フェステティチ四重奏団のOp.33(旧録音)

5月になって最初のレビューは弦楽四重奏曲。

QuatuorFestetics33old.jpg
amazon

フェステティチ四重奏団(Quatuor Festetics)の演奏によるハイドンの弦楽四重奏曲Op.33とOp.42を収めた2枚組。ただし現在流通しているARCANAへの録音ではなく、harmonia mundi FRANCEへの旧録音。1990年12月から91年1月にかけてブダペストでのセッション録音。一方ARCANAのほうはHMV ONLINEの情報では2000年の録音とのこと。新盤の方はまだ未入手なんですね。

フェステティチ四重奏団のARCANAの方の録音は2巻を除いてほとんど持っているですが、録音が超デッド。うちのシステムで聴くとちょっととげとげしく弦が薄っぺらく聴こえるのでので曲を楽しむには少し問題があるため、あまり取り出す機会が多くありません。一方、フェステティチ四重奏団はARCANA以前にもharmonia mundi FRANCEなどにいくつか録音があり、手元にはOp.64の2枚組がありましたが、これがharmonia mundiによる残響の豊かな良い録音。先日ディスクユニオンで今日取り上げるOp.33を発見して迷わず購入。手に入れたのは4月ですので、ごく最近です。

フェステティチ四重奏団はハンガリーのブダベストに本拠を置く古楽器による弦楽四重奏団。メンバー表を見るとこのアルバムとARCANAの最近のアルバムでメンバーに変更はなさそう。

このアルバムもARCANA盤とは異なり、冒頭からたっぷりした残響含んだ良い録音。流石harmonia mundiですね。同じ奏者で表現も最近の録音の方が緻密なんでしょうが、デッドな空間で弾かれた弦楽器のちょっと痩せた音とは異なり音楽を十分楽しむことができます。

弦楽四重奏曲集Op.33は「ロシア四重奏曲」と呼ばれ、それは作曲の翌年アルタリア社の初版にロシア大公への献辞がつけられたことによるもの。ロシア大公は1781年にウィーンを訪れ、12月26日または25日に大公妃の部屋で音楽会が催された際、ハイドンの弦楽四重奏曲の1曲が演奏されたようです。このアルバムの収録は作曲当時の順番のようなので、曲ごとに演奏の特徴などを簡単に触れておきましょう。

弦楽四重奏曲Op.33 No.5(Hob.III:41)1781年作曲
冒頭の曲故耳が集中します。速めの快活なテンポ。インテンポで畳み掛けるように進め、生気とエネルギーが満ちあふれています。2楽章は短調の痛切なメロディーが美しい曲。クイケンなどの古楽器の演奏でのクールな感じとは異なりメロディーに没入する感じ。楽器の音色は古楽器そのものですが演奏スタイルは古楽器風という感じはなく楽器の雅な音色が特徴。3楽章はやはり速めの展開。テンポとフレーズごとのメリハリはハッキリつける方で、ハイドンの曲の流麗さと構成の面白さを活き活きと描きます。フィナーレは端正さを取り戻し曲の襟を正します。1曲目から古楽器とは思えない流麗さに耳を奪われます。

弦楽四重奏曲Op.33 No.2(Hob.III:38)「冗談」1781年作曲
2曲目は私の好きな曲。冒頭からヴァイオリンの艶やかな音色が心地よい演奏。楽器が非常に良く鳴っている感じが伝わります。途中現れる不協和音のアクセントがずしんと来ますね。2楽章はスケルツォが来て、3楽章がラルゴ。このラルゴが素晴らしい出来。じっくり遅いテンポで緊張感溢れる展開。素晴らしい集中力。アンサンブルの一体感も完璧。フィナーレも軽やかに決まり、この曲も抜群の出来。

弦楽四重奏曲Op.33 No.1(Hob.III:37)1781年作曲
冒頭から短調の険しい曲想が心に刺さります。基本的に演奏の安定感は良いためどの曲も聴かせどころを押さえた素晴らしい演奏。この曲も雅な古楽器の音色による流麗な四重奏の魅力溢れる演奏。この曲も2楽章がスケルツォ、3楽章はアンダンテ。アンダンテが抜群。素っ気ない演奏にも聴こえますがハイドンの音楽の詩情が色濃く表現された演奏。チェロのよく伸びた弦の音が素晴らしいですね。どの楽器も素晴らしい力量。フィナーレのアンサンブルは奇跡的な素晴らしさ、メロディーの波が次々と襲ってくる素晴らしい迫力。

弦楽四重奏曲Op.33 No.3(Hob.III:39)「鳥」1781年作曲
1楽章が素晴らしいエネルギー感。曲ごとにムラがほとんどなく素晴らしい安定感。有名なこの曲も新鮮さを保ちながらぐいぐい引き込まれる演奏。抜群のテクニックに全奏者の息がピタリとあった音楽性。基本的に速めのテンポによる精度の高いアンサンブル。弦楽四重奏曲の魅力が万全に表現されています。この曲のフィナーレは珍しくクッキリとメロディーラインのクリアさを前面に出した演奏。かっちり決まります。

弦楽四重奏曲Op.33 No.6(Hob.III:42)1781年作曲
変わった曲調の1楽章。曲の様子を探りながら演奏するような感じですが、途中のちょっと抑えた表現の部分の美しさが印象的。流れが時折止まる曲の特徴を生かした表現でしょうか。この曲は2楽章がアンダンテ。張りつめた緊張感が素晴らしい演奏。絶品。3楽章のスケルツォ、4楽章のフィナーレとも余裕たっぷりの演奏。この曲は格別集中力が素晴らしいですね。音楽が溢れ出てくる感じです。

弦楽四重奏曲Op.33 No.4(Hob.III:40)1781年作曲
Op.33の最後の曲。この曲も変わった曲想なんですが、その曲想を噛み砕くようにじっくりした演奏。音量のコントロールの面白さを巧く使ったり、テンポを所々象徴的に落として曲の面白さを表現。もはや曲自体の構造を読み尽くして自在な表現を極めます。ハイドンのクァルテットのすべてを知り尽くしたかのような自在さ。2楽章はスケルツォ、そして3楽章にラルゴ。このラルゴも絶品。最後は明るいプレスト。最後のピチカートが微笑ましいですね。

弦楽四重奏曲Op.42(Hob.III:43)1785年作曲
このアルバムの最後はOp.42。この曲はほの暗さが印象的な曲。Op.33のテンションの高さとは打って変わって、穏やかな曲調が続きます。この曲もゆったりした3楽章の充実ぶりが素晴らしい出来。あんまり集中して聴いたことがない曲だけに久々に聴き入っちゃいました。

このアルバムの評価は全曲[+++++]です。録音は90年から91年にかけてで、その10年後に録音された新盤がこのアルバムを超える演奏かどうか興味は尽きませんが、これは入手したときの楽しみにとっておきましょう。このアルバム自体は聴きやすい良い録音と4人とも万全のテクニックとピタリとそろった音楽性が素晴らしい出来です。アルバム自体が入手しやすい状態ではないことを考慮に入れてもこの演奏の素晴らしさは皆さんにお薦めしたいもの。「ハイドン入門者向け」タグも進呈です。
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 弦楽四重奏曲Op.33 弦楽四重奏曲Op.42 古楽器 ハイドン入門者向け

コメントの投稿

非公開コメント

作品33・・・

たまたま通りがかりました、だまてらと申します。
今月5月14日(土)午後、所沢市の松明堂音楽ホールで古典四重奏団がハイドンSQ全曲演奏会シリーズの第7回(全17回!)を行いますが、同曲集より第1番と第2番「冗談」、さらに作品50より第1番と第2番という信じられない垂涎のプログラムを演奏します。
http://www12.plala.or.jp/shomeido/concert/koten/haydn11.jpg
フェステティチSQはアルカナへの新盤を聴いています。これも良いですがマイベストはウェラーSQ、「冗談」単独ならヤナーチェクSQでしょうか。最近聴いたピリオド系だと、カザルスSQ(良く考えたら凄いネーミング!)がいいですね。フェステティチSQのリーダーが「ケルテシュ、イシュトバーン」というのは日本でいえば「山田太郎」みたいな感じでしょうかね!

Re: 作品33・・・

だまてらさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
古典四重奏団のコンサート情報、見てみたらなかなか良さそうですね。小さな会場ゆえライヴ感十分な演奏を楽しめそうですね。予定が合えば行ってみたいと思います。
ウェラー四重奏団、ヤナーチェク四重奏団とも未聴ですので是非手に入れて聴いてみたいと思います。
普段仕事の後更新しているので弦楽四重奏曲は作品ごとにとりあげるとたいてい2枚組ですので重いんですね(笑)。こんごはレビューを増やしていきたいと思います。今後ともよろしくお願いいたします。


プロフィール

Daisy


Author:Daisy

ハイドン(Franz Joseph Haydn)の膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。私はなぜハイドンにはまったのか?

最新記事
カテゴリ
ハイドンディスコグラフィ
Joseph Haydn Discography
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものはリスト冒頭に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

登録曲数:1,368
登録演奏数:11,793
(2019年12月31日)
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

ヒストリカル交響曲88番交響曲90番交響曲76番オックスフォードライヴ録音バリトン三重奏曲ヴィヴィアーニ四季ロンドンピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:39ピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:25ベートーヴェンピアノソナタXVI:19ピアノソナタXVI:23先生と生徒古楽器音楽時計曲ピアノ四重奏曲ヴァイオリン協奏曲協奏交響曲オルガン協奏曲XVII1:1ピアノ協奏曲XVIII:4交響曲70番交響曲93番軍隊交響曲80番交響曲81番ピアノ協奏曲XVIII:11悲しみヴァイオリンとピアノのための協奏曲XVIII:6トランペット協奏曲モーツァルトヨハン・クリスチャン・バッハ交響曲4番ピアノ三重奏曲豚の去勢にゃ8人がかりピアノソナタXVI:51十字架上のキリストの最後の七つの言葉ラモーヘンデルバッハスカルラッティ驚愕ショスタコーヴィチシェーンベルク弦楽四重奏曲Op.76ドヴォルザーク交響曲75番チェロ協奏曲ホルン協奏曲時計弦楽四重奏曲Op.50アンダンテと変奏曲XVIII:6弦楽四重奏曲Op.20弦楽四重奏曲Op.64弦楽四重奏曲Op.54天地創造レスピーギヴォルフヨハン・シュトラウスリゲティタリスリヒャルト・シュトラウス交響曲10番ピアノソナタXVI:49交響曲54番迂闊者ネルソンミサトマジーニピアノソナタXVI:52交響曲2番ピアノソナタXVI:46日の出皇帝弦楽四重奏曲Op.71ブルックナーベルリオーズウェーベルンナッセンベンジャミンヴァレーズグリゼーシェルシメシアンOp.20弦楽四重奏曲交響曲9番交響曲67番交響曲65番交響曲39番交響曲73番交響曲61番狩りリームピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:6アンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:48交響曲全集リムスキー・コルサコフラヴェルピアノソナタXVI:45ピアノソナタXVI:44第九太鼓連打ボッケリーニ交響曲99番シューベルト交響曲5番チャイコフスキーストラヴィンスキーライヴ弦楽四重奏曲Op.2序曲ヴィヴァルディオペラ序曲アリア集パイジェッロピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6すみだトリフォニーホールピアノソナタXVI:34サントリーホールブーレーズ弦楽四重奏曲Op.74アルミーダ無人島変わらぬまこと騎士オルランド哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェチマローザ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:1ピアノ協奏曲XVIII:3交響曲3番交響曲79番アレルヤラメンタチオーネチェロ協奏曲1番交響曲58番交響曲19番交響曲27番紀尾井ホールドビュッシーミューザ川崎オーボエ協奏曲LPヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:38ピアノソナタXVI:29スタバト・マーテルマーラー告別交響曲97番奇跡交響曲18番ひばりフルート三重奏曲交響曲102番交響曲86番哲学者小オルガンミサニコライミサミサブレヴィス交響曲95番交響曲78番王妃SACD武満徹交響曲21番マリア・テレジアクラヴィコードBlu-ray東京オペラシティ交響曲12番交響曲11番交響曲15番交響曲1番交響曲37番ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4ディヴェルティメント東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:7ロッシーニライヒャドニぜッティ弦楽三重奏曲東京文化会館フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ピアノソナタXVI:31ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:26バードアレグリモンテヴェルディパレストリーナ美人奏者ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンスコットランド歌曲ヴェルナーガスマンピアノソナタXVI:24交響曲35番交響曲51番交響曲46番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3帝国ラ・ロクスラーヌハイドンのセレナード五度ラルゴラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏冗談ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:9ピアノ協奏曲XVIII:5ヴァイオリンソナタ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオモテットドイツ国歌カノンオフェトリウムよみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ベルク主題と6つの変奏オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲交響曲50番交響曲89番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲77番交響曲34番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノ小品ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7天地創造ミサジャズ弦楽四重奏曲Op.42ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャ交響曲56番マリアテレジア2つのホルンのための協奏曲展覧会弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲108番交響曲107番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽ピアノソナタ

タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
85位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
7位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

大家さんFC2のクラシックブログランキング。

おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)






twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ