ベルナルド・ハイティンク/ウィーンフィルの時計ライヴ

今日は珍しいハイティンクのハイドン。

IMG_1577.jpg

ベルナルド・ハイティンク(Bernard Haitink)指揮のウィーンフィルの演奏でモーツァルトの交響曲35番「ハフナー」、ハイドンの交響曲101番「時計」、リヒャルト・シュトラウスの「ドン・ファン」の3曲を収めたCD-R。演奏は2000年12月17日のウィーンでのライヴ。ホール名は記載されていませんのでわかりません。レーベルはGNPというCD-R専門のレーベル。CD-Rはたいていはディスクユニオンで入手しています。

ハイティンクのハイドンはほとんど録音がないような気がしていますが、このアルバムは数少ないハイティンクのハイドンの録音の一つでしょう。

ハイティンクはきらいな指揮者ではありませんが、決定盤的な演奏もあまり思い浮かばず、堅実な職人気質な指揮者という印象。手元にはベートーヴェンの交響曲全集とかウィーンフィルとのブルックナー、アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団とのマーラー、ファルスタッフのDVDなどがありますが、どれもそこそこ良い演奏ながら、突き抜けた名演、これぞハイティンクというような経験はあまりありません。好きな人も多い指揮者だとは聞いていますが、今ひとつとらえどころがないという印象も否めません。

交響曲101番「時計」(Hob.I:101)1793/4年作曲
冒頭から非常に瑞々しいウィーンフィルの音色が冴えます。ハイティンクらしいちょっと無骨さを感じさせる筋骨隆々な時計の1楽章。やや速めなテンポでオーケストラの響きは引き締まった素晴らしいテンション。一音一音の力感は素晴らしいものがあります。ウィーンフィルの美しい響きは感じられるものの、目立つのはボディービルダーの鍛えられた肉体のような力感の美しさ。この力感は流石。1楽章は素晴らしい盛り上がりで終えます。
有名な2楽章の時計のメロディ。こちらも速めかつあっさり目で、力感溢れる演奏。練らず緩まずでこちらも引き締まった美しさ。徐々に盛り上がって響きの渦に。素晴らしい感興。このあっさりとしたテイストを残しながらこれだけの大波のような盛り上がりを演出するところがハイティンクらしいところ。オケの団員は弾く悦びを満喫しているんじゃないでしょうか。
じっくり間をとって3楽章のメヌエットへ。これまでの演奏からはメヌエットの盛り上がりとオーケストラの響きの険しさが期待できますが、意外にゆったりとした入り。そこそこの迫力ですが、むしろ前楽章より力が抜けている感じ。途中のフルートのソロは響きは美しいもののちょっと拍子がおくれてたどたどしいところもあり、期待と異なる枯れた感じに近いメヌエット。
そしてフィナーレ。入りはしばらく抑えたコントロールですが、すぐにフルスロットルへ。圧倒的な音響で聴かせようというよりは楽譜の指示に忠実な適度な爆発感。ここでも筋骨隆々なオケの骨格が非常に良く出た音響。ミケランジェロの彫刻のような天才的な造形と彫り込みの深さというよりは無名の彫刻家のよく見ると素晴らしくできた筋骨美しい彫像のような趣。最後は無駄なく盛り上がって会場の拍手を誘います。

やはりこの演奏のポイントはタイトな力感でしょう。ただ、3楽章とフィナーレはそういうノリで通すという感じでもなく、少し緩んでしまいます。評価は[++++]としたいと思います。

このアルバム、じつは冒頭のハフナーが意外にいい出来。こちらの方がタイトな演奏の魅力がストレートに出た演奏。こちらはおすすめの演奏ですね。

ハイティンクのハイドンの演奏はベルリンフィルとの95番(所有)の他に、当ブログの読者の方からの情報ではドレスデン・シュターツカペレとの86番もあり、今回ネットで調べたら他にクリーヴランド管との86番やシカゴ響との44番「悲しみ」等のライヴ盤があることがわかりました。このあたりも機会があれば聴いてみたいと思ってます。なんとなくもう一超えした突き抜けたハイティンクの演奏があるような気がしてなりません(笑)
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 時計 ライヴ録音 ウィーンフィル CD-R

コメントの投稿

非公開コメント

No title

Daisyさんのハイティンクに対するコメント、言いえて妙というか共感するとこと大です。全集魔でありながら、肝心のハイドンについてPHILIPSではザロモン12曲がコリン・デイヴィス、20ネイム・シンフォニーズがマリナーにさらわれちゃいましたし・・・
さて、あさって(とおもったらもう明日!)の古典四重奏団のコンサート、当初はハイドンSQの権威の方と行く予定でしたが、その方の都合が付かなくなったので急遽中学生の娘を代わりに連れて行くことにしました。作品33特に「冗談」は自宅でも執拗にかけているので、娘にとってもお馴染みの曲です。作品50は、小生にとっては東京カルテット(創立メンバー)のDG盤が絶対的な名盤です。(全6曲凄いですが、特に1番と5番「夢」)
下記は昨秋、(重複所有していた)東京SQのハイドン作品50但し分売盤、を手土産に訪問したオフ会の記事です。
http://blogs.yahoo.co.jp/milonhit/17709970.html

Re: No title

だまてらさん、いつもコメントありがとうございます。
ハイティンクの件、確かに全集マニアですね。PHILIPSではかなりの作曲家の全集を録音してますね。ちょっと脱線ですが、私の世代だとPHILIPSの響きの美しい録音で色々なアルバムを聴いてきたので最近それらのアルバムがDECCAレーベルで再発されているのにすごく違和感がありますね(笑)
ご紹介いただいた明日のコンサートですがあいにく都合が悪くチケットは取ってません。小さなホールで眼前で聴くクァルテットはさぞかし迫力があっていいのではと想像しています。
オーディオにも造形が深くていらっしゃりそうですね。しっかりとした装置で聴くハイドンのクァルテットもさぞかし素晴らしいでしょうね。特にアナログ盤の最初の一音が鳴るまでの針音の向こうに聞こえる静寂感、本当は静寂じゃないのに無音に近いCDの静寂よりも静けさを感じるのは不思議なもです。最近は日頃のレビューなどでバタバタしており、ゆっくりアナログ盤を聴く機会が減っちゃってます。愛機トーレンスももっぱらディスクの撮影台になってます(笑)

No title

Daisyさん、こんばんは。
>愛機トーレンスももっぱらディスクの撮影台・・・
おおっ!なんたる偶然。小生の愛機(ワン・オズ・愛機ズ?)もトーレンスでありまして、先日ご紹介したmilonさんのブログ4月の当家訪問記の最後に写真も載ってます。
http://blogs.yahoo.co.jp/milonhit/19641467.html
さて昨5月14日の古典四重奏団ハイドン全曲演奏会の第7回、期待に違わずどころか期待以上の素晴らしい演奏会でした。古典Qの三大特徴1.完全暗譜、2.ヴァイオリン対向配置、3.ここぞというところでのピュアトーン(ノン・ヴィブラート)のうちさすがに1.だけは返上して譜面台つきでしたが、繰り返しを完全励行したオーセンティックな解釈でした。娘も33-1、2と50-1の3曲はしょっちゅう聴いて(聴かされて)いる曲なので大いに満足してくれました。(そのような曲はハイドン以外では、ショスタコーヴィチvn.コンチェルト1番の第2楽章スケルツォくらいかもしれません!)さて詳細な感想はまたのちほど・・・

Re: No title

だまてらさん、こんばんは。
いやいや、トーレンスばかりではありませんね。私もかなりまえはRogersのスピーカーがメインスピーカーでした。最初はLS3/5a、それにLS5/9 Classicと2台のロジャースのスピーカーでだいぶ音楽を聴いてきました。今でも書斎に鎮座していますが、最近鳴らすことは少なくなってしまいました。
LS5/9 Classicはスタジオ用のLS5/9の強化バージョンで、フロントバッフルがオリジナルのブラックではなく外装と同じチーク調の木目、接続端子が普通の端子ではなくキャノンコネクター(これがちょっと厄介)、ウーファーの磁気回路が強化されているというものです。これをQUADの66Preと606でずいぶん聴いたものです。
昔はオーディオっぽいことをしてたんですが、最近はほとんど無策ですね(笑) 現在の装置はブログのカテゴリの「オーディオ」に1本記事がありますのでご参照ください。
古典四重奏団のコンサート、うらやましい限りです。ハイドンを聴き慣れているとは、娘さんの情操教育も万全ですね。

ハイティンク コンセルトヘボウ

ハイティンクは、1964年に99番と96番を録音しています。

LPで愛聴しています。コンセルトヘボウの美音が
素晴らしい佳演です。

Re: ハイティンク コンセルトヘボウ

ハイドン好きさん、コメントありがとうございます。
これは貴重な情報。ネットで検索したところ、確かにPHILIPSからLPがリリースされていますね。これは聴いてみたい演奏ですが、出会う事が出来るでしょうか、、、 気長に探してみます。
プロフィール

Daisy


Author:Daisy

ハイドン(Franz Joseph Haydn)の膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。私はなぜハイドンにはまったのか?

最新記事
カテゴリ
ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものはリスト冒頭に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

登録曲数:1,365
登録演奏数:11,529
(2019年3月31日)
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

ピアノ協奏曲XVIII:4軍隊ヒストリカル交響曲93番交響曲70番ピアノ協奏曲XVIII:11交響曲80番交響曲81番トランペット協奏曲ヴァイオリンとピアノのための協奏曲XVIII:6悲しみロンドンオックスフォードモーツァルト交響曲4番ヨハン・クリスチャン・バッハピアノソナタXVI:51豚の去勢にゃ8人がかりピアノ三重奏曲十字架上のキリストの最後の七つの言葉スカルラッティヘンデルラモーバッハ驚愕ショスタコーヴィチシェーンベルク弦楽四重奏曲Op.76ドヴォルザークベートーヴェン交響曲75番チェロ協奏曲ホルン協奏曲古楽器時計弦楽四重奏曲Op.50アンダンテと変奏曲XVIII:6弦楽四重奏曲Op.54弦楽四重奏曲Op.64弦楽四重奏曲Op.20天地創造ヴォルフレスピーギヨハン・シュトラウスリヒャルト・シュトラウスタリスリゲティ交響曲10番ピアノソナタXVI:49迂闊者交響曲54番ネルソンミサバリトン三重奏曲トマジーニピアノソナタXVI:52交響曲2番ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:46日の出皇帝弦楽四重奏曲Op.71交響曲88番ブルックナーベルリオーズナッセンベンジャミンウェーベルンメシアンシェルシグリゼーヴァレーズOp.20弦楽四重奏曲交響曲67番交響曲65番交響曲9番交響曲39番狩り交響曲73番交響曲61番リームピアノソナタXVI:6ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:48アンダンテと変奏曲XVII:6四季交響曲全集ラヴェルリムスキー・コルサコフピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:44ピアノソナタXVI:45第九太鼓連打交響曲99番ボッケリーニシューベルト交響曲5番ストラヴィンスキーチャイコフスキーライヴ弦楽四重奏曲Op.2序曲ヴィヴァルディオペラ序曲パイジェッロアリア集ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6すみだトリフォニーホールピアノソナタXVI:34ブーレーズサントリーホール弦楽四重奏曲Op.74騎士オルランド無人島哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェ変わらぬまことアルミーダチマローザ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:1ピアノ協奏曲XVIII:3交響曲3番ラメンタチオーネアレルヤ交響曲79番チェロ協奏曲1番交響曲27番交響曲19番交響曲58番紀尾井ホールドビュッシーミューザ川崎協奏交響曲オーボエ協奏曲LPヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:38ピアノソナタXVI:29スタバト・マーテルピアノソナタXVI:39マーラー告別交響曲90番交響曲97番交響曲18番奇跡ひばりフルート三重奏曲交響曲102番交響曲86番ヴァイオリン協奏曲哲学者ミサブレヴィスニコライミサ小オルガンミサ交響曲95番交響曲78番ピアノソナタXVI:23王妃武満徹ライヴ録音SACDマリア・テレジア交響曲21番クラヴィコードBlu-ray東京オペラシティ交響曲11番交響曲12番交響曲15番交響曲37番交響曲1番ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:3ディヴェルティメント東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ロッシーニドニぜッティライヒャ弦楽三重奏曲東京文化会館フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.9弦楽四重奏曲Op.17剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ピアノソナタXVI:26ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:31アレグリバードモンテヴェルディパレストリーナ美人奏者ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンスコットランド歌曲ヴェルナーガスマンピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲35番交響曲46番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3ラ・ロクスラーヌ帝国ハイドンのセレナード五度ラルゴラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス時の移ろい交響曲42番ベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番リュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏冗談ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオモテットドイツ国歌カノンオフェトリウムよみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ベルク主題と6つの変奏オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲交響曲50番交響曲89番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:47bisピアノ小品音楽時計曲ピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭変奏曲XVII:7ピアノソナタXVI:22天地創造ミサジャズ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲62番交響曲108番交響曲107番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽ピアノソナタ

タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
117位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
11位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

大家さんFC2のクラシックブログランキング。

おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)






twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ