サルヴァトーレ・アッカルドのヴァイオリン協奏曲集

今日は久々のヴァイオリン協奏曲。

EdoDeWaart.jpg
HMV ONLINEicon / amazon

サルヴァトーレ・アッカルド(Salvatore Accardo)のヴァイオリンと指揮のイギリス室内管弦楽団の演奏でハイドンのヴァイオリン協奏曲Hob.VIIa:1、VIIa:3、VIIa:4の3曲。チェンバロの演奏に名手ブルーノ・カニーノが加わっています。このアルバムは2枚組でその他にチェロ協奏曲2曲やヴァイオリンとピアノのための協奏曲なども含まれていますが、今日はヴァイオリン協奏曲方を取りあげたいと思います。ヴァイオリン協奏曲は1980年5月の録音。

このアルバム自体はちょっと前に手に入れていたんですが、聴かずに積んでありました。PHILIPSレーベルの全盛期の録音ゆえ、これまでの経験から手堅い出来ということがだいたいわかっていますので、逆にこれまで手が伸びなかったというところです。今日は未聴盤の山からこのアルバムをチョイスした訳ですが、理由は前記事のクレモナ四重奏団の演奏を聴いて、イタリアのヴァイオリンをもう少し聴いてみたくなったからというところ。

サルヴァトーレ・アッカルドは知らない人はいないでしょう。1941年イタリアのトリノ生まれということで、現在70歳、この演奏時は39歳ということで全盛期の録音でしょう。幼少の頃から才能を認められ、ナタン・ミルシテインなどに師事。13歳のときにアドリア海の一番奥に位置するトリエステでリサイタルを開くなど神童として知られました。17歳でパガニーニ国際コンクールで第1位を獲得し「パガニーニの再来」と評されるなど、その後もパガニーニの演奏の名手として知られた人。私自身はヴァイオリンの美音、特に色気のあるようなしっとり、しっかりした音色が印象に残っています。

紹介が長くなりましたのでレビューに入りましょう。

ヴァイオリン協奏曲(Hob.VIIa:1)1765年頃作曲
冒頭は予想通り、イギリス室内管弦楽団の瑞々しい音色の伴奏から入ります。アッカルドのヴァイオリンはしっかり安定したリズムで速いパッセージを軽々と、そして伸びのいい音で奏でていきます。脳内の予測とほぼ一致する演奏に安堵感が広がります。予想とちょっと異なるのがチェンバロがけっこう目立って加わり、典雅な雰囲気を醸し出しているところ。ヴァイオリンはハイドンの時代の音楽というよりはパガニーニのようでもあり、カデンツァに至ってアッカルドの美音とテクニックが炸裂。見事なテクニックにうっとり。ただし、あんまりハイドンの曲を聴いている感じがしないほど流麗(笑)
2楽章はハイドン初期の曲の素朴な美しさが際立つ名曲。好きな楽章です。アッカルドのヴァイオリンはイタリア風の明るさと陽光に照らされた大理石像のような優美さをを兼ね備えています。意外に感じたのがヴァイオリンの音色の線が細いこと。もう少し力強い音色かと思ってましたが、繊細な感じの方が強い音色。フレージングと音色の安定感は流石というレベル。この楽章もカデンツァが見事。
3楽章も堅実な入り。あまり指揮者としてのコントロールが目立つことはありませんが、協奏曲の伴奏らしく、オケは堅実に支えることに徹しているよう。オケの方は規模に比べると厚みのある音色と、こちらも安定感のあるテンポが心地よいもの。リズムをキリッと引き締め、オケも小節を効かせたメリハリのあるいい響き。アッカルドも伴奏に乗って気持ち良さそうに弾き進めます。最後はゆっくりスピードダウンして終わります。安定感が見事な演奏と言えば良いでしょう。

ヴァイオリン協奏曲(Hob.VIIa:3)1765年~70年頃作曲
曲想が豊かになった1楽章の入り。厚めのオケの響きが心地よい入り。この楽章はオケのコントロールというか結果的に醸し出される情感の豊かさが見事。前曲では安定感以上に踏み込んだところをみせなかったアッカルドの指揮ですが、この曲ではオケが主導権を握っているような見事なコントロール。キレてます。アッカルドもオケの力演にヴァイオリンで応えているような良い意味の緊張感が生まれています。分厚いオケの上で天真爛漫にヴァイオリンを操るような素晴らしい演奏。オケのじっくりと刻むメロディーラインがハイドンの素晴らしい音楽を表現。前曲より明らかに音楽的に充実しています。カデンツァはやはりパガニーニのような超絶技巧を凝らしたもの。ちょっとハイドンのヴァイオリン協奏曲としてはやり過ぎ感は否めませんが、聴き応えは十分。終結部もオケの気合いが乗った素晴らしい感興。
2楽章のはじまりはビロードのような極上の柔らかい響きでハイドンの美しいメロディーを聴かせます。アッカルドのヴァイオリンも力を抜いてゆったりと美しいメロディーを奏でることに集中しているよう。この楽章はまさに天上の響き。無為のなせる技。ただただ美音に打たれるような素晴らしい時間。秀逸なのはカデンツァ。まさに音楽の真髄だけを抜き出したような気合いのこもった、しかも力を抜ききった上での演奏。抜群です。
フィナーレも力むことなく、音楽だけがキレよく進む、まさにオケの意識が一点に集中したような素晴しい一体感。フィナーレはこのような微風のような演奏がもっともふさわしいですね。

ヴァイオリン協奏曲(Hob.VIIa:4)1765年~70年頃作曲
最後の曲も名演の予感。流麗、穏やか、美音とこのアルバムの最上の響きがいきなり耳を奪います。すでに力はだいぶ抜けていて、弦楽器はアッカルドのコントロールらしくボウイングが丁寧でしっとりとした感触で美しいメロディーを奏でていきます。ソロはもはや自己主張をすることをやめてしまったようなオケとの一体感。音楽をともに奏でる幸せを満喫しているような至福感に包まれた演奏。やはりカデンツァはヴァイオリンの音色で聴かせる本格的なものですが、これまでよりも自然さが増し、今までのような違和感は感じません。ハイドンの曲を弾き進めるうちにハイドンの音楽の真髄にアッカルドが感化されたということでしょうか。
2楽章は前曲同様至福の時間。もう言葉による説明は不要でしょう。やはり、この時期のPHILIPSレーベルの充実ぶりは突き抜けたものがあります。こういったメジャーではない曲の録音でも、音楽を愛する人への素晴らしいメッセージが込められた渾身の録音と言ってよいでしょう。このアルバムも今は廉価盤として販売されていますが、内容は宝物のような素晴らしい演奏の素晴らしい録音。
フィナーレはアルバムの締めにふさわしい素晴らしい充実ぶり。オケに再び力が漲り、ヴァイオリンとの迫真の掛け合い。カニーノのチェンバロも掛け合いに華を添え、典雅な趣を加えます。短い楽章ですが、活き活きとしたリズムとオケ、ソロのキレが素晴らしいフィナーレ。いつものように最後はぐっと速度を落として曲を閉じます。

さきほども触れましたが、全盛期のPHILIPSの勢いをつたえる素晴らしいアルバムです。出だしの1曲目の少々ハイドンらしくない雰囲気が少々難点ですが、後の2曲は素晴らしい出来。ヴァイオリン協奏曲のおすすめ盤として広く皆さんにお薦めしたいアルバムです。評価は1曲目は[++++]、残り2曲は[+++++]としました。

このアルバムは手に入れやすいと思いますので、皆さん、アッカルドの美音とオケの充実ぶりを是非お聴きいただきたいと思います。このアルバムの2枚目のチェロ協奏曲など方はどこかでまた紹介したいと思います。
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ヴァイオリン協奏曲 おすすめ盤

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

ハイドン(Franz Joseph Haydn)の膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。私はなぜハイドンにはまったのか?

最新記事
カテゴリ
ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものはリスト冒頭に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

登録曲数:1,368
登録演奏数:11,793
(2019年12月31日)
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

ロンドンバリトン三重奏曲ピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:39ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:25ベートーヴェンピアノソナタXVI:19ピアノソナタXVI:23音楽時計曲先生と生徒古楽器ピアノ四重奏曲ヴァイオリン協奏曲協奏交響曲オルガン協奏曲XVII1:1ピアノ協奏曲XVIII:4交響曲93番軍隊ヒストリカル交響曲70番交響曲80番ピアノ協奏曲XVIII:11交響曲81番悲しみヴァイオリンとピアノのための協奏曲XVIII:6トランペット協奏曲ヨハン・クリスチャン・バッハ交響曲4番モーツァルトオックスフォード豚の去勢にゃ8人がかりピアノ三重奏曲ピアノソナタXVI:51十字架上のキリストの最後の七つの言葉ヘンデルスカルラッティバッハラモーショスタコーヴィチ驚愕シェーンベルク弦楽四重奏曲Op.76ドヴォルザーク交響曲75番チェロ協奏曲ホルン協奏曲時計弦楽四重奏曲Op.50アンダンテと変奏曲XVIII:6弦楽四重奏曲Op.64弦楽四重奏曲Op.54弦楽四重奏曲Op.20天地創造ヴォルフレスピーギタリスヨハン・シュトラウスリヒャルト・シュトラウスリゲティ交響曲10番ピアノソナタXVI:49迂闊者交響曲54番ネルソンミサトマジーニピアノソナタXVI:52交響曲2番ピアノソナタXVI:46日の出皇帝弦楽四重奏曲Op.71交響曲88番ブルックナーベルリオーズベンジャミンウェーベルンナッセンシェルシメシアングリゼーヴァレーズOp.20弦楽四重奏曲交響曲65番交響曲9番交響曲67番交響曲61番交響曲39番狩り交響曲73番リームアンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:6ピアノソナタXVI:20四季交響曲全集ラヴェルリムスキー・コルサコフピアノソナタXVI:44ピアノソナタXVI:45第九太鼓連打交響曲99番ボッケリーニシューベルト交響曲5番チャイコフスキーストラヴィンスキーライヴ弦楽四重奏曲Op.2序曲ヴィヴァルディオペラ序曲パイジェッロアリア集ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6すみだトリフォニーホールピアノソナタXVI:34ブーレーズサントリーホール弦楽四重奏曲Op.74哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェアルミーダ変わらぬまこと騎士オルランド無人島チマローザ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:1ピアノ協奏曲XVIII:3アレルヤ交響曲3番ラメンタチオーネ交響曲79番チェロ協奏曲1番交響曲19番交響曲27番交響曲58番紀尾井ホールドビュッシーミューザ川崎オーボエ協奏曲LPヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:38スタバト・マーテルマーラー交響曲97番告別交響曲90番交響曲18番奇跡ひばりフルート三重奏曲交響曲102番交響曲86番哲学者ニコライミサミサブレヴィス小オルガンミサ交響曲95番交響曲78番王妃武満徹ライヴ録音SACDマリア・テレジア交響曲21番クラヴィコードBlu-ray東京オペラシティ交響曲12番交響曲11番交響曲15番交響曲1番交響曲37番ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:4ディヴェルティメント東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:36ライヒャドニぜッティロッシーニ弦楽三重奏曲東京文化会館フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:31ピアノソナタXVI:26アレグリモンテヴェルディバードパレストリーナ美人奏者ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンスコットランド歌曲ヴェルナーガスマンピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲46番交響曲35番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3ラ・ロクスラーヌ帝国ハイドンのセレナードラルゴ五度ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏冗談ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:9ピアノ協奏曲XVIII:5ヴァイオリンソナタ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオドイツ国歌モテットオフェトリウムカノンよみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難交響曲84番パリセットベルク主題と6つの変奏オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲交響曲50番交響曲89番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11ピアノ小品カートリッジ雅楽プロコフィエフサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭変奏曲XVII:7ピアノソナタXVI:22天地創造ミサジャズ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番2つのホルンのための協奏曲展覧会弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲107番交響曲108番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽ピアノソナタ

タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
104位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
11位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

大家さんFC2のクラシックブログランキング。

おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)






twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ