三重奏曲創作の第二期につくられた13曲の最後の3曲にあたるもの。第二期の作品は1784年から1790年にかけて作曲されたもので、この3曲は1790年ロンドンのブラントから作品59として出版されたとき、ヴァイオリンのかわりにフルートが指定されたということで、当時からフルートでの演奏が踏まえられていたものと考えられます。1790年といえばハイドンが長年世話になったエステルハージ家のニコラウス候が亡くなった年でもあります。

ピアノ三重奏曲(Hob.XV:16)1790年以前作曲
残響の比較的豊かな空間にフォルテピアノとフルート・トラヴェルソとチェロが心地よく響き渡ります。キビキビとしたリズム感の癖のない演奏。3人のアンサンブルはほぼ対等な印象。ということで演奏によっては目立たないチェロがそれなりの存在感。それぞれ楽器が入れ替わり立ち替わりクレッシェンドで盛り上がります。手に汗握るというほどではありませんが、3人の緊密な掛け合いは見事。全員キリッとしたメリハリがありながらバランスの良い演奏で好印象ですね。好きなタイプの演奏ですね。録音はバランスよく残響もちょうどいいですね。スピーカーの少し後方に適度な実在感で3人が定位する感じ。新しい録音らしく鮮度は非常にいいですね。
2楽章は短調のアンダンティーノ。ハイドンらしい素朴ながら憂いに溢れた名旋律。この楽章もさっぱりとした3人の緊張感ある極上のアンサンブルを堪能できます。表情豊かなから規律を失わないすばらしい表情。
3楽章はヴィヴァーチェ・アッサイ。丹念な表情付けでハイドンの書いた絡み合うメロディーラインの面白さを巧く浮かび上がらせています。3人が良く合って絶妙なアンサンブル。リズム感も非常に良く、重いところは皆無。1曲目から完璧な演奏ですね。

ピアノ三重奏曲(Hob.XV:15)1790年以前作曲
この曲は冒頭から変わったリズムで入り、曲想も前曲とは全く異なります。チェロのメリハリの効いた響きがアンサンブルを引き締めています。シェーンヴィーゼ=グシュルバウアー、なかなかの腕前ですね。1楽章はフォルテピアノのアルペジオとフルート・トラヴェルソのとろけて絡み合うような絶妙のアンサンブルが見事。はったりもこけおどしもなく、ただただ音符に忠実に弾きながら、音楽が溢れ出してくるような素晴らしく豊かな表情。ピアノ三重奏の素晴らしい音楽。寄せては返す波のような穏やかな音楽のうねり。ちょっとした転調によるはっとするような瞬間。フォルテピアノから紡ぎ出される表情豊かななさざ波。この楽章は絶品です。家のなかが素晴らしい音楽に満ちあふれます。
2楽章はゆったりとした歩みのアンダンテ。楽譜に戯れるように自在にフレーズをきざみ、フルート・トラヴェルソとフォルテピアノが掛け合います。
フィナーレは、前曲同様速さは程々におさえ、豊かな表情付けに重点が置かれます。特にラフラムのフルート・トラヴェルソの天上に突来抜けんばかりの伸びのある音が非常に効果的。最後のフレーズの前に一旦長い間をとって音楽をリセット。なかなかのアイデアです。この曲も絶品です。

ピアノ三重奏曲(Hob.XV:17)1790年以前作曲
最後の曲。この曲は2楽章構成。またしてもこう来るかというような変化。曲ごとのこれだけの曲想の違いは当たり前のことながら見事なものです。フォルテピアノの流麗なメロディーラインが心地よい演奏。モーツァルトを思わせるフォルテピアノのメロディーですね。途中チェロの大胆なアクセントがあり、ベートーヴェンを思わせる大胆な展開が出てくるなど曲もずいぶんと凝ったものです。
途中ゆったりした楽章がなく、いきなりフィナーレに。相変わらずじっくりと表情豊かな演奏。これまでどの楽章も非常に安定感が高く、音楽の密度、緊張感も非常に良くコントロールされています。これだけクォリティの高い演奏を維持できるとは素晴らしい技術があってのことと思います。アルバムの最初から最後まで絶品の演奏がつまった素晴らしいアルバムですね。

ラフラムの伸びのある音色。ドロテア・シェーンヴィーゼ=グシュルバウアーのキリッとしたアクセント。そしてリヒャルト・フラーの起伏に富んでいながら緻密なフォルテピアノと3人の素晴らしい掛け合いを堪能できます。評価はもちろん、全曲[+++++]とします。このアルバムはピアノ三重奏曲の名盤として皆さんにお薦めしたいいいアルバムゆえ、ハイドン入門者向けタグもつけておきます。

ピアノ三重奏曲は素晴らしい曲の宝庫。弦楽四重奏曲もいいんですが、音色の異なる3台の楽器の掛け合いはより変化と起伏に富んで、音楽の迫力も一枚上。ハイドンの素晴らしい音楽が心に迫りますね。
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ピアノ三重奏曲 古楽器 ハイドン入門者向け

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

ハイドン(Franz Joseph Haydn)の膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。私はなぜハイドンにはまったのか?

最新記事
カテゴリ
ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものはリスト冒頭に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

登録曲数:1,368
登録演奏数:11,793
(2019年12月31日)
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

ロンドンバリトン三重奏曲ピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:39ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:25ベートーヴェンピアノソナタXVI:19ピアノソナタXVI:23音楽時計曲先生と生徒古楽器ピアノ四重奏曲ヴァイオリン協奏曲協奏交響曲オルガン協奏曲XVII1:1ピアノ協奏曲XVIII:4交響曲93番軍隊ヒストリカル交響曲70番交響曲80番ピアノ協奏曲XVIII:11交響曲81番悲しみヴァイオリンとピアノのための協奏曲XVIII:6トランペット協奏曲ヨハン・クリスチャン・バッハ交響曲4番モーツァルトオックスフォード豚の去勢にゃ8人がかりピアノ三重奏曲ピアノソナタXVI:51十字架上のキリストの最後の七つの言葉ヘンデルスカルラッティバッハラモーショスタコーヴィチ驚愕シェーンベルク弦楽四重奏曲Op.76ドヴォルザーク交響曲75番チェロ協奏曲ホルン協奏曲時計弦楽四重奏曲Op.50アンダンテと変奏曲XVIII:6弦楽四重奏曲Op.64弦楽四重奏曲Op.54弦楽四重奏曲Op.20天地創造ヴォルフレスピーギタリスヨハン・シュトラウスリヒャルト・シュトラウスリゲティ交響曲10番ピアノソナタXVI:49迂闊者交響曲54番ネルソンミサトマジーニピアノソナタXVI:52交響曲2番ピアノソナタXVI:46日の出皇帝弦楽四重奏曲Op.71交響曲88番ブルックナーベルリオーズベンジャミンウェーベルンナッセンシェルシメシアングリゼーヴァレーズOp.20弦楽四重奏曲交響曲65番交響曲9番交響曲67番交響曲61番交響曲39番狩り交響曲73番リームアンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:6ピアノソナタXVI:20四季交響曲全集ラヴェルリムスキー・コルサコフピアノソナタXVI:44ピアノソナタXVI:45第九太鼓連打交響曲99番ボッケリーニシューベルト交響曲5番チャイコフスキーストラヴィンスキーライヴ弦楽四重奏曲Op.2序曲ヴィヴァルディオペラ序曲パイジェッロアリア集ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6すみだトリフォニーホールピアノソナタXVI:34ブーレーズサントリーホール弦楽四重奏曲Op.74哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェアルミーダ変わらぬまこと騎士オルランド無人島チマローザ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:1ピアノ協奏曲XVIII:3アレルヤ交響曲3番ラメンタチオーネ交響曲79番チェロ協奏曲1番交響曲19番交響曲27番交響曲58番紀尾井ホールドビュッシーミューザ川崎オーボエ協奏曲LPヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:38スタバト・マーテルマーラー交響曲97番告別交響曲90番交響曲18番奇跡ひばりフルート三重奏曲交響曲102番交響曲86番哲学者ニコライミサミサブレヴィス小オルガンミサ交響曲95番交響曲78番王妃武満徹ライヴ録音SACDマリア・テレジア交響曲21番クラヴィコードBlu-ray東京オペラシティ交響曲12番交響曲11番交響曲15番交響曲1番交響曲37番ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:4ディヴェルティメント東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:36ライヒャドニぜッティロッシーニ弦楽三重奏曲東京文化会館フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:31ピアノソナタXVI:26アレグリモンテヴェルディバードパレストリーナ美人奏者ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンスコットランド歌曲ヴェルナーガスマンピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲46番交響曲35番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3ラ・ロクスラーヌ帝国ハイドンのセレナードラルゴ五度ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏冗談ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:9ピアノ協奏曲XVIII:5ヴァイオリンソナタ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオドイツ国歌モテットオフェトリウムカノンよみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難交響曲84番パリセットベルク主題と6つの変奏オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲交響曲50番交響曲89番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11ピアノ小品カートリッジ雅楽プロコフィエフサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭変奏曲XVII:7ピアノソナタXVI:22天地創造ミサジャズ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番2つのホルンのための協奏曲展覧会弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲107番交響曲108番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽ピアノソナタ

タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
104位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
11位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

大家さんFC2のクラシックブログランキング。

おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)






twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ