フルート四重奏による太陽四重奏曲

桜が見頃になってきましたね。今日は珍しいアルバムを紹介しましょう。

EnsembleCampanile.jpg
HMV ONLINEicon / amazon

ハンガリーのHUNGAROTON CLASSICレーベルのアルバムでフルート四重奏の編成で弾かれたハイドンの弦楽四重奏曲。アンサンブル・カンパニーレ(Ensemble Campanile)の演奏によるハイドンの弦楽四重奏曲Op.20「太陽四重奏曲」から、No.2、No.4、No.5の3曲を収めたアルバム。録音は意外と最近で2000年5月25日~28日、ブカレストのフンガロトン・スタジオでのセッション録音。

編成はフルート、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロで、第1ヴァイオリンのパートをフルートが担当する形。この珍しい編成の曲が録音された経緯について、時代背景などを含めて貴重な情報がライナーノーツに記されているので、少々長めですが訳して紹介しておきましょう。


新たなボトルに注がれた古いワイン:ハイドンの創意ではないフルート四重奏曲(ライナーノーツのThomas Irvineの解説から)
ハイドンの名声は19世紀の終わりまでに頂点に達した。晩年ハイドンの体力がおとろえてからも、彼の作品の人気は高まる一方で、特に「天地創造」や「四季」の驚くべき成功後はさら人気が高まった。人気は新しい作品にとどまらず、ヨーロッパ中の出版社が以前の作品の再販にしのぎを削ったとのこと。パリのプレイエル、ドイツのオッフェンバッハのアンドレ、ウィーンのアルタリア、ライプツィヒのブライトコフなどの出版社が出版を競いあった。ハイドンの初期の作品の再販がない月はないほどであった。出版社はこれらの投資から最大の収益を挙げること血眼になっていた。これは18世紀末の古い音楽の出版にともなうリスクを考慮すると無理からぬことであった。出版社が過去の音楽の売れ残り在庫の山による倒産の恐怖に晒されていた時代にあって、一世代前の音楽の再販には確実にリスクが伴っていた。おそらくプレイエルは、今回のフルート版への編曲によって、古い音楽を新しいボトルに注ぐことで売上げを底上げすることを望んでいたのではないかと推測できる。このアルバムに収められた3曲の編曲は1772年にハイドンによって作曲された弦楽四重奏曲Op.20からのもの。
1799年に出版されたこの3曲の編曲を誰がしたかはわからないが、おそらく多作で繁盛していたプレイエル自身の手によるものと考えられる。プレイエルはハイドンの弟子の一人でその才能から卓越した作曲家でもあった。この編曲に関してハイドン自身が関与していたことをしめす情報はなく、承知していたことさえ怪しく思われる。これは現在の視点ではおかしなことと思われるが、近代的な著作権に関する法律が整備される前の時代にあっては、作曲家は楽譜が自分の手を離れた後どうなるかを管理することはほとんど出来なかった。ハイドンはかつて、自身の作品をピアノに編曲することは誰でもしてよいと言ったことがあるが、その言葉は、おそらく確かにデメリットはあるが自由に出版できることから得られるメリットのことをよく考えてのこと。
どうしてフルート四重奏曲に編曲されたのか? フルートは18世紀においてはアマチュア音楽家にとって非常に人気のあった楽器。18世紀半ばにフルートを演奏するプロシアのフリードリッヒII世がフルート人気の火付け役の一人とされている。フリードリッヒII世は、フルートを教育の行き届いた貴族階級のたしなみのように考える古風な考音楽愛好家の象徴となっていた。しかしながら、18世紀の終わりまでには、フルートを演奏することは、礼式上ほぼ新たな経済的、文化的エリートとみなされる条件のようにみなされるようになった。(後略)



このような時代背景がわかると、ハイドンのシュトルム・ウント・ドランク期の名曲をフルート四重奏曲に編曲した楽譜が出版され理由がよくわかりますね。

奏者のアンサンブル・カンパニーレは古楽器奏者の集まり。奏者の名前とHUNGAROTON CLASSICのアルバムということでハンガリー人のアンサンブルかと思いますが、詳しい情報はわかりません。各奏者とも古楽器の有名オケの団員としても活躍しているようですね。ムジカ・アンティクァ・ケルン、イングリッシュ・バロック・ソロイスツ、コンチェルト・ケルンなどの名前が挙がっています。

背景に興味がありライナーノーツの小さい字の英語とにらめっこしすぎました。最近老眼の気配(笑) もともと近視故眼鏡をかけているんですが、ライナーノーツの小さい英語を読むには眼鏡をはずさないともう厳しいです。年ですな。
愚痴はほどほどにして演奏のレビューに移りましょう。

弦楽四重奏曲Op.20 No.2(1772年作曲)
冒頭はハ長調のNo.2から。古楽器のクァルテットの精緻な演奏ではじまりますが、すぐにフルートのふくよかな美音が入ります。聴き慣れた音楽の表情が一変。フルートによる旋律はヴァイオリンによる演奏とはことなり陰影よりも清々しさが強調されます。弦とフルートの音色の対比もなかなかのもの。テンポは中庸。表情づけは清々しい範囲、溜めもあまりなく自然な演奏。録音はリアリティ抜群で部屋の中にアンサンブルが出現する感じ。これが純粋に弦楽四重奏曲だった場合でも各奏者の力感が感じられてなかなかの名演だと思いますが、フルート四重奏曲という企画ということで、企画意図の評価が先に立ってしまうのが惜しいところ。アンサンブルは良い意味で荒れがあり、ライヴ感は十分。
2楽章は弦主体の険しい響きが印象的。チェロのメロディが心に刺さります。中盤からのフルートの音色の美しさtに気を奪われていると、表現の幅のうねりが大きくなり、素晴らしい迫力。続く3楽章のメヌエットもなかなかのメリハリ。
フィナーレのフーガはすこし力が抜けてこれまでの楽章を振り返るよう。フルートも弦も明らかにテンションを落とし音符の正確な再現に集中しているよう。最後は力が再び漲って大きな波を返します。第1ヴァイオリンがフルートに変わったというだけではない素晴らしい演奏です。

弦楽四重奏曲Op.20 No.4(1772年作曲)
続いてニ長調のNo.4。基本的に前曲と同様の特徴をもつ演奏。1楽章はじっくりとしたフレージングによる影のある旋律の表現が心地よいですね。弦楽器の音色が張りが合って強い響き。2楽章の美しいフレーズはフルートの良さが十分出ています。逆に3楽章のメヌエットはフルートの柔らかさがテンションの強さを弱めるように聴こえてしまうところもあります。フィナーレは速いフレーズの軽やかさをうまくフルートが表現できています。フルートの音色の一貫性が曲の表現を透明感溢れる美しさで聴かせる面と、表情の単調さにつながりかねない面との両面を感じさせるの印象的。この辺は好みが別れるところかもしれません。

弦楽四重奏曲Op.20 No.5(1772年作曲)
最後はOp.20の最高傑作No.5のト短調。1楽章はこれまでの曲のなかで最も普通の弦楽四重奏曲版との差を感じます。冒頭の有名な緊張感溢れるメロディーがフルートによって吹かれることで、かなり明るい印象に変化。現楽器独特のテンションとは全く異なる色彩感を与えています。最も期待した曲だけにこれは意外でした。この曲のタイトな魅力が色彩感溢れる楽天的な印象に。
2楽章のメヌエットも同様のニュアンスが漂います。やはりオリジナルの曲の響きの印象が強いことが、違いを際立たせているんでしょうね。3楽章に入るとその印象がちょっと薄らぎます。素朴なメロディーのアダージョ。途中フルートから旋律を受け継いだヴァイオリンの音色が妙に落ち着きを誘います。やはり弦楽四重奏の曲であるというオリジンは捨て難いもの。
フィナーレのフーガは楽器の違いが逆に表現の幅を膨らませているように感じます。どの楽章の印象も非常にデリケートなものですが、なんとなく曲想と音色の関係について考えさせられる演奏ですね。

このアルバムの演奏の評価はNo.2とNo.4が[+++++]で、No.5は[++++]としました。

協奏曲を聴き込んでいくにつれて感じた、曲想、メロディーと楽器の音色の関係。トランペット協奏曲の曲想とホルン協奏曲の曲想は、物理的な音域や奏法の違いが楽譜の本質的な部分に表現されているんでしょう。ホルン協奏曲のメロディーはたとえトランペットで吹けたにせよ、本質的にはホルンの響きと音色をふまえて作曲されています。この曲のようにもとの楽器構成とことなる楽器による演奏においては、簡単なチェックのみならず、対象となる楽器の本質的な響きの深い理解があって書かれていることがだんだんわかってきました。このアルバムはフルートを演奏するということが人気を博する時代にあって、ハイドンの創意という形ではなく出版社の意図において編曲された曲ということで、その辺りの問題を浮かび上がらせたかたちになります。

私自身は非常に興味深く聴きましたが、このアルバムの評価は人によって大きく割れるかもしれませんね。ハイドンの室内楽が好きな方には一度聴いていただきたいアルバムですね。
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 弦楽四重奏曲Op.20

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

ハイドン(Franz Joseph Haydn)の膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。私はなぜハイドンにはまったのか?

最新記事
カテゴリ
ハイドンディスコグラフィ
Joseph Haydn Discography
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものはリスト冒頭に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

登録曲数:1,368
登録演奏数:11,793
(2019年12月31日)
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

ヴィヴィアーニバリトン三重奏曲四季ライヴ録音ロンドンピアノソナタXVI:39ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:37ベートーヴェンピアノソナタXVI:19ピアノソナタXVI:23先生と生徒古楽器音楽時計曲ピアノ四重奏曲ヴァイオリン協奏曲協奏交響曲オルガン協奏曲XVII1:1ピアノ協奏曲XVIII:4軍隊交響曲70番ヒストリカル交響曲93番交響曲81番ピアノ協奏曲XVIII:11交響曲80番トランペット協奏曲ヴァイオリンとピアノのための協奏曲XVIII:6悲しみモーツァルト交響曲4番ヨハン・クリスチャン・バッハオックスフォード豚の去勢にゃ8人がかりピアノ三重奏曲ピアノソナタXVI:51十字架上のキリストの最後の七つの言葉ラモースカルラッティヘンデルバッハショスタコーヴィチ驚愕シェーンベルク弦楽四重奏曲Op.76ドヴォルザーク交響曲75番チェロ協奏曲ホルン協奏曲時計弦楽四重奏曲Op.50アンダンテと変奏曲XVIII:6弦楽四重奏曲Op.20弦楽四重奏曲Op.64弦楽四重奏曲Op.54天地創造レスピーギヴォルフヨハン・シュトラウスリゲティタリスリヒャルト・シュトラウス交響曲10番ピアノソナタXVI:49迂闊者交響曲54番ネルソンミサトマジーニピアノソナタXVI:52交響曲2番ピアノソナタXVI:46皇帝日の出弦楽四重奏曲Op.71交響曲88番ブルックナーベルリオーズウェーベルンナッセンベンジャミングリゼーメシアンヴァレーズシェルシOp.20弦楽四重奏曲交響曲65番交響曲9番交響曲67番交響曲39番交響曲73番交響曲61番狩りリームピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:6アンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:20交響曲全集リムスキー・コルサコフラヴェルピアノソナタXVI:44ピアノソナタXVI:45第九太鼓連打交響曲99番ボッケリーニシューベルト交響曲5番チャイコフスキーストラヴィンスキーライヴ弦楽四重奏曲Op.2序曲ヴィヴァルディオペラ序曲パイジェッロアリア集ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6すみだトリフォニーホールピアノソナタXVI:34ブーレーズサントリーホール弦楽四重奏曲Op.74アルミーダチマローザ無人島変わらぬまこと哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェ騎士オルランド英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:1ピアノ協奏曲XVIII:3ラメンタチオーネアレルヤ交響曲79番交響曲3番チェロ協奏曲1番交響曲19番交響曲58番交響曲27番紀尾井ホールドビュッシーミューザ川崎LPオーボエ協奏曲ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:38ピアノソナタXVI:29スタバト・マーテルマーラー告別交響曲90番交響曲97番奇跡交響曲18番ひばりフルート三重奏曲交響曲102番交響曲86番哲学者ニコライミサ小オルガンミサミサブレヴィス交響曲95番交響曲78番王妃SACD武満徹交響曲21番マリア・テレジアクラヴィコードBlu-ray東京オペラシティ交響曲11番交響曲12番交響曲15番交響曲37番交響曲1番ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:3ディヴェルティメント東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:7ライヒャロッシーニドニぜッティ弦楽三重奏曲東京文化会館フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ピアノソナタXVI:31ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:26バードアレグリパレストリーナモンテヴェルディ美人奏者ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンスコットランド歌曲ヴェルナーガスマンピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲46番交響曲35番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3ラ・ロクスラーヌ帝国ハイドンのセレナードラルゴ五度ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス時の移ろい交響曲42番ベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏冗談ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:9ピアノ協奏曲XVIII:5ヴァイオリンソナタ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオモテットドイツ国歌オフェトリウムカノンよみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ベルク主題と6つの変奏オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲交響曲50番交響曲89番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲77番交響曲34番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:11ピアノ小品ピアノソナタXVI:47bisカートリッジ雅楽プロコフィエフサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭変奏曲XVII:7ピアノソナタXVI:22天地創造ミサジャズ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャ交響曲56番マリアテレジア2つのホルンのための協奏曲展覧会弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲108番交響曲107番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽ピアノソナタ

タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
52位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
7位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

大家さんFC2のクラシックブログランキング。

おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)






twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ