クリスティーヌ・ワレフスカ/デ・ワールトのチェロ協奏曲

かなり前の記事で取りあげた、サルヴァトーレ・アッカルドのヴァイオリン協奏曲と一緒に収録されているチェロ協奏曲を取りあげます。昔書きかけの記事修復シリーズです(笑) 以前取りあげたアッカルドの記事はこちら。

2011/05/22 : ハイドン–協奏曲 : サルヴァトーレ・アッカルドのヴァイオリン協奏曲集

EdoDeWaart.jpg
HMV ONLINEicon / amazon

クリスティーネ・ワレフスカ(Christine Walevska)のチェロ、エド・デ・ワールト(Edo de Waart)指揮のイギリス室内管弦楽団の演奏でハイドンのチェロ協奏曲1番、2番を収めたアルバム。チェロ協奏曲1972年1月のセッション録音。今は亡き蘭PHILIPSのDUOシリーズという廉価盤。

クリスティーネ・ワレフスカは終戦の年1945年、ロサンゼルス生まれたチェリスト。母はヴァイオリニスト、父はアンティーク・ヴァイオリンの売買を仕事とするなどの音楽一家。8歳頃父からチェロを学び始め、16歳でパリ音楽院に入りチェロと室内楽の双方で1等となった最初のアメリカ人とのこと。その後国際的に活躍するようになるとともに、録音活動にも積極的にに参加するようになりました。サン・サーンスのチェロ協奏曲を皮切りに、1970年代はPHILIPSレーベルに有名作曲家のチェロ協奏曲の一連の録音を残します。このアルバムもそのうちの1枚でしょう。その後、アルゼンチンをはじめとする南米やキューバで活躍する等変わった経歴も持っています。彼女のサイトを見ると現在もお元気そうですね。

Christine Walevska - Goddes of the Cello

指揮のエド・デ・ワールトは調べたら、アッカルドと同じ1941年生まれのオランダの指揮者。元々オーボエ奏者のようですが、1964年に23歳でニューヨークの国際ディミトリー・ミトロプーロス指揮コンクールで優勝し、指揮者としてのキャリアをスタートしました。ニューヨークフィルでバーンスタインの助手を1年務めたり、アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団でハイティンクの助手を務めるなどして腕を磨き、1973年から1985年までロッテルダム・フィルの音楽監督に就任、1976年からはサンフランシスコ交響楽団首席客演指揮者に、1977年から1985年まで音楽監督に就任。その後、ミネソタ管弦楽団、オランダ放送フィルハーモニー管弦楽団、シドニー交響楽団、香港フィルハーモニー管弦楽団、サンタフェ・オペラなどの音楽監督などを歴任。2009年よりミルウォーキー交響楽団の音楽監督ということで、オーケストラトレーナーの腕を買われて各地で仕事をつづけている実力派ということでしょう。

実力派2人によるハイドンのチェロ協奏曲ですが、どのような音楽を聴かせてくれるでしょうか。

Hob.VIIb:1 / Cello Concerto No.1 [C] (1765-7)
デ・ワールトによるオケの序奏は、かなりゆったりしたテンポで最初から伸びのあるフレージング。じっくりとフレーズを刻んでいきますが、リズムが若干重めなため、ちょっと時代がかった感じもします。ワレフスカのチェロは、デ・ワールトに合わせてか、こちらもじっくり、少し重めで最初から鳴きを多用したもの。曲が進むにつれて、じっくりした演奏に勢いと華やかさが加わり、独特のこの雰囲気も悪くないと思うようになります。しばらくでタッチに慣れてしまい、穏やかな表情の独特のくずしのある草書を見るような風情。カデンツァは力が抜けて穏やかな表情。チェロが音楽に溶け込むような演奏がワレフスカの特徴でしょうか。
アダージョは1楽章の風情そのままにさらに力が抜けて、人に聴かせるのではなく、自分が弾いて楽しむようなチェロ。この外連味のなさはなかなかのもの。アダージョに入ってワレフスカの特徴が活きてきました。デ・ワールトもそれに寄り添ってまさに枯淡の境地。
フィナーレの入りはかなり個性的。これまでのテイストとはことなり序奏からかなりリズムのエッジを強調。テンポが遅いのにクッキリ表情をつけるので、かなり個性的に聴こえる訳です。チェロはすこしリズムが遅れ気味で入りますが、ハープシコードがかなり鮮明に伴奏に加わり繊細な表情を加えます。ワレフスカのチェロはかなりマイペース。オケとの掛け合いというより、オケがワレフスカに合わせているよう。かなり老成した演奏のように聴こえますが、ワレフスカはこの演奏当時27歳。この若さでこの腰の据わった演奏というのがビックリ。演奏者ごとにどこにこだわりがあるかというのは実に面白いものです。じっくりタイプの味わい深い演奏というところでしょう。

Hob.VIIb:2 / Cello Concerto No.2 [D] (1783)
2番の方は、1番よりもこのコンビの特徴がよりマッチした演奏。粗いタッチのデッサンなのに、しなやかかで自然な感じが出ている感じです。しかも筆のタッチに独特の個性があって、普通の人のものとは少し違う感じが良く出ています。聴いているうちに音楽のあたたかさに包まれるような演奏。曲自体が成熟して、自然への畏敬のようなものが感じられますが、まさに、その真髄をつくような演奏。テンポやテクニックだけ聴くとちょっと頼りない感じがしますが、音楽はテクニックだけではないと訴えているような演奏と言えばいいでしょうか。アダージョ、フィナーレともに一貫している演奏。叙情詩を読んでいるような気になりました。

女流のワレフスカとベテラン、デ・ワールトによるハイドンのチェロ協奏曲2曲の演奏。一緒にまとめられたアッカルドのヴァイオリン協奏曲とは対極をなすような演奏でした。ワレフスカのチェロは音楽はテクニックにあらずと訴えているような、じわりと心に触れる演奏。フルニエの酔拳ともことなるしなやかさ。他の誰とも似ていない、これはこれで個性的な演奏でした。これはハイドンのチェロ協奏曲を聴き込んできた方にこそわかる良さかもしれませんね。この曲のファーストチョイスには推しにくいので、評価は両曲とも[+++]とします。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : チェロ協奏曲

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

ハイドン(Franz Joseph Haydn)の膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。私はなぜハイドンにはまったのか?

最新記事
カテゴリ
ハイドンディスコグラフィ
Joseph Haydn Discography
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものはリスト冒頭に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

登録曲数:1,368
登録演奏数:11,793
(2019年12月31日)
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

交響曲76番オックスフォード交響曲90番ライヴ録音ヴィヴィアーニバリトン三重奏曲四季ロンドンピアノソナタXVI:39ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:21ベートーヴェンピアノソナタXVI:19古楽器ピアノソナタXVI:23先生と生徒音楽時計曲ピアノ四重奏曲ヴァイオリン協奏曲オルガン協奏曲XVII1:1協奏交響曲ピアノ協奏曲XVIII:4交響曲93番軍隊ヒストリカル交響曲70番交響曲81番ピアノ協奏曲XVIII:11交響曲80番トランペット協奏曲悲しみヴァイオリンとピアノのための協奏曲XVIII:6モーツァルトヨハン・クリスチャン・バッハ交響曲4番ピアノ三重奏曲ピアノソナタXVI:51豚の去勢にゃ8人がかり十字架上のキリストの最後の七つの言葉ラモーバッハヘンデルスカルラッティショスタコーヴィチ驚愕シェーンベルク弦楽四重奏曲Op.76ドヴォルザーク交響曲75番チェロ協奏曲ホルン協奏曲時計弦楽四重奏曲Op.50アンダンテと変奏曲XVIII:6弦楽四重奏曲Op.64弦楽四重奏曲Op.20弦楽四重奏曲Op.54天地創造レスピーギヴォルフタリスリヒャルト・シュトラウスヨハン・シュトラウスリゲティ交響曲10番ピアノソナタXVI:49迂闊者交響曲54番ネルソンミサトマジーニピアノソナタXVI:52交響曲2番ピアノソナタXVI:46皇帝日の出弦楽四重奏曲Op.71ブルックナー交響曲88番ベルリオーズウェーベルンベンジャミンナッセンメシアンシェルシグリゼーヴァレーズ弦楽四重奏曲Op.20交響曲67番交響曲9番交響曲65番交響曲73番交響曲39番交響曲61番狩りリームアンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:6ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:48交響曲全集リムスキー・コルサコフラヴェルピアノソナタXVI:44ピアノソナタXVI:45第九太鼓連打ボッケリーニ交響曲99番シューベルト交響曲5番ストラヴィンスキーチャイコフスキーライヴ弦楽四重奏曲Op.2序曲ヴィヴァルディオペラ序曲アリア集パイジェッロピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6すみだトリフォニーホールピアノソナタXVI:34ブーレーズサントリーホール弦楽四重奏曲Op.74無人島騎士オルランドアルミーダ変わらぬまこと哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェチマローザ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:3ピアノ協奏曲XVIII:1ラメンタチオーネアレルヤ交響曲79番交響曲3番チェロ協奏曲1番交響曲58番交響曲27番交響曲19番紀尾井ホールドビュッシーミューザ川崎LPオーボエ協奏曲ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:38ピアノソナタXVI:29スタバト・マーテルマーラー告別交響曲97番奇跡交響曲18番ひばりフルート三重奏曲交響曲102番交響曲86番哲学者小オルガンミサニコライミサミサブレヴィス交響曲95番交響曲78番王妃SACD武満徹マリア・テレジア交響曲21番クラヴィコードBlu-ray東京オペラシティ交響曲12番交響曲11番交響曲15番交響曲37番交響曲1番ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:1ディヴェルティメント東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ドニぜッティライヒャロッシーニ弦楽三重奏曲東京文化会館フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.9弦楽四重奏曲Op.17剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ピアノソナタXVI:31ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:26アレグリモンテヴェルディパレストリーナバード美人奏者ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンスコットランド歌曲ヴェルナーガスマンピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲46番交響曲35番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3帝国ラ・ロクスラーヌハイドンのセレナード五度ラルゴラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏冗談ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオモテットドイツ国歌オフェトリウムカノンよみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ベルク主題と6つの変奏オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲交響曲50番交響曲89番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:47bisピアノ小品ピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7天地創造ミサジャズ弦楽四重奏曲Op.42ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番2つのホルンのための協奏曲展覧会弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲108番交響曲107番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽ピアノソナタ

タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
62位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
7位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

大家さんFC2のクラシックブログランキング。

おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)






twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ